独立・起業・SOHO

誰にでも簡単にできる古物商取得マニュアル

誰にでも簡単にできる古物商取得マニュアル



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

誰にでも簡単にできる古物商取得マニュアル

■商品詳細:

実体験をもとにわかりやすく解説した「古物商取得マニュアル」です。
初めての方も手順に従うだけで簡単に「古物商許可証」があなたのものに!
チャンスをつかみとるのもすぐそこに!
これで高額な手数料を支払わずに自分で申請して「魔法のパスポート」が手に入ります!

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

独立・起業・SOHO

■販売価格:

3000円

■販売者名:

有限会社ラックプラス
★独立・起業・SOHO☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

誰にでも簡単にできる古物商取得マニュアル
街を歩いているとリサイクルショップや中古ゲーム屋さん、アンティークショップ、金券屋さんなどをよく目にしませんか?
これらはみんな古物商の許可を得て営業しているのです。
古物商を営むにも、古物営業許可が必要なのです。
「古物商?私には関係ない。」とおっしゃる方!
インターネットオークションやフリーマーケットに出品した事はありませんか?
自分で使っているものや、新品で買ったけど不要になったものを売るだけなら、古物営業の許可は必要ありませんが、
仕入れてきて売るためには、古物営業許可が必要になります。
古物営業許可なく出品すると、罰せられる恐れがあります。
古物商は、営業所の所在地ごとに都道府県公安委員会の許可を受けなければいけません。(古物営業法第3条)
つまり・・・・
・金券ショップ、リサイクルショップ、中古車販売、アンティークショップなどを開業しようと考えている方。
そして
・インターネットオークションやフリーマーケットへの出品を考えている方。
など古物を仕入れて売るためには、古物営業法によって「古物営業の許可」を都道府県公安委員会から取得しなければ、営業できないのです。
古物営業法とは・・・古物商になるまえに知らなければいけない古物の法律。    (古物には、盗品等が含まれる危険性が高いので、     それらの売買の防止と、すみやかな発見をはかるため、規制を行うことにより、
     窃盗その他の犯罪の防止と、その被害の迅速な回復をはかるための法律です。)
つまり「古物営業許可」を持っていると信用にもつながります。
許可を受けないで古物営業を営んだものは、古物営業法第31条にひっかかってしまいます。
古物営業法第31条とは?
「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処するという法律です。
(古物営業法第31条)
詳しくはこちらの ⇒ 「電子商取引における準則」をご覧ください
法律に触れないように自分で申請しようという方のためのマニュアルです!
古物商許可申請はそれほど難しいことではありません。
古物商許可を取得するのに特別な資格は必要ありません。
未成年者などの欠格事由にあてはまらなければ、「古物商許可申請書」と必要書類を集めて営業所を管轄する警察署に申請すると、誰でも許可がおります。
今まであまり公開されていなかった個人での古物商許可申請です。
マニュアルを読んであなたも確実に取得する方法をご理解いただけると思います。
copyright(C)2008 luck+ All rights reserved.
誰にでも簡単にできる古物商取得マニュアル
古物商許可証取る時に、「取り扱う項目」に◯していない物を買い取りして、それが警察とかに発覚した場合、どういう罰則があるんでしょうか?罰金とかでしょうか?
古物営業法では下記のように罰則が定められています。第三十四条次の各号のいずれかに該当する者は、二十万円以下の罰金に処する。一第五条第一項の許可申請書又は添付書類に虚偽の記載をして提出した者
古物商の許可を申請したところ自宅とは別に、営業所として借りたアパートにしたのですが、古物商の許可証には私の自宅の住所が記載されていました。この場合許可証の住所は営業所で借りたアパートの住所になるのではないのでしょうか?なぜ自宅が居所になっているのか分かりません。お分かり頂ける方宜しくお願い致します。
古物営業法施行規則第3条で許可証の様式が決まっています。許可証は営業所ごとに出しているのではなく代表者個人に出しています。よって、許可証に記載されるのは営業所の住所ではなく、申請書の別記様式第1号その1(ア)の「住所又は居所」の欄に記入した住所になります。借りたアパートの住所を許可証に記入してもらいたいのであれば、住民票をアパートの住所に移して変更の手続きをするとよいです。尚、法人で許可を受けた場合は許可証の上の段に法人の名称と所在地、下段に代表者個人の氏名と住所(住民票の住所)が記載されます。
電子ギフト券の売買を業とする場合、古物商の許可はいるのですか?公安委員会のサイトを見るにそういうことは記載されてませんでしたもしかしたら私の見落としかもしれません
カテゴリマスター古物営業法には「物品」とありますので、リアルな物体を有しない場合は適応されない可能性もあると思います。管轄の警察署に確認するのがベストだと思いますよ。
古物商は過去に前科(犯罪経歴)があった場合は取りにくいですか?前科は10年以上前の事です。詳しい方よろしくお願いいたします。
古物営業法第4条2では、許可してはならない者を下記のとおりとしています。禁錮以上の刑に処せられ、又は第三十一条に規定する罪若しくは刑法(明治四十年法律第四十五号)第二百四十七条、第二百五十四条若しくは第二百五十六条第二項に規定する罪を犯して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることのなくなつた日から起算して五年を経過しない者
古物商許可を取ることで会社にばれることはありますか?
補足しておくと、、ネット販売をする人はURLを届け出たりする事になる訳ですが、その後に県警WEBサイトのネット販売業者一覧等にバッチリ載る事になる場合も普通に良くありますから、そっから察知されると言う可能性は普通にあります。次に、古物商の許可を得ると言う事は、単に資格ホルダーのように趣味で取ると言う類のモンでは無く、業としてし続けるからこそ取らないと行けないと言う方面の許可類ですから、これは許可を得ると言う事は、それイコール貴方が本業以外の所で副業等をしてますよと言う事の証明でもある訳ですから、ばれたらその時は就業規則等で普通に禁じられてるような規定違反として何らかの懲戒処分を受けるハメになる可能性もありますから、会社にそのような許可でもも貰うかしてからじゃないと不要なモンは不用意には取らないのが無難かとも考えますがどうでしょうね。因に、古物営業法にて業務を一定期間以上行わない者は許可返納のような決まりにもなってますから、無駄金使う事にならんようご注意を。参考迄に、許可取得後は定期的に警察の担当窓口である生活安全課の警察職員らが警察だけに細かく点検しており、不明点があるとすぐに問い合わせ等も来ますからね。そのような過程で業務としての運用実態が無い場合は返納を求められたりもします。
おすすめの情報