情報起業

オートステップメールCGI「AutoresponderUnlimited2.0」

オートステップメールCGI「AutoresponderUnlimited2.0」



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」

■商品詳細:

情報商材を販売する情報起業家やネットショップオーナーに必須のオートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」

レンタルに比べて費用が格段に安く、しかも超高性能な、オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」を、1番に強くお薦め致します

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

情報起業

■販売価格:

3980円

■販売者名:

上原 清
★情報起業☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」
【infotop】オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」
『情報起業家やネットショップの経営者様、せっかく網にかかったお客様を、みすみす逃したうえに放置したままにしてはいませんか?』
ホームページに来て下さったお客様に、1回の売り込みメールで成約できる確率は、
わずか2%程度でしかありませんが、3~8通のメールを数ステップでアプローチすることにより、成約率は最大80%にまで大幅に向上します。
  第1ステップ : 商品(サービス)の紹介。
  第2ステップ : 第1ステップでの売り込みを思い出してもらい、サイトへ誘導。
  第3ステップ : 特別ボーナス(ここで初めて提示)を期限付きで提供。
メールマガジンよりも時間の節約になり、しかもその効果が高く、成約率は飛躍的に上がると言われているステップメール、
今や、マーケティングツールの常識と言われている、この最高峰ステップメールで見込み客を追い、飛躍的に売り上げを伸ばしてみてはいかがでしょうか?
レンタルのステップメールでは月に3000円~5000円が相場、しかも初期費用や手数料までも取られます。しかし、このオートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」を購入してしまえば、永久に貴方だけが好きなだけ使え、しかも、レンタルとほとんど変わらない高機能の日本語版仕様です!!
レンタルに比べて費用が格段に安く、しかも高性能な「Autoresponder Unlimited 2.0」
さあ、この最高峰のステップメールで、今すぐネットビジネスの売り上げを飛躍的にアップさせましょう!!
▼オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」を御紹介します。▼
▼━━━オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」設置方法━━━▼
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【各ファイルとパーミッション設定】
(例)さくらインターネットの利用の場合のパーミッション
Autoresponderフォルダ(755)
┣index.html(ダミーファイル)(※修正必要不要)
┣config.cgi(設定ファイル:755)【※修正すること】
┣ar.cgi(本体ファイル:755)【※修正すること】
┣activate.cgi(755)(※修正不要)
┣lite.pm(644)(※修正不要)
┣attach.files(※自動作成:添付ファイル用フォルダ)(※修正不要)
┣.htaccess (※必要とあらば設置)
┗collect.txt【※修正すること】
※collect.txtはセキュリティ上、.txtの前部分を任意で変更して下さい。
(例:legend664cg.txtなど。config.cgiの該当部分も同じにすること)
htmlフォルダ
┣index.html(ダミーファイル) (※修正不要)
┣admin.html(トップページファイル) 【※修正すること】
┗img(中のindex.htmlはダミーファイル)(※修正不要)
unixサーバー、Perl v.5、sendmailが利用できるサーバー、cron使用
━━【以下はもちろん、設置・修正不要です】━━━━━━━━━━━━
┏hosoku.pdf(Autoresponder Unlimited 2.0 補足説明PDF)(設置・修正不要)
┗userguide.pdf(英語版)(設置・修正不要)
japanフォルダ (設置・修正不要)
┗list.txt(日本語化する際に修正した箇所のリスト)(設置・修正不要)
実際に設置した後のステップメールを、サンプルとして
3日間に渡ってお送りします↓お試しとして登録してみて下さい。
Title:オートステップメール第一回
内容:●●さん、初めまして。
プレステージアテナシステムのオートステップメール第一回です。
明日をお楽しみに!
お名前
メールアドレス
※登録後、すぐに第一回が配信されるようになっております。
短いメールサンプルですので、スパムではありません。ご安心下さい。
▼以下のサンプルページ、サンプルのステップメールを御参照下さいませ。
┗『【サンプル】オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」使い方】
(1)アカウント作成
(半角英数字でお好きなアカウントIDを入力してアカウント追加を押します)
↓↓↓
(2)作成されたアカウントIDが表示されますので、アカウントをクリック。
↓↓↓
(3)ステップメール設定画面に移りますので、
ステップメール設定(差出人名やメールアドレスなど)をして設定保存をクリック。
↓↓↓
(4)下にあるメッセージ設定 、メッセージの追加をクリック、
本文を記載したらメッセージを保存、送信間隔なども保存します。
↓↓↓
(5)登録フォームのHTMLコードと、<BODY>~</BODY>に以下を埋め込み完了↓
<img src=http://www.●●●.●●●(サイトURL)/autoresponder/activate.cgi width=1 height=1 border=0>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Autoresponder Unlimited 2.0 ご注意】
「Autoresponder Unlimited 2.0」は本来、外国で販売されている英語版商品です。
これをプレステージアテナシステムがわざわざ手間と時間をかけて日本語版に修正、
cgi本体ファイルに使い方などを記載したうえで、ダミーファイルや.htaccessも追加、
各所をカスタマイズしたうえでマニュアルテキスト、マニュアルPDFを作成しております。
ほぼ完璧な日本語版にカスタマイズしたうえで非常に安価な値段を設定、
販売している為、サポートや修正は有りませんので御理解下さい。
ほぼ、サンプルと変わらないファイルをお渡ししております。
動作確認は完了しております。実際、数日間ステップメールを配信済みです。
購入後は御自由にカスタマイズして利用して下さいませ。
▼どうぞ、Autoresponder Unlimited 2.0 マニュアルPDFファイルをご御覧下さいませ。
┗『Autoresponder Unlimited 2.0 manual.pdf』
なお、「Autoresponder Unlimited 2.0」の使い方、設置等の質問がございましたら、
下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。設置代行も承ります。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
貴方が、オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」で得られるメリットの数々
購入を迷っている見込み客に対して何度もアプローチを掛けられる。
一度シナリオを作って設定しておけば自動で配信してくれる。
メルマガのように、そのつど文章を書くと言った手間が掛からない。
貴方が考えている以上に成約率が格段に伸び、売上が爆発的に上がる。
シナリオ毎の、メール送信インターバルや送信回数は、無制限に設定出来る。
わかり易く使い易いコントロールパネル、手動登録機能や登録解除機能も有り。
レンタルのようにライセンス料や月額利用料金が掛からずに、好きなだけ使える。
無駄なお客に時間を費やさないので時間の節約ができる。
約10分程で簡単に設置、365日自動運転、2MBまでの添付ファイルも送れる。
購入後のフォローも、ある程度自動でできてしまう便利さ。
見込み客を、リピート客にまで育て上げる最高峰のマーケティングツール。
自動でアプローチしてくれるにもかかわらず、成約率は最大80%にまで向上する。
物を欲しがるユーザの心理を操作できるようになってしまう。
すぐに貴方の販売ページに適用させて大幅に売り上げアップできる。
顧客満足度向上、販売促進、見込み客獲得など様々な効果が期待できる。
集客に欠かすことが出来ず、無駄なコストが掛からない。
※━レンタルのオートステップメールのデメリット━※
大した機能でも無いのに高い月額手数料を取られる。
初期手数料やオプション手数料で費用が重む。
サーバーが重くて確実に配信されない。
利用者が多くてサーバーはパンク状態、エラー連発。
レンタルと称して高い料金をボッタくる業者が後を立たない。
サポートや保証が無いにも関わらず、高い費用をボッタくる。
レンタルの費用の割りには成果が無い。料金の無駄。
レンタルでのオートステップメールは自由度が無い。
さあ、今すぐ最高峰のステップメールに乗り換えて、ビジネスの売り上げを飛躍的にアップさせよう!!
★━━━さらに、プレステージアテナシステムからの特別プレゼント!!━━━★
情報販売or商品販売用の特別テンプレートをプレゼント!
これは、プレステージアテナシステムの販売ページをベースにカスタマイズして必要最小限のSEOを施した上、フラッシュや素材画像を配置して販売用に仕上げた特別テンプレートです!
(※本来は左の画像から全てを繋いだ縦長のテンプレートとなります)
(※各画像をクリックするとアップ画像になります)
▼さらに詳しく見たい方は以下の画像を見て下さい▼
┏テンプレート上半分
┗テンプレート下半分
この特別テンプレートをベースにすれば、どんな商材や商品でもすぐに販売に至ることができるでしょう。
ページを作成するのが面倒と感じている方や初心者の方にお勧めです。
また、貴方専用にカスタマイズしても、特別特典として配布しても結構です!
貴方の商品の販売にも、特別特典にも、どうぞ御活用下さいませ。
★━━━上記の特別特典を購入者全員に特別贈呈中です!!━━━★
▼オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」▼
オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」マニュアル
オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」本体
購入後は自由にカスタマイズしても結構でございます。どうぞ、ご活用下さいませ。
※インフォトップ決済にリンクしてあります。
◆クオリティの高さ
LEGENDシリーズやAuto Money Proシリーズをとってみても、我々が制作したツールはそのクオリティの高さで他を圧倒しています。徹底した努力の結晶が我々の作品であり、そこに妥協や甘えなどは存在致しません。だからこそ、完璧な作品類が多くのユーザーに使われ続け、長く支持されているわけです。
◆優れたパフォーマンス
我々がポリシーと考えている、「他との差別化」「常にナンバーワンであり、オンリーワンであり続ける」これら明確な統一性、一貫性を常に持ち続ける者が多数集まり、あらゆる状況を視野に入れ、綿密な計画の下に誠実かつ忠実に制作される作品だからこそ、優れたパフォーマンスを発揮するわけです。
◆絶大な信頼性
クオリティの高さ、優れたパフォーマンスを兼ね備えた作品だからこそ、
多くのユーザーに利用され続け、長い年月をかけて絶大な信頼性が生まれました。
一朝一夕で築いたものではなく、長い年月を経て多くのユーザーの足跡と共に積み重ねられて来た軌跡。常にユーザーの気持ちを忘れずに制作するからこそ良質な作品が多く生まれ、絶大な信頼性を築くことができたわけです。プレステージアテナシステムは貴方のネットビジネスを成功へと導くことを誓います。
【プレステージアテナシステム利用規約・免責事項】
・「Autoresponder Unlimited 2.0」を御利用・閲覧なされる際にはプレステージアテナシステムの利用規約・留意事項・免責事項に承諾して頂いたものとみなされます/・「Autoresponder Unlimited 2.0」は商品の特性上、返金・返品不可、サポートおよび保証はできません/・「Autoresponder Unlimited 2.0」を御利用になった上で生じたいかなるトラブル・損害に関しては、プレステージアテナシステムは一切責任を負いません/・「Autoresponder Unlimited 2.0」の運営上の都合により、プレステージアテナシステムが予告なくサイト掲載内容等の変更を行う場合がある/・「Autoresponder Unlimited 2.0」の全ての内容の変更・削除の権限はプレステージアテナシステムに有する/・「Autoresponder Unlimited 2.0」は本来は外国で高価な値段で販売されているリセール商品です。これをプレステージアテナシステムが日本語に修正して使い方などを記載したものです。/・「Autoresponder Unlimited 2.0」という高価なリセール商品をわざわざ日本語に修正して使い方などを記載、手間をかけて安価な値段で販売しているため、サポートや修正はありません。
–特定商取引法に基づく表記–
特別販売価格:3,980円 支払方法:銀行振込、クレジットカード 販売者:プレステージアテナシステム
所在地:東京都新宿区西新宿2丁目6-1-55 E-mail:
受け渡し方法&商品の引渡し時期:代金決済後、インフォトップにてダウンロード。
返品・不良品について:不良品は交換致します。商品の特性上、返品および返金には応じられません。
個人情報について:お客様の個人情報を第三者に開示することはございません。
※お電話でのご注文には対応しておりませんので、お問合せはEメールのみとなります。
—当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用・複製・販売を固く禁じます—
CopyRight(C) All rights reserved by.【infotop】オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」
オートステップメールCGI「Autoresponder Unlimited 2.0」
txtファイルからpdfファイルへの変換方法(パート2)osはよくわからないんですが、たぶんhp(HPCompoq)ってやつだと思います。それか、intelCOREDuoってやつかな…どれがosか分かりません。前回も同じ質問を投稿したのですが、ボクの書き込み不足などもあって満足な答えが得られなかったので再投稿します。上記のosでnapier.txtという\begin{document}から\end{document}で終わるファイルを作成して、端末にbash3.2$gccnapier.txtと入力して実行すると/usr/bin/ld:napier.txt:fileformatnotrecognized;treatingaslinkerscript/usr/bin/ld:napier.txt:2:syntaxerrorcollect2:ldはステータス1で終了しましたと表示されます。この問題の解決方法を知っている方、ボクの夏休みを助けてください。よろしくお願いします。
そもそも>端末に>bash3.2$gccnapier.txt>と入力して実行するとはgccはプログラムを作成するソフトであり、PDFを作成するものじゃないです。で、>napier.txtという>\begin{document}から>\end{document}>で終わるファイルを作成して、ってことはTeXのソースってことですかね。いちおう、↓このようなページはあります。http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?PDF%E3%81%AE%E4%BD%9C%…ていうか、教官に訊いた方がいいんじゃないんですか?そのやり方まで考えろっていう課題なのかな?
C言語ファイルの出力について以下の様なファイルポインタを用いたプログラムを作ったところ以下の様なfclose()にエラーが出たのですが何が原因なのでしょうか?教えてくださいコード(file2.c)#include<stdio.h>intmain(){FILE*fp;chara[51];charb[10]={"out1.txt""out2.txt""out3.txt"};inti;for(i=0;i<3;i++){fp=fopen(b[i]"w");scanf("%s"a);fprint(fp"%s"a);fclose(fp);}}エラーコードfile2.c:Infunction’main’:file2.c:10:1:warning:implicitdeclarationoffunction’fprint'[-Wimplicit-function-declaration]fprint(fp"%s"buf);^/tmp/ccN3pE4G.o:file2.c:(.text+0xab):undefinedreferenceto`fprint’/tmp/ccN3pE4G.o:file2.c:(.text+0xab):relocationtruncatedtofit:R_X86_64_PC32againstundefinedsymbol`fprint’collect2:error:ldreturned1exitstatus
カテゴリマスター見ての通りです。「fprintという関数はない」と言っています。fprintfが正しいです。fcloseは何も関係ありません。
Arduinoについてです。当方Arduino初心者です。ArduinoIDE1.8.1(MacOSX)に互換ボードArduinoProMiniATmega328(5V16MHz)"をUSBシリアル変換(スイッチサイエンス製)を使用して接続。ボード、プロセッサ、シリアルポートを選択しArduinoIDE1.8.1より、ファイル→スケッチ例→01.Basic→Blinkを開いて”検証”をしてもコンパイルエラーが表示されました。以下、表示されたメッセージ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー/Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/avr/bin/../lib/gcc/avr/4.9.2/../../../../avr/bin/ld:/Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/avr/bin/../libexec/gcc/avr/4.9.2/liblto_plugin.so:errorloadingplugin:dlopen(/Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/avr/bin/../libexec/gcc/avr/4.9.2/liblto_plugin.so2):Symbolnotfound:_environReferencedfrom:/Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/avr/bin/../libexec/gcc/avr/4.9.2/liblto_plugin.soExpectedin:/usr/lib/libSystem.B.dylibcollect2:error:ldreturned1exitstatusexitstatus1ボードArduinoProorProMiniに対するコンパイル時にエラーが発生しました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーボードを2枚試しましたが、同じ症状です。ポートは認識されていて、動作はしています。(LEDが点滅)原因はどこにあるのでしょう?ボードでもスケッチでも無い気がします。書込装置は適切な物がわからなかったので"AVRISP"にしてあります。ここでつまずくとなにもできません。。。。どなたか御指南願います。
カテゴリマスター「検証」では、プログラムをコンパイルしてみるだけですから、ボードへの接続はしません。ですので、この場合ボードは無罪です。Windows版で同様のことを試してみましたけど(期待はしていなかったけど)何事もなくコンパイルは終了しました。サンプルスケッチはWindows版もMac版も一緒でしょうから、これも問題なさそうです。となると、やはりIDEの設定?がなにかおかしくなっているのでしょう。以前Windows版で身に覚えのないリンクの警告メッセージが出るようになった時に作業ディレクトリを一旦削除してIDEを再起動回復したことがあります。Mac版でも同様の処置が効くかも知れませんね。一切の保証は出来ませんが…なお、私はArduinoIDEはWindowsにしか入れてないので、違いがあったらなんとか読み替えて下さい。IDEの[ファイル]-[環境設定]を開くと「環境設定」のダイアログが出ます。[設定]タブの下の方に「以下のファイルを直接編集すれば、より多くの設定を行うことができます。」で、preferences.txtへのパスが記述されています。ArduinoIDEを終了してから、preferences.txtを含むそのディレクトリをまるごと削除します。ArduinoIDEを再起動して試してみたら…どうでしょうか。これでダメだとArduinoIDEのダウンロードしなおしとかの泥臭い作業を試してみることになると思います。(その場合も先程のディレクトリは一旦消してからArduinoIDEを入れ替えてみた方がいいと思います)
javaについての質問です。下記のようなプログラムをjavaで作りたいのですが、エラーがででしまいできません。どのようにすればよいですか。ソースコードの修正お願いします。テキストファイルのそれぞれの行の先頭と末尾に文字を追加する。java8です。先頭には「末尾には」を追加する。例テキストファイル内の記述あいうえおかきくけこさしすせそ実行後「あいうえお」「かきくけこ」「さしすせそ」ソースコードtest.javaimportjava.nio.file.*;importjava.nio.charset.*;importjava.io.*;classtest{publicstaticvoidmain(String[]args){Pathpath=Paths.get("test.txt");Charsetsjis=Charset.forName("MS932");try(BufferedReaderbr=Files.newBufferedReader(pathsjis);){Files.write(pathbr.lines().map(s->"「"+s+"」").collect(Collecotrs.toList())sjis);}}}test.java:14:エラー内容:シンボルを見つけられませんFiles.write(pathbr.lines().map(s->"「"+s+"」").collect(Collecotrs.toList())sjis);シンボル:変数Collecotrs^場所:クラスtestエラー1個
importjava.nio.file.*;importjava.nio.charset.*;importjava.io.*;importjava.util.stream.*;classtest{publicstaticvoidmain(String[]args){Pathpath=Paths.get("test.txt");Charsetsjis=Charset.forName("MS932");try(BufferedReaderbr=Files.newBufferedReader(pathsjis);){Files.write(pathbr.lines().map(s->"<pclass=’c19′><spanclass=’c18′>"+s+"</span></p>").collect(Collectors.toList())sjis);br.close();}catch(FileNotFoundExceptione){System.out.println(e);}catch(IOExceptione){System.out.println(e);}}}
c言語初心者です。以前も質問させて頂いたのですが、解決しなかったので再度質問します。ターミナルを使いテキストに書かれているhello.cのプログラムをコンパイルしようとしたのですが上手くいきません。ファイルが保存してあるディレクトリにはとりあえず行けたのですが、gcchello.cのコマンドでコンパイルしようとするとi686-apple-darwin11-llvm-gcc-4.2:hello.c:Nosuchfileordirectoryi686-apple-darwin11-llvm-gcc-4.2:noinputfilesと表示されてしまいます。拡張子を付けなければならないのかなと思い、gcchello.c.rtfと書いた時はld:warning:ignoringfilehello.c.rtffilewasbuiltforunsupportedfileformatwhichisnotthearchitecturebeinglinked(x86_64)Undefinedsymbolsforarchitecturex86_64:"_main"referencedfrom:startincrt1.10.6.old:symbol(s)notfoundforarchitecturex86_64collect2:ldreturned1exitstatusと表示されました。ちなみにソースコードは#include<stdio.h>intmain(void){printf("HelloWorld!\n");return1;}というものをサイトからそのままコピーしrtfで保存しました。一応自分が参考にしたサイトのurlを載せておきます。回答よろしくお願いします。http://kawairi.jp/weblog/vita/201104062128補足コマンドラインツールはインストールできています、それ以外で考えられる原因はないのでしょうか?
まず、UNIXやターミナルの使い方は大丈夫ですか?i686-apple-darwin11-llvm-gcc-4.2:noinputfilesと、いっているので、inputfileが見つからないと言うことだと思います。ワーキングディレクトリは合っていますか?ファイル名は大丈夫ですか?(拡張子は大丈夫ですか?)rtfで保存というのも気になっています。cのソースコードなら、txtで.cという拡張子でセーブしておきましょう。rtfだと余計なコードが入っているように思います。できれば、テキストエディタ(miなどがお勧め、好きな人はEmacsを使うかもしれませんが)で、txt形式で、ヘッダは.h本体は、.cという拡張子で保存しましょう。(日本語は、コメントのみにします)mi(ミミカキエディット)http://www.mimikaki.net/ワーキングディレクトリは、ターミナルでxxxx$pwd[エンターキー以後は↓矢印にします]と、入力すると、/Users/xxxxx/Ducuments(xxxxxの部分はユーザーアカウント)などのように表示されます。そこで、xxxx$ls↓hello.cと、みえていれば、OKです。なければ、そこに、hello.cをコピーするかあらたに作ります。ちなみに、質問にあったコードは、そのままテキストエディタに貼り付けて、hello.cでsaveし、gcchello.cでコンパイルは通りました。ワーキングディレクトリの変更は、cdというコマンドでおこないます。(cd:changedirectory)xxxx$cd/Users/xxxxxx/Documents/TestC_Program↓のように入力します。もちろん、あらかじめTestC_ProgramというフォルダをMacのFinderで作っておきます。ないと、エラーで帰ってきます。cの文法の練習なら、Xcodeを使った方が早いと思います。デバッガも使えるので、便利です。最初にプロジェクトを作るのですが、そこだけ覚えれば、あとは、エディタ、コンパイラー、デバッガーが利用できます。エディタは、文法や変数の間違いなども見つけてくれます。それに頼ると良くないかもしれませんが。では、がんばってください。追記分かりました。まず、Finderの環境設定?>詳細すべての拡張子を表示するにします。たぶん、最初に保存したときに、hello.rtfになっているので、それは消しましょう。つぎに、miなどのエディタで、ソースを書きます。それをファイル別名で保存?>hello.cで保存してください。他のエディタでソースを書く場合でも、絶対にrtfは使わないようにMacの標準のテキストエディットなら、メニューバー?>フォーマット?>標準テキストにするで標準テキストにします。書式などが消されるというワーニングが出ますが、OKをクリックします。(書式などが入っていることが、filewasbuiltforunsupportedfileformatwhichisnotthearchitecturebeinglinked(x86_64)の原因です。)その上で、ファイル?>別名で保存を選択して、hello.cで保存。あとは、gcchello.cでコンパイルできるはずです。
おすすめの情報