ファンド・不動産・その他

日本政策金融公庫 完全攻略レポート

日本政策金融公庫 完全攻略レポート



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

日本政策金融公庫 完全攻略レポート

■商品詳細:

低金利・長期固定・繰上返済の違約金なし。
民間の金融機関が融資の窓を閉ざした今でも、これまでと変わらない融資姿勢を貫く嬉しい金融機関が、国民生活金融公庫改め「日本政策金融公庫」です。
クセのある審査を通過して、公庫をあなたのアパート経営の大きなサポートとするためのテクニックを詳細に解説します。

■商品内容:

冊子またはPDFファイル 99ページ

■ジャンル:

ファンド・不動産・その他

■販売価格:

21600円

■販売者名:

HeartBrain合資会社
★ファンド・不動産・その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

日本政策金融公庫 完全攻略レポート
低金利で公的融資が受けられる!日本政策金融公庫の完全攻略レポート|不動産投資の収支と経験を学ぶ
【低金利融資】日本政策金融公庫の完全攻略レポート
日本政策金融公庫?なにそれ?
そう思われる方も多いかもしれません。
日本政策金融公庫は、2008年に国民生活金融公庫など4つの組織が合併して誕生した、融資総額20兆円を超える巨大政府系金融機関です。
各都道府県に営業所を持ち、民間の金融機関が融資したがらない案件にも
積極的に貸出を行っています。
例えば
「新規開業者の融資」「無担保・保証人なしの融資」「貸出金額が少額で利息がほとんど取れない融資」
こんな案件を親身になって対応してくれる、心強い、事業者の味方なんです。
またしても、融資が通らなかった・・・|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
不動産投資をする上で数ある成功の中でも特に重要な秘訣は、「高利回り物件の入手」と「低金利の融資を受ける」ことであるのは間違いありません。
しかし、サブプライムローンに端を発した世界的な金融危機によって、2008年から金融機関の貸出姿勢は急速に悪化。
これまで融資に積極的で、購入価格全額のフルローンを連発していた銀行でさえも、現在では不動産向けの融資に門を閉ざしている状況です。
ここで敢えて説明しなくても、すでに何行にも断られてしまった方は多いことでしょう。
しかし、日本政策金融公庫は違います!
政策公庫は民間銀行のセーフティーネット的な役割を果たす目的で設立されており、
現在でもこれまでと変わることなく融資を続けているのです。
金利を軽視していませんか?|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
もしかしてあなたは、融資姿勢が厳しくなったから・・・と自分に言い訳をして、
金利は高めだけど、審査の基準が甘いというような銀行を検討しているかもしれません。
しかし、
低金利の融資を実現させることは、物件の利回りを上げることとキャッシュフロー上は同じです。
4.5%の変動金利(某地方銀行)と2.5%固定金利の政策公庫を比較してみると・・・
このように、累計返済額で300万円以上の差が出ます。
このアパートが15%の高利回りだったとしても、
10年間の累計で、約9ヶ月分の家賃が金利という形で支出されることになります。
利回りが低い場合は、1年分以上の家賃が金利に消える可能性だってあります。
「借りられさえすれば、どこでもいい」なんて考えていると、痛い目を見ることも・・・?
成功公庫は全期間固定の低金利。しかも融資の手数料や、繰上返済の違約金もゼロ!
アパート経営の成功をめざす大家さんにとって、利用しない手はありません。
ところが・・・
という融資失敗談もたくさんあるのが事実。
あっさりと融資を引き出し、アパート購入を実現させている不動産投資家もいる一方で、どうしてこのような差が生じるのでしょうか。
その秘密は・・・
政策公庫特有の、他の金融機関とはまったく違う融資スタンスにあります。
「あるポイント」については、あり得ないほど柔軟な審査をする一方で、
「別のあるポイント」については、国内屈指の厳しい基準を作っています。
そして政策公庫だから実現の可能性がある「ある戦略」公庫だから起こってしまう、悲劇的な「ある特徴」
これらの疑問を完全に解消し、
公庫からの融資を成功に導くための最強ツールが、この「日本政策金融公庫 完全攻略レポート」なのです。
レポートを購入された方からの、感謝の声をお読み下さい。|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
埼玉県在住、H・M様
初めてメールを差し上げます。レポートを購入しました、H・Mと申します。
購入したレポートを活用した顛末のご報告でメールをお送りする次第です。
最初飛び込みで公庫の窓口に話を聞きに行った時には、非常に事務的な対応を受けて、すっかり敷居を高くしていたのですが、このレポートを読み込んで、ガッチリ書類を作成して持ち込んだところ、なんとたったの5日間で融資の決定がおりてしまいました!
ちなみに、
・月曜日:窓口に書類持ち込み後、すぐに電話連絡があり2日後の面談が決定
・水曜日:1時間半に及ぶ面談実施と現住所への居住確認の実施
・木曜日:連帯保証人(妻)への保証意志の確認電話あり
・金曜日:融資決定を知らせる書類一式が郵送で届けられる
購入しようとしていた物件が築29年と古かったため、複数の銀行からすげなく断られ続け、メインの銀行にも、満額融資は自宅を共同担保にいれないとダメだと言われて頭を抱えていたところだったため、その嬉しさといったらまさに言葉には言い表せられないとはこのこと!といった状態でした。
これもお二人のレポートのおかげで、国金の方のツボをはずさないうまい攻め方ができたからこそだと思います。本当に感謝、感謝の一語につきます。ありがとうございました。
富山県在住、佐藤様
私が初めての不動産物件の購入に成功出来たのは、このレポートを熟読できるチャンスにめぐり逢えたからに他なりません。
昨今話題の年収300万円台を地で行くサラリーマンの私は、不動産市場が加熱し始めた初期の頃からブームに乗る形で収益不動産を探し始め、自分の将来の希望を不動産の取得と重ね合わせて見るようになっていました。
以来、他の皆様方と同様、途方に暮れるくらい物件を探し回る日々が長く続き数年が過ぎた頃ようやくとびきり優良な物件と出合えたのですが、そこに一つ問題がありました。
不動産投資の一番の壁と言われる融資の問題に、当然のように直面したのです。なんとか頑張ってここのステップまで来れたのですが初めての不動産購入、ましてやいきなりの収益物件ということで所得も多くない私には融資にあたっての人的評価もノウハウも何もなかったのです。
今まで色々勉強もしてきたし、物件さえ見つかれば融資はなんとかなると、強がってはいましたが、どのようにしたら融資が実現するか全く見当がつかない状態でした。そんな私にまるで救いの手を差しのべて下さるかの様に、今の恩師にあたる方からこちらのレポートを紹介頂いたのです。
進め方に悩んでいた私はすぐに読み始め、あまりに的確に分かり易く書かれていることに 驚き、また読み終える頃にはこのレポートの通り実践すれば成功できるという確信を持てるようにまでなっていました。
タイトルにある公庫と合わせて民間金融機関の違いについても非常に分かり易く書かれているので公庫、民間金融機関どちらの融資にでも効果を発揮できるのには本当に凄いと感じました。公庫に持ち込めば確実な物件と、民間金融機関に持ち込む物件をすぐに見分ける事が出来る様になるのには自分でも驚いてしまいます。
今回は物件額が多少高めでしたのでレポート学んだことを生かし、私の場合、民間金融機関からの融資を選択しました。早速内容をお手本にし、事業計画の作成に取り掛かりました。何度も読み返し、必要なところには線を引き、自分の計画書に抜けているところを直しながら提出用の事業計画書案の作成までたどり着き、購入特典で事業計画書の添削をして頂けるということで、早速お願いしましたらすぐに良い点、違っている点、不足している点を明確にアドバイス頂き本当に心強かったことを思い出します。
そうして出来上がった資料を携え銀行に相談に行ったところ、なんと5日で購入金額満額の融資OK!!また、事業計画書がちゃんとしたもので準備されていたので、非常に稟議も通し易かったとのお話しまで頂いてしまい、本当に夢が叶ったんだという感動と喜びで一杯でした。
現在、念願叶って良い不動産物件を所有することが出来たのもコテツさん、けいすけさんと出合う事がなければ、今までの自分一人だけではきっと夢のままで終わっていたと思います。今、望む将来に向かって確実な大きな一歩を踏み出すことが出来たことに本当に感謝致しております。
このレポートでは、僅か数年で年間家賃収入5,000万以上を達成したけいすけと、高利回りの中古物件3棟を購入後、首都圏のアパート新築を成功させたサラリーマン大家「コテツ」の二人が日本政策金融公庫の活用について実体験を元に解説させて頂いております。
私達が短期間で物件を増やしていけたのは、公庫から低金利の融資が大きく役立ちました。
なぜなら、既に低利な融資で高利回りの物件を所有していると収益性が高まり、新たに購入する物件の融資まで受け易くなるからです。
このレポートは、特に以下のような方のお役に立ちます。|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
※このレポートは、主に公庫業務の中の「国民生活事業」についての
解説をしています。旧中小企業金融公庫での融資業務(商業ビル系)
についての解説はありません。
そんな方たちに向けてお届けするレポートの内容は・・・|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
日本政策金融公庫の基本が分かる。
融資を受けたければ、まず相手を知らなければいけません。
公庫の設立趣旨や融資の特徴などを徹底解説。
融資に成功した、生の体験談が読める。
融資成功までの体験談を、包み隠さずリアルに掲載。
コテツ、けいすけの体験談はもちろん、
レポート購入者4名の「購入・リフォーム融資成功までの道のり」を披露します。
公庫融資を成功させる「3つのポイント」が理解できる。
政策公庫を研究しつくした結果編み出された
「融資を通すポイント」を、誰でも再現できるように分かりやすく説明しました。
最大の難関。抵当権設定後の融資を攻略できる。
融資を阻む難敵を、どう攻略すれば良いのか。
文書にできる「ギリギリの内容」が書かれています。
決済までスムーズに進む「事業計画書」の書き方が分かる。
公庫職員に賃貸業の成功を確信させ、
安心して稟議書に印鑑を押させるための事業計画書の書き方を、
ひとつずつ順を追って説明しています。
現役公庫職員にぶつけたインタビューが読める。
公庫本店の融資部への突撃ガチンコインタビュー。
「ここまで聞いてもいいんですか?」と驚愕されるほどの突っ込んだ内容です。 
こんなことまで?公庫職員に限界まで踏み込んだ質問は?|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
さらに!レポートを購入された方への豪華特典!低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
レポートを購入された方全員に、30分×2回のスカイプ相談の権利があります。
融資の相談、不動産投資全般についての質問を解決してください。
国金へ提出する事業計画書の書き方は、レポートで詳しく解説されていますが、ご自身の書いた事業計画が合格水準かどうか。丁寧に添削いたします。「ここまで細かく見てくれるの?」と驚かれてしまう、大人気の特典です。
日本政策金融公庫の融資に絞ったシンプルなシミュレーションソフトを、専用URLからダウンロードいただけます。このまま公庫へ提出できる仕様です。
なお、融資シミュレーションソフト以外の特典は、物理的にお受けできる人数に限りがあります。
特典のお申込が増加し、ご購入いただいたお客様へのサービスに支障が出ると判断した瞬間から、特典1と2を予告なく廃止させていただきますので、ご了承下さい。
最後に|低金利で受けられる公的融資、人気の日本政策金融公庫の不動産投資
私達は不動産投資をするに当たってたくさんの商材や本を読んで、多くの学びを得ています。ただ、その中には作り手の想いが伝わらない教材も時にはあります。
私達はそんな中で、自分達の想いを明確にしてこのレポートを作りました。
それは・・・
購入して下さった人達と本気で公庫の融資を成功させよう!!というものです。
通常、教材は買ったらそれで終わりですが、購入頂いた後も【相談を受けたり】【成功事例をフィードバック】したりして、末永い付き合いがあっても面白いのではないかな~と思っています。
単に売り手と買い手ではなく、同じ成功を目指している仲間として。
さぁ、一緒にスタートを切りましょう!
商品内容
・A4版冊子 99ページ
・公庫融資についてのスカイプ相談サービス・事業計画書の添削サービス・公庫用シミュレーションソフト(ダウンロード版)
料  金
21,000円(税込)
その他
特定商取引法の表示
お申込
Copyright (C) 2009 HeartBrain Inc All Rights Reserved.
日本政策金融公庫 完全攻略レポート
日本政策金庫と保証協会についての質問です。日本金庫は業務として主に民間銀行があまりに融資をしないような中小企業に対して融資を行っているイメージです。保証協会は、民間銀行が融資を行えるように、保証を企業に与えて時には代位弁済をしていますよね。日本金庫で借りることができるなら、保証をもらってまで民間銀行に借りる必要はあるのでしょうか?またそれはどのような理由で必要かも教えていただきたいです。
日本金庫には三つのセクションがあります。「旧国金」「旧中小公庫」「旧農林公庫」です。実態としてこの三つは一体になっていません。「農林公庫」は業種的に特殊なのでここでは割愛します。「旧国金」は「新規開業」など普通銀行では対応が難しい資金に対応してくれます。いわゆる「借り易い」金融機関です。欠点は融資限度額が低いことです。(無担保では2000万円が上限)「国金」で対応できない金額になると「旧中小公庫」の出番になります。ここは、最近不正融資で世間を賑わせた「商工中金」と同様に「国の制度融資」という低金利の商品を扱うことが出来ます。これがここの強みですが、実態としては普通銀行のテリトリーを荒らす「民業圧迫」となっています。(一説には商工中金と同じようなことが行われているという噂)一般論として、公庫は普通銀行より低金利での借り入れが可能ですので、ここで事足りれば普通銀行の利用は不要です。ただし、「融資」だけを専門的に扱っていますので、普通銀行の様に「預金」や「(為替)決済機能」の取引メリットがありませんので、「ドライ」な対応を取ることが少なくありません。「普通銀行」の様な総合的な取引による「地域密着(スローガンだけに終わっている観は否めないが)」や「企業の育成」などと言う思想には欠けています。「前の日には傘を取り上げる」のが銀行と言われていますが、私はもっと冷ややかな貸金業者ではないかと考えています。なので、「資金調達」だけを考え、公庫の利用だけで足りるなら普通銀行との融資取引は不要ですが、いろんなサービスを期待したり長い付き合いを求めるなら、やはり普通銀行との取引は大切になさった方が良いと考えます。
金融について詳しい方にお聞きしたいです!日本政策金融公庫、銀行、保証協会の審査が100%通る、資金調達!と謳っている話を聞きました。・ブラックの方・担保の無い方・過去に債務整理、自己破産を経験された方・過去に資金調達に失敗した方でも100%資金調達出来ます。という話です。ただし、闇金とかでは無く、あの手この手を使って、ちゃんとした低金利の金融機関から融資を受けて借り入れが出来るという話です。本当にこんなことが出来るんでしょうか?
公庫や保証協会は別として銀行からプロパーで融資を受けるのは非常に難しいです、融資を必要としている会社の名簿を集める為の餌の可能性があります。
20年間外食関連の企業に勤務し、脱サラをして起業するつもりです。場所は福島県を考えていますが、開業資金(会社設立費用も含む)を低金利で融資を受けられる金融機関があればご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。
日本政策金融公庫は創業者向けの融資を行っており、割と低金利でしかも固定金利です。福島県にも4店舗あります。融資についてですが、会社設立後に設備や運転資金を借りることは可能だと思いますが、会社設立費用(資本金や登記費用など)は借りれないと思います。融資の相談もやっているので、不安だったりわからないことがあれば直接日本政策金融公庫に相談することをお勧めします。
農業(稲)をするのに必要な資金を貸してくれるというのを聞いたことあるのですが、それについて詳しく教えてください。
新規就農でしょうか?そうであれば、「青年等就農資金」が最も利用価値がある制度です。日本政策金融公庫が窓口で3700万まで無利子で融資してもらえます。返済の据え置き期間が有ったり非常に有利だと感じます。詳しい審査基準は分かりませんが、実際に行おうとしている農業経営が行えるのか?と云う点が一番大切だったと感じます。各都道府県に支店がありますから、そちらで訪ねてもイイかも知れませんが、、一般的には各都道府県の普及所等で就農に関する相談、計画作りを行った上で、融資についても説明が有ると感じます。普及所を先に尋ねた方が良さそうな気もします。その他多くの補助制度についても助言が有ると感じます。すでに農業等をされている場合は、地銀等でも対応は可能だと感じます。決算状況等にもよるでしょうが、そこそこの経営だと、年利0.8%前後で無担保無保証でも貸し付けています。低金利時代の恩恵です。いざと云う時の為に銀行付き合いも必要だと感じます。
商工会議所のマル経融資(日本政策金融公庫から受ける融資?)ですが、直前に日本政策金融公庫の融資を断られた場合、マル経融資も断られる確立が高いのでしょうか?
カテゴリマスター断られる可能性が高いです。マル経融資も日本政策金融公庫から受ける融資で、加盟している商工会議所の推薦で、一般よりも無担保・保証人不要・低金利有利な条件で借りられるというものですが、審査基準は基本的に変わりません。