こども

自然育児マニュアル!子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる『ママと子どものHappy育児法』

自然育児マニュアル!子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる『ママと子どものHappy育児法』



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

自然育児マニュアル!子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる 『ママと子どものHappy育児法』

■商品詳細:

子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル。
子どもの生きる力を引き出します。

■商品内容:

PDF152ページ、CD2枚

■ジャンル:

こども

■販売価格:

9800円

■販売者名:

須藤 悦子
★こども☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

自然育児マニュアル!子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる 『ママと子どものHappy育児法』
育児、子育ての悩みを解消!自然育児がラクに楽しくできる!『ママと子どものHappy育児法』
[PR]川越まつり
あなたは今、
あふれるばかりの育児情報にふりまわされ、
「これでいいのだろうか」と、迷いや不安を
抱えながら自然育児をしていませんか?
予防接種やテレビがよくない理由を、納得できるようにすぐに解決したい!
母乳育児だけじゃなく、自然に子どもを育てていける具体的な方法を知りたい!
いろいろある離乳食や卒乳の情報から、子どもによりよいものを、自信を持って選択できる自分になりたい!
自分がやっていることは間違っていないんだ、これでいいんだと、確信をもちたい!
子育てに悩んだとき、自然育児の考え方で的確なアドバイスをもらいたい!
子どもの成長とともに変わる育児の悩みを、その都度、相談したい!
自然育児を続けていったら、その先、子どもがどう育っていくのか今から知りたい!
自分がどのような育児をしたいのか、進んで行く方向をしっかり確認したい!
子どもに、さらによりよい環境を与えてあげる方法を知りたい!
あなたと同じ迷いや不安を持っていたママたちが、
自信を持って自然育児をやっている喜びの声をお聞きください!
予防接種について驚きの事実を知ることができました。おっぱいを飲ませながら赤ちゃんと目が合うようになったことも嬉しかったです!
 札幌市 長谷川一二三 様
(お子様4ヶ月)
私がこの『ママと子どものHappy育児法』を知ったのは、ちょうど娘にBCGの予防接種を受けさせたあとでした。
あと10日早くこのマニュアルのことを知っていたら、予防接種は受けさせなかったと思います。予防接種について無知だったため、受けさせたことをとても後悔しました。
でも、マニュアルに出合えていなかったら、その後どんどん続く他の予防接種を全て受けさせていたと思うので、マニュアルに出合えて本当に良かったです。
マニュアルを読んですぐに取り入れたことは、赤ちゃんの抱き上げ方です。それまでは寝ている赤ちゃんの腕をつかんでひょいと持ち上げていましたが、もっと優しい抱き上げ方があることを初めて知りました。誰も教えてくれなかったことを教わりました。
また、今までおっぱいをあげるときは横抱きだったのですが、縦抱きの方が赤ちゃんがリラックスできるそうで、すぐに縦抱きであげるようにしました。時間はかかりましたが、おっぱいをあげてるときに、ついに娘と目が合うようになり、とても嬉しかったです。今まで目が合わず、さみしいと思っていました。
食事についてもためになることがたくさん書いてあり、取り入れていきたいと思いました。初めての子育ての中、知らないことや、また情報社会の中で、何を選ぶかは母親である私次第なんだと思いました。
無知で後悔しないためにも、マニュアルを読んで勉強したいと思いました。ありがとうございました。
一番気になっていた、「予防接種を受けなくて大丈夫かな?」という不安を減らすことができ、気持ちがラクになりました!
 千葉県 川原宏美 様
(お子様9ヶ月)
楽しみにしていた『ママと子どものHappy育児法』が手もとに届き、とてもうれしかったです。そして、読みごたえのあるページ数と内容でした。ありがとうございます!
最初に、一番私が気になっていた予防接種のところを読みました。以前、須藤さんに、予防接種を受けないことにあたり、「周りの人と戦わない」と言う心強い言葉をいただいたのと、今回マニュアルの内容を読んだことで、「予防接種をしないで本当に大丈夫なのかな?」
という不安が減りました。
最近も、「予防接種受けたの?」と聞かれ、「タイミンク゛が合わなくて・・・」と言ってましたが、こんなふうに聞かれるのも、子どもが小さい今の時期だけなんでしょうね。。。私も予防接種は、必要な時に、必要なものを選択していこうと思いました。
育児の合間をみながら、マニュアルを最初から一度読み、それからCDを聞き、また読み返したら、すっと頭に入り、私にはよかったです。育児書にも書いていない内容や体験談、これから役に立つ情報が満載
です!
私が、即実行したのが、『抱き上げ方』。あおむけで寝ているのを、両脇に手を入れて、抱きあげていたのですが、このマニュアルを読み、主人に私があおむけになっている状態から、脇に手を入れての抱きあげ方と、首に手を入れての抱きあげ方をしてもらったのですが、全然違いました~!! (夫婦で実験しておかしいですが・・^^;)。それから、抱き上げ方を変えました。
子どもの立場になると、些細なことが大切
なんだとも気づきました。
食については、生協と産直のお店が近いので、調味料や野菜はここで購入しているものの、ほかに関してはまだ徹底していません・・・。この、家庭用オゾン発生器、とても気になりました!これもまた、時期を見て購入を考えたいと思います。
先日、初めて39度の熱がでました。生まれて初めてだったのですが、熱をはからずとも発熱したわが子に気づくものですね!それにも驚きました。心配でしたが、おっぱいも飲むし、顔色も悪くなかったので、一日様子を見てみていたら、次の日には熱も下がりました。これでまた一つ、強くなったのかな?と思いました。
以前は、鼻水と咳が完治するのに、特に何もしなかったので10日かかり、かつ自己判断なので、いざ大きい病気になった時に見落としてしまわないかと少し不安がありましたが、これからは、子どもに聞き、そして須藤さんにお尋ねしていきたいと思います。
自然育児、まだまだいたらないことがたくさんですが、無理なく、ラクに、楽しくやっていきます!『ママと子どものHappy育児法』、手放せない一冊になりました。本当にありがとうございました。
 「自然に育てる」とはどういうことなのか悩んでいましたが、マニュアルを読んで具体的な方法が分かりました!
 兵庫県 濱屋敷雅美 様
(お子様6ヶ月)
私の子どもはもうすぐ6ケ月になります。20歳の頃にマクロビオティックに出合ってから、子どもができたら自然に育てたいと思っていました。でも、いざ子どもができてみると、自然に育てるというのは、いったいどういうことか、いろいろ悩み考えました。
そんな時に、『ママと子どものHappy育児法』に出合い、実際に自然に子育てをされている方の意見や考えを知りたかったので購入を決めました。
マニュアルを読んで、
生活編、暮らし方編、睡眠編・・・など、全般にわたって細かく書かれてあったので、とても参考になると思いました。子どもが6ケ月ということもあり、
これから実践していけることが盛りだくさんで、子育てがすごく楽しみになりました。
予防接種に関しても、受けるかどうか決めかねていた時だったので、須藤さんに相談にのっていただいて、あせって受けることはないなと安心できました。
自然に育てるといっても、やはり行き詰ることや、どうしても病院に行かなければ行けないこともあると思います。ホメオパシーについては詳しく知らないのですが、家庭でできる自然療法だけでなく、ホメオパシーについても知っていると、自分でできる幅が広がると思うので少しずつ勉強したいと思いました。
マニュアルに書かれていた、密接で豊かなコミュニケーションこそが重要、情緒的な交流を心がけ、日々を大切に目の前の子どもをしっかり見つめ、育児を楽しみたいです。
はじめまして、須藤悦子と申します。
自然治癒力を高めるホメオパシー療法の専門家(ホメオパス)としての経験と、10年間のカウンセラーの経験をもとに、
自然育児・子育てのアドバイスをさせていただいています。
◇ 厚生労働省認定初級産業カウンセラー
◇ 英国ホメオパシー医学協会認定ホメオパス
◇ (財)生涯学習開発財団認定コーチ
『粗食のすすめ』
の著者である幕内秀夫さんの会、「学校給食 と子どもの健康を考える会
新潟支部」を立ち上げ、代表を務めた経験を持つ。
ホメオパスとは
ホメオパシー療法の専門家。
今から200年前にドイツで始まった化学物質の薬を使わない代替医療。副作用がないので、赤ちゃんの発熱や下痢、湿疹などに安心して使えます。
自然治癒力の働きを活性化する自然療法です。
私自身も自然育児の実践者として、9歳と5歳の2人の娘を育ててきました。
その実践から学んだ、子どもが本来持っている力を引き出し、免疫力を高め、すくすくのびのび育てるノウハウは、子どもを大事に育てたい、子どもをちゃんと育てたいと強く思っているママさんたちから「分かりやすい」と喜んでいただいています。
また、自然療法の治療家(ホメオパス)として、アトピーや喘息、多動傾向なども、薬を使わず、子どもの心とからだの両方を大切にしながらやっています。
最近では、「子どもが丈夫にのびのび育つ環境づくりアドバイザー」として、自然育児の素晴らしさやその考え方、実践の方法などを全国各地でお話させていただいています。
私自身、心から一人でも多くのママに
「自然育児をもっと知って頂き、悩みや不安もなく育児を楽しんでもらえたら・・・」
「子どもたちが明るく健やかに、のびのびと育ってくれたら・・・」
と願っています。
「こんなに頑張っているのに、私の育児のやり方は間違っているのかな?」 親や周りからアドバイスを受けるたびに悩んでいました。
独身時代、食事はいつも外食かコンビニ弁当ばかりだった私は、あるセミナーで幕内秀夫さんと出会ったことがきっかけで、それまでの食生活をガラリと変えました。
そのセミナーで、「赤ちゃんには母乳が一番!」と学んだので、初めての子どもを出産したとき、おいしい母乳を与えられるように、食生活をさらに気をつけ、桶谷式おっぱいマッサージに通いました。
ところが、いくら母乳を与えても、なかなか泣きやまない娘を見て、「母乳が足りていないんだからミルクを足しなさい」と、何度も何度も、母親に言われました。
言われる度に、
「こんなに頑張っているのに、私のやり方は間違っているのかな?」
「ひょっとして、赤ちゃんによくないことをしているのかな?」
と不安な気持ちを抱えながら毎日を過ごしていました。
でも、1ヶ月目が過ぎる頃には、順調に母乳育児ができるようになり、私の不安はなくなりました。
3ヶ月目に入った頃、娘は38.5度の熱を出しました。
「おかしいな?母乳を飲んでいれば風邪を引かないって聞いたのに、何か大変な病気かもしれない」と思い、慌てて小児科へ連れて行きました。
そこで娘は、バスタオルでぐるぐる巻きにされ、ベッドに押さえつけられ、初めて血液検査をされました。
恐怖と不安で、声を張りあげて泣き叫ぶ娘の姿を見ていられませんでした。検査の結果、ただの風邪だと分かり、薬をもらって帰ってきました。
医者から言われたとおり薬を飲ませた次の日、全身に赤い発疹が出て下痢をし、食欲も落ちてグッタリして、いつもはグズグズしない子なのにとても不機嫌になりました。
これは薬の副作用かもしれないと、すぐに飲ませるのを止めました。
「薬って実は怖いものなんだな。でも薬を飲ませないとしたらどうすればいいんだろう・・・」
また新しい疑問が出てきました。
予防接種のお知らせがきたときも、
「予防接種を受けても、本当に大丈夫なのかな?」
「また副作用がでたらどうしよう・・・」
「予防接種を受けないで、病気になったらどうしたらいいんだろう・・・」
子どもを大事に、丈夫にすくすく育てたい。
子どもをよりよい環境の中で、ちゃんと育てたい。
そう強く願う私の気持ちとはうらはらに、次々と襲ってくる疑問や不安・・・。
「どうしたらいいんだろう?」
「何に気をつけたらいいんだろう?」
「私がやろうとしていることは、子どもにとっていいことなのかな?」
自信を持てない私・・・
桶谷式、山西式、西原式・・・。
母乳育児についての情報をいろいろ知ってしまうと、
「じゃあ、離乳食は、いったいいつから始めればいいの?」
「じゃあ、離乳食には、何を食べさせるのが一番いいの?」
「じゃあ、卒乳は、いつ頃が一番子どもにいいの?」
ますます疑問が増えていきます。
「予防接種やテレビ・ビデオの何がダメなの?」
「子どもをどうやって遊ばせたら一番いいの?」
「子どもによいおもちゃや絵本ってどんなものなの?」
細かい疑問が、後から後から出てきます。
私は、それらの疑問や不安を解決するため、子どもが丈夫によりよく育つ
であろうと思う情報をいろいろ調べていき、試行錯誤しながら1つ1つ実践してきました。
そのおかげで、
娘は本当に丈夫に子どもらしく、のびのび育っていることが実感でき、「これでいいんだ」と私は、子育てに自信を持つことができたのです!
一人目の育児が楽しかったから、二人目も出産したんです(笑)
あなたが悩んだとき、いろいろな情報にまどわされず、自然育児の視点で知りたいことをすぐに知りたいと思いませんか?
あなたが、自然に子どもを育てたい・・・と、思ったきっかけはなんですか?
「自分がアトピーで薬づけだったので、子どもには薬を使いたくなかったから。」
「子どもが予防接種の副反応で大変だったから。」
「友だちがやっていて、いいなと思ったから。」
「マクロビオティックに出合ったから。」
「子どもをのびのびと育てたいから。」
「母乳育児をしようと思ったから。」
10人のママさんがいたら、10のきっかけがあると思います。
でも、そこには、きっと、
「子どもをちゃんと育てたい。」
「子どもにより良い環境を与えたい。」
「子どもが健康で元気に育ってほしい。」
そんな願いがあることでしょう。
現代社会は、何も意識しなければ、どんどん人工的なものや既製品、無機質なものにあふれてしまいます。それらは、子どもの豊かな感性や創造力を奪ってしまいます。
また、テレビのコマーシャルやメーカーの販売戦略にのせられ、本当に必要な情報、本当に大事な情報を見逃してしまいます。そうなると、本来持っている子どもらしさを失ってしまいます。
そして、経済活動や大人の都合を優先し、子どもの感情を無視した生活をおくると子どもの心と身体が壊れていきます。
ファーストフードやお惣菜ばかりの食卓・・・
テレビやビデオ、ゲーム漬けの過ごし方・・・
夜、遅くまで起きている生活習慣・・・
ちょっとの風邪でもすぐに薬を飲ませる現代医学・・・
残念なことに、これらの有害性を納得いくように、具体的に教えてくれる人はそう多くはいません。
子どもが大きくなるにつれ、テレビ・ビデオとのつきあいかた、良質な絵本やおもちゃの選び方、食事のしかた、おやつの与え方、睡眠のリズム、遊ばせ方、予防接種や薬とのつきあいかたなど、さまざまな疑問や不安がでてきます。
これらをどのように考え、どのように対処していったらいいのか・・・。
母乳育児の情報はあっても、自然育児全体の情報はなかなか手に入りません。
衣・食・住・医療・コミュニケーションなど、あなたが知りたい自然育児の具体的な方法とその考え方を知ることができたら・・・。
そして、自然育児の実践者の体験談を聞くことができたら・・・と思いませんか。
乳児のときや母乳の話だけでなく、子どもの成長にあわせた自然育児の具体的な方法を知ることができます。
自然育児のポイントをしっかりおさえ、子どもの「生きる力」「伸びようとする力」を最大限に伸ばしてあげたいと思いませんか?
子どもを一人前に育てあげるのに、「簡単に」 「すぐに」 「手軽に」はできません。
もし、「簡単に」 「すぐに」
「手軽に」子育てしたとき、その弊害としてさまざまな事件や事故、またはアトピーや喘息などの治りにくい病気となって、私たちに生き方の間違いを警告してくれるでしょう。
「そうはいっても、手作りの食事はやっぱり手間がかかるし、子どもを早く寝かしつけるのはめんどう・・・。」
「テレビやビデオを見せないでどうやって家事をすればいいの・・・。」
という声が聞こえてきそうです。
でも、0~6歳の乳幼児期は、それ以降に歩む人生の土台づくりの時期。
この時期に、どれだけ「手塩にかけて」慈しみ育むかによって、その後の人生の豊かさも違ってきます。
この時期にしっかり手をかけることで、大きくなるに連れて、難しくなってくる育児の問題も少なくなります。
この大事な時期に、テレビやビデオに子守をさせ、大人の都合で振り回し、子どもを「物」のように扱い、好きなものだけを食べさせていたら・・・
からだの発達だけでなく、情緒や言葉の発達、意欲や自我の発達までをも阻害してしまうことになります。
また赤ちゃんは、誰もが「生きる力」「自分で伸びようとする力」を持って生まれてきます。それを存分に発揮することが、「成長・発達」です。
でも悲しいことに、赤ちゃんが生まれながらにして持っている、この「生きる力」や「自分で伸びようとする力」を親であるあなたが摘み取ってしまっているとしたら・・・。
自然育児をするとき、どうすればいいのか、何をすればいいのかと、「方法」だけを見ようとします。
でも、大事なのは、その「考え方」です。
いくら自然育児の「方法」が分かったとしても、その根本にある「考え方」を理解しないと、表面ばかり、枝葉ばかりに目が向いてしまいます。
そうなると、せっかく自然育児をしているのに、子どもは楽しくないし、ママはとても疲れ、つらくなっていきます。「こうしなければならない」と、自分をがんじがらめにしばりつけてしまうかもしれません。
迷ったり、不安を感じたりしていませんか?一人で不安を抱え、立ち止まってしまうことはありませんか?
「予防接種は、本当に受けなくても大丈夫なのかな?」
「テレビやビデオはどんな害があるのかな?」
「今の食生活で間違っていないのかな?」
「子どもをどうやって遊ばせたらいいのかな?」
こんなことを考えて、せっかく自然育児をやっているのに、母乳育児の情報はたくさんあるけれど、何が正しいのか・・・。
そこから先の、自然育児全体が分かる情報がほとんどない中、価値観が違う近所のママや親に相談しても納得のいく答えはもらえないし、1つ1つ自分で情報を探しながら、手探りでやっていかなければならないですよね。
でも、おっぱいが足りないのかなと不安に思っているときに、周りから「ミルクを足したほうがいいよ」と言われると、母乳育児への決心が揺らいでしまいそうになます。
また、ゆっくり離乳食を始めたいのに、周りから「早く食べさせないと、いろいろなものを食べるのに苦労するよ」と言われると、子どもの将来を考えて不安になってしまったりしますよね。
それに、予防接種を受けさせたくないと思っているのに、周りから「感染症にかかってつらい思いをするのは子どもだよ」と言われると、やっぱり受けさせた方がいいのかなと不安を感じてしまいます。
「自分が今やっていることは、本当にこれでいいのかな?」
「これからやろうとしていることは、間違っていないのかな?」
「子どもにとっていいことをやっているのかな?」
せっかく子どもをちゃんと育てたいと思っているのに確信が持てず、どんどん、どんどん不安になっていきますよね・・・。
自然育児をすることで、こんなことを心配していませんか?
「価値観が違うことで、ママ友達や周りとのつきあいに影響がでるのでは?」
確かに、遊ばせ方や食べ物、テレビや薬のことなど、価値観が違うママや周りの人と、つきあいづらいなあと感じることがあるもしれませんね。
でも、人は人、私は私。いろんな価値観があってOKです。
違う価値観だからこそ、いろいろ勉強できますよね。
もし違うことを言われても対立するのではなく、相手を認めながら、自分が心地いい範囲でおつきあいしてみましょう!
子どもがよそのうちと比べて疑問を持つのでは?
子どもが小さいうちは、おうちのやり方に何の疑問も持たずに自然育児ができます。
年中、年長と大きくなるにつれ、他のおうちやお子さんと比較して、いろいろ聞いてくることがあるかもしれません。
子どもにも、人は人、うちはうちと、違うことをわかりやすくお話してはいかがでしょうか。
育った環境が違うことで、子ども同士のつきあいがしにくいのでは?
子どもは誰とでも仲良しになります。
育った環境が違っても、そんなことはお構いなし!
だからといって、今までやってきたことが崩れるということはありません。
ただ、子どももおとなも、よりラクな方へ、より簡単な方へと流れる傾向がありますので、注意が必要です。
いろいろな人との交流の中で、ちょうどいいバランスをみつけてください。
自然育児が面倒になって途中で投げ出してしまうのでは?
子どもは誰とでも仲良しになります。
育った環境が違っても、そんなことはお構いなし!
自然育児がめんどうになったら、少しお休みしてみる
のもいいかもしれません。
なんでも完璧にこなそうとすると、せっかくいいことをやっているのに、ストレスが多く、子どももママもつらい子育てになってしまいます。
自然育児に疲れたら、一休み。そんな気軽な気持ちでとりくみましょう。
自然育児のやり方や情報をどうやって手に入れたらいいの?
母乳育児の考え方ややり方の本や情報はたくさんあります。
でも、子どもの成長全体をみての自然育児の情報はなかなか見つかりません。
だからこの子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル!『ママと子どものHappy育児法』を作りました。
このマニュアルは、自然育児の考え方や取り入れ方を、あなたの生活レベルに合わせて、実践しやすくまとめたものです。
子どもが元気にすくすく育つと、うそのように育児がラクに、楽しくなりますよ!
自然育児をやって悩んだ時は誰に相談すればいいの?
近くに同じ価値観のママ友達がいれば、お互いに相談しあいながら、助け合いながらできますよね。
でも、なかなかみつからない・・・。
そんなときは、いつでもご連絡ください。
購入して頂いた場合、お子様が7才になるまで、無料でサポートいたします。
メール、スカイプ、電話などで、困った時や悩んだ時に、いつでもご相談ください。
食事を変えることを他の家族にどう話したらいいのか・・・
なかなか夜、寝てくれない・・・
外で遊びたがらない・・・などなど。
子どもが成長・発達する中で、いろいろな疑問や悩みが出てきます。
あなたの育児をしっかりサポートしますので、お気軽にご相談くださいね!
手に取ったそのときから、子どもと一緒にいることが楽しくなります!
子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル!『ママと子どものHappy育児法』は、食事、睡眠、遊びと運動、衣・住・その他の環境、薬、予防接種、コミュニケーションなど、カテゴリー(部類・部門)別にまとめてあります。
自然育児を実践してきたママが、口をそろえて「子どもが丈夫になりました」と語る、子どもの免疫力を高める5つの方法とは?
子どもの免疫力が高まると、風邪をひきにくくなったり、熱を出しにくくなったりするだけでなく、アトピーや喘息などのアレルギー性の症状も軽くなったり、精神的にも落ち着いてきたりします。
予防接種を受ける前に、知っておかなければならない「驚くべき事実」とは?
実は、薬の乱用や予防接種で、免疫力はさがってしまいます。ホメオパシーのセミナーでしか聞けない、予防接種や薬とのつきあい方をお話しします。
人をたたく、キーキー言ってすぐキレル、そわそわと落ち着きがない・・・そんな子どもの状態をガラリと変える「ある方法」とは?
キーキー言う、すぐキレるのは、性格の問題だけではありません。テレビの影響、食生活、外遊びなど、いろんな要素を含んでいます。自然育児を実践すると、情緒が安定した落ち着いた子どもになります。
どの子も目をキラキラと輝かせて遊び、さらに子どもの成長・発達を促すことができる「3大遊び」とは?
子どもは遊びの中から、いろんなことを学び成長していきます。遊びは子どもにとって、なくてはならないものです。でも、親の都合で思う存分遊べていない現状があります。「汚い」「危ない」をやめて、より子どもを成長させる、子どもの発達にあった好きな遊びとは?
子どもの集中力や創造力を育む3つの方法とは?
集中力や創造力は、つけようと思ってもすぐにできるものではありません。
「子どもが自然の中で自由な発想で遊べるには・・・」
「絵本や人の話をしっかり聞けるには・・・」
日々の生活の中で、ちょっと気をつけるだけでできる、3つの方法を知りたくはありませんか?
自分で「やりたい」「やる」という意欲を引き出す方法とは?
どんなに能力が高くても、子どもが自ら選択する力(自主性)や最後まであきらめないでやり遂げる力がなければ、幸せにはなりません。自主性と粘り強さは、意外なある方法で育むことができます。
その方法とは?
その子のやる気を引き出すために、テレビやビデオ、絵本やおもちゃにも注意が必要です。「よけいなもの」を排除することで、なんにでも興味を持ち、自分から「やりたい」という意欲が育ちます。
子どもを素直にする4つの対処法とは?
子どもって、自分の思い通りに行かないと、泣いたり怒ったり・・・。でもダメな時は、やっぱり「ダメ」と言いたいですよね。そんな時に、ある考え方で対応すると、子どもが穏やかになります。子どもが素直に話を聞く4つの対処法とは?
赤ちゃんのお世話に自信が持てて楽しくなる方法とは?
初めてのママさんは、赤ちゃんの抱っこの仕方やおっぱいの飲ませ方まで不安だらけ。毎日のお世話にあることをプラスするだけで、赤ちゃんの扱い方に
自信が持て、赤ちゃんとの生活が楽しくなります。赤ちゃんのお世話に自信が持てる、ある方法とは?
医療費がかからなくなるある方法とは?
あらゆるものが値上がりしている今の時代、医療費がかからないってうれしいですよね。免疫力を高める5つの方法にあることをプラスすると、さらに医療費がかからなくなります。子どもがますます丈夫になるある方法とは?
自然育児を成功させるために、絶対はずせない4つのポイントとは?
自然育児を成功させる4つのポイントを知ることで、誰でもすぐに自然育児ママになれます。自分のライフスタイルに合わせて、ムリのない取り入れ方ができるよう無料でサポートします。
テレビやビデオの4つの弊害とは?
「言葉遅れ」「自閉的傾向」などに、テレビ・ビデオの弊害が指摘されています。テレビ・ビデオがなぜ悪いのか、どんな影響があるのか、知らないであなたもやっているかもしれません。テレビ・ビデオの4つの弊害とは?
アレルギーの症状を悪化させるある食材とは?
誰もが普通にとっているある食材。実はアレルギーの症状を悪化させます。他にも、免疫力をさげる食事。キーキー言ったり、多動傾向を促進させる食事・・・などなど。食生活の裏側をお教えします。
脳を活性化する食事のしかたとは?
同じ食事をするのでも、普通に食べるのと、脳を活性化する食べ方を実践するのとでは、その後に大きな差がでてきます。脳を活性化する意外な食べ方とは?
プラスチックのおもちゃやキャラクターの弊害とは?
子どもがなめたりへの心地いい刺激とはどういうものか?身近にある、おもちゃ、絵本の選び方をお伝えします。
育児の心配や不安を一人で抱えなくてもよくなります。
自然育児にかかわらず、育児で悩んだ時は、あなたのお子様が7才になるまで、いつでも気軽に無料カウンセリングが受けられます。一人で悩んでいても解決しません。話すことで、悩みを手放しましょう!
子どもの感性を育む絵本の読み聞かせ方がわかります。
子どもは絵本が大好きです。絵本でいろいろなことを学んでいきます。でも毎日やっている絵本の読み聞かせ方が間違っているとしたら・・・子どもの感性や創造力を育む読み聞かせ方とは?こうするだけで、子どもの反応が変わってきます。
良質なおもちゃや絵本の選び方がわかります。
子どもにとってどういう絵本やおもちゃを選んだらいいか・・・悩みますよね。そんなお悩みに対応した、子どもの感性を伸ばし子どもが喜ぶ4つの選び方をお伝えします。
アトピーや喘息などのアレルギー症状が落ち着いてきます。
アトピーや喘息などのアレルギー症状の発症や悪化は、免疫力の低下が原因です。自然育児を実践すると、免疫力を高めることができ、これらのアレルギー症状が軽くなったり、悪化しにくくなります。食生活、睡眠、遊びや運動を見直し、薬や予防接種、テレビやビデオなど、つきあい方を学ぶことで、子どもを丈夫に育てることができます。
日中機嫌がよく、夜はぐっすり眠るようになります。
昼間は機嫌よく遊び、夜はぐっすり寝てくれるようになります。自然育児を実践すると、メリハリある生活習慣を身につけさせることができます。質の良い睡眠は、子どもの成長・発達を促します。子どもが夜、ぐっすり寝てくれると、ママもとってもラクですよね。
絵本など集中して聞け、自分で創造して遊ぶようになります。
集中力や創造力は、子どものころにしっかりと育みたい能力です。しかし、その能力の伸ばし方をほとんどの親が間違っています。テレビやビデオ、日常にあふれているキャラクターなどが、集中する力や創造する力を奪っています。
虫歯になりにくく、歯並びもよくなります。
3歳児で、36.4%の子どもが虫歯になっています。虫歯は、食べ物の影響やハミガキの問題だけでなく、免疫力の低下も関係してきます。虫歯になりにくい食事の内容、おやつの与え方の他、免疫力を高める方法を知ることで虫歯は予防できます。また、キレイな歯並びは、咀しゃく力が大事です。
言葉の遅れや不明瞭が改善されます。
言葉の遅れの理由は、個人差だけではありません。実は、食生活と遊びがとても関係しています。普段の食生活と遊びをちょっと意識するだけで、言葉の遅れを改善することができます。
早寝・早起きができるようになります。
夜なかなか寝ない子どもも、自然育児を実践すると、早寝・早起きができるようになります。早寝・早起きは、子どもの成長・発達に必要なさまざまなホルモンの分泌を促し、情緒も安定してきます。
低体温を改善できます。
子どもは大人よりも体温が高いのが普通です。しかし最近では、4人に1人が35度台といわれています。低体温は、アレルギー悪化や風邪を引きやすいなど、さまざまな問題を引き起こします。新陳代謝が悪く、汗をかきにくいお子さんにも、自然育児の実践をおすすめします。
子どもが自発的にお手伝いしたくなる「ある時期」とは?
ある時期をはずすと、子どもにお手伝いをさせるのが難しくなります。
ハミガキに頼らなくても虫歯を予防できる「ある方法」とは?
忙しくて、子どもの歯の仕上げ磨きもよくできないママに朗報!
子どもの思考力や想像力を奪ってしまう、誰もが見落としがちな「ある習慣」とは?
赤ちゃんの免疫力を高める抱っこのしかたとは?
子どもを丈夫にする食べ方とは?
おいしい母乳を与えるために必要なある方法とは?
免疫力を高める母乳の与え方とは?
これだけはやってはいけない離乳食の与え方とは?
早期教育の弊害とは?
子どもの情緒を安定させる方法とは?
あなたは本当に、子どもを自然に育てたい・・・と思っていますか?
ここで、あなたにお聞きしたいことがあります。
あなたは本当に、子どもを自然に育てたい・・・と思っていますか?
そのための学習費用をいくらなら出せそうですか?
私も子どもを育てている母親として、家計のやりくりは本当に大変なことだと感じています。だから今回、このマニュアルを公開するにあたり、最初は無償にしようと思いました。
でも、私はこれまで、独身の頃から、何百万というお金を使って、カウンセリング、ホメオパシー療法、ベビーマッサージ、さまざまな心理学やセラピーなどを学んできました。
子どもができてからは、親子関係セミナーやコミュニケーションの勉強もしてきました。無料の講演会もあったし、高額な講座やセミナーもありました。
そして、さまざまなものに参加して思ったことは、お金をかけて学ぶからこそ、しっかり身につくということでした。
さらに、今回このマニュアルを1冊にまとめるに当たり、数十冊の書籍を読み直し、最新データや情報をその都度検索しながら、2ケ月近くの時間を使いました。
そして、誰にでも分かりやすく、すぐに実践できて、ママであるあなたが自然育児を楽しんでできるように、「子どもの成長とともにずっと使えるものを」と思い心を込めて作りました。
だから、子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル!『ママと子どものHappy育児法』を34,700円でお渡ししようと思います。
・・・・・・ですが、やっぱり・・・・・・
一番家計のやりくりに頭を悩ませている子育て中の多くのママさんに、
是非このマニュアルを手にして欲しいので、
今回に限り、9,800円
(送料込み)
でご提供させて頂きます!
・・・・・・そして、ナント・・・・・・
子どもの成長とともにでてくる疑問や育児の悩みを、お子様が
7才になるまで、無料で 徹底サポートします!
「子育て中の家計では、9,800円は高い!」
「本当に
9,800円の価値があるのでしょうか?」
おっしゃるとおりです。
私も家計を預かっている身なので、やりくりが大変なのはよく分かります。
あなたは今まで育児に悩んだ時、誰かに相談したいと思ったことはありませんか?
でも、相談しようと思っても、
「誰に相談したらいいのか分からない・・・」
「金額はどのくらいかかるのかしら・・・」
「相談って、何をどういえば言えばいいのかな・・・」
などいろいろ迷われて、結局、相談できなかったかもしれません・・・。
このマニュアルは、1回
10,000円のカウンセリングを受けるのと同じくらいの金額になっています。
さらに今回は、自然育児のマニュアルだけでなく、
あなたのお子様が7才になるまで、子どもの成長とともにでてくる疑問や育児の悩みを相談できる、無料のカウンセリング(サポート)
がついています。メールのやり取りだけではなく、直接お話していただけるように電話、スカイプでのサポートも行います。
このマニュアルを購入されると、有益な情報を手に入れるだけでなく、9,800円で子どもが7才になるまで、困った時や悩んだ時にいつでも無料でサポートが受けられるのです!
自然育児の情報は、ご自分でいろいろな本を探したり、ママ友達に聞いたりしながらでないと、なかなか全体が理解できませんよね。
あなたは探す手間や面倒がなく、テキストを読みCDを聞くだけですぐに実践できるのです。
子どもを大切に思っているあなたが、楽しく自然育児ができるように、あなたらしいステキな自然育児をやり続けてほしいから、あなたの育児を最後までしっかりサポートさせて頂きます!
子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる自然育児マニュアル!
『ママと子どものHappy育児法』
~コレからは、育児で困らなくてもいいんです!~
このマニュアルを手にして、ぜひ体験してください!
マニュアル(冊子)152ページ
マニュアルの対象年齢0~6歳
34,700円 ⇒ 特別価格9,800円
今回ご購入くださったあなたへ感謝の気持ちとして5つの子育て応援プレゼント!
子育て応援プレゼント① (8,000円相当)
テキストを解説したCD2枚組みを一緒にお届けします!
家事や育児で毎日忙しくて、なかなかマニュアルをじっくり読む時間がつくれないあなたのために、車の移動や家事をしながら聞くことができる、音声CD2枚組みをテキストと一緒にお届けします。
Vol.1 「はじめに~足のはたらき」(1時間19分50秒)
Vol.2 「全身の遊び~おわりに」 (1時間08分19秒)
テキストとあわせて活用すれば、「聞く」「読む」の2つの方法で学習できます。
子育て応援プレゼント② (14,800円相当)
先着50名限定!ベビーマッサージの動画をプレゼント!
ベビーマッサージの開祖である、ピーター・ウォーカー氏(イギリス人)の「発達を促すベビーマッサージ」は、赤ちゃんのからだの柔軟性を保ち、筋肉のバランスもよくし、運動機能を高めます。
そして、赤ちゃんの心身の健全な発達の土台を作ることができます。
マッサージされた赤ちゃんは、食欲も旺盛になり、便秘や下痢も解消され、気持ちが落ち着き穏やかになっていくでしょう。
その「発達を促すベビーマッサージ」のやり方を収録した動画を、先着50名様の方にプレゼントします。ダウンロードしてお楽しみください。
子育て応援プレゼント③ (6,000円相当)
免疫力を高める暮らし方などをまとめた、ニュースレターを無料配信!
それぞれの季節におこりやすい子どもの症状やその対処法、ホメオパシー体験談、ママのリラックスワンポイントなど、情報満載のニュースレターを無料でお届けします。
子育て応援プレゼント④ (12,800円相当)
マニュアルのリニューアル版を無料でお届けします!
育児情報も日々進化しています。
最新データなどもきちんとお伝えしたいと思いますし、自然育児を実践された体験談などもたくさんご紹介したいので、内容の変更をした場合、リニューアル版(PDF)を無料でプレゼントします。
子育て応援プレゼント⑤ (5,000円相当)
ホメオパシー療法のコンサルテーション料、半額チケットをプレゼント!
あなたやお子さんに気になる慢性症状がある方、またはホメオパシー療法に興味があり受けてみたいという方へ、コンサルテーション料(大人
10,000円、小学生 9,000円、未就学児 8,000円)1回分の半額チケットをプレゼントします。(有効期限
マニュアル発行から1年間)
※ホメオパシー療法のコンサルテーションについてのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
子育て応援プレゼント 番外編
お子様が7才になるまで、無料でいつでも育児相談ができます!
あなたのお子様が7才になるまで、子どもの成長とともにでてくる疑問や育児の悩みを相談できる、無料のカウンセリング(サポート)がついています。
メールのやり取りだけではなく、直接お話していただけるように電話、スカイプでのサポートも行います。
困った時や悩んだ時には、いつでもメールをくださいね!
以上、通常価格
34,700円に、
46,600円相当の特典を含んでも、
特別価格9,800円!
(しかも、「新発売記念キャンペーン」中なので送料無料!)
5つの特典+番外編つきで、
自然育児をラクに楽しくやりたい方は、
いますぐに下のボタンをクリックしてください。
購入されたあなたとのお約束 ~ 120日間の満足保証!
育児中は、読みたい本があってもなかなか思うように時間が作れませんよね。だから、忙しいあなたのために、120日間の満足保証をお約束します!
この子どもの免疫力を高め、丈夫に賢く育てる自然育児マニュアル!『ママと子どものHappy育児法』を購入されても、「役に立たない」と思ったら、遠慮なくご連絡ください。ご購入から
120日間以内であればいつでも全額返金
いたします。
返金方法は、指定のメールアドレスに返金理由と振込先をご連絡いただくだけ。面倒な手続きは必要ありません。返金を申し込まれたとしても、マニュアルは返品する必要はありません。(返金時に振込み手数料のみご負担いただきます。)
だから安心して、時間を見つけて、少しずつ聞いたり、読み進めていってくださいね。
手に取ったそのときから、子どもと一緒にいることが楽しくなります!
食生活、睡眠、テレビ・ゲーム、予防接種、早期教育の考え方など、気になっていたことを分かりやすく教えてもらいました。
 和歌山県 ちか 様
(お子様1歳)
この『ママと子どものHappy育児法』を読ませていただき、とても勉強になりました。
長男出産時、私は母乳があまりでず、周囲の全員からミルクを足すように言われました。でも、どうしても母乳で育てたかったので、ネットで桶谷式をみつけおっぱいマッサージにいきました。
そこで教わったのは、「3時間以上あけずにおっぱいのみを飲ませる」ただそれだけでした。
その指導とマッサージの効果で、初めはなかなかでなかったおっぱいが、とてもたくさんでるようになりました。周囲の人の意見を聞きミルクを足していたら、おっぱいは益々でなくなるところでした。それから私は、現在の一般的な育児を全て疑うようになりました。
このHappy育児法では、私が気になっていたこと(食生活・睡眠・テレビ・ゲーム・予防接種など)をわかりやすく教えてくれました。
ホメオパシー療法についてまったく知らなかったのでとても勉強になりました。早期教育については、早ければ早いほど良いと聞いていたので、考えさせられました。
食生活などは多少気をつけていたのですが、予防接種は大丈夫かなと思いつつも、早くからどんどん受けていたので、もっと早くこの育児法に出合えていたらと残念です。
でも息子はまだ一歳になったばかりなので、Happy育児法を参考に、これからの子育てをしていきたいと考えています。
今までの育児のやり方の悩みや迷いから抜け出し、自信と達成感を得ることができました! 
 新潟県 真藤規子 様
(お子様5歳)
我が家は、夫、子どもの3人家族です。
衣・食・住について、いろいろな情報を耳にすればするほど、「わが家の暮らしは大丈夫なのかしら?」と常々不安を抱いていました。
(スーパーへ買い物に行けば、裏の表示を見て商品を選び、できるだけ安全で体に良いものを購入してきたつもりですが・・・。)
実際、何から変えたほうがいいのか、またできるだけ無理なく変える方法などを知りたいと思いながらも、自己流で過ごしていました。
須藤さんと、この『ママと子どものHappy育児法』に出合い、今までの悩みや迷いから脱することができ、今までの間違った考えを改めることにもなりました。
マニュアルは、具体的に、しかも細かく丁寧に書いてあるので、とても分かりやすく、全く未経験なことも容易に取り入れることができました。
おかげで、達成感と自信を得ることができました。
電磁波については、子どもに「テレビを消そう」と言い聞かせようとしても、なかなかうまくいかず、逆に説得できない自分にイライラしていました。
しかし、このマニュアルで得た知識で子どもに説明したら、スムーズにしかも短時間で理解して、消してくれました(笑)。
今までは、情報に流され、考えの基本となるものがなかったので、どれも中途半端で、右往左往の状態でした。
この出会いでそれを見つけることができました!
どうもありがとうございました!!
自然育児を実践されている方の体験談を読むだけで、具体的に子育てのイメージができてよかったです!
 埼玉県 佐藤智子 様
(お子様11ヶ月)
この『ママと子どものHappy育児法』は、私がこれまで抱いていた疑問を広範囲にわたって解決することができたので、とても参考になりました。
食生活編では、「スーパーの味噌は死んでいる」ということを初めて知りました。また、「バーベキューをしたり焼肉をしたりするときは、おいしく食べてくださいね」の一言は、安心しました。あれもこれも安全ではないと言われるとつらいと思ったので(笑)。家庭用オゾン発生器は購入したくなりました。
「ママの3大ガミガミをなくすために」は、初めて聞く内容なので、とても参考になりました。
私は今、寝かしつけは添い乳をしています。今後、断乳・卒乳したときの寝かしつけ方が分からずに心配していました。添い乳をしなくても寝かしつけられるように今から練習したいと思います。
私は、この子に賢い子になってほしいと考えていましたが、具体的にどうしたらいいのか分からずにいました。でも、「早期教育の弊害」を読んで、心とからだの発達が知性の土台であることや、乳幼児期は密接で豊かなコミュニケーションが重要なことを学びました。「子どもらしく、心もからだも充分に遊ぶこと」が大事と聞いて安心しました。今後の教育のしかたを見直したいと思いました。
最近、11ケ月の子どもはずりばいをするようになり、行動範囲が広くなってきました。ベランダにつながる窓に近寄り、網戸や窓周辺の溝の汚れているところに手を入れたがります。いつもダメと言って窓から遠ざけるようにしていましたが、「ダメと言わなくてもいいような環境をつくる」を読み、ダメと言わなくていもいいように掃除をすればいいんだと、考えを変えることができました。
今は子ども用品店に行けば、知育玩具がたくさん売られているので、知能が育つのであればと購入したいと考えていました。でも、「体験談⑥遊びとテレビ・文字教育」を読んでなるほどと思ったことは、親が玩具を与えるのではなく、子どもが創意工夫して遊びを考える方が手や知能を使い、創造する力がつくと思いました。
このマニュアルは、自分の生活リズムを見直す良いきっかけとなりました。体験談が多く掲載されていたので、具体的なイメージがわきやすかったです

予防接種の副反応で悩んでいたところ、的確なアドバイスを頂いて助かりました!
 東京都 富田裕美 様
(お子様7ヶ月)
現在7ヶ月の息子がいます。息子の湿疹や行動、体に起こる全てのことに、何らかの原因があるのではないか?と思ったことが須藤さんの本を購入するきっかけになりました。
知りたかった予防接種の実態。動物の体から菌を繁殖させるということを知り、正直怖くなりました。
実際、息子の脇の下のリンパ節が腫れたことで(BCGを接種し、1ヶ月経過後)、副反応の怖さを知ることができました。ごくごく当たり前のように予防接種を受けることに疑問も何ももっていなかったけど、知らないことの罪は重いように感じました。
でも、須藤さんの的確なアドバイス(どうしてもの場合の対処の仕方など)を読めてよかったです。もっと、おおらかな気持ちになることも大切なんだ!ということが分かりました。
病院の先生が言うことをそのまま真に受けるんではなく(時には必要な場合もあるとは思いますが)、納得できないもの、なるべく体に悪いものは取り入れないようにしてあげたいと思います。
子どもの衣服について書いてあったことも勉強になりました!
食事についての悩みが解消され、自分なりの自然育児をやっていこうと思えました!
 新潟県 大滝 様
(お子様4歳と2歳)
私は今までにたくさんの自然育児に関する本を読みましたが、ここまで広い範囲で細かく書かれてあるものはありませんでした。既に実践していることもいくつかありましたが、新しい発見がたくさんあり、とても勉強になりました。
私が日々悩んでいることの1つに食事のことがあります。上の子はだんだん上手に1人で食べられるようになってきたのですが、下の子は食事中に遊びだしたり、立ち上がったり。当たり前なのですが、食べ方も汚いので
ついイライラしてしまいます。主人の帰りも遅いため、1人で2人に向き合うなど、いろんなことがプレッシャーになっているのだと思います。
でも、このマニュアルに書かれてあった「食事はおいしく、楽しく」には、はっとさせられました。イライラしている私と食べても子どもたちは、おいしくも楽しくもないんじゃないかなぁと今さら気づき、穏やかに接するよう心がけるようになりました。
また、食事に関することで言えば、外食や人からのもらいものなど、時には割り切っておいしくいただくことも書いてあり、気持ちがほっと楽になりました。
自然育児を実践し、またそれを続けることは簡単なことではありませんが、できることから、肩肘張らず自分なりの自然育児をやっていこう!そう思わせてくれた本でした。
いつでも読めるよう、すぐそばにおいてあります!
3歳の娘の絵本選びに役に立ちました!こ
れから、もっと子どもと楽しい時間を過ごせそうです。
 東京都 五十嵐真理子 様
(お子様3歳)
私は3歳の娘が一人います。わが子をのびのび育てたいと日々、願っています。
子どもが生まれたとき、「子育てを楽しもう!」と決めて毎日を過ごしていました。ですが、はじめての子育てで、とまどうことが多々あるというのも正直なところです。
しかし、「育児マニュアル」というものには抵抗があり、今まで読んだことはなかったのですが、須藤さんのマニュアルの“自然育児”という言葉に興味をひかれました。
マニュアルを読み始めて、内容の濃さにびっくりしました。
特に参考になったのは、4章3の“絵本について”です。3歳の娘には、これからの絵本選びはしつけに関係するような内容のものが良いのかな~と思っていたのですが、そうではないのですね?
具体的にどんな絵本が良いのか紹介されているので、とても参考になりました。言葉の繰り返しを楽しんでいるこの時期を大事にしてあげたいと思いました。
また、5章の3の“しつけ”に関しては、子どものやる気を大切にしてあげることの重要性や根気強く接していくことの必要性を再確認することができました。
マニュアルを読み終わった後、「あれもやらなくちゃ」「これもやらなくちゃ」という気持ちになるのではなく、これから子どもと楽しい時間を過ごしていこうという気持ちでとても楽になりました。
素晴らしいマニュアルを提供してくださった、須藤さんに感謝します。
このマニュアル1冊で、ほとんどの子育ての情報が分かり、これからの育児の指針として手元において置きます!
 東京都豊島区 古瀬 様
(奥様が妊娠8ケ月)
これから生まれてくる我が子を大事に育てたいと思っていますが、具体的にどうしたらいいのか分からずにいました。そんな時、この『ママと子どものHappy育児法』に出合いました。
常識だと思っていたことが、実は違う!
このマニュアルを読まずに子育てしようとしていたことを考えると、ちょっと恐怖を感じました。須藤さんの体験談は、子育ての経験がない私にもリアリティが感じられ、とても参考になりました。
本当に細かいところまで丁寧に書いてあるので、すべてを覚えることはできませんが、必要な時にすぐに読み返せるように、常に目の届くところにおいて置きたいと思います。子育てに関するほとんどの情報が網羅されているので、あれもこれもと情報に振り回されている人は、この1冊あるだけで安心できると思います。
この『ママと子どものHappy育児法』は、子育てする親にとって、かなり貴重な指針となるマニュアルです!
このマニュアルがあれば、生後すぐから迷
いや不安もなく、自然育児が実践できます!
 奈良県 水野彩香 様
(お子様4歳)
こんにちは。私は4歳の男の子の母です。
マニュアルを拝見いたしました。たくさんの有益な情報でしたが、知っていることも多かったです。
こう書きますと、「な~んだ、購入する程のものではないのか・・・」とお思いになられる方がいらっしゃるかもしれませんが、それは違います!
私は、息子が生まれてから4歳になるまでに、何十冊もの育児の本を読み、子育て講演会に何度も出掛けていきました。私が「知っている」と書いた知識は、4歳までに得た知識なんです。そこで費やした時間やお金は相当のものです。
それに、2歳過ぎまで母乳育児をやり、それまでは2時間おきの授乳をしていました。息子を置いて長時間出掛けられるようになったのは2歳を過ぎてからです。私が得られた情報のほとんどは生後まもなく得られたものではなく、ある程度大きくなってから得た情報。
須藤先生のマニュアルがあれば、こんなに苦労もせず、得られたのに・・・。生後すぐから実践してあげられたのに・・・と、今このマニュアルに出合う他のお母様を羨ましく思うのです。
わずか2~3時間でこれだけの情報を得られるんですから、これはとてもお安いお買い物だと思います。
子どもはどんどん大きくなりますが、その間、母に与えられる時間はほんのわずか。したいこともなかなかできませんし、子育ての正しい情報を知ることのできるママは本当にわずかかと思います。早いうちからこれだけの情報を知っていたら、どんなに幸せな子育てができるでしょう。
残念なことに、今の日本の子育て情報は企業のもうけ中心です。本当に子どものための情報、子どもにとって本当にいいものは前面にでていません。
(中略)
このマニュアルを皆さん、是非活用して下さい。
ただ、周りの育児と違いすぎてびっくりされるかもしれません。でも私は、私でやってこれました。実践していれば同じようなママ友ができるものですし、今は子育て相談もされますよ。私のように回り道せず、楽しい育児ができることをお祈りいたします。
昨年より取り入れましたホメオパシーも我が家は大活躍ですが、須藤先生との出会いで、これがさらに我が家では不可欠なものになっていくと思います。
先生との出会いに運命を感じております。
「食生活を改善しなくては!」と思いました。第二子を完全母乳で育てるためにも実践していこうと思います!
 新潟県 島岡知美 様
(お子様4歳)
『ママと子どものHappy育児法』を読ませていただきました。
まず、「食生活を改善しなくては!」と思いました。
息子は今のところアレルギーもなく、大きな病気もしないので、つい「食」をおろそかにしがちです。おやつも毎日は手づくりできないので、つい市販の甘いものやスナック(あまり子どもは好きではないようですが・・・)を出してしまいます。
夕食を作る頃、ちょうどねむくなってしまう時間なので、急いで作らなければ・・・と、つい冷凍食品ですませてしまったり・・・。大いに反省しなくていけません。
まずは食事の時の「ガミガミ」をやめる、子どもの食器を変える、おやつを見直すなどから始めたいと思います。
第二子を妊娠中なので、母乳についても参考になりました。息子はストレスとプレッシャーからあまり母乳が出ず、悔しい思いをして育ててしまったので、今回は完全母乳で育児できたら幸せです!
ホメオパシーのレメディーについても、とても興味深いと思いました。
子どもが嫌がらない紫外線対策や虫歯予防の方法が分かりました!やさしい語り口で、肯定されている感じで、すーと最後まで読めました。
 兵庫県 大橋里美 様 
(お子様2歳)
須藤さんの講演会『ホメオパシーと免疫力アップの暮らし方』に参加したのがきっかけで、須藤さんのホメオパシー療法を娘に受けさせてみることにしました。
ホメオパシーの治療が始まると、娘の症状が一時的に悪くなりました。それを薬を使わずに乗り切るのに、どうしたらいいのか、たびたび須藤さんに質問しました。そのアドバイスどおりに取り組みますと、なんとか一時的な悪化を乗り切り、薬を塗らずに過ごせるくらい症状がよくなりました。
アドバイスは、いつも、当たり前というか自然なことなんですが、自分にとっては意外に盲点というか、分かっていなかったことが多かったです。
ホメオパシー療法を続けるうちに、ホメオパシー療法と平行して、普段の生活のあり方がとても大切だとあらためて実感しました。
しかし、具体的には、どうやったらいいのかな?
自然育児ってなんだろう?
たくさん情報があって、相反する情報もあるし・・・
須藤さんならどう取り入れていらっしゃるのかな?
今まで知っていることでも、どこまで自然育児と一致していて、知らないことはどんなことなんだろう?
と思っているところに、『ママと子どものHappy育児法』の発売を知り、購入しました。
(中略)
『ママと子どものHappy育児法』を読んで、紫外線の予防方法として日焼け止めクリームを塗るかどうか迷っていましたが、解決しました。
帽子についても意外な視点だと思いましたが、子どもの生活にはあっていると感じて、それもありなんだなと思いました。
虫歯の予防についても、迷っていたところに、別の視点で書いてあって、解決しました。
食事の最後に、きゅうり・たくあん・りんごなど硬いものを一切れ食べると歯についたものがきれいになるというのは全然知らなかったので、すごくためになりました。
私はお茶をほとんど飲まなくて、水中心で、つい子どもも水だけで、お友達の子どもさんはたいていお茶なんで、お茶も飲むほうがいいのかな?と気になっていたのですが、水だけでもOKなんだなと安心しました。
子どもと一緒に早寝・早起きになってしまって、家事をする時間が少なくて(^^)、やりくりが上手くなくて改善したかったので、重ね煮のしかたが書いてあって、やってみたいと思いました。
『ママと子どものHappy育児法』を読むと、やさしく話しかけてもらっているような文章で、肯定されている感じがあります。「こうじゃないと駄目!」と否定されている感じは全くありません。それで、すーと最後まで読めて、「だいたいこういう感じの生活がいいんだな」という基本のところが印象に残ります。
生活の中で、ふと思い出したり、気になったりしたら、またマニュアルを見て、細かいところを随時おさらいして、生活に取り入れていったらいいなかと思いました。
衝撃的だったのが予防接種のことでした。マニュアルを読んで、次の子には受けさせない方向で考えています。
 三重県 中村美智代 様 
(お子様5歳、2歳)
5歳の息子と2歳の娘の母で、来月もう一人男の子が増える予定です。
以前から、食育に興味があり、子どもの食生活には気をつけていますので、食事に関しては復習に使わせていただきました。
でも、なかなか完璧にはいかないものですね。
浄水器も興味があるのですが、我が家の水栓は浄水器取り付け不可のために断念しました。
だから、オゾン発生器は聞いたことがなく、大変興味深いです。値段がいくらくらいするのかなど、マニュアルでさらに詳しく説明してほしいと思いました。
睡眠、遊びに関しても自分なりに努力してはいますが、上の息子が小さいときにテレビを見せてしまい、キャラクターはしっかり覚えてしまいました。
今は、全くテレビを見せないようにするには難しいので、少しずつ視聴時間を減らしながら、番組を見たら必ずスイッチを切る、はじめからこれだけと約束させてから見せるなどしています。
マニュアルの中で衝撃的だったのが、予防接種についてでした。
私の母が薬に頼らない主義だったので、私も子どもには薬を使わないで育ててきました。予防接種は本当に必要なのか疑問に思っていましたが、周りが受けるので、無料で受けられるも
のだけ受けさせてきました。
マニュアルを読んで、予防接種の副作用などを知り、次の子には受けさせない方向で考えたいと思うようになりました。
マニュアルを購入し、とても参考になりました。
よくあるご質問もご覧ください!
Q. 読むだけで、自然育児法がわかりますか?
A. 読むだけでもわかります。
このマニュアルは、忙しいあなたでも実践しやすいように、食事、睡眠、遊びと運動、薬、予防接種、衣・住・その他の環境、コミュニケーションなど、カテゴリー(部類・部門)別にまとめてあります。
読んでみて納得できたら、1つでも2つでも、取り入れやすいものを実践してみてください。大切なのは1つでも2つでも実際にやってみることです。
Q. 1歳と3歳と6歳の子どもが3人います。毎日とても忙しいですが大丈夫でしょうか?
A. そんなあなたのために、120日間の満足保証をおつけしています。
子育て中のママは、本当に時間がないですよね。家事と育児に追われて、あっという間に時間がたってしまいます。
私も毎日、何とかやりくりして時間をつくっています。
120日間という中で、ご自分のペースに合わせて、少しずつでも実践していってくださいね。
Q. このマニュアルは、改訂されたりシリーズが増えたりすることはあるのですか?
A. はい、あります。
10人のママがいれば、10通りの自然育児があるように、自然育児ってとても奥が深いものです。
私の周りの自然育児ママから、いろんな体験談を聞いたりしながら、さらに理解しやすく、実践しやすいものをお届けしたいと思っています。
時代が変わると子育ての考え方が変わったり、新しいデータが発表されたり、新しく発見されることも出てきます。
そんなものも随時加えながら、いつもわかりやすい内容をお伝えしたいと思っていますので、改訂した場合は、無料でe-book形式のファイルをダウンロードしていただこうと思っています。
Q. 自然育児をやってみたいのですが、なにから始めたらいいですか?
A. 一番理解しやすく、取り組みやすく、変化を感じられるのが食生活の改善です。
私たちのからだは、食べたものからつくられています。食べ物によって、体つきも、精神状態も、性格も影響を受けていると言われています。
何を食べるかを意識すると、それは確実に、その後の状態を変化させます。
子どもの免疫力を高める食生活はどういうものか・・・
子どもの成長・発達を促す食生活はどういうものか・・・
このマニュアルに、わかりやすく解説してあります。
Q. ふつうの育児マニュアルとどこが違うんですか?
A. このマニュアルは、自然育児を応援するマニュアルです。
ふつうの育児書の視点ではなく、自然育児の視点で書かれています。あなたが、「ふつうの育児でいいわ」と思っているなら、このマニュアルは必要ないかもしれません・・・。
でも、もっと子どもの生きる力を引き出したい、もっと子どもが元気に子どもらしく育ってほしいと願っているなら、どなたでも参考になると思います。
さらに、メールまたは電話、またはスカイプによる無料カウンセリングを、あなたのお子様が7才になるまで、いつでも受けることができます。
子どもの成長によって悩みも変化していきます。あなたが安心して育児ができるよう、ふつうの育児書では得られないサポートを提供しています。
Q. 子どもが7歳ですが、このマニュアルはもう使えませんか?
A. 7歳でも、10歳でも、基本は同じなので大丈夫です。
このマニュアルは、乳幼児期を対象とした育児マニュアルです。小さい頃の環境設定が、その後の性格形成や習慣化に大きな影響をおよぼします。
だから、親の意識で環境整備しやすい乳幼児期に実践してほしいものをまとめました。
でも、それ以上の年齢のお子さんでも基本は同じです。取り入れやすいところから始めてみてください。
Q. 個人情報はちゃんと守られますか?
A. はい、大丈夫です。
購入された方の個人情報は厳重に保管しています。メルマガ発行や改訂版のお知らせ以外には使用しませんので、安心してください。
Q. このマニュアルはパソコンから見るものですか?
A. いいえ。152ページからなるテキスト(冊子)を、さらに特典としてCD2枚、新発売記念キャンペーンとして送料無料でお送りしています。
車の中や家事をしながらなど、お好きなときにCDをお聞き下さい。また、印刷版のテキストに書き込みながら、自分のオリジナルのマニュアルを作っていくのもいいですね。
※この他のご質問は、こちらからお気軽にお問合せください。
追伸1
私はこれまで何人もの、自然に子どもを育てたいと思っているママ、すでに自然育児をやっているママなどのお話を聞いてきました。本当に、みなさん子どもを大事に育てたい、子どもをちゃんと育てたいと、強く思っていらっしゃいました。
でも、その思いの強さと同じくらい、「疑問」や「不安」を抱えているように、私は感じました。
何をどうやったらいいのか分からなくて、前へ進めなかったり、あまりにも一生懸命にやりすぎて、周りといい関係が築けなくなったり、完璧にやらなければと、自分をしばりつけて苦しくなったり・・・。そんなママさんも少なくありませんでした。
悩んでいるママさんたちのお話を聞くたびに、「もっとラクに、自由に、自然育児を楽しんでほしい!」
という気持ちがどんどん、どんどん私の中で強くなっていきました。
自然に子どもを育てたい、すくすく、のびのび子どもを育てたいと思っているあなたの、悩みや不安が少しでも軽くなれば・・・と思っています。
追伸2
自然育児で、子どもが丈夫に、すくすく育ってほしいのはもちろんですが、何よりも毎日、子どものため、家族のために頑張るあなたが、不安を感じることなく、笑顔で育児を楽しんでほしい。
「自分がやっていることは間違っていないんだ」「これでいいんだ」
と、自信を持って、あなたらしい自然育児を楽しんでほしい。
それが、私の一番の願いです。
あなたが、進みたい方向に、迷いもなくスムーズに進むために、きっとお役にたてると思います。
子どもは環境で、どのようにでも変化していきます。
その環境を作るのは親である、あなたの役目なのです。
子どもを大事に育てたいと思っているあなたとともに、次代を担う子どもたちを、子どもらしく、元気にのびのび育てていきたいと思っています。
最後までお読み頂きましてありがとうございました。
「自然育児をラクに楽しくやりたい」方は、
いますぐに下のボタンをクリックしてください。
こちらに情報をお送りいただける場合は
下記のプライバシーポリシーにご同意いただけたものとみなさせて頂きます。
特定商取引法に基づく表示|プライバシーポリシー
Copyright
(c) 2008 shizen.happyikuji.net All Rights
Reserved.
自然育児マニュアル!子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる 『ママと子どものHappy育児法』
「須藤」といえば誰ですか?何人でも挙げてください。
リクエストマッチ須藤豊(元プロ野球選手、監督)須藤元気(元格闘家)須藤茉麻(元Berryz工房)須藤稚明(ガールズケイリン選手※旧姓・近内=こんない、産休中)須藤博倫(競艇選手)須藤凛々花(NMB48)※NMBは「すとう」、それ以外は「すどう」
須藤凛々花(≧∇≦)bね。どう思いますか?
須藤凛々花・・・?須藤凜々花・・・○
風疹麻疹の予防接種を受けた後の抗体検査と数値私は中学生の際に、風疹のワクチンが実施されていなかった年代で、自身も周りにも風疹に掛かった人がいなかったのでおそらく抗体はないだろうということで、抗体検査は受けずに風疹・麻疹の混合ワクチンを接種する予定です。(抗体がある場合でもワクチン接種をすることに問題はないとのことなので、抗体検査を受けて、その結果を待ち、その後ワクチン接種、その後2~3ヶ月避妊より、早めに接種できること、検査の費用がかからないことから、検査を受けずに接種する方を選びました。)接種後、抗体ができたかどうか分からない場合もあるようなのですが妊娠前に接種された方はその後、抗体ができたか検査を受けるのが普通なのでしょうか?もし受ける場合は、接種後どれくらいで検査できるのでしょうか?また、妊娠中の血液検査で風疹の抗体数値が高く、その後最近掛かったものか過去に掛かったものかを再検査する場合があるようなのですが妊娠前にワクチンを接種して、避妊後3ヶ月くらいで妊娠し妊娠中に抗体検査をした場合数値が通常より高くなったりはしないのでしょうか?またこの際、ワクチン接種が原因で数値が高い場合、再検査で、「最近掛かった」とはならないのでしょうか?長くなり申し訳ありません。・ワクチン接種後の抗体検査は必要か否か、必要ならばいつ頃受けるのか・ワクチン接種により、妊娠中の検査で抗体数値が高くならないか・もし高い場合、再検査で「最近風疹に掛かった」となるのかどうか以上3点、分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。
私も妊娠を希望する頃に心配になって抗体検査をうけました。中学の時に予防接種をしたのですが、あれから15年…見事に抗体はなくなっていました。・ワクチン接種後の抗体検査は必要か否か、必要ならばいつ頃受けるのか→予防接種をして2ヵ月後に抗体検査を受けました。・ワクチン接種により、妊娠中の検査で抗体数値が高くならないか→こちらは現在結果待ちなのでお答えできません。ワクチンに含まれる抗体はあくまでも微量だったと記憶しています。8未満で抗体なしという扱いですが、結局接種後も16以上という数値にしかなりませんでした。(風疹の抗体は8倍の数値で算出されます、16以上が抗体ありです)ただ私自身が単に抗体がつきにくかったのかもしれませんが…。実際に風疹にかかると、ものすごく数値が高くなるそうですよ。
風疹の予防接種後2ヶ月の避妊の理由はなんですか?厚生労働省だかとりあえず国のサイトでは、「生のワクチンだから」と書いてありましたが、だからなんで?の部分が書いてありませんでした。5月20日に予防接種を受けました。生理中(ほぼ終わり)でした。今までの間に1回生理はきてますが、そろそろ次の生理がくる予定です。兆候はあるので。1回目の生理と現在の間に手違いというかなんというか避妊できずにしてしまいました。彼に言ってはいたんですが、その場のノリ?雰囲気?でつけ忘れたそうです。外には出したんですが、避妊ではないですよね??まだよく分かりませんが不妊かも??ということで、不妊かどうか検査中です。MRの前にも検査をちょいちょいやっていて、今は中断してます。次の生理が来たら検査を再開します。何で生のワクチンだからいけないのか?と避妊できずにいた場合のリスクはあるのか?教えてください。
弱毒化されていようと、生きたウイルスを体内に入れるわけですから、予防接種を受けた人の体内ではウイルスが増殖しますし、軽く罹患した状態になります。その状態で胎児にウイルスが移行することも確認されてます。ただそれが理由で先天性風疹症候群を発症した例は1例もないので、仮に避妊期間に妊娠してしまったとしても妊娠の継続については問題ないという理由がこれです。ただし今までに1例も無いからといって、あなた自身がその1例目になる可能性も全くの0ではない、ということで2ヶ月の避妊期間が定められています。外に出しても入れた時点で妊娠の可能性はありますから、今後は気をつけて下さい。
帯津良一先生と幕内秀夫先生の「50歳からの免疫力と快楽」という本から質問させていただきます。本の中で、帯津先生と幕内先生が対談されています。そこで、帯津先生が、「ある雑誌で、日本では誰もが知っている、大作家が、私は癌で死にたい、って発言してた。この人、こんなつまらないことを言う人だったかなぁって、がっかりしました。突然死よりも、余命を知り、人生を総括できる時間ができるから、という理由です。だから癌で死ぬのも悪くないと。僕も昔はそう思ったこともありました。だけどそれは、いま現在癌と闘っている人に対してあまりにも失礼な発言。みんな生きたくて闘っている。そんな懸命な人たちが、私は癌で死にたい、、などと元気な著名人によって語られては、腹が立ち、励みにならないでしょう。公の場で口にするのはよくないですね。」と述べています。ブックマン社の2010年5月発行の本です。この大作家とは誰なのでしょうか。私は、五木寛之氏ではないかと思っています。帯津先生は、五木寛之氏と交流があり、対談集も出版されています。互いに尊敬しあう仲だと…。もし五木氏ならショックです。どなたかご存知の方はおられませんか?帯津先生も五木先生も大好きなので、とても気になっております。
>>>突然死よりも、余命を知り、人生を総括できる時間ができるから、という理由です。だから癌で死ぬのも悪くないと。あまりにもただしい発言です。癌という病気を知り尽くしている人間の至高の発言です。あなたは癌がなぜ即死しないか。その理由を知ってますか。癌がなぜ即死しないのかの理由をちゃんと勉強してから考えましょう。帯津のほうがおかしいです。私は帯津良一は医者としてはあまり。。。。???かな。幕内秀夫はまあまあだが。。。