その他ビジネス

中小建設業生き残り方法

中小建設業生き残り方法



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

中小建設業生き残り方法

■商品詳細:

中小建設業生き残り方法マニュアル
型枠のいらないコンクリート工事
「秘密兵器」をそろえることは、中小の生き残り方法として、本当に簡単にできるやり方
成功するルールに従って起業や新規事業を行うなら、成功できる確率は?
建設会社の社長さんが夢見る「建設業生き残り方法」
「新規事業を始める方法」
弱者の戦略ナンバーワン戦略
建設会社の新分野進出に華々しい成功を聞かない理由よは?
建設会社には絶対的に欠けているものとは?ほか多数

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

その他ビジネス

■販売価格:

9980円

■販売者名:

山西 茂
★その他ビジネス☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

中小建設業生き残り方法
文章型トップページ
中小建設業
生き残り
研究会
「ある簡単な方法を試すだけで、生き残り法の成功率は3倍以上になる!」
「建設工事施工統計調査」によれば、建設業許可を持っている建設業者の数は、平成11年度末のピーク時で60万社、それから減り続けて平成20年度末では51万社弱の15%の減少となっている。
官需民需を含めた建設投資額が平成4年度の84兆円のピーク時から平成21年度の見通し47兆円にまで下がり続ける
年度末が来るたびにどんどん苦しくなる多くの建設会社と、ほんの一握りの生き残りに成功する建設会社
 その違いはどこにあるか、ご存じでしょうか?
いきなり恐縮ですが、最初にひとつお聞かせください
全国で一日に倒産・廃業する建設会社の数はどのくらいか?ご存じでしょうか
みなさまご存じのとおり、公共事業の劇的な減少で、全国で倒産・廃業の嵐が吹き荒れて15年以上経ちますが、これが止まる気配はまったく見えません
なぜなら、全国の建設会社の数は、じつに55万2210社(2003年3月末)もありました
このほとんどが、公共事業を生業としてきたのです
さて、これをお読みになっている方は、ほとんどが建設会社の経営者さまだと思われます
もし、あなたが建設会社社長さんであれば、次のいくつかの質問にお答えいただけませんでしょうか?
 あなたは、ご自分の会社をもっと大きくしたい・売り上げを増やしたいと、思っていませんでしたか?
 あなたは、ご自分の会社の倒産・廃業に到る事態をなんとしても避けたいと、思っていませんでしたか?
 あなたは、ご自分の会社の受注工事をもっと速く施工したいと、思っていませんでしたか?
 あなたは、ご自分の会社のお仕事の受注を、もっと楽にできないかと、思っていませんでしたか?
 あなたは、ご自分の会社のお仕事の受注をもっと多く、そして確実にできないかと、思っていませんでしたか?
 あなたは「何をチェックしたら、自分の会社が生き残るための、最適な方法を選ぶことが出来るのか?」をご存じでしたでしょうか?
 あなたは、「本当に自分の会社で、生き残りのための方法をすることができるのか?」
と疑問に思っていませんでしたか?
 もし上の質問にひとつでも思い当たるところがあるなら、次をお読み下さるようお願いします
「なぜ多くの建設会社が倒産しているのに、あの会社だけは、生き残ることができるのか?」
 年度末が来るたびにどんどん苦しくなる多くの建設会社と、ほんの一握りの生き残りに成功する建設会社
 その違いはどこにあるか、ご存じでしょうか?
 単刀直入に申し上げれば、その違いはコンテンツです
 建設会社の生き残りにおいて、さまざまな提案を行うコンサルタントがいますが、その多くは枝葉末節の技です
 このようなコンサルタントに任せっきりにした建設会社は、生き残ることが難しいと言わざるを得ません
 重要なことは、自社の現状を把握して、自分の身の丈にあった会社の効率化や工事受注の方法を身につけることです
 これは至極当たり前のことなのですが、もちろん普通にそういうことを行っただけでは、上手くいきません!
 ふつうのコンサルタントでは決して指摘できない、建設会社の生き残り方法についての思いつかない重要なところを指摘できるのは、実際に建設会社の業務に携わった経験のある者だけです
 公共工事に依存しがちだった建設会社の欠点を、明快な言葉で指摘できるのは、「実際に建設会社の業務に携わった経験に基づいて」いるからです
そのような生き残り方法を提案できるのが、・・・・
商品名称:銀行が買っていった建設会社の生き残り方法
 中小建設業生き残り方法  内容構成  PDF 319ページ
 この電子書籍は、建設会社が陥りがちな欠点を指摘しながら、重要ポイントを一つづつ解説していきます
 それでは、この電子書籍を購入することで、どのようなメリットが得られるのか、解説しましょう
 わかりやすい書き方をしていますが、内容はとても充実していることが、ご覧になり始めると、すぐにわかるでしょう
・建設会社と生き残りコンサルタントの間に必ず起きる、微妙で深刻な認識の違いとはなにか?
・生き残り方法の新規事業が成功しない、典型的なパターンとは?
これらの説明を読むと、新規事業の失敗パターンに陥ることを防ぐことができます
・生き残りコンサルタントに顕著な、信頼できない3つの特徴とは?
・生き残りコンサルタントを選ぶとき、本物かどうか分かる「質問」とは?
・どうして何回も新規事業を検討しなくても、確度の高い提案にたどり着くことができるのか?
生き残りコンサルタントには、特有の事情があります
それは前職が会計士のような職業であって、建設会社の経理上の問題点を指摘することが多かったということです
会計士は経理上の問題点を指摘することはできても、新規事業や生き残り方法の専門家ではありません
・生き残り方法を経営者が考え始めた瞬間、注目する点は事業のここに来る
・自社の「本当の問題点」に気づくには、どうすればよいか?
・生き残り方法の最初に意識しなければならないのと、失敗するのはなにか?
・生き残り方法の最初に分かることで、生き残る確率がぐうんと高くなることとは?
・誰でも使える、生き残りパターンとは?
この説明から、「本当の問題点」に気づき、どのように改善したら生き残れるかを、マスターすることができます
・建設会社経営者が、目を皿のようにして読まなければならないテーマとはなにか?
・なぜ生き残り方法が、見えてこなかったのか?
・生き残り方法とは、○○を意識すること。○○を意識すれば会社が変われる!
生き残り方法とは、収縮していく公共事業にいかに対応していくか?会社を磐石にするための二本柱について解説していきます
その具体的なやり方が分かります
いかがでしょうか?
今回お知らせする「中小建設業生き残り方法」は、今まで生き残り方法や新規事業のやり方が分からず、「必要性は分かるけど確実な方法が分からない」と思っていた方に、とても喜ばれている電子書籍です
次のようなご評価を頂きました
K建設様
興味があったもののあまりの値段に躊躇してしまいましたが、思い切ってよかったです。
読みながらうまく作れそうな気持ちになってきました。
これを参考に今はネタ集めを始めています。
違うものへの取り組みに少しワクワクしています。
とてもわかりやすいものを提供していただき
ありがとうございました。
R建設様
たった今、教材をすべて終わりました。
とっても親切な内容でした。
これから自分の会社を見直すところです。地道にコツコツ、教材のポイントに沿って修正すれば、田舎でもできるか、とも思いました。
絶対生き残る!という気概でがんばります。
興味のある方はこちらからお進みください(クリックしてください)
トップページ
カウンター
中小建設業生き残り方法
建設会社について。知り合いが日数月給の建設会社に勤めているのですが、仕事内容や天気によって暇な時期があると聞きました。その場合出社時間が変わったり、休憩時間が変わったり、給与が変わったりするのですか?教えてください。
日給月給ですね。これ、ハローワークと建設会社で意味が違う言葉として使われることが多いので、内容を確認してください。ハローワークでは、日給月給というのは月給制度で、休んだりしたら欠勤控除で給料が休んだ分だけ減る制度であるってしています。しかし、建設会社は、日給制度で作業員を採用してることが多いのですが、日給の支払い方が月一回の給料日にまとめて払うという制度です。これって普通に言えば、日給制度の月払いということでしかないのですけど、この日給制の月払いというのを、建設業界では日給月給制だと昔から呼んでたりします。(日給制度とは日数×日当という計算だろうけど、うちの会社は月々の手当てをつけてるから日給月給だと強弁してる会社とか、昔からそう呼ばれてるので本当にそういう呼び名が正しい一般的な呼び名だと思い込んでる社長や社員が大量にいる業界です)これは業界が持っている非常識的な慣習ですから、是正してまともな日給月給制度を取り入れてる会社もあります。なので現状では、日給月給制度と言われても、どちらの給与方式を採用している会社なのかわからないのです。特に建設関連の現場作業員に関してはね。二つの違いですが、日給月給制度は引き算の制度です。月の基本給が決まっていて欠勤したら1日分が引かれます。日給制度は足し算の制度です。働いた日数が1日増えると1日分の給料が増えていきます。なので日給月給制度であれば、正月休みとか、GWとかがあって月の労働日数が変動しても基本給は決まっているので欠勤さえしなければ給料は安定します。日給制度の場合は、正月休みなどで働く日数が減ってしまうと給料が減るので月によって真面目に働いていても、休みが無くても給与が変動してしまいます。あなたの書いてる仕事の有無によって給料が変わるのではないかということは、そのとおり変更してしまいますよ。作業員の場合、仕事が無いと働きようがありません。なのでお休みになったりすることがあります。土木作業員だと、雨だから今日はお休みなんてことがある世界です。そして休んだら休んだ分の給料が入ってこなくなるので、収入が変化します。会社側も可能な限り仕事を与えなければ作業員が生活できないので場合によっては、会社の草刈りなど、仕事として会社が請け負っていないけど普段してない作業を仕事としてやらせることで給料を払うなどすることも多いので、作業員が会社の草刈りしてたなんてことを言ってたら、その日は仕事が無かったんだなってことになったりします。作業員は、働いている現場の場所が変化していくので出勤時間は、仕事の有無ではなくて、どこの現場で働く予定なのかによって決まりますよ。毎朝8時までに現場着だとすると、車で30分で着く現場の時と、2時間かかる現場の時では家を出る時間が大幅に変わるよねって感じです。休憩時間はあまり変わらないと思います。仕事が暇でさっさと終われば終わる時間が早くなったりはします。この場合は、あまり給料に関係ないことが多いと思います。
建設会社の積算とは、初心者でもできますか?求人で積算、初心者でも可、残業30時間、年間休日数100日でした。相当忙しいのでしょうか?てきぱき作業できなければ、ついていけないでしょうか?
できなきゃ会社が困るので出来るようになるまで教えますよ。どのような教え方をするのかは会社次第でしょうけど。勉強ができないと大変かどうかという点ならべつに勉強できなくても平気。高学歴の大学に入るような学力なんて一切必要ない。てきぱき作業できた方がいいけど慣れればできるようになる作業だから気にする必要なし。
建設業界で、協力業者として働く会社って、あえて元請けをやらないのですか?素人相手に話しをしたく無いので、プロ相手にしか商売をしないのですか?
下請協力会社でも、元請として公共工事をやってる会社もたーくさんありますよ。なぜ大手ゼネコンの協力会をしてるかと言うと(営業や入札などの手続きなしで)安定的に仕事が回ってくるし、儲けられるから。昨今公共工事が不調なるのは、赤字になるような予算だからであり、元請だからと必ず予定額儲かる訳じゃないし、労災や社会的責任も大きいしね。後、弊社は左官屋ですが公共工事で左官だけの発注ってまずありませんので入札する必要なしです。それと個人相手は面倒です…なのでHMや工務店に入ってもらうのです。打ち合わせ、書類作成、役所手続き、クレーム処理、アフターフォローこれらを自社でやる時間が勿体無い!
建設系の会社で規模が多く、県外での仕事が多いのですが将来的に現在の彼女と結婚する時に県外の仕事が多くなると、家庭に一人にさせてしまうと思います。その場合どのような風に会社を決めれば良いですか?
建設会社であれば、現場勤務になるので勤務先は事実上不定になります。工事の規模にもよりますが、数ヶ月から1、2年位で次の現場へ赴任となります。地場の中堅以外の建設会社以外なら、県外勤務もかなり多いですし、そもそも余り家にもいれません。建設コンサルであれば、大手以外なら割りと転勤は少ないですし、建設会社と比較して内勤は多いです。ただ、建設業界はどの職種もワークライフバランスや週休2日に対する取組がかなり遅れていて、他業界よりも労働条件は悪いです。
建設会社(大手)に文系就職した場合、転勤や、現場への出張は多いのでしょうか?
建設とかメーカーだとか関係なく、大手であれば全国に支店から営業所がある。転勤がいやなら中企業で支店や営業所が無い会社に就職することです。会社の組織表に支店や営業所が多い会社は転勤が多く、少なければ少ない。
おすすめの情報