その他ビジネス

教室・塾運営成功マニュアル

教室・塾運営成功マニュアル



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

教室・塾運営成功マニュアル

■商品詳細:

パソコン教室・英会話教室・塾・スクールビジネス運営者、経営者へ朗報。大赤字の教室から儲かる教室に大変身させて成功した方法を全てあなたに教えます。
スクールビジネス全般に通用する普遍的ノウハウなのです。ちょっとした所に大きな隠れたノウハウが存在するのです。
一般論は役に立ちません。
実は、私も1年前は同じ悩みを持っていた経営者です。
でも、私の場合は短期間で儲かる教室にしたのです。

■商品内容:

パソコン教室・英会話教室・スクールビジネス。大赤字の教室から儲かる教室に大変身させた成功方法です。

■ジャンル:

その他ビジネス

■販売価格:

9800円

■販売者名:

アイティビッズ株式会社
★その他ビジネス☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

教室・塾運営成功マニュアル
パソコン教室 成功 ノウハウ 儲かる 成功ノウハウ スクールビジネス 赤字 受講生増大 マニュアル 英会話教室 塾 経営 運営
[PR] 占い
繰り返して言います!!
パソコン教室・英会話教室・塾
スクールビジネス運営者、経営者へ朗報
大赤字の教室から儲かる教室に大変身させて成功した方法を全てあなたにお教えします。
成功 運営 ノウハウ をお教えします。
経営コンサルタントの大先生の内容とは違います。
何が違うかというと、実際、教室を運営して血眼になって試行錯誤で得たノウハウだから違うのです。
スクールビジネス全般に通用する普遍的ノウハウなのです。ちょっとした所に大きな隠れたノウハウが存在するのです。
一般論は役に立ちません。
こんな方にピッタリの内容です。
このごろ赤字経営になってきた
先行きが不安
利益がなかなかでなくて悩んでいる
どうしても受講生を増やしたい
儲かる教室運営ノウハウを知りたい
FCに加盟しているが本部からのサポートだけでは売上が伸びない
一般論でなく具体的なノウハウをしりたい
受講生を募集しても入会率が悪い!
一生懸命やっているけど受講生が増えない。すぐ受講生がやめてしまう。
一向に儲からない。
こんな悩みを抱えているパソコン教室の経営者、運営者はいませんか?
実は、私も1年前は同じ悩みを持っていた経営者です。大赤字でした。
早くなんとしても儲かる教室にしたい!!
でも、私の場合は短期間で儲かる教室にしたのです。
FCに加盟して教室をオープンしたのですが一向に受講生が増えない。
FC本部のアドバイスを受けて運営しても一向によくならない。
「アドバイスの内容は知っている」、「いわれた通りやっている」けれど儲からない。
一体 なぜ???
あなたは、以下の質問に即答できますか?
集客のための当たるチラシを作れますか?
無料体験会時や普段、教室の入り口は入りやすいですか?
スタッフは笑顔で接客していますか?
教室の雰囲気は受講生の年代に合っていますか?
受講生に対してカウンセリングして、おすすめの講座の提案ができていますか?
講座全体の構成がすぐわかりますか?
接客業・サービス業に徹していますか?
私が試行錯誤して得たマル秘ノウハウを低価格であなたに提供します。
1年間苦労して、実体験から得たノウハウだから価値があります。
ノウハウは売れないという日本特有の習慣。。。。
でも、実は、良いノウハウはお金で買う価値があるということはお分かりですね。
入会した受講生が辞めない教室作り、それは
「信者化ノウハウ」
です。ちょっとした工夫の積み重ねで信者化します。
「信者化」なんて言うとちょっと悪い印象を一般の方はお持ちになりますが、
ごく普通の対応で受講生に接するということで、教祖と信者という関係ではありません。
マニュアルの内容
1.集客の仕方
2.生徒を獲得できる無料体験会とクロージング
3.入会率アップの仕方
4.お客に感謝される教室
5.カリキュラム作り
6.スクールコンセプト作り
7.ニュースレターの効用
8.はがきの効用
9.褒める作戦
10.終了証の授与
11.ワンストップサービス
12.継続率アップの仕方
13.教室の実績作り
14.生涯学習化に向けて
受講生が1人増えれば、投資額は回収できます。お安いでしょう。
是非、マニュアルの内容をそっくり真似て教室運営をしてください。
あなたの教室も
「地域一番の優良教室」
になりませんか。
マニュアルは、購入するとPDF形式でダウンロードできます。
教室・塾運営成功マニュアルを購入する
販売価格(税込) 12,600円

販売価格(税込)9,800円
お支払い方法
各種クレジット、銀行振込、コンビニ決済
特定商取引に基づく表示
教室・塾運営成功マニュアル
求職者支援〇練に通っています。コースの内容はホームページ作成です。そこのPCスクールの講師が、どこでもいいから就職をしろ、と口やかましく言っています。何でも聞いた話しですが、受講生の就職率がいいと、訓練校の成績が上がるようです。それに、PCスクールの講師の成績も上がり、学校の経営者から臨時ボーナスも出るようです。訓練校の実際の受講生の就職先は、ホームページ作成コースなのに、トイレ掃除、コンビニエンスストアの店員、時給750円で派遣会社で、材木担(かつ)ぎ、鉄筋担(かつ)ぎ、タクシー会社のワッパマワシ、ガソリンスタンドの店員などです。就職率100%と訓練校で謳っているようですが、実際はどこでも、なんでもいいので、零細企業、派遣会社に受講生をぶっこんでいるのが現状です。そういうところにぶっこまれた受講生のその後は、半年もしない内に大半の以上の人が辞めているそうです。ただ、訓練校側から見ると、訓練終了後、三か月後にどこかの会社に雇用されていればいいので、三ヵ月より後は知ったことではないということになります。本当に必要なのは、受講生の希望にあった仕事に就けるようにするのがいいのだと思いますが、こういうやり方を見ていると、みな、自分さえよければいいのだなというこを実感しました。みなさまの地域の訓練校の学校、講師もこういった感じなのでしょうか。補足jgpqn373さんやはり、そうお思いですか。PCスクールと講師の成績だけ上がればヨシ、という考えです。能力のない受講生の仕事はホームページ作成のコースなのに何でもよし。100%就職だけできればよし、三か月後以降の仕事は知ったことなし、といった感じです。国の役人が考えることが、目先のことしか考えてないことがよく分かりました。“数字合わせ”ということがよく分かりました。こういうのを“粉飾就職”と言うのでしょうね。
確かに規定では3カ月以内に就職させる事、3割以上仕事に就かせる事となっていますから仕事の無いよう関係なしでなんでもいいです。当然このような適当でズサンなサポートしている訓練校が多い事で問題になっています。ハロワの失業率、就職率も同じように仕事の無いよう関係なしで算出されていますから。同じ事をやっています。どこも同じような事していますからすぐに辞めていく人多しです、当然訓練校も消えてなくなっていきます。ハロワの対応も電話かけているだけのお役人仕事ですから訓練校も同じ対応です。仕方がないですよ。ps:ハロワのやっている事が偽装工作の就職対策ですから。根本的な解決していません。なんでもいいから就職させるだけ、本人の状況お構いなしに仕事就かせるだけですから。ハロワ自体も税金の無駄使い事業やっていますからね。ポリテクも役立たない基本的な内容だけで実践的なノウハウ身につけさせませんあkら。
職業支援校の講座って本当にお得なのでしょうか?40代、失業中です。フルタイムで将来的な計画も考えられるような仕事にどうしてもつきたくて、今月から、ウェブデザインの専門学校に通っています(入学金・授業料等で50万円近く・半年のコースです)。今日、ハローワークに失業保険の初回講習で行った帰り、たまたま見かけた職業支援プログラムは、教材費1万円だけで、授業の項目・時間数がもっと多いのです。。。1/50の費用?!と正直へこんでいます。気になったので、校名で口コミ検索したのですが、その職業支援学校では出てきませんでした。ただ、別の職業支援校で、先生が上から目線だとか、授業が詰め込みだとか、先生のレクチャーの質がなっていないとか、延々と職探しをしろと上から目線で説教まがいな扱いをされてしまうとか、ネガティブなものが表示されました。たまたまかもしれませんが、実際問題として、普通に料金を取って運営している学校と、国からの予算で(言い方は悪いかもしれませんが、ボロい商売な感じがしませんか?)運営しているところというのは、やはりクオリティーは違うのでしょうか。補足検討していた2校の見学に行ってきました。1校は教室の環境はよさそうだったのですが、人材派遣が母体の企業が運営していて、卒業後は正社員というより派遣や委託になる人がほとんどといっていました。それでは、そもそも論でわざわざ時間をとってフルタイムで講座をとる必要があるのか?と思いました。もう1校はもともとPC教室だそうですが、環境面で隣の教室の音がほぼ丸聞こといったような感じで学習には不向きな感じでした。また席数が多く、講師が1人にTA。わからない事を聞けるのは授業終了後1時間でその後は退出してほしいということでした。カリュキュラムは新しいソフトに的をしぼって教えるということでしたが、現行のバージョンについては売りにならない?みたいな感じで言っていて。初心者に突然、それは厳しいのでは?実際に就職できたとしても指示されたことがこなせるのかな?と疑問に思いました。思っていたよりそれほど「劣悪」なひどいところというほどではなかったのですが、いずれの校も就職活動の面についてはあまりサポートがないようでした。それって「求職者」支援になるのでしょうか。
まさに、校によりけりですね。普通、求職者支援訓練を実施する主体は、もともと専門学校やスクールで当該ジャンルの教育訓練実績があって、ノウハウや講師陣を有しているところであることが一般的です。全くそういう講師陣や施設設備がなく実績もない全くの新規参入については、国の認定を受けるのが不可能ではありませんがかなり不利になり、相当高いハードルになりますからね。ですから、半年間程度のスクールであれば、求職者支援訓練校のクオリティイとさほど大差がないのではないかと個人的には考えます。校の収益面で見ましても、質問者さんのスクールは半年間で50万円と言うことですね。半年間の求職者支援訓練において、一定人数を集め一定の就職率を上げられれば、受講者一人に付き(基本奨励金6万円+付加奨励金2万円)×6月=48万円の国助成がもらえますから、ほぼ50万円と等しくなります。つまり、経営的には募集人数さえ集まれば「とんとん」ということになります。求職者支援訓練は、受講者の負担額が少ない分だけ受講生集めは容易になる反面、意欲や覚悟の薄い人が集まりやすく、一方のスクールでは、負担額が大きい分受講者が集まりにくいが、それでも応募する人は意欲も能力も高い、ということになって、この観点からみても「とんとん」と言えるかもしれません。さて、そもそも一般論で言いますと、半年間のスクールでそもそも関連職種に就職できるのかというと、相当難しいでしょう。「専門学校」といいますのは、2年間の修業期間が絶対要件ですので、半年間のスクールは専門学校ではあり得ません。おそらく各種学校か無認可校ですね。webデザイン関係の求人をみれば、ほとんどが専門学校か大学で専門学科卒業学歴を有しているか、あるいは数年の実務経験を持っているかのいずれかだと思われます。半年間のスクール通学履歴だけではエントリーさえできない恐れがあります。仮にエントリーできたとしても、webデザイナーという職種は人気職種でもあり、競争相手は少なくとも2年間の専門教育を受けてきた若い方々で、勝ち抜けるのは相当至難の業と言わざるを得ません。こうしたことは、webデザインというジャンルだからの話ですが、これが仮に保育士養成の短大と公共職業訓練の委託訓練の比較であったのなら、クオリティはどちらも高く、保育士国家資格が卒業と同時に得られ就職も容易、学費については200万円くらいお得(逆に失業給付金受給も考えるとその倍お得)ということが言えます。
大東文化大学と東京国際大学だと英語を学ぶのであればどちらがレベルが上ですか?
あなたの大学選びは偏差値にあるようですが基本的に誤っています。「レベル」という様相は主観的なものですし、運よく高レベルの大学に入学したとしてもあなた自身の学力度が低ければ授業についていけなくなり、やがては落単、留年、退学という道を歩みかねないからです。要は、大学のレベルではなく、あなたの学力レベルの問題、あなたの学習意欲の問題として受け留めることが先決です。勉強嫌いな人が高度な授業を受講しても苦痛でしかないということを知るべきです。次に私立大学は歴史と伝統でその存立を競いあい成り立ってきました。長い歴史と伝統がある大学は研究と教育において優れたノウハウを蓄積して今日に及んでいます。ですから大学の沿革というのも無視できません。■大学の沿革■大東文化大学は大正12年(1923年)に第44回帝国議会(衆議院・貴族院)が創設した国営の学校です。創設には旧華族が多数かかわり、総長や運営者たちは戦前の首相、閣僚たちが就任し、戦後に民営化して私立大学になった、我が国では極めて特異な歴史を歩む名門校です。当時の国会が創設した大学ということで、海外でも知名度があり、日本国内でも教育界や企業人事担当者には評価の高い大学です。東京国際大学は昭和40年になって創設されたいまだ歴史浅い大学です。現在の理事長・総長が大東文化大学卒業生なので、最近の東京国際大学の運営に大東文化大の経営手法を真似て導入しているようで、学部・学科の構成、カリキュラム内容などに大東文化大学との類似性が見られます。下記のデータも参考にし、オープンキャンパスに参加して自分の目で大学を確かめることが肝要です。■文部科学省による2016年度私大評価ランキング(対象568校)■文部科学省は全国の私立大学の組織度、研究施設充実度、学生数教員数の適性度、特色的教育研究の取組み度、大学改革度、学生支援対策度、国際交流基盤整備度、社会的貢献度などの多方面から厳密に審査して、大学と呼ぶにふさわしい総合性を有する大学をランキング化し、それに見合う国費交付額とランキングを公表しました。大東文化大学70位、東京国際大学104位という格付けです。大東文化大学と東京国際大学の公付金2億3000万円の格差は大学内の施設整備や学生支援などさまざまな点で在学生に還元されることになるので、交付金の少ない大学の学生は4年間さまざまな点で不利益を被ることになり他人事ではすまされない問題です。65位専修大学70位大東文化大学(877224千円)●————————73位国士舘大学75位成蹊大学79位駒澤大学————————100位明治学院大学103位玉川大学104位東京国際大学(646377千円)●105位拓殖大学107位亜細亜大学110位東京経済大学113位國學院大學115位獨協大学————————145位成城大学182位武蔵大学————————272位二松学舎大学■全上場企業の人事担当者による大学評価100校■すべての上場企業を対象にして、過去2年間、新卒で採用実績のある大学を多い順に、企業の人事担当者が10校まで挙げ、「学生のイメージ」など合計19項目について4段階で評価をし、国立大、公立大、私立大を含む100校をランキングした『価値ある大学2016年度版就職力ランキング』(『日経CAREERMANAGEMENT2016年度版』所収、日経HR刊)が公表されました。この100校中に、大東文化大はランクインしています。しかし東京国際大は上場企業人事担当者の評価が低く、100位内にランクインしていないのが企業での実情です。2020年東京オリンピックが終わると日本の経済が急激に悪化し、大学生の就職が再び氷河期を迎えると予測されています。そうした情勢も考慮すると、少なくとも現時点で上場企業人事担当者の評価を得ている大学を目指すのが賢明でしょう。■図書館の蔵書数ランキング人100校(国・公・私立を含む)■大学は教育と研究機関であり、図書館は大学の心臓部と言われています。とりわけ大学が自らの歴史の中で長い時間をかけて蓄積してきた蔵書数は知的財産として極めて重要です。海外の大学では蔵書数をもって、その大学を名門校か否かの重要な指標にしているくらいです。大東文化大学は40位にランキングしています。埼玉大学が89位ですから大東文化大学の蔵書数は極めて高いと言えます。東京国際大学は100位以下で選外です。大学図書館の充実度は学生が単に図書を借りるだけの問題ではなく、たとえばオンラインデータベースの充実度などとも関係してくるので、図書館が充実していなければ調査研究、教育に支障をきたすことになります。上記した文部科学省の交付金の格差はこうした図書館の蔵書数とも無関係ではなく、在学生の研究生活に大きく影響してくるのです。01位東京大学02位京都大学03位早稲田大学04位明治大学05位日本大学10位北海道大学———————11位広島大学12位名古屋大学13位立命館大学14位一橋大学17位同志社大学18位筑波大学19位中央大学———————30位金沢大学31位立教大学33位青山学院37位専修大学38位上智大学————————40位大東文化大学●41位東洋大学42位横浜国立大学43位千葉大学49位成蹊大学50位鹿児島大学———————-53位帝京大学55位明治学院大学68位神奈川大学69位茨城大学———————–70位東京理科大学71位北海道教育大学73位駒沢大学78位立正大学78位玉川大学————————87位岩手大学89位埼玉大学————————92位横浜市立大学100位国士館大学■結論■高額な学費を納入して私立大学を目指すならちまたの偏差値に左右されずに、歴史と伝統がある大学で、かつさまざまな点でキャンパス充実度の高い大手総合大学を選択することが必定です。そうでないと入学してからの学生生活において、さまざまな点で他大生との大きな不利益、格差を被り、4年間受けられるべき恩恵を十分に得られず損した大学生活を強いられて卒業することになりかねません。大学入学時に通学するキャンパスを自分の目で見学して大学器択することが何よりも大切です。
TOMASか東京個別指導で、どちらにすべきか超絶迷っています。私は現在高2年生です。志望大学はまだ悩んでいるのですが、親には国立大学を目指せと言われています。私は文系で英語、国語、日本史が受験科目です。その中でも英語が特に苦手で、河合塾全統模試で偏差値が40ちょっとしかありません。そのため、去年の夏から河合塾に通い英語を受講していたのですが、人見知りだし、ガツガツいくのが苦手なので、わからないところを聞きに行くことがあまりできず、レベルにもついて行けずやめてしまいました。そもそも私は教科書レベルや定期テストレベルの、基礎的な所から抜けていると思うのでそこから勉強し直したいと思っています。できればそれを12月までには終わらせたいです。そこで個別指導の塾へ行こうと思っているのですが、講師の質やサポート環境などを考えたとき、TOMASと東京個別指導の二つならどちらが良いでしょうか?校舎によって質が違うのであれば、オススメの校舎や講師の方がいる校舎を教えていただきたいです。どうか回答宜しくお願い致します。補足自宅は東京の板橋区です。通学30分圏内くらいでお願いします。
TOMASや東京個別指導よりも、新宿の名門予備校、ニチガクをオススメします!!!予備校の比較サイト、塾ナビを運営しているものです。昨年、上記の予備校へ取材させていただきました。結論から言うと、個別指導の量、大学入試改革への対応力、綿密な学習計画にもとづく受験校対策をお望みなら、ニチガクは都内トップの予備校と言っていいでしょう。ここでは、自習室で双方向性の個別指導が年間通して時間無制限で受けることが可能であり、通う時間さえあれば年間2000時間以上の個別指導を受けることができます。また、質問に応じるチューターのレベルが高いのも特筆すべきでしょう。早慶の上位学部以上のチューターしか採用していないとのことでした。大学入試改革に伴う「思考力・判断力・表現力」問題の増加に対しては、映像授業型の予備校では対応が極めて難しいでしょう。対して、タキソノミー理論における21世紀型スキルである、ロジカルシンキング・クリティカルシンキング・クリエイティブシンキングの能力を身に着けるには、双方向性の個別指導が年間通して時間無制限で受けられるニチガクは、最適な環境と言えます。また、大学入試改革に伴う4技能型英語検定利用入試に対しては、個別指導がない予備校では対応が難しいでしょう。ライティングとスピーキングの対策が時間無制限で受け放題であることも、ニチガク独自のメリットと言えます。今後は英検よりも、TEAP、TOEFL、ILETSなど4技能型英語資格の評価が高まると予想されますが、これらの資格のライティングとスピーキングは大変高難易度であることから指導者は英語のスペシャリストである必要があり、ニチガクのように時間無制限で対応可能な予備校は都内でもかなり限定されます。それに、大学入試改革対策に伴い、今後急激に増えていく推薦AO入試対策に極めて強いのも、この予備校の特徴です。「小論文・面接対策講座」という特別講座を塾長自らが行っており、過去に多くの難関大学合格者を輩出しています。推薦AO入試においても「思考力・判断力・表現力問題」の急激な増加が見込まれているため、今後は塾長室でアクティブラーニング系のプログラムを充実していくとのことでした。IBDPのTOK(知の理論)やその対策までも熟知されている、塾長ならではの指導が受けられるはずです。例えば私が取材したときには、東京理科大学の経営学科の公募推薦対策として、ビジネスモデルジェネレーションのフレームワーク、「キャンパス」を使って、ワークショップ形式のアクティブラーニング指導を生徒5名程度が自習室で受けていました。ビジネスモデル発表会で全国準優勝している、ニチガクの卒業生のチューターがファシリテーターを務めており、大変レベルの高いワークショップが行われていました。学習スケジュールの指南役としては、担任と言われるスタッフが志望校に応じた学習スケジュールの管理とアドバイスをしています。生徒の学力や学習状況に応じて、適切な学習参考書の選択や効果の高い学習方法をアドバイスできるよう、膨大なノウハウが蓄積されています。具体的には、生徒自身が学習計画を立てて、チューターと相談しながら振り返りを行い、チューターからフィードバックをもらい、改善すべき点を改善していくというPDCAのフレームワークをまわすために必要な、PDCA連絡帳という冊子をもらいます。このように魅力ばかりの予備校ですが、あえて注意点を上げるとすれば、担任1人あたり100名から150名程度の生徒を受け持っているため、厳密な学習管理は望めません。つまりは、生徒の主体性が前提となる管理体制なので、逃げようと思えばいくらでも逃げることが可能でしょう。やる気のない人はいくらでもサボれてしまうので、そういう人はみんな志望校には不合格となり、だれでも行けるような大学にしか合格していないとのことでした。もう1つ注意点を上げるとすれば、取材時の保護者へのインタビューの中で、この予備校は普通と違い、入塾時の説明会で説明するスタッフと、入塾後に学習指導するスタッフ別の部署なのか情報の共有ができていなかったという回答が何件かありました。説明会の際に、指導条件面はしっかり確認しておいたほうがいいと思います。可能なら、スマホや携帯電話で録音しておいたほうが、あとで言った言わないの話にならないので、説明会での指導条件面の話は、録音しておくことをオススメします。しかし、全体的には間違いなく、間違いなくオススメの予備校です。問い合わせれば、見学させてくれると思いますよ。
個人会社ですが、事務所の一部を開放してCADの教室を開きたいと思っています。教師としての資格はありません。有料です。どんな手続きが必要でしょうか?宜しくお願いします。補足CAD以外でも例えば年配者向けのコンピュータ講座等でも同じでしょうか?会社であれば、このような教室を開設する届出はいらないのでしょうか?又、個人の場合はどうでしょうか?
資格は不要です。集客とカリキュラムの充実に力を注ぎましょう。教材作成には「インストラクショナルデザイン」というキーワードで探すとなんとなくわかってくるはずです。カリキュラムはワークショップタイプ、座学タイプと大別されるのでそれについても検討が必要です。また、可能であれば、講師育成講座というのがありますので、探して受講してみてください。※この講師というのは、CADなどの技術ではなく、受講生に信頼される講師という意味あいで考えてください。金はかかりますが、受講生の満足感が違います。また、講座の休憩時間でもいいので、その先生に商売としての講座運営ノウハウについても相談に乗ってもらえると思います。事前に電話などでご自身の目的をぶつけてみて、その反応で講座を申し込むかどうかを判断することをお勧めします。補足もよみました。>CAD以外でも例えば年配者向けのコンピュータ講座等でも同じでしょうか?>会社であれば、このような教室を開設する届出はいらないのでしょうか?>又、個人の場合はどうでしょうか?税金面のことがあるので、税務署などの開業届けは当然必要です。しかし、すでに個人事業会社を経営しているのですから、事業所得にこの教室事業も含むだけですみます。会社でも届けは不要です。再度、資格について補足します。資格は「CADの有資格者が教える、CAD講座」といったように、宣伝に資格を明記する場合などでは必要となります。しかし、これはあくまでも集客上の都合です。山田太郎が教える、CAD教室」「CAD歴○○年!CAD講座」「わかりやすいCAD講座」でもかまいません。不当景品類及び不当表示防止法にふれなければ大丈夫です。実際、世の中のほとんどの人材教育を行っている企業、個人事業とも、教育事業に関する届け出はおこなっていません。その届け出先も存在しません。
おすすめの情報