体の悩み・健康

誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」

誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」

■商品詳細:

誰も頼れない人向け!

極度の緊張や恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」
モンスターとサヨナラすればよくなる!

極度の緊張や恐怖で苦しんだ経験者自らが
「自分に試してよかった」克服法

誰にも言えないつらさを抱えていても
あなたは“ダメ”なんかじゃない!

この方法で、

例えば、過去にお風呂で頭を洗っている時に
「後ろから刃物で刺されるイメージ」が頻繁に浮かんでいた時期がある。
お風呂が恐怖だった時期がありましたがこれも完全に克服出来ました。

車の運転中になぜか事故を起こすイメージが
何度も何度も繰り返し浮かんでいた時期があり、
ひどい時は数か月間ほぼ毎日浮かんでいた。
これも完全に消えました。

書いて、知って、感情を吐き出す。
自宅で出来る作業で克服できたのです。

■商品内容:

88ページ PDFファイル 約38000文字

■ジャンル:

体の悩み・健康

■販売価格:

13800円

■販売者名:

菅原 隆志
★体の悩み・健康☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」
誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」lp2 |
誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」lp2 –>
【別教材の音声情報サヨナラ・モンスター(Voice)はこちら】
6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!
文章を真剣に書き続けたら、 恐怖を克服出来ました!
極度の緊張や恐怖の克服法ですが、
本当の自分の感情を感じれるようになった方法でもあるのが「サヨナラ・モンスター」です。
僕はこの方法で極度な恐怖を大幅に減らし、
本当の自分の感情を前よりも感じれるようになり、
様々な症状(日常生活さえ困難なもの)を自宅で自力で克服しました!
過剰な恐怖を減らすには・・・
悩んで苦しんで遠回りをしましたが
「最短の克服法は”知らないことを知る”」ということだと確信しました。
恐怖という闇に光を照らせば過剰な恐怖は消えていきます。
逆に、恐怖を増やすには思考を停止させて、
恐怖の対象から回れ右すればよいです。
そして恐怖に迎合すると一時的に恐怖は消えますが、
潜在意識レベルの根深い恐怖を増やすことが出来ます。
恐怖について書き出して恐怖に近づいて恐怖を知り尽くし、
原因を知り解決策を見つけて計画を立てて実行する。
そして問題解決や結果や成果を手に入れる。
そうすることで恐怖は大幅に減っていきます。
自分が自分の味方になっていれば心強いです。
逆に自分が自分を見捨てていれば恐怖も不安も増えてしまいます。
自分でもよくわからない根深い心の傷を癒すには、
根深い心の傷の周りに纏まっている情報、認識、感情などを「紐解く(文章にして整理する)」こと。
この方法には凄い効果があることを実感しました。
「書くことで癒される…」は本当でした。
誰も頼れない人向け!
極度の緊張や恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」
モンスターとサヨナラすればよくなる!
?
極度の緊張や恐怖で苦しんだ経験者自らが
「自分に試してよかった」克服法
?
誰にも言えないつらさを抱えていても
あなたは“ダメ”なんかじゃない!
サヨナラ・モンスターでの改善例
サヨナラ・モンスターの方法で、どれだけ改善したかというのは以下をご覧下さい。
 緊張で手が震える!人前で字が書けない!
 見捨てられ不安で自殺を考えるほど!
 頭が真っ白になる!
 得体のしれない恐怖がひどい!悪夢をよく見る!
 あがり症がひどい!
 緊張がひどすぎて外出もできない!
 ひどすぎてコンビニさえも入れない!
 家に郵便の人が来るだけでビクビクして出られなかった!
 悲しい、辛いなどの自分の気持ちを言えず涙を流す自分を認められなかった!
 自分でも理解できず抑えきれない破壊的な怒りを抱いていた!
 ひどい劣等コンプレックスに苛まされていた!
こんなにひどい時もあったのに・・・
?
?
この苦しみが・・・
?
?
ここまで変わりました!
 緊張で手が震えることが気にならなくなった!人前で字が書けるようになった!
 見捨てられ不安が消えた!
 頭が真っ白にならなくなった!
 得体のしれない恐怖が消えた!長年見ていたひどい悪夢もきれいさっぱり消えた!
 あがり症が軽減された!
 緊張がひどすぎて外出もできなかったのに外出できるようになった!
 コンビニさえも入れなかったのに普通にコンビニにもはいれるようになった!
 家に郵便の人が来ても普通に出られるようになった!何も気にならない!
 悲しいとか辛いとか自分の気持ちを以前より言えるようになった!
 自己理解が深まり抑えきれない破壊的な怒りが潜在意識(無意識)レベルから消えた!
 ひどい劣等コンプレックスが小さくなった!
他にも書き出せばキリがないくらいあります。
例えば、過去にお風呂で頭を洗っている時に
「後ろから刃物で刺されるイメージ」が頻繁に浮かんでいた時期がある。
お風呂が恐怖だった時期がありましたがこれも完全に克服出来ました。
車の運転中になぜか事故を起こすイメージが何度も何度も繰り返し浮かんでいた時期があり、
ひどい時は数か月間ほぼ毎日浮かんでいた。
これも完全に消えました。
これは、強迫性障害(強迫神経症)だったのかもしれません。
僕は病院嫌いだったので病院に行きませんでした(笑)
イメージの元になっている原因を特定してやっつけたら綺麗に消えました。
あれから一切起こらなくなりました。
モンスターとサヨナラしたら恐怖が消えた
これは魔法ではありません
モンスターとサヨナラしただけ
心の奥にいる、ぐちゃぐちゃにまとまったモンスターとサヨナラ
こちらの可愛いモンスターとサヨナラすることで、
極度の緊張や恐怖を普通の緊張や恐怖にすることができました。
極度の緊張や恐怖で悩んでいる人は、
心の深い部分のモンスターが自動的な思考を促してくるから恐怖が強くなっているのです。
なので、このモンスターとサヨナラすれば
極度の緊張や恐怖を普通の緊張や恐怖にすることができるのです。
変わるためには、
極度の緊張や恐怖を作り出しているダメだという認知・認識を変える必要があるのです。
つまり、過剰な恐怖や緊張を作り出している
心の中に住んでいるモンスター(認知・認識・感情などのまとまり)とサヨナラすればよいのです。
このモンスターが自動的に恐怖や緊張をひどくしてしまう思考を促しているのです。
ある科学者によれば人の1日の思考回数は60000回とも言われているそうです。
そのうちの殆どに気がついていないのが人間です。
気がつかないレベルで恐怖に関する思考が出ている。
それをどうにか減らしていけばいいのです。
この自動的な思考が促されているから極度の緊張や恐怖になるのです。
モンスターが小さくなるほど極度ではなく普通の緊張と普通の恐怖になっていくのです。
その方法を本教材でお伝えしています。
自宅にいながらすぐに開始することが出来ます。
しかも身につけたものは一生役立つ心の財産となります。
こんな人におすすめ
自宅にいながら、実践できる方法ですので、
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
あがり症の人などにもおすすめですし、
責任感を持ちたい、見捨てられ不安を克服したい、そういった方にもおすすめです。
本教材は「極度の緊張や恐怖を克服する方法」として販売していますが、
それ以外にもおすすめです。
アダルトチルドレンの人にもおすすめ
アダルトチルドレンの人が育った家庭を築いていた機能不全家族というのは、心理的な虐待、ネグレクト、性的虐待、暴力、暴言、不法行為など、何らかの問題がいつもつきまとっていた家族です。
つまり、家族を機能させることが出来ない集団が機能不全家族です。
機能不全家族が築く家庭が、機能不全家庭です。
その機能不全家庭で機能不全家族に囲まれて育った人は「育つべき部分が育っていない」ので「ナメラレ体質」になりやすいのです。
「育つべき部分が育っていない」というのは「知るべきことも知らない状態」とも言えます。知らないことが多いと当然、恐怖は強まっていきます。恐怖が強くなると恐怖に同一化しやすくなります。恐怖に同一化すると本当の自分の感情を感じれないことが増えていきます。
なので、このまま変化なしに生きていくと、いずれ行き詰ってくるのです。
機能不全家庭で育ってきたアダルトチルドレンの人たちは「本当の自分の感情を感じれない」ことや「恐怖が強い」という問題を抱えていることが多いです。その恐怖を減らすには「知らないことを知る」ことが「王道(正攻法)」です。
その「王道(正攻法)」を、サヨナラ・モンスターではお伝えしています。
サヨナラ・モンスターで学んだことは、王道(正攻法)なので、生涯を通じてあなたのプラスになると僕は思っています。
こんな人には不向き
・誰かに助けてほしいと思っている人
・やる気をまったく出したくない人
・心の中の小さな自分を自分で救い出したくない人
・勉強したくない人
・ナメられ体質のままでいたい人
・書くことなんてしたくない人
・自分の恐怖の原因を他人の所為にして悪者をつくったままで生きたい人
こういった方は、残念ですが、本教材ではお力になることはできないと思います。
本教材は、子供のころから自分の弱さを言ってはならない環境で育った者が、
誰にも頼ることが出来ないから、一人で、孤独の苦しみ、寂しさ、恐怖を味わいながら、
そこから自分の力と努力で恐怖を消していった方法です。
魔法でも何でもない。
努力の結果なのです。
ですから、それが出来ない人にはあまり意味がないものです。
6年で学んだことの集大成
初めまして。
極度の緊張や恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」販売者の菅原と申します。
本教材はかなりひどい歪んだ考え方を子供のころからもっていて世の中を悪に見て
小学生までの勉強しかしてこなかった筆者が独学で学び実際に自分に試したことをまとめています。
約6年間で学んだことと、
それまでの実体験から学んだことの集大成とも言える教材です。
僕は現在、まだ残っている対人恐怖、人間不信、などの他にも様々な問題を抱えていますが、
酷かった時と比べて劇的によくなり多くを克服できています。
自殺を考えるほどの見捨てられ不安を克服したり、
夜中に心臓が破裂するのではないかというくらいの悪夢にうなされていたのに
まったく悪夢を見なくなったり。(悪夢障害だったと思う)悪夢を全く見なくなりました。
起きていても、寝ていても、いつでもひどい恐怖に苛まされていたのです。
しかも、だれにも頼れずに必死に隠していました。
そして、今は、これらの「症状に感謝」しております。
「え!?」「治ってないなら役立たない教材では?」と思った方もいるかもしれません。
しかし、そんなことは決してありません。
実際に、たくさんのことを克服できた方法だからです。
そして、人は誰しも、症状、問題、何らかを抱えて生きています。
死ぬまで、問題は起こってくるものです。
そんな人生に起こる問題解決にも役立ってくる方法だからです。
人は、誰しも何らかの問題をたくさん抱えています。
そして、抱えている問題に共通していることがあります。
それは「心の深い部分の問題」だということ。
専門用語で言うのではあれば「スキーマ(情報のまとまり)」や
心理学三大巨頭の1人ユングが言った「コンプレックス(複合的な感情のまとまり)」です。
スキーマとコンプレックスは同じような意味です。
心の深い部分にある情報や感情などのまとまりということです。
そして、この「心の深い部分にある情報や感情などのまとまり」が、
自動的な思考を促してきます。
だから、恐怖に関する思考、不安に関する思考、緊張を強めてしまう思考などが促されて、
それが問題のない人たちよりも過剰になっているから、症状に繋がっている部分が大きいのです。
ですので、本教材の目的は、
症状をひどくしている「心の深い部分にある情報や感情などのまとまり」を変化させて
緊張や恐怖を軽減させていこうという目的をもっています。
つまり、根本部分に働きかけるというものですので、一番難しい部分に挑戦する教材なのです。
なので「心の深い部分の問題」として、
僕はまだまだ治すべき部分がたくさんあるけど、
カウンセリングなどでも無理だったひどすぎる極度の緊張や恐怖を
自力でかなり軽減させることに成功していますので、
自分で「とても価値ある克服法(誰も頼れない人向け)」だと自信を持っています。
それどころか、本当の経験者だからこそわかるものだと自信を持っています。
このような酷い症状を経験したことがない人が説く克服法には、
それなりの良い面もありますし理にかなっています。
カウンセリングも合う合わないもあります。カウンセリングがよくないといっているのではありません。
とても素晴らしいものです。僕の場合は無理だったということ。極度の人間不信もありますので。
人間不信ならば自分を信じていけばいい。そう思ったのです。
そして、ひどい心の悩み、深い傷に関して、僕も経験者です。
現在も他の自分の問題を1つ1つ解決していくためにあらゆることを学んでいます。
メンタルケア心理士という資格も過去に取得しました。
ただ、自分の問題も他にあるのでメンタルケア心理士としての活動はしていません。
体調不良もまだ続いていますので。
しかし、取ろうと思えば、その上の上位資格なども普通に合格できるかと思います。
だけど僕はカウンセラーは向いていないということがわかったのと、
特殊な家庭環境で育ってきたので、思っている以上に自分の問題点があったことがわかってきたのです。
自分でもわからない問題だらけだったのです。
つまり、僕自身、まだまだ他の問題を本教材の方法で克服しているのです!
つまり、同じような心の悩みで悩んでいる方に1番近い状態であるからこそ見えることもある。
そう僕は考えています。ですので、こんな僕でも、何かお役に立てることがあればと思い、
メンタルケア心理士としてではなく、
個人として、今、最も自分の中で効果的だと確信している内容で本教材を制作しました。
前記した、これらの「症状に感謝」しているというのは、
自力で克服できた部分がある今、振り返ってみて、未熟だった自分のことを守る結果になっていたことと自分が自分らしく生きていくために必要なことを教えてくれていたとわかっているから、症状に感謝しているのです。
症状がなかったら自分はこの世にいなかったかもしれません。
または刑務所に行っていたかもしれません。過去の僕に足りなかったことは、
本教材でお伝えしているすべてのことだったのです。
その大切だと思ったことをまとめて制作いたしました。
経験したことのない人の克服法も良い面もありますけど、
僕は実際の経験者ですし、すでにお伝えしているように、
今も「対人恐怖症」「うつ病」「慢性頭痛」「半引きこもり(一人ぼっち)」「人間不信」「人間アレルギー」などの症状があり、その症状に感謝しています。
僕は自分の弱さを人に言うのは苦手だったので
言って来なかったのですが書き出せばキリがないのです。
心理的にも肉体的にも病院も行けないほど
(歩けない時もあって、パートナーに協力してもらい
数か月間の徹底した食生活と少しずつの運動である程度回復した)ときもありました。
徹底して調べて自己診断ですが、
極度の見捨てられ不安、神経症、悪夢障害、自己免疫疾患、副腎疲労、何らかの原因で急性腎炎、
その後、かなり回復した後に腎機能低下(これは病院での診断)、
円形脱毛症、飛蚊症、パニック障害、過呼吸、斜視、
光がダメになり眼球が破裂するほどの痛み(夕方から電気をつけれない生活をしていた)、
胃や背中の激痛、とにかく酷かった。
そして、これらの症状について
他人が土足で踏み込んできて触れられるのが嫌で嫌でたまらなかった。
なぜかというと子供のころからどんなに苦しくても辛くても
家族は僕を無視して僕の苦しみは「おまえは苦しくない」と長年扱われてきたので、
僕は「自分の苦しみや弱さを隠し強がること(自分を心理的に虐待すること)で
わずかな愛情欲しさに家族に媚びて自分を守ってきた」のです。
「家族に見捨てられる恐怖」によって「隠す」ように生きていたのです。
家族の前ではケロっとした態度をするように。
だけど、もうそれは必要ない。
自分で自分を大切に思うようになってきたから過去は関係ないのです。
つまり、このように苦しんできて、今も、まだ苦しみが残っている「当事者」なわけです。
「当事者だからわかることもある!」ということ。
僕は前にこう思っていました。
「経験したこともない。さらには当事者でもないのに本当にわかるの?」と
「弱者だと見下していい気になっているんじゃないの?」と感じるような人もいました。
「イラッ」ときたこともありました。
(これは僕の甘えからくる解釈の問題です。
僕が想像していた以上にみなさん一生懸命だったのですがその時は気がつきませんでした。)
そこで、人それぞれですけど「カウンセリングは無駄だ」と感じる人もいます。
もちろんそれで救われる人もたくさんいます。合う合わないがあるのです。僕は合いませんでした。
カウンセリングを受けると「心が更に傷つく」のです。
心の中で「おまえ何言ってるんだよ教科書見て知った気になっているだけでは無駄だぞ」と
思ったこともあります。
それを言ってしまっても何もなりません。ですので、それでやめました。
(これもその時の僕の甘えからくる解釈の問題です。
僕が想像していた以上にみなさん一生懸命だったのですがその時は気がつきませんでした。)
そこで、僕は「教材」に目を付けたのです。
たくさんの教材に学ばせてもらい救われることに繋がることもありました。
僕の問題はすごく根深かった。と思います。
そして、教材を購入し、学び、理解力を上げ自分を癒していったのです。
人の心を癒すのは「本当の理解」です。
つまり「理(物事の道筋)をもって解く」ことで人は癒されるのです。
それから、僕は、自分に「理(物事の道筋)をもって解く」ことをしてみました。
そのために「理(物事の道筋)をもって解く力」が足りなかったのでそれを身に着けました。
すると更に癒されていったのです。
癒されることで極度の緊張や恐怖などもすごく軽くなっていったのです。
つまり「極度の緊張や恐怖を克服」するということは
「勉強」「学習」「知らないことを知る」ことなのです。
そして極度の恐怖を作り出している根本から変えてしまうことが大切なのです。
その方法をまとめたのが「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」です。
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
このような方で極度の緊張や恐怖がある人におすすめの「極度の緊張や恐怖を克服する方法」です。
※逆に考えると楽になりますよ。
カウンセリング?受けたくない。
人と関われない?いや関わりたくない。
一人はいやだ。本当に?本当は今は1人でいたいんじゃない?
行動は本音です。自分が選択した行動や、その状況。すべて肯定してみると本当の自分に1歩近づけます。
心は、回復するために1人になったほうがいい場合、無意識のうちに1人を選ぶようになります。
回復してきたら、自然と人と関わりたいと思う時が来ます。
自然が1番大事なのです。ありのままの現状を肯定してあげてください。
最高の方法である。僕は大げさでもなんでもなく、そう思っています。
この方法が、あなたに合うか合わないか。それは僕にはわかりません。
だけど、あなたが「自分の力で自分を恐怖から救い出したい」と思っているのなら
決して無駄になることないでしょう。
僕の苦しみを唯一理解してくれていたパートナーは教材の中身をみて
「自分が苦しい時に、こんな教材に出会いたかった」と言っていました。
本当に苦しい時に「苦しみを誰にも言えない時に気持ちを無視されて無理矢理矯正(行動しなよ)させられる感じが嫌だったからこんな教材があったら救われてた」と言っていました。
この言葉は僕にとっても嬉しい言葉です。
なぜなら「苦しみを誰にも言えない人に向けて制作した教材だから」です。
良い意味で刺さったということだと思います。
僕は過去に、
悲しみの絶望から更に逃避して極度の薬物依存になり薬物をやめたあと精神が崩壊しそうだった。
勿論誰にも本音は言えないから隠す。スケープゴートされていると言えないんです。
本音を出すことは死ぬほど怖かった。
僕の本音はゴミのように捨てられていたからだ。今ならわかる。家族みんな余裕なんてなかったのです。
そんな絶望的な気持ちで長い間生きていたけど
「自分を信じる気持ち」が強くなると「大丈夫だ。問題ない」と自分に言える。
その言葉が心の中の小さな自分に届く。
すると心の奥から温かい気持ちになる。
どんなに辛くても苦しくても自分を信じてあげること。これが本当に大切なことです。
家族からひどい扱いを受けていたとしても
自分が自分の親のような気持ちで「俺はお前の味方だ」と心から思えたら心は楽になります。
それだけではなく更に余裕が出てきます。
余裕が出てくると違う視点が見えてきます。
「みなそれぞれが不器用なりにでも頑張っていた」ことがわかるのです。
「違う視点」というのは例えば
「自分が心理的に虐待され続けていた」ことを裏から見たり上空から見るイメージです。
すると、心理的に虐待をしている裏には限界まで頑張っていたり悲しんでいたり対処できずにいたんだ。
と違うものが見えてくることがあります。
勿論自分の悪いところも。
人は他人の言葉で「偽物の本当の自分」を作って自分から逃げる。
そして人は迷って悩んで苦しむ。答えは心の奥で泣いている自分自身が持っているのに。
そしてそこから本当の自分を救い出すために歩き出していく。
つまり、誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」は、
「自分が自分の味方になって、自分で自分を救うための教材」ということです。
「恐怖」は、「大切なことに気づきなさい」と教えてくれているものなのです。
ありがとう。
ごめんなさい。
許してください。
愛しています。
この言葉が指し示すものを忘れていると恐怖は強くなっていくのです。
ダメじゃないことをダメだと思うと?
僕は、過去の抑圧が原因で、自分の弱さを人に言うことが出来なかったし、
自分の問題は自分で解決するものだと思っていたので、
とくに言う必要性はないと思っていたのですが、
インターネット上で近寄ってきた、
ある人が「自分の弱さを隠している悪人だ!みんなを騙している!
疚しいから隠しているんだろ!ダメなやつだな!」と言われたことがありました。
例えば、みんなに余計な心配をかけないように癌になった人がいたとする。
そして癌のこと黙っていたことを、
決めつける側の思い込みから悪人扱いするというのはダメなことでしょうか?当然、ダメじゃありません。
「ダメじゃないこと」を
「ダメだと勘違いする」というコレ。
コレを、自分がたくさん持っているのです。
コレが、自分を苦しめ、
極度の緊張や恐怖を作り出しているモンスターの正体の欠片なのです。
僕は
「え?自分の弱さをいちいち言わないと
その人の勝手な思い込みから悪人扱いされるの?」と思いました。
「あっ、あぶない、心の中にモンスター
(過剰な恐怖や緊張の原因になるもの)を自分で大きくしてしまうところだった」
こうわかったのです。
ダメじゃないことをダメだとする。
→ 自分に「怖がったらだめだ!緊張するな!」と。
これ、自分で自分を心理的に虐待することになっちゃうんですよね…。
だからますますひどくなるのです。
これが無意識のうちに行うまで浸透しているから極度の緊張や恐怖になるのです。
こういった勘違いを持ってしまうことは、
とても怖いことだし、
悩んでいる人たちの症状を悪化させることに繋がる可能性もあるかもしれない。
と思ったのです。
「ダメじゃないこと」を
「ダメだと自分で勘違いする」というコレ。
これを
「ダメじゃないこと」を
「ダメじゃないこと」にすればいいだけ。
これを増やすことで、よくなっていくのです。
僕自身が、この方法でよくなった部分がたくさんあります。
そこで閃いたことが
「人の弱さ、緊張、恐怖を感じることをダメ扱いする人がいるんだ。
じゃあ、ダメでもないのにダメ扱いされて、それを受け取ってしまって、
苦しんでいる人は他にもいるはずだ!
僕は、そんな人たちにダメじゃないってことを心から伝えたい!」
と思いました。
これが、本教材を制作しようと思った理由の1つです。
同じように、極度の緊張や恐怖で悩んでいる方の心の中で苦しみの元になっている
「ダメじゃないことをダメだと勘違いしているもの(モンスター)」と
サヨナラするきっかけになれたら嬉しいと思い本教材を制作しました。
教材の内容は?
教材の内容は新しく追加されることがあります。
その時はご購入時のメールにPDFファイルで配布させていただきます。
88ページ PDFファイル 約38000文字
目次
1、はじめに …………………………………………………….5
1、1、改善例 …………………………………………………..8
1、2、モンスターの正体 …………………………………………..12
1、3、知らないから怖い …………………………………………..18
2、制作者が実際に行った5つのステップ ……………………………….24
3、震えることは悪いこと? …………………………………………25
4、極度の震えと恐怖の悪循環 ……………………………………….27
5、モンスターの元になっているものを変える ……………………………28
5,1、必ずメモしておくこと ……………………………………….29
6、感情は感じれば消える否定すれば蓄積して悪化する ……………………..31
7、極度の緊張や恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」 ……………………32
7、1、モンスターとサヨナラする内容を書く ……………………………33
7、1、1、モンスターの全体像のイメージ ……………………………..37
7、1、2、モンスターの欠片1つ1つとサヨナラ …………………………39
7、2、呼吸でモンスターを眠らせる …………………………………..44
7、3、自分の感情を感じる …………………………………………46
7、4、調べたことを音声で …………………………………………52
7、5、回避行動をクリアするときに言葉でモンスターを小さくする ……………54
7、6、挑戦開始 …………………………………………………56
7、6、1、タイトル作成 …………………………………………..62
7、6、2、本文作成 ………………………………………………63
7、7、愛と感謝を感じる …………………………………………..67
8、制作者からのメッセージ …………………………………………69
9、実際に恐怖したときに恐怖を認める …………………………………70
10、面倒だと思うことと恐怖の関係 …………………………………..71
11、物を書くことと恐怖の関係 ………………………………………72
12、あなたが一番恐れていることを・・・……………………………….74
13、人は思っている以上に自分を知ることが出来ない ………………………75
14、コンプレックスを小さくするには ………………………………….77
15、サヨナラ・モンスターの実践例 ……………………………………81
16、やることのまとめ ……………………………………………..83
17、最後に ……………………………………………………..85
18、バージョンアップ無料 ………………………………………….86
19、メールサポート回数無制限 ……………………………………….88
サヨナラ・モンスターは簡単に言うとどんなことをして恐怖を消すのですか?
メインは「書くこと」です。書くことは思っている以上に恐怖を消すことが出来ます。逆に、書くことが出来ないのは恐怖しているからです。
ですので「書くこと」をして「心の深い部分の恐怖を作っている元」を小さくして過剰な恐怖を消していく方法です。
「書くこと」で恐怖を消せるということですが行動しないと意味ないのでは?
勘違いをされている人もいますが、「書くこと」は「行動の1つ」です。サヨナラ・モンスターは「書く」という「行動を含めた克服法」なのです。
「書くこと」は本当に心理的に意味あるの?
はい。書くことは心理学の研究でも明らかになっていることがたくさんあります。
最初は僕自身が「書くこと」を軽視していました。実際にやってみて想像を超える効果でした。僕は、学校の勉強は小学生までしかしていません。そして薬物依存に陥っていた期間も長いので、頭がどうにかしていました。(笑)
そこから、本教材を制作することが出来るまで成長出来たのも、書くことがあったからです。過剰な恐怖を克服できたのも書くことによってです。もちろんそれ以外にもありますので教材内でお伝えしています。
「書くこと」は思っている以上にプラス効果があります。グーグル検索で「心理学 研究 書く 効果」のキーワードで検索してみてください。調べてわかるようにプラス効果があります。それ以外にもたくさんあります。それはあなた自身が実際に取り組んでみて体感してください。
努力しないで恐怖を消せませんか?
本教材では無理です。申し訳ありません。
死への異常な恐怖があります。死の恐怖も消せますか?
それはわかりません。死への恐怖というのは恐怖の中でもトップクラスです。ですので「消えますよ!」とは言えませんし、人それぞれ違うのでわからないとしか言えません。ですが、本教材の方法で死への恐怖が減ったなら、その時はご報告いただけると嬉しいです。
僕自身「死への異常な恐怖」を抱えていたのですが、今現在は、死ぬのは怖いと感じますが、以前のような異常な恐怖はありません。
この変化は本教材内でお伝えしている「感情」に関することや「本当の自分」「心の中の小さな自分」に対して心から申し訳ないことをしたという気持ちが自然に出てくるようになって、時間とともに「死への異常な恐怖」は減っていきました。
たとえ死ぬことがあったとして、心の中の小さな自分を自分で見捨てることはないし、置き去りにすることもない。そう思えているのが、恐怖が減った理由ではないかと思っています。
ナメられ体質をなおしたいアダルトチルドレンの私でも成長できますか?
はい。もちろん成長は誰でも出来ます。
アダルトチルドレンの人がナメられ体質なのは機能不全家庭で育ってきたことで生きていくための能力の何かが欠けているからです。家庭が機能していないということは機能させる力が足りなかったということ。
なので回復してきたら「必要な能力向上」と「問題解決に取り組む」ことが大切です。本教材はまさに「必要な能力向上」の一部と「問題解決に取り組む」ことを中心に制作している教材ですので、ぜひ、取り組んでいただきたいなと思います。
メールサポート無料
メールサポートは回数無制限、無期限、無料です。
どんな些細なことでも、お気軽にメールを送ってください。
教材を読んでみて「私(僕)の自動的に浮かんできた思考は〇〇だけど、これについて、どんな新しい解釈をすると良いと思いますか?」などの意見を求めるメールでも良いですし、「私(僕)はあの時、こんなに辛かった!!」というメールでも大丈夫です。
大事なことは、あなたの感情を1つ1つ感じきって、新しい考え方を手に入れていくということ。それは「自分を更新する」ということなのです。
そのためのメールサポートですので、どんなことでもメールを送ってください。外部に漏らすことは一切ありません。
出来る限りの力でサポート致します。
追加料金は不要です。
ただ、メールのご返信までにお時間を頂くこともあります。基本的には3日以内を心がけておりますが、多忙な場合は遅れることもありますので、1週間かかってしまうこともあるかもしれない点は予めご理解ください。
詳しくは、ご購入後のファイル「ご購入ありがとうございます.txt」をご覧ください。
返金保証
本教材は、僕自身、たくさんの問題を克服してきた集大成ともいえる本当に自信のある克服法ですが、どうしても「合わない」という人もいるかと思います。
そこで実際に90日間取り組んでみて「何の効果も感じない」というのであれば全額返金させていただきます。
返金条件は、教材内に書いてある克服法の「7、1、2」を実際に1週間のうち4回以上取り組んだことが条件です。書いた紙4枚分(1セット1枚)
(書いたもの)を見せてもらいます。実際に取り組んだにもかかわらず「何の効果も感じない」というのであれば全額返金させていただきます。
サヨナラ・モンスターはバージョンアップしていく予定ですが、返金保証制度をご利用された方はバージョンアップ版を受け取ることや、再購入はできません。
返金可能期間
ご購入後100日以内
返金方法
メールにて返金要請してください。
30 日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。
販売価格 13,800円
購入はこちら
電話注文はこちら
当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があります。
Copyright (C) 2018?サヨナラ・モンスター All Rights Reserved.
特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー
Proudly powered by WordPress–>
誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」
アダルトチルドレン私はアダルトチルドレンだと思っています。幼少期は、同じくアダルトチルドレンの母(境界性人格障害かもしれません、当時は鬱も)に受け入れられなかったり、極度に厳しくされたり、自殺を止めたりなどを私がしていました。それを父は見て見ぬふりでした。また、スポーツをしているのですが、高校のとき二回、信じていた指導者に裏切られ、かなり精神的ショックを負いました。現在は裏切られたことは、かなり受け入れられていますが、父と母に対する怒りがここ最近になり抑えられなくなりました。また、予期せぬ出来事や、ほんの少しの出来事で死にたくなってしまったり、極度に気分が落ち込んでしまいます。このようなことを改善していきたいと思っています。病院には二回行ったことがあるのですが、全く信用できず通ってはいません。経験者の方、専門家の方、博識の方など改善方法などを教えていただきたいです。
アダルトチルドレン(AC)は病気ではありませんので診断されません。カウンセリングでも病気ではない為用いらない所も多いようです。現に私は親がアルコール依存の機能不全家庭育ちですが、心療内科でACとは特に言われていません。両親に対する怒りが抑えられなくなったのは今まで抑えてきたのが満杯になったんでしょう。それ程まで今まで無理をしてきたのです。極度に気分が落ち込む、というのもACですと自己肯定感が低いまたは無いのでちょっとした事でも落ち込みやすいです。病院は信用できなかった、という事なので無理にはおすすめしません。ACの本を読む、ACの自助グループに通う等ご自分が楽になれる方法でAC特有の認知の歪みを修正なされて下さい。http://ac.3rdcom.com/
私は、幸せ恐怖症かもしれません。母子家庭の長女であること、数年前に男性に乱暴されたトラウマ、などが起因しているのかもしれません。いつでも、人が見ているところでは自分が本当に選びたいものではないものを選んできました。嘘もたくさんたくさんついています。本当の自分を理解されて受け入れてもらおうなんて、まっぴらです。流行りのものを取り入れたい、楽しいものを見たい、等という欲求も、圧し殺してしまいます。そうすることで、絵にかいたような「幸せ」に浸ってる人をみるとそんなやつにはなりたくない、と吐き捨ててしまいます。幸せそうな友達をみると、気持ち悪くて爆笑し吐きそうになりますが、満面の笑みで「よかったね、よかったね」と過剰なくらい言うことで自分を落ち着かせています。恋人がいますが、浮気やその他奔放な異性関係をやめることができません。とにかく、不安定な状況に身を置きたがる傾向があります。でも、いつか、相手に迷惑をかけてしまうし、変な男に刺されたりしたら怖いので早くやめるべきなんです。それで、今とても、焦っています。幸せ恐怖症という項目をネットで見つけ、驚くほど自分に当てはまっていて、怖くなりました。と同時にこれが本当だとして克服できたら、私の人生が変わるかもしれない、いきづらさが消えるかも知れない、どんなふうになるかな、と期待が膨らんでいます。客観的にみて、私は幸せ恐怖症に当てはまりますか?直す方法は何かありますか?もはやカウンセリングとか行った方がいいのでしょうか。
私にも似たところがあります。「不安定な状況に身を置きたがる」なんて、まさに、私の傾向・気質そのものです。よって、大変興味深く読ませていただきました。そうですか、「幸せ恐怖症」というのですか。私は、自分のことを、ながらく、単なるへそ曲がり、あまのじゃく、と思っていました。ここ十年ほどで、極度のアダルトチルドレン、愛着障碍なのだ、とわかり、分析・治癒に努め、現在に至っています。少し時間はかかると思いますが、優れたカウンセラーのもとでカウンセリングを重ねると、あなたの人生は変わっていくと思います。生き辛さも和らぐでしょう。大丈夫です。
アダルトチルドレンの彼氏・親友がいます。二人ともPCをあまりしないので、アダルトチルドレンの存在を知りません!彼氏とは3年半付き合っています。彼氏は無口で、過去の事を語ろうとしません。でもすごく思いやりがあり、子供が好きです。私たちの問題はセックスレスです。また、彼は、極度の恥ずかしがり屋もあり、『スキ』とか気の利いた言葉さえ言ってくれません・・手も繋いできてくれません。でも!私から求めると全て受け入れてくれます。(たまにSEXは断られるケド・・・)そんな彼が、先週親からの虐待の話を1つだけしてくれました。私の想像では、これが氷山の一角だと思いました。それで私は調べたらアダルトチルドレンの存在を知りました。親友はおしゃべりで、わかりやすいアダルトチルドレンかと思います。1日に20件位私にメールが届きます(笑)でも、素直な子なので♪とことん付き合っています・・・彼女は神経内科に通っていて『パニック障害』と診断されています。私が今日皆さんに聞きたいのは、大事な二人をどう見守ったらいいのかです。消せない過去ではなくて思いが変わった過去にしてあげたいのです。二人がアダルトチルドレンの存在を知らないので!そのまま無理に知る必要はないと思っています。こんな私はまず何をしたらいいのでしょうか?
うーん、答えるのが難しいです。アダルトチルドレンは心の病なので。私もACの女性と付き合ったことがあります。(結局、うまくいきませんでしたが)その女性には手を繋ぐのも嫌がられました。聞くと、過去にご両親の虐待があったそうですが、その内容については一切口をつぐんでしまいました。カウンセリングを受けたことがあるそうですが、結局耐えられなくなって、逃げ出したそうです。ACの治療って、大変なんですね。まず、過去にさかのぼり、記憶をたどらなければなりません。過去の嫌な記憶を蘇らせなければならないのです。でも、そうしなければ治療の第一歩が始まりません。そして、その時点からもう一度やり直すんです。つまり、親に甘えた経験がない人は、その時点に戻り、もう一度子供に帰って、「甘えなおす」ところから始めるのです。アダルトチルドレンは別名:「思い残し症候群」というそうです。本来、赤ん坊や子どものころ、親に愛されてたり、可愛がられたり、甘えたりする経験をするのが普通なのですが、それを経験していないと、その子どもの精神状態のまま、大人になってしまうんですね。自分が可愛がられたり、甘えたりした経験がないわけですから、当然、精神的に大人になっていないため、他人に対しても(特に子どもに対しても)、可愛がったり、愛情を注ぐことができなくなってしまうというわけです。いずれにせよ、非常に専門的なことなので、できれば専門家にご相談されることをお勧めします。
お医者さんの診断に納得いきませんある病院では躁鬱といわれ今通っている病院(3年目)また入院のさいには境界性パーソナリティ障害と言われました前まで自傷行為や自殺未遂などをしていましたが今は本気で治したいと思うようになり自分の病気に疑問を持つようになりました・極度の不安で動機、吐き気がある・外に出るのが怖い・幻聴が聞こえる時がある・立ちくらみが多い・人混みに行くとやたらと汗をかく・熱が出たり(37.7など)治ったりを繰り返す・物忘れが激しい・家事が一切できない・部屋を片付けられない(片付け方が分かりません)この点から母からは幼少期から物忘れが激しかったことなど複数点が発達障害に当たるのではないかと言われました彼氏からは自律神経失調症ではないかと言われていますカウンセリングも受けたことありますこれは病院を変えて1度検査し直した方がいいのでしょうか?母からは国で検査してるところがあるから行ってみたらいいと思うと言われました友達からは血液検査で分かるところもあると勧められましたもし実際に診断された方や経験された方でこんな治療またはこんな薬を飲んでいる病院選びについて教えてもらえたら嬉しいですてんかんももっています長くなりましたがよろしくお願いします。
あまり病名で括って考えない方が宜しいと思いますよ。心の病の原因はストレスですので、ストレスで考えて行けば何も矛盾していません。ストレスを受けて乱れるのが自律神経で、自律神経の乱れから来る体調不良が自律神経失調症です。その自律神経失調症には精神症状もあり、その精神症状が強く出たのが精神疾患です。ですので、精神疾患には自律神経症状が伴います。貴方の母親は発達障害に当たるのではないかと言い、貴方は虐待があったと言う。虐待やネグレストなどの機能不全家庭で育った子供はAC(アダルトチルドレン)になり、ACは発達障害と同様の症状を示します。ACと発達障害の違いは先天性か後天性かの違いですが、先天か後天かなど親に自覚が無ければ分かるはずもありません。虐待などでACになるのは、受けたストレスに関わる脳の部位の血流が悪くなる事で、その部分の脳の発達が阻害されるのです。ACは病名ではありませんので、ACの人が診断を受けると自己愛性や境界性などのパーソナル障害と診断されます。また境界性パーソナル障害と自己愛性パーソナル障害は表裏の関係にあり、境界性が良くなると自己愛性が出てきたり自己愛性が良くなると境界性が出てきたりすることもあります。そして、境界性パーソナル障害の人の根底にあるのは「強い見捨てられ不安」です。パーソナル障害の時点では神経症、それが度を越せば精神疾患になります。境界性パーソナル障害の境界とは、神経症と精神疾患の境界の意味ですので、境界を越えれば双極性などの病名に変わる訳です。つまり、躁鬱と境界性パーソナル障害は、別の病気ではなく程度の問題なのですよ。
開いてくれて有難うございます。私は現在高校生です。早速ですが、私はいろいろあって最近毎日が憂鬱でもう、生きているのも疲れたな…と思ってしまうのです。そこで、うつ病や精神的な病気のことを調べていました。まず、うつ病チェックをしていましたら危険域だったものがあって…対人認知というもので他人の評価を気にするとともに依存性を意味すると書いてありました。否定的自己認知は中程度。そして、たどり着いたのがアダルトチルドレンなんです。見ていると、特徴などによく当てはまるというか…あるチェック項目で10個以上当てはまるとアダルトチルドレンの可能性が高いらしいのですが、私は20個当てはまってしまいました。特に症状からみれるのが、対人恐怖症です。私は、極度に人と接するのが苦手でいつも相手が自分をどのように評価しているのかなどが気になって、不安、恐怖でしか思えません。そんな中でパニックになり、よく物にあたってしまいます。机に物をなげつけたりナイフで刺したり…恥ずかしい話ですが一度、扇風機を殴ってぼろぼろに壊してしまったこともあります。今は、おさえていますが最近まで家庭内暴力もありました。これは症状とかに関係があるのか分かりませんが、物にあたるくせに、普段不注意で物を蹴ってしまった時などには物に謝ったり…。北枕等が不安で、布団は勿論、歯ブラシや靴、食器なども位置にこだわってしまいます。毎晩、戸締り、元栓などの確認を数回行ったり…。今は現実が嫌で何でも良いから楽になりたいんです。そこで、精神科を受診することも考えまして親に相談するとあっさり否定されました。私のとこは母子家庭で母はとってもプライドが高いというか…私が受験生の時には、到底いけそうもないランクの高校を無理矢理おしつけたりする人で精神科なんて格好悪いと考えていて…。もし、行くなら勝手に行けという答えです。もう、何をどうすればこんな不安などにかられないようになるのか考えても自分で答えが出ず、嫌です。こういうとき、どうすれば良いんでしょうか…。馬鹿な話でしょうが、どうやって自殺しようかなどいつの間にか考えている状況なんです。アドバイス等貰えると嬉しいです。では、ここまで読んでくださって有難うございました。
かなり辛そうですね。自分で自分をどうしたら良いのか判りかねているように感じます。物を壊して、発散しようとしているのに、そうやっている自分も許せなかったりするのではないですか?私は精神面の事はやはり専門ではないので判りませんが、心療内科などを受診してみるのが良いような気がします。些細な物の位置にこだわる、という事ですが、それがちょっと私は気になります。お母さんが反対しているようですが、辛いのはあなたです。でも、高校生なら自分ひとりでも行けますよね?先生に、今のあなたの辛い状況を話して、ゆっくりカウンセリングしてもらうだけでも、気持ちがだいぶ楽になるような気がします。自分の事を理解してくれる人がいる。というだけで、半分解決だと思いますよ。生きていなければ、これからあなたに起こるであろう楽しい事も嬉しい事も経験出来ないのですよ。勇気をだして、診療内科を受診した方が良いように思えます。※けして、あなたが精神的に異常だといっているわけではありません。 もし、気を悪くしてしまいましたらごめんなさい。 ハッキリした診断名など知る必要は無いと思いますが、 なんでも、受け止めてくれる専門家に相談に乗ってもらうと楽のような気がします。