情報起業

<対談DVD>平秀信氏の非道徳マーケティング

<対談DVD>平秀信氏の非道徳マーケティング



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

<対談DVD>平秀信氏の非道徳マーケティング

■商品詳細:

社員にも語ることのなかった、セールスを決める他非道徳なテスト手法、本当に儲けるためのステップメール作成法を語る貴重な対談DVD

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

情報起業

■販売価格:

7000円

■販売者名:

猪木 伸昌’
★情報起業☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

<対談DVD>平秀信氏の非道徳マーケティング
sendo
こんにちは、だいぽんこと濱田です。
僕はこれまでアフィリエイトや情報販売など、ネットビジネス全体でゆうに1億円以上のお金を稼ぎ出してきました。
何年もこの業界の最前線にいると、色々と見えてくるものがあります。
どうやら世の中には二種類の人間がいるようです。
1つめは人を動かせる人間。
人々の感情、興味、思考を自由自在に操作し、時には熱狂させながら、自分にとって都合の良い価値観を彼らの頭に植えつけて、人知れず思い通りの利益を享受する人たち…
もう1つは人に動かされる人間。
誰かが発信する情報を子供のような無邪気さで信じこみ、それさえあればすべての悩みが解決するとばかりに商品を買い求め、思い通りの結果が得られないとたちまちヒステリーを起こして、次なる「販売者が用意した餌」に殺到する人たち…
さて、どちらのタイプの人間がより大きなお金と時間の自由を手に入れることができるでしょうか?
・・・訊くまでもありませんね。
当然、人を動かせる人間です。
僕たちが大きなお金を手に入れるためには、人々に「購買」という行動を起こさせなければなりません。
具体的には財布からお金やクレジットカードを取り出してもらわなければなりません。
商品も、セールスレターも、広告も、すべてはこの目的のために作られるのです。
だからこそ、人を動かす方法を知っている人は、どんな商売をやっていてもめちゃくちゃに稼ぎます。
人間はどんな言葉に無意識に反応するのか?人間の感情の源泉とは何か?人を夢中にさせるには何と何を刺激すればいいのか?人はどんなものに惹きつけられるのか?
こういうことが理解できたら、お金を稼ぐことなど造作も無いことです。
人が動きたくなるように情報を操作し、彼らの感情や思考をあなたの都合のいい方向にちょいちょいと誘導してあげればいいのですから。
じゃあ誰からその方法を学べばいいんでしょう?
エルマー・ホイラー、ディビッド・オグルヴィ、ジョセフ・シュガーマン、ダン・ケネディ、ジョン・ケープルズ…
そういう有名なコピーライターたちでしょうか?
答えはもろちんイエスです。
彼らはペン一つあれば無限にお金を生み出せる人たちです。
彼らの手にかかれば、絶対にお金を払うまいと心に決めているケチな人間でも、喜んで財布を開く優良なお客へと早変わりします。
彼らのノウハウを学ぶことは絶対に無駄ではありません。
コピーライティングはあなたの売上をのばすためのもっとも重要なスキルの一つです。
…ところが最近、こういう声をちらほら聞くのです。
先日もコンサル会員の斎藤さんから上記のような悩みをいただきました。
斎藤さんは勉強熱心な方です。
自由な人生を夢見てアフィリエイトの世界に飛び込み、2ヶ月後には月収10万円を達成しました。
サラリーマンとして本業をこなしながら、帰宅後の僅かな時間を勉強と作業にあてていました。
僕がおすすめしているコピーライティングの書籍などもすべて買い、メモをしながら何度も読み返していました。
しかし月収10万円を超えたあたりから、斎藤さんの報酬は伸び悩みはじめました。読者数やアクセスは増えているのに、紹介する商品がなかなか売れないのです。
コピーライティングの書籍に書かれている様々なテクニックを試してみてもダメでした。
話を聞いて、僕はすぐに原因が分かりました。
残念ながら斎藤さんは、コピーライティング「しか」勉強していなかったのです…。
コピーライティングって、実は万能ではありません。
あれは本質的にはチラシやセールスレターを書くためのノウハウですから。基本的には1回きりの接触でお客に行動を起こさせることを目的にしています。
しかしメルマガやブログなど、長期的にお客と関係を築いていく分野では、コピーライティングのテクニックを注意して使う必要があります。
毎回毎回チラシやセールスレターを見せびらかすだけのブログやメルマガ…
これほどうっとうしくてつまらないものはないと思いませんか?
僕なら速攻で解除です。
多分あなたも同じ行動を起こすと思います。
そもそも究極的に稼いでいる人たちは、実はあまりコピーライティングに頼っていません。
別にコピーライティングを使わなくても商品が売れるからです。
コピーライティングが必要となる局面、すなわち商品を売り込み始める以前の段階で、もうすでに彼らは勝負を決めています。
彼らが商品を紹介し始めたときには、すでに購入を決断しているお客がドドドッと押し寄せ、セールスレターすらろくに読まずに商品を購入していきます。
いったいどういうことか?
メルマガ、通販などのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の世界で稼ぐためには、集客、教育、販売の3ステップが必要だと言われます。
コピーライティングは最後の販売、つまりセールス力に直結します。
普通に考えて、セールス力はあったほうがいいに決まっています。
商品の価値を的確に伝え、魅力的にみせるための技術は、間違いなくあなたの売上を増加させます。
しかしその前の段階、用意周到な教育とは、セールスそのものを不要にします。
つまり、頑張って商品の魅力を伝えなくても、勝手に商品が売れてしまうのです。
ここでいう教育とは、お客に特定の価値観、信念、思考を刷り込み、同時にあなた自身への信用を高めることです。
「セールスレターを読まずに速攻で買いました」「あなたから商品を買いたいのでアフィリリンクを送ってください」「あなたが紹介する商品はすべて買うようにしています」「あなたの売上に貢献できて嬉しいです」
一部の販売者やトップアフィリエイターのもとには、上記のようなメールがバンバン届くという事実を、あなたは知っていましたか?
これは信用というレベルではありません。信頼というレベルすらも飛び越えています。
あえて言うなら信仰、崇拝、忠誠です。
こういう段階にまでお客の心をつかむことができたら、もはやコピーライティングもクソもありません。
それはまさに宗教のような様相を帯び始めます。盲目的に教祖の教えを受け入れる信者と同じ状態です。
そういう熱烈なファンたちを多数確保することができれば、ビジネスでお金を稼ぐなんて、あまりにも簡単なことだと思いませんか?
実はネットビジネスの業界で、ある象徴的な現象が起きています。
最近莫大な金額を稼ぐアフィリエイターたちが、次々と現れはじめたのです。
一昔前なら月収100万円稼いでいればトップアフィリエイターと呼ばれていました。
しかし今や月収100万なんて珍しくもありません。
たった数か月や1年で、月収数百万円、あるいは月収1000万円超えを達成する人までいます。
しかもその大半は、その直前まで学生だったり、普通のサラリーマンだったりして、特別な実績もコネも資金ももっていなかった人たちです。
彼らが大きな金額を稼げる背景には、ちょっとしたからくりがあります。
僕は月収1000万以上売り上げている人たちと普通に知り合いですし、色んな人脈や情報源ももっていますので、彼らが何をして月収1000万売り上げたのか、すべて把握しています。
彼らがいったいどういう商品を売って、月収数百万、あるいは1000万といった数字を叩き出しているか、ご存知ですか?
1万円の商品を1000個売って月収1000万…?
あなたがそういう想像をされたのであれば、まったくの見当外れです。
彼らが売っているのは、ほとんどの場合、たった数十個の商品だけなのです。
つまり、超高額な商品(塾、コンサル等)を、ごく少数の読者に対して販売することで、一気に巨大な売上を生み出しているのです。
たとえば30万円の商品なら、何人に買ってもらえれば月収1000万達成できるでしょうか?
答えは34人です。
あるいは50万円の商品だったら、何人に買ってもらえれば月収1000万達成できるでしょうか?
答えは20人です。
ちなみに月収100万円でよければ、30万円の商品なら4人、50万円の商品なら2人に買ってもらえればOKです。
ビジネスで大きな金額を稼ぐのに、何千人も何万人も、大量のお客を集める必要はそもそもないのです。
あなたのことを心から信用し、数十万円といった高額なお金でも惜しまずに投げ出してくれる徹底的なファン達・・・。
そういう人たちをたった数十人でも増やすことができれば、月収100万や200万の壁くらいならあっさり飛び越えられます。
数十人程度のファンでよければ、やり方さえ知っていれば、獲得するのに何年もの時間は必要ありません。
早ければ1ヶ月や2ヵ月でも可能です。
これがネットビジネスを始めてたった数カ月で月収1000万などといった巨大な金額を稼ぐ人たちが存在する理由です。
仮にあなたがこういうファンの数を数百人に増やすことができれば、たとえ数十万円もする高額商品を扱わなくても、途方もない金額を稼げるということは想像に難くないと思います。
必死に商品を売り込む必要もなくなります。
あなたが執拗に言葉を並べなくても、彼らは自発的にあなたの言わんとしていることを理解して、あなたが望む行動を起こしてくれるようになります。
集客さえも苦労しなくなります。
ファンというものは、勝手によそであなたのことを宣伝して、新しいお客をどんどん連れて来てくれます。(布教する、というやつですね)
僕も購入者からのメッセージを読んでいると、「友人から面白いメルマガがあると紹介されて読むようになりました」というようなメールを頻繁に見かけます。
何のメリットもないのに、僕のブログにリンクを貼ってくれたり、ソーシャルメディア上で宣伝してくれる人たちもいます。
現代は FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアが猛威をふるっていることもあり、口コミの威力は一昔前と比べて圧倒的です。
あなたのことを好意的に宣伝してくれるファンが増えれば、無数の場所から新規読者が勝手に流入してくるようになります。
ソーシャルメディア上のちょっとした投稿を、ファンが一気に拡散してくれて、一日で数百人メルマガ読者が増えたというような話もよく聞きます。
そういうあなたの絶対的なファンを増やすためのテクニックは、残念ながらコピーライティングが教えてくれる領域ではありません。
むしろコピーライティングはファンを減らすことすらあります。
あなたがファンを増やし、商品を熱心に売り込まなくてもバカ売れする状況を手に入れたいなら、もっと別の分野からそのテクニックを学ぶ必要があります。
実はこの人を動かす、人望を集めるということにかけて、コピーライターなどよりもさらなるエキスパートがいます。
歴史上もっとも多くの人間を動かしてきた人たちです。
それは民衆の指導者、独裁者です。
シーザー、ルター、ロベスピエール、ナポレオン、レーニン、毛沢東……
その他あらゆる指導者たちは、民衆の支持を得るために、さまざまな扇動のテクニックを使ってきました。
代表的なのがヒトラーです。
独裁、侵略、虐殺など、負のイメージしかないヒトラーですが、彼が国民の大多数から絶大な支持を集めていたということはご存知ですか?
ヒトラーは当初から宣伝戦略の重要性を見抜き、数千万もの国民に対して、きわめて意識的かつ用意周到に扇動をしかけました。
歴史的に効果が実証されている様々な心理テクニックを組み合わせ、国民が彼の思い通りに動くよう、情報を操作したのです。
ラジオ、新聞、チラシ、音楽、映画、劇など、あらゆるメディアは彼の信念や思想を浸透させるための道具になりました。
その結果ヒトラーは、侵略戦争や民族迫害といった極端な政策にさえ、国民の熱烈な支持を取り付けることに成功しました。
しかもそれらに同意した人のほとんどは、文字が読み書きできない古代人ではなく、文化も知性もある、普段なら絶対に悪事には加担しないような善良な市民たちです。
ヒトラーのためなら命を捨てることもいとわない、忠誠心に篤い若者も多数現れました。
このことは何を意味しているか?
あなたが発信するメッセージが論理的に正しいかどうかなど、たいした問題ではないということです。
誰がどう見ても異常としか思えないような政策にさえ、圧倒的な支持を取り付けることができてしまうのが、この扇動と呼ばれるテクニックの恐ろしさです。
ヒトラーの党大会に参加したハックスレーという哲学者は、その印象を以下のように述べています。
「もしあの太鼓の音と合唱にずっとさらされていたら、我ら哲学者ですらすべて、はね回ったり野蛮人のようにわめいたりするようになるであろう」
綿密な計算に基づく扇動を仕掛けられると、たとえ高度な教育を受けた人たちであっても、容易に操り人形と化してしまうのです。
こういう扇動のテクニックは、過去の独裁者だけのものではありません。
例えばアメリカの大統領だって、目的やメッセージは違いますが、国民を動かすために使用しているテクニックはほとんど同じです。
ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争など、国家的な政策を押し進めるとき、彼らは必ず扇動のテクニックを使いました。(ヒトラーほど露骨ではないですが)
彼らは意図的に人々の心理を操作しています。
そして彼らにとって都合よく人々が行動するよう、巧みに人々の思考や行動を誘導しています。
人々は操られていることに少しも気づかないまま、「U・S・A!U・S・A!」と熱狂して叫び、指導者に反対する人々を非国民として攻撃すらします。
さらに驚くべきことに、彼らは植え付けられた価値観を自分自身のものだと思い込み、自分たちの行動を理性的な判断の結果だと信じているのです(!)。
指導者にとってこれほど都合のいい群衆はいませんね。
仮に指導者が熱狂した群衆に向けて「この商品を買うべきだ」とメッセージを発信すれば、人々はお金を握りしめて我先に購買へと殺到するでしょう。
さて、ここで一度考えなおしてみたいと思います。
人々に戦争に同意させることと、人々に特定の商品を買ってもらうこと。
いったいどちらが簡単なことでしょうか?
……。
言うまでもありませんね。
明らかに商品を買ってもらうことのほうが簡単です。
涙がでるほど簡単なことでしょう。
殺し合いの戦争に参加したり、自分の命をなげうったりすることと比べたら、たかだか数万円や数十万円の商品を買うことくらい、大したことではありませんよね。
人を動かすための理屈はどの世界でも常に同じです。
単に人に向かわせる方向が変わるだけです(戦争か?購買か?)。
そうした法則・技術を、販売という一点の目的に絞って利用すれば、当然望み通りの結果を得ることができます。
それは以下の4つの要素から成り立ちます。
1つめの要素は、注意をひきつけること。2つめの要素は、選択肢を限定すること。3つめの要素は、感情を揺さぶること。4つめの要素は、不安をぬぐい去ること。
これらの具体的な方法を理解すれば、他人に対して絶大な影響力を持つことができます。
あなたが経済的な自由を手に入れられるくらい商品を売りたいなら、他人にいいように動かされるだけの存在でいるよりも、こうした知識を学んで、人を動かせる側へとステップアップしたほうが圧倒的に有利です。
先日、僕から高額商品を購入したことがある人を対象に、東京と大阪で扇動セミナーという一風変わったシークレットセミナーを開催しました。
僕は普段会場でのセミナーはあまりやらないので、かなり貴重なセミナーです。
通常価格30,000円という高額なセミナーにも関わらず、簡単に告知しただけで、瞬く間に100名ほどの定員が埋まりました。
セミナーでは約4時間かけて、以下のような内容をお話ししました。
そもそも販売とは何か?
コピーライティングの限界とは?
なぜコピーライティングを使わなくても商品が売れるのか?
DRMにおける教育の本当の意味とは?
人を動かすための4ステップとは?
お客の価値観や信念を誘導するにはどんな情報提供をすればいいのか?
扇動の絶対原則と、それに付随する三原則とは?
論理に頼らずお客を説得するテクニック
お客に心の底からあなたを信用してもらうテクニック
お客のあなたに対する疑いを一瞬のうちに取り除くテクニック
お客の頭からあなた以外の選択肢を自発的に排除させるテクニック
嘘でも真実と思わせるテクニック
ただの読者から熱狂的なファンへと変えていくテクニック
お客の信念、価値観をあなたの思い通りに書き換えるテクニック
書き換えた信念、価値観を長期的に保持、強化させるテクニック
あなたを中心としたコミュニティを作り、お客から絶対的な支持を取り付けるテクニック
お客にあなたの思い通りの行動をとってもらう、模倣のモデルとは?
お客に感謝されながらライバルのブランディングを破壊するテクニック
キング牧師やヒトラーの人心操作術
宗教が人々を熱狂させられる理由とは?
感情を揺さぶり、販売サイトさえ読まずに商品を買ってもらうテクニック
販売における超重要ポイント、リアリティの創出とは?
扇動を効果的に行うための8つの道具
etc…
■動画&音声212分、PDF53ページ
稼いでいる人たちが絶対に口にしたがらない、裏の戦略や仕掛けについても言及しています。
「そんな腹黒い戦略を使って商品を売り込んでいたのか!」
という批判が来るのは覚悟の上です。
あなたがこういうテクニックを使わなくても、したたかなライバルたちは容赦なくこれらを使います。
そして残念ながら、知識がない人たちほど、こういう強力な扇動のテクニックにあっさりやられて、いらないものまでどんどん買わされてしまいます。
いくら高額にしても売れてしまうものだから、中身のない商品を数十万円という高額で売りさばいて、巨大な金額を稼いでいる人たちもいます。
そういうライバルたちと戦うためには、まず彼らの手口を知り、彼らに負けないレベルの「人を動かす力」「人の心をつかむ力」を身につけなければなりません。
そしてその力を、良い商品を真っ当な価格で売るために使えば、たくさんのお客を幸せにした上で、あなたも好きなだけお金を稼ぐことができます。
間違った方向へ進みかけたお客を止めることもできます。
「人の心理を誘導するなんてけしからん!」
ときれいごとをいう人もいますが、人の心をまったく動かせない人は、ビジネスの世界では存在しないも同じです。
人を正しい方向に導くこともできないし、いい商品を届けて人を幸せにすることもできません。
当然お金を稼ぐこともできず、自分自身が幸せになることもできません。
「家族を幸せにしたい」「世の中をよくしたい」「この素晴らしい商品を広めたい」
というような高い志を持ちながら、人を動かす方法を知らないばかりに、思い通りの結果を得られず挫折していく人たちを僕はたくさん見てきました。
ビジネスで成功して、自由に自分らしく生きられる人が増えてほしいとも思いますが、そのためにもやはり、人を動かす力というものは必要になってきます。
そういう人たちに武器を差し上げることができればと思い、勇気を出して今回のセミナーを行うことにしました。
幸い参加者からは好意的な感想ばかりが寄せられました。
以下は扇動セミナーを視聴してくれた人の感想です。
お世話になっております。細川です。
先日は素晴らしいセミナーを開催して頂き、誠にありがとうございました。
扇動セミナーに参加して、驚いたのが、トップアフィエイターと言われている方達が無意識に使っている手法を、これでもかというほど、公開しているということです!!
中々セミナー等では伝えにくいことも、隠さず伝えていた今回の扇動セミナーは、とても価値のある、素晴らしいセミナーだったと参加して感じております。
ぜひ次回もこのようなセミナーを開催することがあれば、参加させて頂きたいと思います。
この度は、素晴らしいセミナーを開催頂き、誠にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
だいぽんさん いつもお世話になっています、
ひろぽんです。
今回のセミナーの扇動については非常に参考になりましたし、情報発信をしていく上でかなり使えるテクニックだと感じました。
いつもだいぽんさんのメルマガを読んでいるのですが、
●吸い込まれるような独特な雰囲気
●紹介されている教材は全て欲しくなってしまうライティング
この2つがどういうカラクリなのか常に疑問でした。
何でメールボックスに届いた瞬間に開いて読みたくなるんやろう?なんで教材が欲しくなるんやろう?
毎回分析しながら読んでいました、でもわからなかったんですね。
その秘密が、今回の扇動セミナーで全て明らかにされていたように思います。
人を強烈なファン化、信者化させるテクニックなど深層心理にまで掘り下げた解説、今回のセミナーを受けた4時間はまさに衝撃でした。
セミナー後に扇動のテクニックを使ってメルマガを流したところ早速読者から、感動したとのメールを頂きました。
たった1通のメルマガでこの反応は強烈ですね。
セミナーの動画を繰り返し見て自分のモノにすれば、もうひとつ上のステージに立てそうな気がします。
今回の扇動セミナーに参加できたことを心から感謝いたします。ありがとうございました。
また、次回のセミナーがあれば是非とも参加させてください。
それでは失礼します。
こんにちわ。だいぽんさん。地雷屋です。
扇動セミナー、ついにでましたね!
これを見たのは、もう半年以上も前になりますが、
本当に中身が濃くて、セミナー中の時間が
あっという間に過ぎ去ったのを今でも覚えています。
これは悪用できるLVで効果あるよな。
ってすぐ思いました。
3万円という高額なセミナーにも関わらず、そして参加者さんの中には
すでに月収6桁の方が何名もいたにもかかわらず、ハイテンションになってましたからね。
なんで、出ましたというか、出てしまったという気分に近いですが(笑
しかし、そもそも、僕が月収百万超えれるようになったのは
だいぽんさんのおかげですが、
扇動セミナー三部作はその集大成だったと思います。
そして、だいぽんさんのセミナーなどについて
いつも素晴らしいな、と思うのは
その説明が分かりやすく。
すぐ使える、ということですね。
僕も、地雷屋さんから買いたいのでアフィリンク下さい!と
メール送ってくれるありがたいファンの方がいますが、
このセミナー以降さらに増えました。
今の時代、ネットビジネスは急速にコミュニティ乱舞というか
チームを作ったりする動きが活性化しています。
それは今後ますます加速し、廃れる事はおそらくないでしょう。
が、その本質は単にチームを作ればいいというものではなく。
「この人のために動きたい」という人を如何に作るか、という。
人を動かす力をもった、魅力あるリーダーが
引っ張っていく時代だと思います。
そこを分かってる人は残り、そうでない人は消えると思いますが
そこの分かれ目を完全に説明し、再現性も高い非常に素晴らしいセミナーでしたね。
ともあれ、販売おめでとうございます。
PS:
とても待ち遠しかったです(笑
出さないかと思ってましたw
ではではっ
お世話になっております、小澤です。
だいぽんさんと出会ったのは、2011年3月・・・そう、僕がブログアフィリエイトを始めようとした時でした。
当時色んな人にダマされていた事もあり、正直たくさんのうさんくさいブログのうちどれを信じていいのか分からない状態でした。
はっきり言うと、どれも信じられない!!
そんなとき、だいぽんさんのブログに出会い、「この人は他の人と何か違う。この人なら信じる事が出来る・・・!」
そう感じ、だいぽんさんから商材を購入させていただきました。これが、僕がアフィリエイトをはじめたきっかけとなった出来事です。
今思い返せば、あのときどんなアフィリエイターも信じられなかったのにだいぽんさんのことを信じる事が出来たのは、まさに今回の扇動マーケティングを使っていたのだと、このセミナーを見て理解しました!
「だからあのとき、だいぽんさんの言葉を信じる事が出来たのか!」
まさに今回の扇動マーケティングセミナーでそのすべてが語られています。誰も信じられなかった僕を、信じさせるまでに変化させたほどの手法が!
そこから瞬く間に実績を伸ばし、2013年2月には1週間で350万円を稼ぎだすほどの実績をたただきだす事が出来ました。
ぜひ、多くの人にこのテクニックを身につけていただき、多くの人を扇動し、成功への道へと導いて欲しいと思います。
この度はありがとうございました。
こんにちは、今村です。
恐らく、だいぽんさんのネットビジネス歴の中で、もっとも身近で、もっとも長く見てきたのは私だと思います。
姿を見せず、音声も公開していなかったころからのお付き合いになります。
ずっと見ていて感じることは「研究熱心」ということです。
毎週のように新しいノウハウが販売されています。しかし、彼がそれに飛びつくようなことはありません。基本的なノウハウをただ愚直にやり続けることで稼いでいます。
でもそれは、ただ繰り返す「作業者」に陥っているのではなく、まさに「研究者」のようにノウハウの本質を探求し続けているのです。
なぜ買ってしまうのか、なぜ売れるのか。その「本質」を見つける。
その答えが今回のセミナーだと言って構わないでしょう。偶発的ではない「必然として儲かる理由」というのが語られています。
本質を原点とするテクニックは、実に強力で即効性があります。
だいぽんさんが「寝てても稼げる状態」になっているのは「必然」です。しっかりと学んで「だいぽんクローン」が誕生して欲しいです。
だいぽんさん、こんにちはです。
この度は、扇動マーケティング発売おめでとう御座います。
僕が、初めてだいぽんさんとお会いしたのは下北沢のおしゃれなパスタ屋さんでした。
当時、すでにアフィリエイトで5000万以上を稼いでいただいぽんさん、
この若さで、ここまで稼いでしまっていると自分の成功自慢ばかりしてくる人が多いのですが、だいぽんさんは全くもってそんなことはなく、初対面の僕の話に「うん、うん」と頷きながら耳を傾けてくれる、本当に飾らない爽やかな人でした。
全然嫌味ったらしさを感じなかったことにびっくりしたのを覚えています。
それからも、事務所にちょくちょく遊びに行かせてもらっているのはもちろん、一緒に朝まで飲みに行ったりと日頃から仲良くさせて頂いています。
そんな、物腰柔らかなだいぽんさんが
「扇動」という名の商材を発売すると聞いて実は非常にびっくりしました。
「せ、扇動?」
ですが、その内容をみせてもらって二度びっくり。
商材のタイトルこそ「扇動」とショッキングなタイトルですが、その内容は、決してうわっつらのテクニックを学ぶものではなく、もっと、人間の根底に位置しているものに働きかける”あるもの”を学ぶ内容になっていて驚きです。
「いいアイデアが出てこない・・・もうダメだ」
そう思った時にこの扇動セミナーが手元にあると間違いなく素晴らしいアイデアが浮かんできます。
とんでもないものを作って頂きありがとうございます。ありがたく、勉強させて頂きます。
しかし、だいぽんさん。
あえてこの「扇動」というヘタすると誤解されかねない題名での販売を決断しただいぽんさんの勇気に敬意を評します。(笑)
では、また、下北沢にパスタでも食べに行きましょう!
この度は、新商品の発売誠におめでとうございます。
けれど、私、本心では全然おめでとうなんて言えません。こんな危険なセミナーを世に放とうなんて、正気ですか???
・・・私、正直、お勧めなんてしたくないです。今回ばかりは。
だって、このセミナーを実践すれば、無名だろうが人脈がなかろうが潤沢な資金がなかろうが、恐ろしいほど面白いように稼げてしまうことが分かっているからです。
ですから、ひっそりと、私だけが独り占めできたらいいのに!というのが本心だったりするのです(笑)
前々から疑問に思っていたのですが、私、どうしてだいぽんさんのメルマガやレビュー、レター、そういうものすべてにこうも思わず反応するのかしら?だいぽんさんのライティングだけがやたら胸に響くのはなぜかしら?と、不思議で仕方がなかったんです。
まぁ、アフィリエイトをはじめたい、と思ったその日から、ずっとだいぽんさんにお世話になってきたので、親鳥にすがるひな鳥みたいなものなのかなぁ、なんて思ってみたりしたんですけど。
セミナーを拝見して得心しました。
もう、勝負は最初からついていたんですね!セールスをかける前に、すでに自分が喜んで買うことが決まっていたんですよ。なんでそんなことができるのか、絶対に普通の教材では教えてくれませんもんね。
世の中には、アフィリエイト教材と呼ばれるものは星の数ほど出回ってますけど、そのほぼすべてが、「まじめにコツコツ積み上げればいつかきっと稼げるよ!」という類のものですよね。
けれど、1ミリも疑うことなく澄んだ瞳で「うんうん!そうだよね!」っていう、いい子ちゃんのままでは超えられない”ずるい壁””したたかな壁”って確かにあって、それを超えないと、本当の意味では稼げない・・・
だいぽんさんの「扇動セミナー」は、この壁をブチ破る、多分業界唯一のセミナーなんじゃないでしょうか。
このセミナーを見てしまったら、もういい子ちゃんではいられなくなります。いやぁ、おかげで私も今回、セミナーのたった4時間で随分スレちゃった気がします(笑)
アフィリエイトに純真に”夢”だけ見ていたいなら、このセミナーを見ると後悔するでしょう。中には、世の中のすべてに嫌気がさす人も出るんじゃないかと思うくらい、このセミナーは強烈です。
けれど、アフィリエイトで”稼ぎたい”と思うなら、私もそうしたように、この真実から目をそらさず、ごまんと紹介されるずるくて危険なテクニックを全部盗むべきです。あのセールスの裏側で何が起きているのか、流される側ではなく、流す側のからくりを自由に操作する術を「扇動セミナー」で学ぶべきです。
「教材どおりに愚直にがんばれば稼げるようになる」って言われて素直に信じさせられていたその裏側にある真実を見抜けるようになるべきです。
セミナーを拝見しなければ、いい子ちゃんのままでは落ちてしまう”落とし穴”にみすみす自分からダイブするところでした。だいぽんさんに、また、救っていただいたな、と思います。
本当に、ありがとうございました。
扇動セミナー聴きに行けて本当によかったです。妻に金額を言ったら、びっくりしていました。
でも、払った金額以上の価値を感じ、熱のこもった話が生で聞けたので、本当に良かったです。
セミナーを受けながらメモをしたのですが、気づいたらノート10ページ分びっしり書き込んでいました。
当日、ICレコーダーで録音した音声を、少しでも自分の血肉にしようとノートを開き、何度も繰り返し聞いています。
だいぽんさんの話は非常にわかりやすいのは、圧倒的な実績の裏付けに加え、深い知識があるからだということが扇動セミナーでハッキリとわかりました。
普通ならセミナー等で話した後に質疑応答があると思うのですが、そんなのは全く必要がなく、聞くとすれば、それだけの知識をどこで身に着けたのかっていうことくらいです(笑)
扇動セミナーでは、商品をどうアフィリエイトしていくかだけではなく、魅せるための技術を歴史から話してくれたり、キング牧師やヒトラーの演説になぞらえて話してくれたり、具体的な話が多かったのも、ストンと自分の中に取り込める感じでとっても良かったです。
また、私の中で非常に悩んでいた、メルマガの戦略や、集客に関する戦略、を具体的に、さらに噛み砕いて話してくれたうえに、悪用すれば大変なことになりかねない人々を扇動するノウハウまで、話していただけました。
さっそく、使えるノウハウから順次使っています。
悪用はしていませんよ。あくまでも、読者さんに稼げる道筋を示し、そこに扇動するようにしていますから、だいぽんさん、安心してくださいね(笑)
セミナーを聞き終わった後、どういった効果があったかお話しますと、一番がメルマガ読者からの反応がよくなりました。今まで以上にメールを頂けるようになりました。
さらに、記事を書くためにかかる時間が短縮されました。それまでは、迷いがあるときもあったのですが、今はどの立ち位置から、どのように読者さんを扇動していけばいいのか明確になったのが、書きやすくなった要因だと思います。
まだまだ、扇動セミナーの内容のごく一部しか実践できていません。未だに音声を繰り返し聞いています。聞くたびに発見があり、モチベーションが上がります。
特典で映像をいただいたので、これからは何度も映像で見ることになると思います。
私も少しでも、だいぽんさんに近づくために、今回の扇動セミナーを自分のものにして、さらに勉強、読書をしっかりしていきたいと心の底から思いました。
素晴らしいセミナーをありがとうございました。
だいぽんさん
セミナーありがとうございました。
実際にお会いしたときにお伝えしましたが、今回の扇動セミナーの感想は一言でいえば「やばい内容」という言葉が一番合っていると思います。
他のセミナー受講者も「今回のセミナーはやばかったですね」ってみんな言っていました。
ただ、家に帰ってふと何がどうやばかったのかが今一うまく表現できませんでした。
ただ「やばい」と感じたものの、何がどうやばいのか・・・
そこで自分なりにセミナーノートを見ながら復習しました。
そこで今回の扇動セミナーがどうやばいのかわかってきました。
他のセミナーで言われているところと最大に違う点。
それは「意図的に信頼を作れてしまう点」です。
普通、セールスには信頼が大切だと多くの講師が言っています。
そして大抵は信頼を構築するためのノウハウを教えてくれます。
でも扇動セミナーで話された内容は信頼を初めから意図的に作ってしまうことができる方法なのです。
これはかなりやばいことですよね。
信頼を積み重ねる方法ではなく、初めから信頼を意図的に作り出してしまう方法。
それを論理的にわかりやすく事例を入れてビジネスに当てはめて体系化したもモノが扇動セミナーの内容でした。
実はどの業種でもモノを売る際に使われている手法ですが、誰もまとめて教えてくれません。
きっとまとめるとやばい内容になってしまいますからね。
なので良識のある方だけに出回ってほしいです。
貴重なノウハウありがとうございました。
だいぽんさんのセミナーが素晴らしいのは、これまでのコンテンツでわかっていたのですが、実際に参加してみて度肝を抜かれました!
今まで良いと言われている情報商材は勉強していますが、これほどまでに実践的ですぐ活用でき、広く応用できるものは他にないんじゃないかと、この動画を見直すたびに思います。
だいぽんさんの他のコンテンツとの相性も抜群なので、すんなり頭に入ってきます。
人間心理に深く根ざしている内容なので、コピーライティング力はもちろんのこと、他人との差別化にも、リアルの人間関係をもっとうまくするためにも、すごく役立ちますね。
僕の場合は特にストーリー作りに応用しています。正直、一生涯に渡って使える普遍的な内容なので、安くはないけど、すごくお買い得だなと思います。
このセミナーのためだけに、姫路から東京に来て良かったと、とても満足しています。新幹線代やホテル代、食費を含めると、5万4千円で1人暮らしの大学生には痛手でしたが、それ以上の、お釣りがくるくらいの価値を感じて、今日もMP3で聞いています。
扇動セミナーを見て勉強していると、アイデアや応用できる部分が溢れ出てくるのも、このセミナーの良いところですね。こんなに素晴らしいコンテンツを世に出してくれて本当にありがとうと、だいぽんさんに言いたいです。
扇動を知っていて良かったなと本当に思います。むしろ今まで知らなかったことを思うとゾッとします。
こうやって、自分は知らず知らずのうちに操られていた可能性があったのか、と知ることができました。
だいぽんさん。
どうも稲葉由季です。先日の扇動セミナーではありがとうございました!
夢中になって聞き入っていました。
だいぽんさんは「自由」を提唱したトップアフィリエイターとして多くの人に支持を得ています。私のところにも「だいぽんさんの自由に憧れてアフィリエイト始めた」というメールが届いたりします(笑)
そんな多くの人に影響を与えた方法の根底にあるのが人間心理を利用した扇動の力なのですね。
指導者というのは扇動者。自分の目指す世界を広めたいのなら扇動の力が必要だと感じました。
自分の思想を広めたいのなら、共感してくれる人を増やさなければならない。では、共感してもらうには?
その方法が「扇動」でした。
共に立ち上がり、共に戦い、共通の未来を目指す。そんな人間ドラマの実現に、扇動の力が役に立ってくれます。
世の中に不満があるのなら、それは一人ではなく皆で壊してしまえばいいのです。まさに「革命」する力です。
セミナーを聞きながら「うんうん。確かに人間ってこうだよなあ。よく分析してるなぁ」と頷いてました(笑)
こんなに人間心理を理解してメール講座に組み込んでいるだいぽんさんを改めて尊敬しました。
今回教えていただいたことを実践して、自分の思想広めていきたいと思います!
ありがとうございました!
他にもまだまだありますが、長くなるので割愛します。
想像以上に好評だったので僕もびっくりしました。
参加できなかった人たちからも、映像公開やセミナー再実施を望む声が多数届きました。
僕としてもかなり力を入れて準備したセミナーだったので、このままお蔵入りさせるのはもったいないと思い、扇動セミナーの映像を有料で公開することにしました。
セミナーの内容は、言わば、お客にセールスをかける以前の段階で、勝負を決めてしまうためのテクニックです。
商品を売る方法とは、何も商品の魅力を伝えることが全てではありません。商品についてほとんど言及しなくても商品を売ることは可能です。
例えば憧れさせるという販売手法。恐怖させるという販売手法。興奮、熱狂させるという販売手法。心酔、依存させるという販売手法。共感させるという販売手法。洗脳するという販売手法。etc…
事前にお客の価値観、信念、感情をコントロールし、あなたへの信頼を徹底的に高めておくことができれば、たとえ数十万円の高額商品であっても、必死に売り込むことなくバカ売れしていきます。
あなたのお客がどんな人であろうと関係ありません。
人間の本質的な部分や、無意識の部分に働きかけるからです。
あなたの売る商品が何であろうと関係ありません。
実際詐欺師やカルト宗教団体などが、全く内容のない商品を高値で売りさばいたりしています。(もちろんあなたがそんなことをする人ではないと信じていますが)
ここで得られる知識やスキルは、あなたが死ぬまで使うことができます。
なぜなら人間の心理や本能は、時代とともに変わることがないからです。1000年前も、1000年後も、同じように人は動かされます。
「信用が大事です!」「メールはすぐ返しましょう!」「実績を見せましょう!」
というような、誰でも分かりきっている話はしていません。その程度の認識ではせいぜい得られるものも信用止まりです。
信仰、崇拝、憧れ、忠誠…
お客があなたのメッセージに盲目的に同意し、あなたが説得のためにあれこれ手を尽くさなくてもいいような状況の創出。
これを実現させるための方法を「具体的」に解説しています。
おそらくこういったセミナーや教材はこれまであまりなかったと思います。
こういう分野について真剣に学んだことかないのであれば、必ずあなたの収入が加速するきっかけになるでしょう。
コピーライティングばかりを必死に学び、「うまいセールスレター」を書くことしか頭にない人たちに、圧倒的な差をつけることができるはずです。
僕はこういうテクニックを自分の媒体に取り入れるだけで、もう1年以上完全放置で毎月200~300万程度の売上が発生しています。(多い月は500万以上)
ファンをつくる目的でせっせと知らない読者と面談したり、何時間もスカイプで知らない人のお悩み相談に乗ったり、メール対応に毎日何時間もかけたり、チームを運営して一人一人を手厚くサポートしたりすることもありません。
そんな疲れることをしなくても、正しいやり方さえ知っていれば、自然にファンは増えるし、高額商品も売れるからです。
「お前はすでに大きな実績があるからだろう」と思われるかもしれませんが、別に実績は必要不可欠なものではないです。
実績以外の部分で信用を得る方法はいくらでもありますからね。
実際僕も小さな実績しかない頃から、熱烈なコメントやメールをくれる読者は多数いました。
むしろ目に見える実績に頼らなければ人の心をつかめないようでは、人を動かす立場の人間としては二流だと思います。
それにオフライン的な手段に頼らなければ商品を成約させられないようでは、いつまで経っても自分自身が自由になれません。
売上が増えるほど自分の労働量も増えてしまいます。
たくさんの読者に会ったり、サポートに必死にならなくても、ふらふら旅行していれば毎月100万円以上のお金が振り込まれる状況…
これを実現させるためにも、扇動のスキルは必要不可欠です。
特典として、以下のセミナー映像もおつけします。
扇動のテクニックと組み合わせることで、恐ろしいほどの売上を叩きだすことができるはずです。
■動画&音声73分+PDF21ページ
2012年、アフィリエイター達のライティング技術を底上げするために、トップアフィリエイター3人で開催した有料セミナー、「スリートップライティングセミナー」の僕のパートです。
先ほど、徹底的なファンをたくさん作れば、それだけでも商品は売れると言いましたね。
しかしもちろん、販売にはそれ以外の要素も絡んでいます。
お客の信念・価値観を誘導し、徹底的にファンになってもらった上で、さらにお客に「強烈に欲しがらせる技術」を身につけることができたとしたら…
まさに鬼に金棒ですね。商品は売れて当り前だと思いませんか?
ほとんどのアフィリエイターは、「いい人」であれば商品が売れると思いこんでいます。
そのため、必死で役に立つノウハウを記事にしたり、無料レポートを作ったり、読者からのメール相談を受け付けたり、サポートをしたりしています。綺麗な清潔感のあるブログやサイトを作って、信頼性をアピールしたりもしています。
でも、そういう人たちの多くが、実は稼ぐことができていません。
彼らは不思議でしょうがないでしょう。
こんなに無料でお客のために頑張って、信頼性も演出しているのに、どうしてお客は商品を買ってくれないんだろう……と。
簡単なことです。
モノを売るということに関して、根本的な部分を理解していないからです。
例えばテレビショッピングを思い浮かべてみてください。
画面の中の彼らがお客にアピールできる時間は、ほんの5分や10分しかありません。そんな短い時間でお客に心から信用してもらうなんて、まず無理です。
ところが実際、彼らはその与えられた短い時間で、手元の商品を飛ぶように成約させることができます。
テレビショッピングを見て購入する人たちは、別にジャパネットタカタが好きだから購入するわけではありません。ジャパネットタカタの社長・社員たちの人間性を信用したわけでもありません。
純粋に彼らが紹介しているその商品が欲しくなったから購入するのです。
これは重要なことですので覚えておいてください。お客が商品を買う理由は、何よりもまず「欲しいから」です。
もちろんアフィリエイター自身の信用が高まれば、商品は売れやすくなります。
それが極限まで高まれば、お客はほとんど吟味することなく、あなたが勧めるものを買ってくれるようになります。これはある意味理想的な状況です。
しかし単純にお客にその商品を強烈に欲しがらせることが出来れば、商品というものは勝手に売れていくのです。
欲しがらせる技術。
これはアフィリエイターにとって必要不可欠のスキルです。まずは強烈に欲しがらせ、その上であなた自身の信用もアピールする。これができればあなたはすでに稼げるアフィリエイターです。
ある意味コピーライティングの領域ですが、扇動のテクニックと組み合わせることで、絶大な効果を発揮します。ぜひ一緒に学んでおいてください。
<内容の一部>
ものが売れる理由は解明済み。その理由とは?
収入の柱が一本の時に、垣間見たビジネス終了の危機
ライティングを極めたところにある世界……お金の不安が一切ない世界
信用だけではモノは売れない。それ以前に仕掛けないといけないこととは?
私たちは文章によって売るのではない。「○○させる」のが仕事。
メリットは○○を絡めて伝えないと、全く意味がない
絶対的に必要な「○○感」の刷り込み
○○を刺激すれば、特典がなくても「売って下さい」と言われるようになる。
読者の思考がまるわかりになる「○○」の導入
好奇心を煽る6つの方法とは?
読者が動くには、何を信じさせるべきか?
○○を見せて、行動を促す方法
お客の行動を阻害する5つの要因…そしてそれを潰す手法
販売のための、黄金の2ステップとは?etc…
さらにもう一つ、貴重なセミナー映像をおつけします。
以前、僕を含む上記のセミナーのメンバー3人で運営していた、スリートップライティングという講座がありました。
月額4980円で延々とライティングに関するテクニックだけをお伝えしていくという、アフィリエイター向けのライティング特化型講座です(現在募集停止)。
コピーライティングは古今東西様々な書籍が出ていますが、それらのテクニックを「アフィリエイトの世界でどう活用するか?」について解説されたものはほとんどありませんでした。
そこで、実際にライティングの力で大きな実績を出している3人が、アフィリエイトの世界で商品を売りさばく方法を、様々な事例とともにお伝えしていきました。
その中の目玉コンテンツのひとつとして、以下のセミナー映像を会員限定でお配りしました。
■動画&音声73分+PDF34ページ
「お客の3つの感情を刺激して、購買へと走らせる方法」を深化させた、お客をより強烈に欲しがらせるためのさらに具体的なテクニックの数々です。
セミナーのテーマを一言で言えば、リアリティです。
世の稼げない人たちの文章を見ると、明らかにこのリアリティというものが欠如しています。
商品を買ってもらうためには、それを購入すれば素晴らしい未来がやってくるのだと、お客にリアリティをもって確信させなければなりません。
あるいは今すぐ行動を起こさないと、そのうち恐ろしい未来がやってくるのだと、お客にリアリティをもって確信させなければなりません。
しかし…
あなたの文章に肝心のリアリティがなければ、お客はそれらの未来を具体的にイメージできません。意識を釘付けにされることもなければ、恐怖を感じることもありません。
結果、お客は無感動にあなたのセールスをスルーしていきます。
セールスやライティングの世界において、リアリティの創出はもっとも重要な要素の一つなのです。
このセミナーでは、あなたの文章を読んだお客が、思考する前に瞬間的に行動を起こしてしまうほど感情を揺さぶられてしまう、リアリティのあるセールスの方法を解説しています。
セールスレターすらまともに読まずに僕から商品を買ってくれる人が続出するのも、僕がこのリアリティを創出する方法を理解しているからです。
例として、以下のような内容をお話ししています。
<内容の一部>
お客のどんな欲求をくすぐればいいのか?
表層的欲求、中間的欲求、深層的欲求の違いとは?
お客の感情に与えるインパクトがもっとも大きいセールスとは?
売れない人のセールスと、売れる人のセールスの例
人間の根源的な欲求とは?ここに訴えかけると格段に売れる
人間の感情を呼び起こす源泉とは何か?
売れない初心者の記事はたいてい◯◯が不足している
◯◯性のある言葉ではお客の感情を動かすことはできない
説明と描写の区別をつけること
読者の感情を動かすのは事実ではなく◯◯◯◯
etc…
上記二つのセミナーは、スリートップライティングでお配りした様々なコンテンツの中で、もっとも会員から評価が高かったものです。
扇動セミナーと合わせて学べば効果倍増です。
むしろこの3つセミナーは、それぞれ足りないところを補完し合う関係にあります。ある意味三部作と言ってもいいでしょう。
これらを見れば、販売に関してはそこらの販売者・アフィリエイターとは比較にならない、非常に高度な知識を得ることができます。
僕が軽々と商品を売りさばいている方法もすべて理解できますし、有名な起業家たちが稼げている理由も、売れているセールスレターが優れている理由も、すべて説明可能になるはずです。
販売に関する悩みや不安も一切なくなるでしょう。
商品を売るためにしなければならないことが明確になるため、ほとんど迷わず、短時間で売れる文章をピンポイントで書けるようになります。
もちろん普段のセールスだけでなく、ステップメールを構築する際にも、これらのノウハウは絶大な威力を発揮します。
実際僕は扇動マーケティングで解説している要素をステップメールに取り入れることで、毎日安定的に10万円以上のほったらかし収入が発生しています。
日給20万円超えることも珍しくありません。
リアルタイムでセミナーにご参加いただいた方の中には次のメルマガからさっそく反応率が十数倍あがったという方もいました。
これらのテクニックを真似ただけで、翌月には売上を10倍以上に伸ばすことに成功した人もいます。
速攻性のあるノウハウでもありますので、ぜひあなたのビジネスにも取り入れてみてください。
さらに購入者は以下の講座を受講することができます。
こちらはもともと僕が10,000円程度で販売しようと構想していたものです。
扇動セミナーでは、僕が有効だと感じているセールステクニックを、極力すべて詰め込もうとしました。
しかしセミナーというものは時間制限があるため、どうしても省略しなければならない部分や、具体的にお伝えできない部分も出てきます。
それに市販されているコピーライティングの書籍を読めば学べるような、ありきたりな内容のセミナーにはしたくなかったため、僕が「普通だな」と感じたノウハウに関しては、あえて解説を省いたものも多いです。
そこでこの講座では、そうしたセミナーで語られなかったノウハウや、セミナー内容の復習、より具体的・実践的な事例などを中心に解説していきます。
要はひたすらセールステクニックを書いていくメルマガだと思っていただければ結構です。
億のお金を稼ぐ世の起業家たちは、いったいどんなテクニックを使ってお客の心を鷲掴みにし、高額商品を売りさばいているのか?
実際に現場で使われている数々の手法を、事例とともに赤裸々に暴露していきます。
例えば最初の数回は以下のような内容になります。
1通目、商品の必要性の教育事例2通目、読者をファン化させる教育事例3通目、1つの商材を169本売ることに成功させたコンサル音声4通目、バカ売れしている某メルマガ配信スタンドのセールスレター分析
などなど…。
歴史とか宗教とか政治とか文学とか、変なところから引っ張ってきたノウハウも色々書きます(笑)
配信頻度は不定期ですが、できるだけ長くやっていきたいと思います。音声も配付予定です。
扇動三部作セミナーの価格は30,000円です。
正直安い価格ではないかもしれません。
しかしひとりでこれらの知識をすべて得ようと思ったら、僕と同じように、100万円単位の投資と、数年以上にわたる膨大な勉強時間が必要になるでしょう。
僕としても安売りしてまで多くの人にばらまきたいノウハウではありません。
ただ、実践する人が増えたからといって僕の売上にはほとんど影響しませんし、本当に商品が売れなくて深刻な悩みを抱えている方も多いので、今回この価格で公開することにしました。
一度きりの30,000円と引き換えに、物が売れないという悩みから一生解放されるとなれば、安い投資だと思います。
ただし、この商品をいつまでも公開しているとは限りません。
少々過激な内容も含んでいるため、一部の趣旨を理解していない人から批判等が来た場合は、予告なく販売停止することもあり得ます。(面倒な思いをしてまで売り続けたいとも思いませんので…)
購入をお考えの場合はお早めにお申し込みください。
添削等のサポートは受けられますか?
申し訳ありませんが、個別サポートはしていません。
個別の添削は負担が大きく、人数も多くなることが予想されるため、対応が難しいです。その代わり3つのセミナーでは、僕が普段使っているライティングや販売のテクニックを、ほぼすべてそのまま公開しています。たくさんの具体事例を出して分かりやすさも意識しているため、視聴後すぐに販売スキルは向上するものと思われます。
アフィリエイトや情報販売の具体的なやり方を教えてもらえるのですか?
セミナー内容は主に販売、ライティングに特化したものとなります。
具体的な作業手順などをお求めであれば、それ専用の教材をお買い求めください。ただし販売やライティングは、アフィリエイトや情報販売とは切っても切り離せない関係です。これらセミナーを視聴しているかいないかで、その後の売上は大幅に変わってくるものと思われます。
物販やリアルビジネスなど、アフィリエイト、情報販売以外のビジネスにも使えますか?
もちろん使えます。「モノを売る」という根本的な部分を解説しています。
人がモノやサービスを購入する時の心理はどんなジャンルでも不変です。様々なビジネスにおいて使える普遍的なテクニックを解説しています。商品が売れないという悩みがあるのでしたらぜひ手に入れてください。
初心者ですが買っても大丈夫ですか?
むしろ初心者を脱出するために必要なノウハウです。
商品の売り方をまったく知らないままビジネスするのと、商品の売り方を知ってからビジネスをするのとでは、結果が出るスピードに雲泥の差が出ます。これらのセミナーを学べば、すでに大きな金額を稼いでいる起業家たちと同じレベル、あるいはそれ以上のレベルの知識を手に入れることになります。最速で初心者を脱出して稼ぐ力が身につくでしょう。しかしもちろん、パソコンの使い方がわからない、ブログやメルマガの作り方がわからないなど、初歩の初歩の部分で躓いているのでしたら、まずはその部分を克服する教材を優先的に買われることをお勧めします。
返金保証はありますか?
返金保証はありません。
この教材には、僕がビジネスというものを始めて以来、販売に関して学んできたすべての知識を詰め込んでいます。初めから返金を期待されるような中途半端な方に手に取っていただきたくありませんし、返金保証をつけてまで無理に世に広めたいとも思いません。僕を信頼していただける方にのみお譲りしたいと思っています。納得できなければ購入しないでください。
PS.
人々の信念・価値観・感情を誘導しようとすることは、必ずしも悪いことではありません。多かれ少なかれ誰でもやっていることです。
例えば親は教育という手段を通じて、社会性や道徳観念というものを子供たちに徹底的に刷り込みます。それは子供に正常な社会生活を送らせるためには必要不可欠なことです。
またガンジー、キング牧師といった偉人と言われる人たちも、自らの主張を通すために、多くの人を扇動しました。その努力が植民地支配からの解放や黒人解放へとつながったわけです。
セミナーで解説している数々のテクニックは、あくまでも手段に過ぎません。人を幸せにするも、不幸にするも、すべてはそれを使う人の心がけ次第です。
例えるなら包丁と同じです。包丁は美味しい料理を作って人を笑顔にすることもできますし、人を殺すこともできます。包丁自体には善も悪もないのです。
販売をマスターすれば、恐ろしいことに、中身のない空っぽの商品でも高額で売りさばくことができるようになります。倫理を捨てれば一時的に大きな金額を稼ぐことなど簡単でしょう。
しかしもちろん、僕はそんなことは望んでいません。
詐欺的なビジネスはリピーターが育たず、長続きしません。
現代はソーシャルメディアの時代だと言いましたが、悪評もすぐにネットを駆け巡ります。それでも詐欺的方法で稼ぎ続けるためには、会社を作っては潰して、作っては潰してというような、面倒なことをしなくてはならなくなるでしょう。
お日様の下を胸を張って歩くこともできなくなります。
それよりは、良い商品・サービスを広めるために販売のテクニックを使ったほうが、どんどんファンやリピーターも増え、口コミも広がって、結果的に長く、安定したビジネスを築くことができます。
何よりも暖かい笑顔や声援に包まれながらビジネスをすることができます。
ものを売る力があれば、別に詐欺的なことをしなくても大きなお金を稼げます。
3つのセミナーで解説しているノウハウは、ぜひ幸せになる人を増やすという目的で使ってください。
あなたの成功を祈っています。
サイトマップ/特商法に基づく表示
Copyright (C) 2013 sendo All Rights Reserved.
<対談DVD>平秀信氏の非道徳マーケティング
ヒトラーやチャーチルはどこまで用兵に口を出していたのでしょうか?いろいろなものを見るに戦略的なことは本人たちがやっているような感じで描かれていますがチャーチルはまだしもヒトラーは軍歴的にそのような経験がないので難しいと思います
ヒトラーは、戦局が不利になってくると将軍たちを信用できずにかなり細かいとことまで口出しをしています。司令部の「狼の巣」にはヨーロッパ中の詳細な地図があり、毎日前線から部隊の動きを報告させて細かい指示を出していました。中隊規模の動きにも口出しをしたと聞いたことがあります。
ヒトラーが行っていたことは、民主主義なのでしょうか?
民主主義なわけないですよ。その民主主義を潰したのがヒトラーなんだからよく「ナチスは民主主義から出てきた」と言われるのは正確ではなく、単に民主主義のシステムである選挙で議席を獲得したナチスの党首という意味合いでしかなく、ナチスが全権委任法を悪用して、国会を潰し独裁を始めたわけです。もしかして民衆の支持があれば、民主主義だという意味でしょうか?だったら北朝鮮もフセイン時代のイラクも民主主義ですよ。支持者だらけですから(独裁者といえど、絶対多数の支持者なしには存立しえません)民主主義は衆愚政治の側面があるので、民衆は勇ましい言動を繰り返し、単純な善悪論で誘導するナチスのような存在に弱いってことで、票を集めたからといって、その民衆のための政治を行ってないんだから、民主主義ではありません。そして北朝鮮のように情報統制を行えば、国民はナチスしか支持する対象が無くなります。それでもヒトラーは独裁者となってから国を破滅させる無茶をやりだしたので、国民から批判が上がりだし、100回は暗殺計画が練られました。いくら独裁者でも戦争中に暗殺される危機が続くって異例です。それだけドイツ人はヒトラーを独裁者にしたことを後悔したってことです。
ヒトラーと同じ時代にナポレオンが存在していたら戦争はどうなっていたと思いますか?
ヒトラーは軍人としての才は皆無ですが優秀なスポークスマンですので、ナポレオンはヒトラーを後方の調整役としてうまく使い、自分は前線で戦うという分業がうまくできるのではないかと思います。まあ、二人の気質が合うかどうかわかりませんが、仲たがいし始めたらナポレオンが軍を差し向けてヒットラーを暗殺するか、ヒトラーがうまく反ナポレオン派の陣営をまとめ上げ失脚させるかのどちらかでしょう。ナポレオンの敵側にヒトラーがいたとしたら、ぶっちゃけパプスブルグ家の名門だらけで成り上がり者のヒトラーに賛同する人物など現れないでしょうから、彼の才能を奮える場所は少なくともオーストリア側には全くないでしょう。ゆえにナポレオンはヒトラーを認識もできず終わることになります。
ヒトラーの予言について。ヒトラーの原爆投下などの予言は、情報を把握していればわかるようなものでしたよね。あれって、国民に自分を最強にみせるためのものだったのですか?
カテゴリマスター少し違うと思います。予言と言うより、その見込みは確かにあったし、その時の予想では根拠は認められます。ただ、自分の政治的な進行が順調に行かないことは予想できなかったはずです。たぶんあのおっさんは、まさかそんな予定になるとは思わなかったのです。どう言う事かと言うと、まず戦争する前にユンカース博士が離脱します。それから後半は、原爆も秒読み段階なのにみんなアメリカに亡命しました。ほんでアメリカがドイツ抜いて完成したんです。
ヒトラーの「我が闘争」のような現代では推奨されない本のタイトルとその理由を教えてください
酒鬼薔薇聖斗の「絶歌」でしょうか。反省のない犯罪者に印税払って儲ける出版社を叩く論調が多かったです。制限するアメリカの「サムの息子法」が話題になりましたね。それからエッセイで子猫を殺していると書いて不買運動にまで発展した坂東眞砂子さんを東野圭吾さんがかばっていたのを思い出しました。http://renzaburo.jp/bando_memorial/index.htmlまた、筒井康隆の断筆宣言まで発展した、高校教科書に掲載された「無人警察」の差別的表現に対する批判も思い出されます。あと、具体的なタイトルは多すぎて上げられませんが、国連に児童ポルノ漫画と批判されるジャンルは昔からありますね。エロに関してはだいたい建前上は規制、本音では実状おおらかなのが日本の特徴だと思いますが、最近はエロに限らず、片寄ったクレーマーの強硬な意見にサイレント・マジョリティーが押し流される傾向が強く感じられます。ちょっと戦時中の言論統制みたいです。ちなみに不倫をテーマにした作品は多いですが、おもに批判されているのは芸能人で、作品群にはまったく批判がないのも不思議ですね。
おすすめの情報