株式(IPO・現物・信用)

利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~

利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~

■商品詳細:

証券会社のIPO配分ルールと実際の配分実績データを比較・分析することで、IPOをゲットする方法を導き出す─それが、「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」。
トータル268ページにおよぶIPO獲得ノウハウE-BOOKと別冊の証券会社27社のIPO配分実績データ集が、あなたの利益を倍増させる!

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

株式(IPO・現物・信用)

■販売価格:

9800円

■販売者名:

佐藤 正光
★株式(IPO・現物・信用)☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~
利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~
トップページ
立ち読み版
プロフィール
特商法
免責事項・個人情報
アフィリエイター様へ
2006年~2007年は、IPOマーケットにとって激動の年となりました。
特に2006年は、
ライブドアショック以降の新興市場の低迷
7月以降の各証券会社のIPO配分ルールの見直し・変更
というディープ・インパクトがあったため、環境の変化に対応できない個人投資家はIPOを獲得できなくなったり、公募割れ銘柄ばかり獲得して損失を出すようになりました。
もはや片っ端からすべてのIPOに申し込んでいくような取り組み方では、利益を出せなくなってきたのです。
そして2007年に入ってからは、こうした声もよく耳にするようになりました。
Aさん:「当たるのはたいして利益が出ない銘柄ばっかり...」
Bさん:「もうIPOは儲からないんですか?」
そう、もはやIPO(新規公開株)を継続して獲得し利益を出し続けるのは難しくなっているのです、
従来までのノウハウでは。
でも、実はIPOはやり方さえわかっていれば短期間にローリスクで大きなリターンを手にすることができる効率の良い投資法であることに、今も変わりはありません。
重要なのは、その“やり方”の変化に対応できているかどうか、なのです。
申し遅れました。
はじめまして、佐藤ユーセイと申します。
私は現在、IPOをテーマにした以下2つのメールマガジンを配信している、現役IPO投資家です。
◆『【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション』
 (読者数:約10,000/『まぐまぐ!』より無料配信/「まぐまぐ大賞2007」マネー部門ノミネートメルマガ)
◆『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』
 (読者数:約700/一定の条件を満たした方限定で無料配信)
実は、これらのメールマガジンを通じて、私のもとには年間1,000件近くのIPO当選情報が集まってきます。
また、IPOの当選情報に加えて、全国各地の証券会社の情報も多数寄せられています。
こうしたことが、結果的に私を日本でもっともIPOの当選情報や証券会社の最新情報を有する存在たらしめています。
これはいわば、私のパートナーが日本全国に散らばり、IPOや証券会社に関する情報を収集し、またIPO投資を実践しその結果をフィードバックしてくださっているに等しい状態です。
ですから、私がこれから公開するIPO獲得・証券会社攻略に関する知識やノウハウは、単なる独りよがりの思い込みではなく、多くのデータとたしかな実例に裏づけされたものなのです。
もちろん、私自身もIPOの獲得のために日々調査・検証をおこなっています。
前述した膨大な情報以外にも、独自に証券会社のIPO配分ルールを研究したり、そこで疑問に感じたことは問い合わせをおこなったり、また証券会社の実際のIPO配分実績データを集計・分析したりといったことを通じて、証券会社ごとにIPO獲得のための仮説をうち立て、日々検証し成果をあげているのです。
ここで、簡単にこれまでの成果の代表的な例を紹介します。
■ネットワークバリューコンポネンツ(3394)※2005年12月16日上場
公募価格:35万円→初値:120万円(約3.4倍!)
初値売却での利益:95万円!
■比較.com(2477)※2006年3月15日上場
公募価格:45万円→初値:270万円(6.0倍!)
初値売却での利益:225万円!
■eBASE(3835)※2006年12月26日上場
公募価格:18.5万円→初値:119万円(約6.4倍!)
初値売却での利益:100.5万円!
■ウェブマネー(2167)※2007年12月6日上場
公募価格:10万円→初値:35万円(3.5倍!)
初値売却での利益:25万円!
もちろん、こうしためざましい収益を生み出した銘柄以外にも、獲得したIPOは多数あります。
こうして利益の出る銘柄を選別して獲得することで、私は毎年数百万円の利益を出し続けているのです。
ここまでお読みになって、「どうせ多額の資金にモノを言わせてIPOをゲットしているんだろ?」とお感じになった方もいらっしゃるかもしれません。
たしかに資金にモノを言わせてIPOを獲得している方はたくさんいらっしゃいますし、実際私もそうした方々を知っています。
でも、残念ながら私にはあてはまりません。
正直に告白します!
私がIPO用に投入できる資金は、わずか数十万円程度です。
というのも、私は他にもデイトレード、スイングトレード、FX、外国株等々さまざまな投資に資金を投入している関係上、IPOにまわせる資金は非常に限られているのです。
そのため、お恥ずかしい話ですが現在IPO用の資金は多くても100万円程度であり、通常は数十万円レベルでやりくりしています。
こんな私が、いったいどうやってIPOを獲得し続けているのか、知りたくありませんか?
その方法こそが、実はここで紹介する「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」なのです!
「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」とは、ひとことで言えば
という手法です。
私はこの「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」を実践するために、つねに30社以上の証券会社のIPO配分ルールおよび実際のIPO配分実績データを研究・分析し、調査・問い合わせ等をおこない日々情報収集に努めています。
そして、そこから証券会社ごとに攻略法を導き出し実践することで、実際前述した100万円にも満たないような少資金でもその資金額をはるかに上回る利益をIPOから得ているのです。
ここまでお読みになって、「なんだか面倒くさそう」「自分には無理」とお感じになった方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、まったく問題はありません。
なぜなら、これら一連のプロファイリング自体は、私がすでにおこなっているからです。
ですから、
あなたは、私がこれまでおこなってきた
プロファイリングの成果=結論だけを見ればいい
のです!
実は、このたびこの独自のIPO獲得ノウハウである「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」を、一冊のE-BOOK(電子書籍)にまとめました。
それが、ここで紹介する『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』です。
このE-BOOKには、いったいどんな情報が、そしてノウハウが記されているのか。
ここで、あなただけにその中身をお見せします。
序章 基本を知るための情報源~IPO(新規公開株)獲得に向けて~
1 一般書籍
2 WEBサイト&メールマガジン
通常E-BOOKには、市販されている一般書籍では知り得ないような情報・ノウハウが記されています。
こうしたいわば貴重な情報・ノウハウに価値を見い出した方が、一般書籍よりも高価なE-BOOKを購入するわけです。
そのため、逆に多くのE-BOOKでは一般書籍に書いてあるような内容は省略されています。
実際私のE-BOOKでも、“そもそもIPOとは何か”といった一般書籍を読めばわかるような基本的なことは書いてありません。
とはいえ、これではIPOにこれから取り組もうという方や初心者の方には不案内です。
そこで、まずは序章としてIPOに関する基本的な知識を学びとることができるお勧めの一般書籍・WEBサイト・メールマガジンを厳選して紹介しています。
IPO入門者・初心者の方はここに紹介されている情報源に前もって、もしくは同時並行で目をとおしていただければ、このあとに書かれている内容の理解度が格段に高く、そして深くなります。
第1章 裁量配分・抽選配分攻略の基礎+α
1 証券会社ごとに戦略(攻略方針)を決めることの重要性
2 裁量配分攻略の基礎
2-1 必要な資金はどれくらい?
2-2 資金を投入すればIPOを入手できるか
2-3 買いたくない金融商品の断り方
2-4 担当者を喜ばせる金融商品とは
2-5 金融商品を購入せずに証券会社に手数料を落とす小技
2-6 裁量配分攻略の対象にする証券会社の数
2-7 資金が十分でない場合の裁量配分攻略法
2-8 裁量配分の光と影
2-9 裁量配分の意外な攻略法
3 抽選配分攻略の基礎
3-1 必要な資金はどれくらい?
3-2 当選確率を上げる方法
各証券会社の個別の攻略法に入る前に、まずはその基本となる裁量配分および抽選配分の攻略法を確認します。
いずれも、知らなければライバルから一歩も二歩も遅れをとってしまうことばかりです。
とはいえ、ここで取り上げているのは決して従来から語られてきた手垢のついたノウハウばかりではありません。
メールマガジンの読者の方々からいただいた情報やみずからの仮説・検証の中から発見した、まだあまり表に出ていないノウハウも盛り込んであります。
ここまで読めば、あなたはIPO獲得のための基礎知識+αを身につけられるわけです。
この時点で、すでにかなりの数のライバルをリードできていることでしょう。
第2章 ここで差がつく!証券会社情報ファイル
1 証券会社別IPO(新規公開株)関連情報
1-1 ○○証券
 |
1-27 ○○証券
※IPOの主幹事・幹事をつとめ多くの銘柄を引き受ける、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社について、1社ごとにピックアップして解説
※具体的な証券会社名をご覧になりたい方は、こちらのフォームから「立ち読み版」をご請求ください。
お名前


メールアドレス
※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー
2 意外に知らないステージ制抽選の落とし穴
2-1 ステージ制抽選を実施しているおもな証券会社
2-2 【要注意】●●および●●に含まれる金融商品・含まれない金融商品
2-3 ローリスクで●●・●●対策に役立つ金融商品とは?
いよいよここから、各証券会社のプロファイリングのスタートです。
具体的には、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社のIPO配分ルールはもちろんのこと、ホームページに記載されていない情報、そして通常は公表されていない情報に至るまでを網羅し、証券会社ごとに見やすく一覧表にまとめています。
また、一覧表に記載しきれない内容や重要なポイントの解説も加えて、この章を読めば証券会社27社のIPO関連情報と攻略のポイントが把握できるようになっています。
特に、
前受金が不要な証券会社
前受金を不要にできる証券会社
申し込み後は資金の拘束がない証券会社
保有する有価証券等の範囲で前受金を不要にできる証券会社
預入資金枠内で複数銘柄への同時申し込みが可能な証券会社
など、ここにはたとえ資金が少なくてもIPOを獲得できるヒントやコツが満載です。
ここに書かれている情報を最大限に活用すれば、狙ったIPOを手に入れる確率はグッと高まります。
また、後半では抽選配分の一種であるステージ制抽選について、おそらく攻略に取り組む多くの方がまだ気づいていないであろう要注意項目を明記し、まとめあげています。
この要注意項目に気づかずにステージ制抽選の攻略を狙うのは、正直言って無謀としか言いようがありません。
それくらい重要なポイントですから、ここはぜひ押さえてください。
さらに締めくくりとして、ステージ制抽選の攻略に役立つ金融商品も厳選して紹介しています。
ローリスクで●●・●●としても有効な金融商品とは何か...その答えが、ここにあります。
第3章 これが実態だ!IPO(新規公開株)配分実績データ徹底分析
1 IPO(新規公開株)配分実績データとは?
1-1 ○○証券
 |
1-27 ○○証券
※IPOの主幹事・幹事をつとめ多くの銘柄を引き受ける、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社について、1社ごとにピックアップして解説
※具体的な証券会社名をご覧になりたい方は、こちらのフォームから「立ち読み版」をご請求ください。
お名前


メールアドレス
※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー
“IPO配分実績データ”と聞いても、ピンと来ない方も多いと思います。
これは日本証券業協会のホームページで公開されている、証券会社ごとのIPOの配分実態を公表しているデータです。
このデータでは、各証券会社が自社で取り扱ったIPOに関して、1銘柄ごとにどういった配分方法で配分したかを実際の株数等の数値で示したものです。
私は、このデータを公開当初から毎月独自に集計し、グラフ&図表化してきました。
この章では、こうしてまとめたIPO配分実績データをもとに各証券会社のIPOの配分実態について分析し、解説をおこなっています(対象期間:2006年8月~2007年6月)。
つまり、前章の「プロファイリング その1」とここでの「プロファイリング その2」を照らし合わせることで、いわば証券会社の“タテマエとホンネ”が白日のもとにさらけ出されてしまうわけです!
ちなみに、なかには“こんな集計は自分でもできるよ”とお感じになった方もいらっしゃると思います。
そうです、たしかにやってやれないことはありません。
でも、本当にやりますか?
実際に取り組んだからこそ言わせていただきますが、これは作業量が膨大になるため、かなり心してかかる必要があります。
ここにすでに集計はおろか分析までおこなった情報があるのですから、ご自身の貴重な時間を無駄にしてはいけません。
第4章 ホンネで迫る!証券会社別攻略法
1 ○○証券

27 ○○証券
※IPOの主幹事・幹事をつとめ多くの銘柄を引き受ける、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社について、1社ごとにピックアップして解説
※具体的な証券会社名をご覧になりたい方は、こちらのフォームから「立ち読み版」をご請求ください。
お名前


メールアドレス
※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー
「プロファイリング その1」のIPO配分ルールと「プロファイリング その2」のIPO配分実績データをもとにして、いよいよここで主要証券会社27社の具体的な攻略法に迫ります。
もちろんこうした私自身の分析に加えて、私のメールマガジン読者の方々からいただいた多くのIPO当選情報や証券会社情報から得たヒントや抽出したエッセンスも、ここには存分に盛り込まれています。
ちなみに、証券会社によっては支店ごとにルールや扱いが異なるところもありますから、残念ながらここで示した攻略法どおりにはいかないこともあります。
ただし、ここで紹介する攻略法こそが各証券会社を攻略する上での基本ですから、これが大いなる指針になるのは間違いありません。
なにより、客観的な情報と実際の配分データ、そして数多くいただいてきたIPO当選情報や証券会社情報から導き出した攻略法ですから、これまでのものとは説得力が違うということはご理解いただけることと思います。
さらに、この章ではこれまでいただいてきた数多くの情報や私自身の調査・経験を踏まえた証券会社ごとのIPOの獲得しやすさを、5段階評価で示しています。
これなら、IPOをこれから始めたいと思っている方やIPOを始めたばかりという方でも、どの証券会社に力を入れたらいいのかが一目瞭然です。
第5章 【厳選】利益を出し続けるための銘柄選び10大ポイント
1 社名
2 事業内容
3 上場市場
4 公開株数
5 売買単位
6 想定公開価格・仮条件
7 資金吸収(見込)額
8 需給関係
9 業績
10 株式市場の地合い
IPOで継続して利益を出し続けるには、実は証券会社の攻略だけでは不十分です。
なぜなら、IPOにおいて「片っ端から申し込んでなんでもいいからゲットできれば儲かる」という時代はすでに終わっており、“片っ端から申し込んで”いては資金が拘束されるばかりでほとんど利益にならないからです。
多くのIPOゲッターが申し込む銘柄を選別しはじめた現状では、こうした取り組み方では利益がほとんどでないIPOや公募割れIPOしか手にすることができない状態なのです。
ですから、IPOで継続して利益を出し続けるには、申し込むIPOを選別することも重要になってきます。
とはいえ、IPOの初値を形成する要素は複雑で多岐にわたるため、そのすべてを考慮に入れようとするとかえって的が絞れなくなってしまいます。
そこで、ここでは利益が出そうにないIPOを避けて、利益が出るIPOだけをピックアップできるようになるための10のポイントをお伝えします。
ここで紹介しているIPO選別の方法をマスターしてはじめて、あなたはIPOで継続して利益を出し続けるようになれるのです。
第6章 総仕上げ!12のNGポイントを回避せよ
1 IPOの割り当てが多そうな●●の支店に口座を集中させている
2 抽選配分狙いだから口座はすべて●●口座
3 IPOを申し込む証券会社に偏りがある
4 焦って微妙な銘柄にまで手を出している
5 申し込み株数(単元数)はつねに●●●●
6 IPO当選→売却後に口座から資金を●●●●ことが多い
7 具体的な金額目標や明確な目的を持たずになんとなく資金を預け入れたり手数料を落としている
8 多額の資金を預け入れ、取引もおこなったからIPOがまわってくると思っている
9 担当者からの電話は鬱陶しいのであまり出ない
10 お勧め銘柄やお勧め金融商品を、●●が●●ことを理由に断っている
11 担当者に●●を言ったり、担当者を●●るような話をすることがある
12 獲得したIPOを●●している
ここまで来れば、あなたにはもうIPOを継続的に獲得して利益を出し続ける実力が備わっています。
早速証券会社に申し込みを、といきたいところですが...ちょっと待ってください!
IPOの世界では、やってはいけない“禁じ手”がいくつもあります。
知らず知らずのうちにこれを犯してしまうと、せっかくここまで培ってきたノウハウも水の泡になるおそれがあるのです。
そこで、最後にIPOにおける代表的なNGなポイントを12にわたってリストアップしました。
しかも、やってはいけない度合いを3段階で示した「NG度」も、あわせて明記しています。
おそらく、ここには長年IPOに取り組んでいる方でも「ギクッ」とさせられる点があるはずです。
ですから、ここはかならずチェックして、これまでの努力を無駄にしないようにしてください。
ここまで実践できれば、あなたはIPOで継続して利益を出し続けるようになれるのみならず、
IPOの取りこぼしもなくなり利益を2倍にできる、と言っても過言ではありません。
いかがでしょうか。
これが、『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』の全貌です。
つまり、あなたはこのE-BOOKで以下の情報・ノウハウを手に入れることができるわけです。
この『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』は、トータル250ページを超えるボリュームになっています。
質・量の両面から見て、IPOのE-BOOKとしては前代未聞の一冊です。
さらに、今回はご購入いただいた方限定で2つの特典を用意させていただきました。
まずひとつは、「プロファイリング その2」の第2章で取り上げた主要証券会社27社のIPO配分実績データの完全版E-BOOK『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~【データ編】』です!
これは、証券会社ごとにIPOの配分実績データを1ヶ月刻みで集計し、グラフ化したデータ集です。
しかも、1ヶ月間の集計結果を視覚化したグラフのみならず1銘柄ごとの配分数と配分比率を明記した内訳の一覧表も、あわせて掲載しています。
つまり、グラフでその月の全体的なIPOの配分傾向を掴みつつ、なおかつ一覧表でさらに踏み込んだ銘柄別の配分実態までをもチェックすることができるのです。
<実際のグラフ+一覧表のイメージ>
そもそもIPOの配分は、その銘柄の諸条件や人気度によって裁量配分と抽選配分の比率が銘柄ごとに微妙にブレることが多々あります。
ですから、銘柄ごとに配分実態がわかると、人気があって初値も高騰した銘柄は各幹事証券会社でどのように配分されていたのか、また人気がなく公募割れした銘柄は各幹事証券会社でどのように配分されていたのかといった詳細なデータまでが、しっかり読みとれるのです。
これは、攻略を狙っている証券会社においては特に有意義なデータになりますよね。
ちなみにこの購入者限定特典E-BOOKには、証券会社27社の10ヶ月分のデータを掲載しています(対象期間:2006年8月~2007年6月)。
そのページ数、150ページ。
そう、150ページの貴重なIPO配分実績データ集が、なんと無料なのです!
ちなみに本編のE-BOOKとあわせると、総ページ数は400ページを超えます。
こんなに充実したIPO関連のE-BOOKが、これまであったでしょうか。
そしてもうひとつの特典は、冒頭で紹介した限られた方しか読むことができない私のプレミアメールマガジン『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』への登録です。
このメールマガジンは、無料で誰でも読むことができるもうひとつのメールマガジン『【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション』ではなかなか書けない
IPO獲得ノウハウ
証券会社情報、ブックビルディングが始まるIPOへの参加スタンス
IPO関連お役立ち速報(ニュース)
その他各種投資ノウハウ
といった有益で密度の濃い情報を、週1~2回のペースで配信しています。
これまで多くの方々から「どうしたら読むことができるんですか?」「これは有料でも読みます」「バックナンバーはすべて保存しています」等々の反響をいただいてきたいわば“幻の読者限定メールマガジン”に、購入者限定特典として登録させていただきます。
また、証券会社のIPOに関するさまざまなルールや対応は、随時変化していきます。
E-BOOK発売後に生じるであろうこうした変化についても、この『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』で随時フォローしていきますので、ご安心ください。
『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』は、これまで多くの方々から
「どうしたら読むことができるんですか?」
「これは有料でも読みます」
「バックナンバーはすべて保存しています」
等々の反響をいただいてきたいわば“幻の読者限定メールマガジン”です。
今回は購入者限定特典としてこのプレミアメールマガジンに登録させていただきますので、どうぞお楽しみに。
これら購入者限定2大特典で、あなたのIPO獲得スキルはさらにパワーアップされること間違いなしです!
さて、この前代未聞のE-BOOK『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』の気になるお値段ですが...
従来までのIPO関連のE-BOOKは、100ページほどのボリュームで2万円前後の販売価格のものがほとんどでした。
ということは、このE-BOOKのお値段は、8万円? 6万円? 4万円?...いいえ、違います。
『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術・データで暴く!証券会社別攻略法・』は、購入者限定2大特典をおつけして、ズバリ
9,800円
です!
あなたは、これだけの質と量を兼ね備えているにもかかわらず1万円を切っているE-BOOKを、これまでに目にしたことがありますか?
『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』は、質・量・そして価格の面からも、私が自信を持って提供させていただける一冊なのです。
販売価格 :9,800円
(ダウンロード版のみ:本編E-BOOK約250ページ,特典E-BOOK約150ページ)
決済はインフォトップのシステムを使用しています。
クレジットカード、銀行振込・郵便振替、コンビニ決済、BitCashで決済可能です。
【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。
とはいえ、私の一方的な話ばかりでは信憑性に乏しいとお感じの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、実際にお読みいただいた方々から私のもとへ日々続々と寄せられている感想を、ここで紹介させていただきます。
吉田 徹 様(20代男性/会社員)
IPOに関してはいろいろと本やインターネットを使って調べてきましたが、ユーセイさんのIPO情報はデータも攻略法もほかでは得ることができないとても貴重な内容でした。
私も実際にIPOを大量獲得するには証券会社の窓口を攻略する必要があると感じていたのですが、大金を持っているわけではないのであきらめていました。
このE-BOOKの内容を知ったおかげで小額でも窓口の攻略が可能とわかり、これからが楽しみです。ありがとうございました。
久恵田 和利 様(30代男性/会社員)
私自身はIPO(抽選狙い専門)を初めて1年半になりますが、いくつもの情報商材を購入し、また自分でもかなり時間をかけて調べてきました。
そのため、抽選狙いでは一番多く売れたと言われている情報商材を購入した時もほぼすべて知っている情報で、特に得られるものはありませんでした。
しかし、ユーセイさんのこのE-BOOKは、とにかく素晴らしいの一言です。
私自身が調べきれていない情報や知らない情報も載っていました。私の足りなかった隙間を埋めてくれたような感じがしました。
IPOを始めてからのこの1年半で、「サイバーステップ(利益:65万円)」や「ミクシィ(利益:131万円)」や「エヌピーシー(利益:48.5万円)」等が当たって、ユーセイさんのメルマガに何度か掲載していただきましたが、このE-BOOKで隙間が埋まり、今後、当選情報の報告が増えるかもしれません。
最後に一言いいでしょうか。
このE-BOOKは安すぎます!! 値上げを希望します!!
佐伯 晃 様(40代男性/自営)
私は、2007年初めからIPO投資に本気で取り組むべく、さまざまなIPOの情報商材を購入しました。
が、情報が古かったり、今ひとつ具体性に欠けたり、証券会社ごとの情報料が少なかったりと物足らなさを感じていました。
その結果、やみくもに口座開設して裁量、抽選ともに自己流で無駄な攻略をした証券もありました。
この商材はデータに基き、証券会社ごとの戦略が詳しく出ているのが良い点でした。
紹介の証券会社の数がIPOを取り扱っているほぼ全ての証券会社なのでとても頼りになります。
IPO配分実績データですが、日本証券業協会のHPは存じていましたが、ただ漠然と見ていました。
この商材で独自に集計していて、各証券会社の特徴が一目瞭然で全然違うことが分かりました。
よくここまで調べたと感心しております。
銘柄選び10大ポイントは、これまで見たことある同種の情報の中では、質量共に一番と思いました。
12のNGポイントですが、私はドップリ当てはまっていました。(笑)
もし私がIPO投資をはじめる前にこの商材を読めたなら、無駄な努力と時間、公募割れの損切りがもっと無くなっていたと思います。
鈴木 啓司 様(40代男性/会社員)
E-BOOK拝見させていただきました。
これまでIPOに関する商材は5つ程購入しており実践しておりますが、これは相当レベルの高いものとなっていますね。
各証券会社の攻略方法や配分実績のデータが色分け・解説ともに非常にわかりやすく説明されています。
さらに銘柄選びポイントやNGポイントも”なるほど”といったポイントをついています。
とにかく全体的に非常によくまとまっており、値段も非常に安く超優良商材である事に変わりはなく、他の皆様にも自信を持ってお奨め出来る一冊であると思います。
石田 孝 様(50代男性/会社員)
なんでもっと早くだしてくれなかったのか?
これが感想です。
私はこれまでIPOを広めたはしりの人のEブック、裁量のEブック、もと証券会社の人のEブック、ユーセイさんがよく商材を紹介している人のEブックなどいろいろなEブックを購入してきました。
それはそれで、そのとき、それなりの価値はあったと思うのですが、今回のユーセイさんのEブックがもっと早く出ていればこれ1冊で充分だったのに、と思わずにはいられませんでした。
これまで散々購入してきたのが無駄になった、というか、どこかくやしい気持ちにさせてくれました。
これからこの内容をフルに生かしてゲット、ゲットでモトを回収していきます。
IPOゲットの辞書ですね。
中原 順一 様(40代男性/会社員)
すごい!すご過ぎる!
いや~、ここまでよく調べましたね!
このebookは現時点で間違いなく、
「日本一のIPO百科事典」だと思います!
証券会社別の条件なんかは以前の「証券会社情報」からの積み重ねがあるとは言え、これだけのものにするには膨大な時間と労力が掛かっているのがよく分かります。
データも意外な発見がありました。
「え、あそこってそうだったの?!しまった~_| ̄|○ 」
って感じで(笑)
そのデータを基にした攻略法も分りやすいですね。
改めて挑戦しようと思ったところも出てきました。
ここんとこ、ちょっと翳りがあるIPOですが、
皆さんがこのebookを読んで元気になってくれるといいですね。
中井 裕子 様(40代女性/会社員)
ユーセイさん、膨大なEbook作成お疲れ様でした!
よくぞここまで、すごいデータを収集し 判りやすくまとめ上げて公開して下さいました♪
しかも、こんなにリーズナブルなお値段で。
そのご努力に感謝しつつ読ませていただきました。
IPOに挑戦して、2年になりますが、今以上の成果をあげるにはどうしたらいいのか?近頃多く見受けられる公募割れ銘柄を見分けて、掴まなくするにはどうすればいいのか?
この答えがここにあります!
全体的に、とても見やすいし、レイアウトや文章も判りやすく、重要な部分が強調されていて、良く理解できますね。
私は抽選配分派なので、第1章3や第2章、第5章がとてもありがたい情報です。 
第3章も細かく分析してあり、よく理解できます。(私のような面倒くさがり屋には、到底お手上げの分析です…)
特に第2章2-2には、ビックリしました。
全く役に立たない取引があるなんて!しかも証券会社の担当者が、それを勧めて来て取引したのに・・・
無意味な取引に気づかせていただきました。
第4章なんて、ホントにスゴイです!これから取り組む方にとっては、当選への最短コースを初めから行けるわけなんですから!
無駄な回り道をせず、当選へまっしぐらですよね♪
ずっとメルマガを読ませていただいていて、ようやく中級者レベルになってきたかなぁと自分で思っていましたが、12のNGのいくつかに当てはまっており、アセりました!
今後は、これを改善しつつ、第4章を参考にステージ制抽選配分攻略を進めていこうと思います。
種田 実 様(40代男性/会社員)
 全体としてみれば,IPOのE-bookがいろいろ出ている中で,初心者の方に1つだけを薦めるとすれば,現時点では迷わずこのE-bookを選びます。
 序章~第2章の基礎的なことについては,非常にわかりやすくまとまっています。
 私は同様のE-bookを5つ読んでいますが,●●が●●や●●にカウントされるか否かを各社ごとにまとめた表はなるほどと思いました。
 第3章の配分実績データの分析は,直接今後の申し込みに有利になるという類の情報ではないですが,各社の建前と実態,ひいてはどの程度その会社が信用できそうかということまでが窺い知れて,興味深いものでした。
 データ自体は一般に公開されているものなので,自分でも十分分析はできるのですが,証券会社とのやりとりも含め,実際にここまで手間をかけてやるのはユーセイさんくらいでしょう(笑)。
 分析のコメントも非常に細かく,かつ,当を得たものでした。
 第4章の証券会社別攻略法はご存じの方も多いでしょうが,アップデートされた内容となっています。
 
 第5章の銘柄選びについては,ユーセイさんの裏メルマガ読者ならばお馴染みの話ですが,公募割れが相次ぐ昨今,初心者の方にはありがたい情報でしょう。
 
 また,第6章のNGポイントも初心者・熟練者とも,再度確認しておきたいことですね。
 なかなか読みごたえがありました。ありがとうございました。
雪広 美弥 様(30代男性/会社員)
こだわられて作成されただけあって、読み応え十分の内容であったと思いました。
特に、各証券会社毎のステージ制についてと、●●や●●に含まれる商品・含まれない商品についてそれぞれ細かく表にまとめていただいた箇所が、非常にわかりやすかったです。
また、●●がほとんどの証券会社で●●にカウントされないというのは、私自身知らなかったことなので、その情報だけでも十分価値のあるものであると感じました。
ありがとうございました。
M HIDE 様(40代男性/会社員)
佐藤ユーセイ様
Eブックの完成、大変おつかれさまでした。
またIPOに関する貴重な情報提供をありがとうございました。
私自身も「継続した●●をしていない」「いつも●●申し込んでいる」など注意する大事な点に気づかせていただきました。
またステージ制UPのための「●●に含まれるもの」の中に●●が含まれていないところが多数あることを初めて知ることができ大変参考になりました。
何度も読み返して、裁量配分・完全抽選にめりはりをつけて申し込んでいきたいと思います。
ありがとうございました。
三井 太郎 様(40代男性/会社員)
お世話になります。
今回のE-BOOK拝見させていただきました。
内容的によくまとまっていると思いました。
当方いままで●●ばかりを購入していましたが、IPOを配分してもらえないわけですね。
考え方を改めさせられました。
今後、IPO配分のためには、別の戦略をもってステージを上げる必要がありますが、現物株の取引等で損失を出さずにステージを上げるためにそれなりに努力が必要かと思った次第です。
地合い復活に備えて下地作りに励みたいと思います。
石田 純二 様(30代男性/会社員)
2007年は30個当選、利益240万円です。2006年は46個で510万円でしたので、地合の悪さを物語っていますね。
ユーセイさんのE-BOOKはたいへん読みやすい内容で解かりやすかったです。
今までの戦略が間違っていないことも確認もできましたし、新たな発見もありました。
2-2(103ページ)の●●の●●がステージ制では含まれないことは知りませんでした。今後も●●・●●・●●を重視して手数料を落とします。
それから、●●証券はネットより店頭・コールセンターの方が当選しやすそうなので早速口座を移管します。
今年は例年と比べて12月は盛り上がらない気がしますが、地道に完全抽選とステージ制でゲットします。
原 健治 様(40代男性/その他)
 ユーセイさんご苦労さまでした。サラッと読ませて頂きました。
 普段から、情報収集しているとはいえ、ここまで、細かく、広くまとめれた努力にビックリいたしました。文章力、デザイン性(レイアウト・配色まで考えて構成されている)といえ、他の情報商材に比べ優れていると感じました。
 ●●を購入して、ステージをあげてなどと、考えていた私としては、考えを変えざるを得なくなりました。ステージを上げるには、それなりの努力が必要なのが、解りましたので、資金ぐりに苦労しながら実行していこうと思います。
 再度、読み直して、年末に向けて作戦の練り直しです。
伊藤 シゲル 様(30代男性/会社員)
E-BOOKを拝見させて頂いての感想は、IPOのものでは濃い内容でタイムリーだと思いました。
私自身は、今まで完全抽選派で、そこそこの当選もありますが、今以上獲得したいと考えておりました。
そこで特に目をひいたのが、ステージ制に関する所ですね。効率よく攻略するのにどうしたらいいのか、非常に気付きとなるのがありました。
ステージ制攻略は以前から有効とはしっていましたが、実態がつかめていなかったので躊躇しておりました。
このE-BOOKで、ここは完全抽選で、ここはステージ制でということが明確にデータにもありますので、この後攻略に生かしたと思います。
林田 輝明 様(60代男性/その他)
各証券会社のHPに記載されていることであっても、なかなか理解しがたい事項が表にして纏められているので、大変分かりやすく参考にさせて頂きたいと思います。
また、「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」を自分で データ化することはとても無理なので、大変助かりました。
ステージ制抽選の攻略を知らなくて、今まで闇雲に考えていたことに気づき反省しています。
また、12のNGポイントを改めて見直し、回避する必要があること、大きな資金がなくても、工夫次第でIPOに挑戦できることを知り、今後も頑張りたいと思います。
山田 太郎 様(30代男性/会社員)
力作を拝読させていただきました!
これだけまとめるのは相当大変だったのではないでしょうか。
おつかれさまでした!
必要な時に参考にする参考書のような位置づけのE-BOOKだと思います。
新しい情報としては、やはり、ステージ制攻略の情報でしょう。
IPO関連のE-BOOKはほとんど読んでいますが、これは、他のE-BOOKにはなかったと思います。重宝します。
今後も、E-BOOK、メルマガを楽しみにしています!!!
佐藤 直道 様(50代男性/会社員)
現在の証券会社のIPOに対しての状況が詳細なデータとともに分析されていることに、大変驚きました。
今まで多少なりともIPOの獲得には努力してきたと思ってきましたが、それも本当はさわりでしかなかったと反省しました。
特に12のNGポイントを回避せよでは、間違いに気づかせていただきました。早速方針を変えてIPO獲得に向けて頑張りたいと思います。
仙田 光男 様(30代男性/会社員)
ユーセイ様サービスのしすぎです。
まずは
第1章 攻略の基礎 改めてタメになりました。
第2章 証券会社情報ファイル ここも重要です。この章だけでもウン万円で出してもいいくらいです。
第3章 配分実績データ徹底分析 脱帽です。たぶん一番労力を要した章と思われます。凄いの一言です。ここが他のE-bookと違う点ではないでしょうか?
第4章 証券会社別攻略法 こちらも重要です。これだけでも売れるでしょう。ここまで調べあげるのに大変苦労したと思われます。
第5章 銘柄選び 普通でした。
第6章 総仕上げNGポイント  これはGoodです。私も常に申込み●●は●●申し込んでました。今後は●●をつけます。
全体的によくまとまっております。
IPO商材を何個か購入しておりますが、他の方に無い切り口で再発見がありました。
値段はもう少し高くしても良いのでは?
個人的には価値のある商材と思います。
伊藤 章子 様(30代女性/会社員)
ユーセイさん、お疲れ様でした(^^)
ゆーーーっくり読ませていただきましたよ☆
まず思ったのは、これを読んでIPO投資を始められる方がうらやましいなっと…。
無駄なことが全然書かれてませんよね~。
かなりのボリュームなのに、読みやすくて疲れないのは素晴らしいです。色々な意味で初心者に優しいと思いますよ。
そして、個人的に役立てて行きたいと思ったのは、データ編でした。
日本証券業協会のサイトは知ってはいたのですが、めんどくささが先立ってしまい、ついつい真面目に目を通さないまま時が流れてしまってました。
今回の商材で、分かりやすくまとめて解説していただいて非常にありがたかったです!
休眠口座にしてしまっていた口座をいくつか持っておりますので、ちょこちょこと整理してゲットにつなげて行きますね♪
それでは、ゲット報告を待っててください!!
ozt 様(30代男性/会社員)
ユーセイ様
正直言って、IPOの商材を購入する必要があるのか非常に悩みましたが、ここ最近全く当たらないので・・・。
ここまで当たらない理由があるのか確認するために・・・。
見てびっくり!
この商材は大変ボリュームがあり、まだ全て読みきっておりませんが、非常に濃い内容でした。
特に、ただただ証券会社に申し込んでいた自分には、証券会社別攻略法は熟読させて頂いております。
これで、スランプ脱出となれば・・・。
anko 様(30代男性/自営)
いつも大変お世話になっております。
ユーセイさんのEbook迷わず購入しました。
商材の内容を客観的に評価すると、今までに購入した数万円のものに比べれば、内容、データ、全てにおいて群を抜くものだと思います。
しかも、安い!コストパフォーマンスと言う面からみれば、最良の商材でしょう。まさに商材のIPO的存在、ローコスト(ローリスク)、ハイリターン!ちょっとほめすぎましたかね。
このEbookは、読み直すことでIPOに対する自分のスタンスを見直すことができました。
ともすれば忘れがちなこと、当たらない焦りのために当選を目的とした応募をして、公募割れし、ネガティブスパイラルに陥ったり、IPOゲットのために無駄なお金を使ったり、担当とうまくいかなくなったり。
そんなことを繰り返してきた自分には、自分を戒めるバイブル的存在です。そして、ユーセイさんは私にとっての師匠です。
これからも無料メルマガ、有料商材に関わらず、ついて行きますので宜しくお願いします。
お身体に気をつけて頑張ってください。
福田 実 様(40代男性/会社員)
ユーセイさんの初値予想は、信頼できるので、この本を申し込みました。
証券会社別に整理されているのが、わかりやすいです。
ここのところ、IPOは不振ですが、回復したときには、すぐ活用できるよう読み込みたいと思います。
●●のネット申し込みで、前受け金が全額は必要ないというのは、初耳でした。ホームページ上のルールから、全額と理解していたのです。
E-bookならではの情報ですね。
山本 盛男 様(30代男性/会社員)
E-BOOK大変興味深く読ませていただきました。
IPOには1年半ほど前から取り組んでおり、口座も30社ほど開いていますが、完全抽選中心なのでなかなか当たらないこともあり、最近は若干意欲が落ちてきていたところでした。
今回、E-BOOKを読んで自分の攻め方に間違いがあった点、IPOはローリスクで高いリターンを得られる点、また申込み銘柄の選別が重要だという点を再認識できました。
E-BOOKを基に年末年始で攻め方の修正を行い、取り組んで行きたいと思います。
ありがとうございました。
鈴木 香 様(30代女性/主婦)
IPOにチャレンジし始めて2年目になる専業主婦です。
資金が少ないし、色々すすめられたら断るのも苦手だし、などの理由で手軽なネットの抽選だけ申し込んでいました。
でも、正直言って余りにも当たりません。
ユーセイさんのメルマガの当選されたみなさんの話をうらやましく拝見していました。
そんな私には、今回のE-BOOKは「なるほど♪」の連続でした。
ものぐさで面倒な事は苦手な私ですが、ちょっと取り組み方を変えてみようかな、という気持ちになりました。
佐々木 義男 様(30代男性/会社員)
よくここまで膨大なデータを集めてくれました。
一から自分で調べる労力を考えるとかなりお得ですね。
プリントアウトして手元に置いて観ながら、銘柄ごとにどこの証券会社を中心に申込むかを考察するのに役立っています。
特に4章にはもう一度各証券会社に対するスタンスを考え直すために必要な事柄を、分かりやすくまとめられているので対策を整える上で非常に役に立ちます。
HAYATO 様(30代男性/会社員)
ユーセイさま、大変ボリュームのある商材をありがとうございました。
今までの商材とは違った切り口でしたので、とても新鮮な感じがしましたよ。
ちなみに「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」を自分でデータ化しようと思っていましたので、その手間が省けました(笑)。
データ編だけでも1万円以上の価値はありますね。
もちろん知っている情報もたくさんありましたが、日々情報が更新される証券業界の最新版ですので、今後もIPO取得を狙うのであれば、持っていて損はない1冊だと思います。
とくにいろいろ試しているのに当選できない~って人にはおすすめです。努力が間違ったほうに向いてしまっているのに気づくことができるでしょうからね。
榊原 賢二 様(30代男性/その他)
だいたいE-BOOKには役に立つ情報ってそんなに載ってないものです
それでも費用対効果を考えると得だから購入していました
ユーセイさんのE-BOOKは十分元が取れる内容でした
30,000円でも買って損したとは思いません
それだけの内容です
大村 みずほ 様(30代女性/会社員)
IPO系のE-BOOKはこれで3つ目です。これまで裁量系のE-BOOKを購入致しましたが、その教えに反し(?)、付録の購入特典(by佐藤ユーセイ氏)をヒントに完全抽選派で取組んでいます。
マメな申し込みや資金移動等の努力が実り(?)、ときどき当選し、トータル損益プラスを実現できています(感謝!)。
その佐藤ユーセイ氏ノウハウの集大成ともえるE-BOOK、期待に満ちて購入させて頂きました。
その読後の感想ですが…、凄~い。
ページ数がとても多いのですが、無駄なページはありません。情報が凝縮されています。
特に4章以降、購入特典等でお馴染み(?)の表他が更にグレードアップしています。ただ漫然と申し込むのではなく、直近の各証券会社の傾向などを踏まえ、自分自身の申し込み戦略を再考するヒントが一杯です。
これらを調べあげて纏める労力を考えると、とてもリーズナブルなE-BOOKだと思います。
恐らく、このE-BOOKをヒントに地道に申し込み戦略を検証し続け、そして、効果的な申し込みを継続すると、その効果がジワジワとボディーブローのように効いて来るのだと思います。
かく言う私も、ユーセイ氏の購入特典等をヒントに約1年半に渡りいろいろと模索し続けていますが、自分的には十分な効果(損益)を享受できていると実感しています。
投資ものは、何でもそうだと思いますが、その急所と思える部分を徹底的に研究した者が勝ち組になるのだと思います。IPOの場合は、どうやって少しでも当選する(+公募割れを掴まない)確率を高めるかを研究し、かつ継続的に実践することだと思います。
佐藤ユーセイ氏のこのE-BOOKには、不断の研究成果が一杯です。当選確率を高めたいという方は、このE-BOOKの情報を消化することはもちろん、その研究姿勢を身に着けることをお勧め致します。
いかがでしょうか。
購入者の皆さんの感想は、このあとも随時追加していく予定です。
ぜひこのサイトに時々アクセスして、皆さんの喜びの声やE-BOOKの魅力を感じ取ってください。
販売価格 :9,800円
(ダウンロード版のみ:本編E-BOOK約250ページ,特典E-BOOK約150ページ)
決済はインフォトップのシステムを使用しています。
クレジットカード、銀行振込・郵便振替、コンビニ決済、BitCashで決済可能です。
【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。
ところで、まことに残念ですがこのサイトをご覧の方の中には、『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』を購入する必要のない方がいらっしゃいます。
具体的には、以下にあてはまる方は残念ながらこのE-BOOKをお読みになってもあまり得るものがありませんので、ご購入を見送られることをお勧めします。
IPOに投入する資金が豊富にある方
→問題ありません。
 その調子で、資金量にモノを言わせてどんどんIPOを獲得していってください!
何事も他人任せで、具体的な指示がないと行動できない方
→投入できる資金量・口座を開設している支店等、投資においては個人個人が置かれた状況は異なります。
 ですから、E-BOOKに書かれているノウハウをご自分に合うようにアレンジして実践する意思がないと、このE-BOOKに対して望んだ効果が得られないおそれがあります。
さて、あなたはここまでお読みになって、もしかしたら「どうしてこの人は、せっかく見つけた貴重なIPOの獲得ノウハウを公開してしまうんだろう。自分の首を絞めることになるだけなのに」と疑問に感じたかもしれません。
たしかに、お感じのようにこうした貴重なノウハウも、公開すればいずれは陳腐化していく運命にさらされることになります。
ですから本来独自のIPO獲得ノウハウをお持ちの方は、そのノウハウをどこにも公開せずひとり黙々とIPOを獲得して利益をあげ続けることがほとんどです。
でも、私はIPOをテーマにしたメールマガジンの発行を通して、ひとつ気づいたことがあります。
それは、私がIPOの獲得ノウハウを提供することで読者の方々からIPOの当選情報や証券会社の最新情報をさらにお寄せいただけるようになる、ということです。
それも、喜び・感謝の言葉とともに。
これは、情報を提供する側の私にとっても、このうえない喜びの瞬間です。
こうした喜びに満ちた数多くの有益な情報をいただくことで、私はさらにパワーアップしたノウハウを築き上げることができます。
そしてそれを読者の方々に提供してまたIPOの当選情報や証券会社の最新情報をお寄せいただき、私はさらに...と、こうしてポジティブな正のIPO獲得スパイラルが出来上がっていくのです。
証券会社のIPOに関するさまざまなルールや対応は、社内要因・社外要因により徐々に変化していきます。
当然、IPOの獲得ノウハウもこうした変化と無縁ではいられません。
しかしながら、ポジティブな正のIPO獲得スパイラルの中にいれば、IPOの獲得ノウハウも適宜最新のものにアップデートされ続けていくことになります。
こうして私も私のメールマガジンの読者の方々も、
いかなる変化があろうともIPOを継続して獲得し、
利益を出し続けられるスペシャリスト集団=
IPOマイスターとして生き残っていくことが可能になる
のです。
だからこそ私は、自身のIPO獲得ノウハウをこうしてあなたに提供します。
あなたもこのポジティブな正のIPO獲得スパイラルの中に入って、継続的に利益を出し続けるIPOマイスターの仲間に加わりませんか?
トップページ
立ち読み版
プロフィール
特商法
免責事項・個人情報
アフィリエイター様へ
Copyright 2007-2008 YU-SEI SATOH 利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~
充実の全69ページ!
主要証券会社27社の内訳も、ここだけで公開。
特に、3大証券会社については本編E-BOOKの内容を完全収録しています!!
お名前


メールアドレス
※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー
[ 閉じる ]
利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~
新規公開株が上場した場合、半年間は動かせないのはどうしてですか?
あなたは未公開の段階で大口の株を保有する者に対するロックアップのことを言っているのでしょう。われわれ個人投資家は株公開後なら、いつでも購入、売却ができます。ご安心ください。
新規公開株IPOについて2月28水曜日上場の3446ジェイテックコーポレーションがかなり上がるのではないかと聞きましたが、どう思いますか?ONLY・ONE企業で業績も良く、IPOの間で時期も良いと指摘されています。
公募価格は想定価格から上振れしましたし、どこの予想サイトを見ても2倍は確実。3倍も視野に入るIPOですね。当然ながら当選しませんでしたが、まさか当選?した。ならおめでとうございます。うまく3倍に行けば50万くらいが手に入りますよ。その次は「RPA」ですね。SBI主幹事で4倍行くかもと噂されている銘柄です。みずほ主幹事の「アジャイルメディア」も4倍と言う噂も有ります。昨年はIPO全滅でしたから、今年こそは当選と行きたいものです。
新規公開株IPOのラクスルに当選しました。これから購入の申し込みが始まりますが、買うか買わないか迷っています。今年からIPOチャレンジを始めて、床屋のQBに初めて繰上当選して購入しましたが、撃沈でした。このときはある程度覚悟していたのでダメージは少なかったですが、今回は・・・。初値+300円以上は固いとなれば買いたいのですがどうでしょうか?
カテゴリマスターそりゃおめでとう。私は回避しました。チャレンジポイントのためのSBIは応募しましたが。当選していたら笑える。意外に公募価格上げてきました。1500円。強気ですね。BBが良かったのですかね。なお、予想サイトでは1450円。前の想定価格1400円より50円高い。典型的な上場ゴール銘柄。私の予想は、初値割れです。SBI当たっていたら辞退です。メルカリに使う。もっとも上場が5/31、初値売りで、間に合うみたいですけど。
新規公開株を取得して売りに出すときに成行で売ろうと思うのですがよくわからないことがあります。執行条件付き?寄り付き引けなし3つあるのですがどれが一般的なのですか?教えてください、お願いします。
なしが一般的。新規公開株なら寄り付きでもいい
新規公開株メルカリは期待できますか?当選の可能性は難易度的にどれぐらい?
経営の内容があまり芳しくなので暴騰する事は無いと思いますが2倍程度にはなると予想してます。買いたいですが難しいでしょう。
おすすめの情報