生活の悩み

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15000人の離婚問題解決法」~あなたの離婚問題もきっと解決できます~

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15000人の離婚問題解決法」~あなたの離婚問題もきっと解決できます~



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15000人の離婚問題解決法」~あなたの離婚問題もきっと解決できます~

■商品詳細:

離婚問題に悩む「男性」・「女性」大集合!

離婚したいあなたも・・・

離婚したくないあなたも・・・

満足度964%を実現した離婚問題解決法で、
今すぐ悩みをスピード解決!

離婚問題のスペシャリスト澁川良幸が、
今までなかった離婚問題別の解決法を大公開!

これぞ15000人が実証した“自分で解決できる”離婚問題解決法!

だから費用も時間も大幅カット!

さあ、あなたも今すぐ「15000人の離婚問題解決法」で悩みを解決してください!

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

生活の悩み

■販売価格:

19800円

■販売者名:

株式会社インフォスマイル
★生活の悩み☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15000人の離婚問題解決法」~あなたの離婚問題もきっと解決できます~
TVや新聞・雑誌で大活躍!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」
TVや新聞・雑誌で大活躍!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」
※この数字はこれまで のデータを集計した ものです。
現在 最新情報
離婚問題は多種多様。100人いれば100通りの問題があります。だからこそ、離婚問題は一筋縄ではいかないのですが、15,000件を超える私の経験と実績なら、きっとあなたのお役に立てるはずです。
ご安心下さい。私は離婚問題のスペシャリストです。
離婚カウンセラーとして、そしてコメンテーターとして
メディアでも数多く取り上げられています。
★テレビ出演関連(再生ボタンで動画が始まります)
フジテレビ(FNN)の看板報道番組『ニュースジャパン』にて離婚問題の専門家として取材を受けました。
TBSの報道番組『イブニング・ファイブ』の「シリーズ・熟年離婚」にて取材を受けました。
★新聞・ニュース関連(クリックで詳細表示)
産経新聞11月15日掲載記事の取材を受けました。
PJニュース(Livedoor NEWS)に掲載されました。
★雑誌その他(クリックで詳細表示)
サンデー毎日10月21日号(毎日新聞社)の『日本初「離婚ローン」で妻とスッパリ別れる』 という記事の取材を受けました。
読売ウィークリー2月10日号(読売新聞東京社)の『夫は知らない妻のXデー 30・40・50年代別離婚回避術』 の取材を受けました。
月間テーミス2月号の『男性の訴えが認められた裁判官が判定する「婚約解消のルール」』 という記事の取材を受けました。
「ALL ABOUT(オールアバウト)」の「離婚のお金の基礎知識」で慰謝料に関する取材を受けました。
その他、各メディアから取材殺到中!
今、澁川流離婚問題解決法が話題沸騰!
はじめまして、澁川良幸(しぶかわよしゆき)と申します。
私は、離婚カウンセラーとして離婚問題に悩まれている方の手助けをする傍ら、テレビや新聞・雑誌のコメンテーターとして、日々増え続ける離婚問題に正面から立ち向かっています。
最初に申し上げました通り、私はこれまで実に15,000件以上の離婚問題を取り扱ってきました。しかも、そのご相談の大半は「弁護士に相談したけどどうにもならなかった…」「裁判で負け続けている…」「もう生きていく気力さえもない…」といったハードなものばかりです・・・。
そう、私のところには、弁護士さんに頼んでも解決できなかった人や、自分自身で色々やってみたけど結局どうにもならなかった人たちが、最後に最後の希望としてやって来ます。そのため、言い方は悪いですが、私のクライアントさんは皆さん廃人同様です。決して大袈裟に言っているわけではありません。離婚問題とは、それだけ辛く、苦しいものなのです。そして、その重い気持ちは当事者でないと計り知れません。私は、そんな方々の苦しみを少しでも和らげたいと思い、随分と長い間この仕事を続けてきました。
当サイトに訪れたあなたも、きっと辛い状況にあるのでしょう。とても苦しいでしょう。孤独で寂しいでしょう。いっぱい不安もあるでしょう。その気持ちは痛いほど分かります。ですが、もう安心して下さい。私は、そんな方々の最後の砦として、離婚問題における数々の悩みを解決にいたってきました。ですから、きっとあなたのお役にも立てるはずです。
離婚問題には、「男性(夫)」「女性(妻)」、「離婚したい」「離婚したくない」というような4つのベクトルが存在しますが、いずれの問題も解決の糸口は必ずあります。法律では解決しない(できない)問題であっても、あなたの希望通りに事を進める方法があるのです。
離婚に関する悩みは、それこそ多種多様ですが、たとえば、あなたは次のようなことで悩んでいませんか?
相手の浮気問題で悩んでいる。
性格の不一致、価値観の違いで悩んでいる。
慰謝料や財産分与の件で悩んでいる。
相手の暴力(DV)や暴言(精神的暴力)で悩んでいる。
養育費や親権問題で悩んでいる。
生活費を入れてもらえなくて悩んでいる。
弁護士に相手にされなくて悩んでいる。
弁護費用が用意できなくて悩んでいる。
相手の浪費癖が酷くて悩んでいる。
他に好きな人ができて悩んでいる。
ずっと裁判に負け続けて悩んでいる。
突然、相手から離婚を迫られて悩んでいる。
熟年離婚をしたくて悩んでいる。
離婚後の生活が不安で悩んでいる。
とりあえず、私のもとに寄せられるご相談の中で、多くのシェアを占めている悩みを並べてみましたが、あなたもこれらと同じ悩みをお持ちではないですか?また、別の悩みをお持ちの方もいるかもしれませんが、そういった場合でも大丈夫ですのでご安心下さい。当サイト「15,000人の離婚問題解決法」は、様々な離婚問題に対応しております。
そして、あなたは次のような解決方法を
望んでいるのではないですか?
どのような離婚問題を抱えている人も、同じ解決方法を望みます。
男性(夫)も女性(妻)も、離婚したい人も離婚したくない人も、次の解決方法の中に、あなたが理想とする解決方法があるはずです。
このすべてに該当する人もいれば、この中の一つだけに該当する人もいるでしょう。いずれにしても、離婚問題で悩まれている方の理想は同じなのです。特に、問題が悪化すればするほど、次のような理想を求めます。もし、この3つすべてに該当するのなら、それは既に問題が悪化している人か、もしくは問題が悪化する可能性の高い人だと断言できます。ですので、そういった方はすぐに問題解決に向けて動き出す必要があります。
「確かにそうだ」と思われた方が多いと思います。では、なぜ私はあなたの気持ちがわかるのでしょう?それは、これまで数々の離婚相談を受けてきたからです。しかも、恐らくあなたの悩みよりもずっとハードな相談を受けています。自分で言うのもおかしいですが、15,000件以上の実績と経験は伊達ではありません。それに、悩みだけではなく、その解決方法までを共有することができるからこそ、私のもとには相談が絶えないのだと思います。
もし、あなたが上記のような解決方法を望むなら、弁護士さんに依頼しても理想通りにはならないでしょう。なぜなら…。
たとえ、あなたに対立の意思がなかったとしても、弁護士を立てることで相手も感情的になります。円満解決はありえません。
大半の弁護士は、話をうまく丸め込むために妥協点を探します。この場合、本当にあなたが望む条件で解決するかは分かりません。
当然ですが、この場合は余計な出費が増えます。さらに裁判を起こせば、着手金や報酬金も含め、100万円以上はかかります。
多くの人が「離婚問題=弁護士」と思っているようですが、実際のところ弁護士さんは離婚問題のスペシャリストでもなければ、あなたの知人・友人でもありません。どこまで親身になってやってくれるかは、それこそ人それぞれです。
また、依頼した弁護士さんがたまたま良い人だったとしても、上記のような問題は必ず起こります。なぜなら、弁護士さんもボランティアでやっているわけではないからです。たとえば弁護費用は必ず掛かってきますし、あなたの案件を最優先してくれるかどうかも分かりません。でも、それは仕事だから仕方のないことです。
ところが、当サイト「15,000人の離婚問題解決法」なら、あなたが理想とする結果にグッと近づきます。なぜなら、これは・・・
様々な離婚問題に対応した解決法であり、しかも自分自身で対処できる
からです。そのためあなたが弁護士さんに依頼する必要はありません。「15,000人の離婚問題解決法」を読んで、そこから解決の糸口を探せば良いのです。
少し前置きが長くなってしまったので、そろそろ具体的な内容に入りましょう。次は、あなたの悩みを解決する番です。
では、ここからはいよいよあなたの悩みを解決していきましょう。
離婚問題は、時間を掛ければ掛けるほど状況が悪化してしまう可能性が高くなります。ですから、まずは1日でも早く、いや一秒でも早く今あなたの前に立ちはだかっている壁を取り払う必要があります。
そこで、あなたが抱えている問題や悩みを一旦ここで整理して、スムーズに解決できるようにしていきます。
先ほどもお話ししましたが、離婚問題には基本となる4つのベクトルが存在しています。
「男性(夫)」「女性(妻)」「離婚したい」「離婚したくない」
この4つです。今、あなたがこの中のどの状況におかれているかはわかりませんが、私のこれまでの経験からすると、離婚についての基本的なことや相手の考えを知らずして円満に解決したケースはほとんどありません。むしろ、皆無と言っても良いかもしれません。
あなたが本当に自分の理想どおりに事を進めていきたいのなら、まずは離婚問題における最低限のことを知る必要があるのです。はっきり申し上げて、ただ闇雲にあなたの希望を相手に押し付けていては、いつまでも解決することはないでしょう。また言わずとも、ただただ相手の言いなりになっているだけでは、自分の理想どおりに解決することはありません。
では、さっそくあなたの状況に合わせて問題を整理していきましょう。あなたの今の状況に合うものをクリックしてください。
まず、離婚をしたいあなたにお聞きします。
例えば、あなたが毎日のように浮気を繰り返し、ほとんど家にも帰らず子供の面倒も見ない状況だったとします。あなたに非がある場合です。もしくは、逆のケースで奥さんが家事も育児もせず、浮気などを繰り返していたため、あなたが離婚を決意したとします。奥さんに非がある場合です。
しかし、奥さんは「“絶対”に離婚しない!」と頑なに離婚を拒否しているとします。
さて、あなたはこのような2つの状況下で、理想どおりの離婚ができると思いますか?
答えはズバリ、どちらも「YES!」です。ただし、あなたが「法律に頼らず自分自身で解決をされる」という姿勢があればの話です。なぜなら、日本の法律というのは、実は男性よりも女性寄りだからです。法律の範疇だけで、うまく解決しようとしてもなかなかうまくいかないという現実があるのです。
あなたがどんな理由で離婚をしたいと思っても、奥さんが「離婚したくない」と言えば、いくら調停や裁判を起こしても離婚することは非常に困難です。たとえ、奥さんが家事や育児を放棄する。外で他の男性と浮気をしているような状況だとしてもです。きっと、「どうしてこんなにひどい状況なのに、離婚できないんだ」とあなたは思われるでしょう。
女性は通常経済的に弱者です。だから、例え自分に問題があっても、明日からの生活を考えれば、なかなか離婚に応じてくれるはずもありません。また、一番のネックは「裁判所(法律)の常識」と「世間の常識」が大きく違うということです。法律は、できる限り離婚をさせないように作用しているのです。では、法律を頼らずにいったいどう解決すれば良いのか??ご安心ください。
「15,000人の離婚問題解決法」は、某TV番組などでも活躍する弁護士さんへ相談したものの、結果的に裁判で負けてしまったという方や、離婚はしたいけど、できる限り慰謝料や養育費は払いたくないといった、普通では相手にもされないような問題までも解決に至らせたのです。私の離婚問題解決の歴史は、裁判所や法律の常識への挑戦の歴史と言っていいかもしれません。
つまり、本ノウハウを活用していただき、いくつかのポイントを抑えることで、法律に頼らず無駄な時間も費用も掛ける必要なく、あなたの理想どおりの離婚に持ち込むことが可能なのです。まさにこれがあなたの探し求めていた解決ノウハウではないでしょうか。
つい先日、私のもとにこのようなご相談がありました。
ご相談者であるご主人は、性懲りもなく浮気を繰り返し、その浮気現場を発見した奥さんから離婚を求められ、すでに1週間後に裁判を控えている状況でした。奥さんは、調査会社などを駆使して万全の浮気の証拠も持っていましたが、ご主人は「絶対に浮気を認めたくないし、離婚もしたくない」と、私に最後の望みを託すかのようにご相談されてきたのです。そこで、私はご主人から状況を聞きながら、あるアドバイスをしていきました。
その1週間後、裁判が開かれ誰がどう見ても奥さんの勝訴は明らかでした。ところが、ご主人があっけなく勝ってしまったのです。つまり、離婚は認められなかったのです。
さて、いったい私は何をしたのでしょう?もちろん、弁護士を雇ったりお金がかかったりするようなものではありません。言うまでもありませんが、法に反するようなことでもありません。私は、ご主人から奥さんが持っている“証拠”の内容について聞き、アドバイスをしただけです。
離婚問題で悩まれている方に共通して言えることですが、知識を持っていないがために理想どおりの問題解決ができないだけで、しっかりと知識を持っていれば、裁判などで闘う必要もなく協議の段階で解決することも十分可能なのです。
また私は、今日まで2,565名(
現在)の「離婚したくない」という男性からの相談を受けてきましたが、その内、結果的に離婚をしてしまった方は、たったの18名です。しかも、この18名の方というのは、離婚原因が奥さんにあったものの最終的には奥さんとお子さんに対して、事件になるほどの暴力を奮ってしまったり、ご主人が仕事へ行っている間に、奥さんが行方をくらましてしまったりなど、もう本当にどうしようもない状況の場合です。
ですから、ほとんどのケースにおいて離婚する必要はないのです。離婚せずに済むのです。あなたに非があってもなくても、ただ単にあなたも奥さんの上を行く戦略を持てば良いのです。
その戦略を講じるための唯一の武器が「15,000人の離婚問題解決法」なのです。あなたがこの唯一の武器を手にすることにより、もしも強力な弁護士があの手この手で揺さぶりをかけたり、奥さんが子どもを連れて出ていくという強硬手段に出たとしても大丈夫です。なぜなら、本ノウハウは万が一、離婚に発展したとしてもあなたが親権を取る方法さえ紹介しているからです。つまり、離婚をしないための戦略はもちろんのこと最悪な状況に備えた準備もできるのです。それくらい画期的なものなっています。
まずはあなたにあった「離婚しないための戦略」を手にしましょう。そして、具体的な行動に移す。離婚問題をスムーズかつ円満に解決するための鉄則です。
私がこの仕事を始めてから今まで最も多く受けてきたご相談が、離婚したい女性からのご相談です。
あなたのように「離婚したいのに、できずに悩んでいる女性」の相談を今日まで5,831件(現在)も受けてきましたが、その内、結果的に離婚できなかったという人は、数えきれるほどです。しかも、この離婚できなかったという人は、一時的な感情で離婚を決意し、ご主人と話し合った結果、離婚を取り下げたという方や、何の戦略もない状態で裁判を起こし、判決が下される数日前に私の元へご相談にこられた方などです。
つまり、どのような離婚理由であっても、何千人という女性の方に、あらゆる方策を駆使して「離婚できた」という結果をもたらすことができているのです。しかも、法律などに頼らずに協議離婚で解決することがほとんどです。
なぜなら、日本の法律では、なかなか離婚できないのが実情だからです。できる限り離婚をさせないように法律は作用しているのです。例えば、つい先日もある奥様から私のもとにメールでこのようなご相談がありました。
内容は、ご主人が毎日のように奥さんや子どもに暴力を繰り返し、夫婦関係の維持に限界を感じた奥さんが離婚を決意したというものです。しかし、奥さんが離婚の話を口にするたびに、ご主人が「離婚したら自殺する」と言うので、離婚したいのにどうにもならないような状況だったのです。
そして、奥さんは、「もう、2年以上も悩んでいます」、「都内有数の弁護士さんにも相談したのですが……」と、メールの文面からも疲れ果てている様子がよく分かりました。
そこで、私はある程度の状況などを聞いた上で、奥さんにあるものをメールで送りました。すると、その女性は3日後に離婚することができたのです。
さて、いったい私は何をしたのでしょう。もちろん、ご主人は自殺などしていません。
私が奥さんに送ったものこそが、この「15,000人の離婚問題解決法」なのです。つまり、それなりの戦略と知識さえあれば、法律に頼らず無駄な時間や費用を掛けずに離婚する方法はあるのです。むしろ、本ノウハウを活用することにより、慰謝料の金額を増やすことさえできます。
私は、「離婚したい女性」が法律に頼るのは最後の最後に使う最終手段だと考えています。ですから、もしもあなたが無駄な時間や費用を使ってまで法律に頼ろうとしているのであれば、まずはその考えをすぐに捨ててください。これは、本当に円満に解決したいと望まれているのであればこそのアドバイスです。
今度、明るい第二の人生に羽ばたかれるのは、あなたです。
最初にはっきり申しあげておきますが、あなたに少しでも「離婚したくない」という気持ちがあるのであれば、どんな状況であっても離婚する必要はないのです。決して離婚すべきではありません。
なぜなら、多くの場合、離婚すると女性は経済的に苦しくなるからです。ですから、日本の法律というのは、実は男性よりも女性寄りになっています。離婚原因があなたにあったとしてもご主人にあったとしても、あなたが「離婚したくない」と言えば、ご主人がいくら調停や裁判を起こしても離婚することは非常に困難なのです。ですが、それは最低限の知識と方法を持ち合わせていればの話です。
いくら日本の法律が女性寄りだったとしても、さすがにご主人から毎日のように離婚を迫られたり、弁護士が法律論でガンガン攻めてきていたとしたら、普通の女性であればなかなか対応できません。そうでしょう。そういった場合、そういった女性を守る存在が必要です。その存在こそ、「15,000人の離婚問題解決法」なのです。
冒頭でもお話ししましたが、私はこれまでにあなたの悩みよりもずっとハードな相談を受けてきています。そして、その数えきれないほどのハードな相談を毎日のように解決に至らせているのです。
例えば、つい最近もかなり攻撃的な弁護士を味方につけたご主人と、攻めに攻められ続けていた奥さんとの離婚問題がありました。この問題は、ご主人が浮気を繰り返し、その浮気相手と一緒になりたいという理由でしたが、奥さんは頑なに離婚を拒み続けていました。
しかし、奥さんは誰にも相談することができず、一人で1年以上ものあいだ悩んでいたのです。そんなとき、私のホームページを見つけた奥さんが相談に来られたのです。私は、奥さんの状況や事情をよく聞き、あるアドバイスをしました。すると、その奥さんは1週間後に問題を解決することができたのです。私が奥さんにアドバイスをしていた時間なんて、ほんの1時間程度です。
過去15,000件以上の離婚相談はこの私に、戦う相手が誰であろうと、どんな状況であろうと最善の対応策を提供することができる力を与えてくれました。その集大成が、「15,000人の離婚問題解決法」なのです。例え、ご主人や弁護士などから攻められているとしても、本ノウハウを活用することにより、自分自身の手で解決することができるのです。
また、お金はほしいけど、離婚を迫ってくるようなご主人の顔など見たくもないという方もいるかもしれませんが、そういった場合であっても、ご主人と顔を合わすことなく、従来通りお金だけはもらうという方法もあります。
本ノウハウは、それだけ画期的なものになっています。まさに、これこそがあなたが探し求めていた離婚問題解決法なのではないでしょうか。
さて、離婚問題の4つのベクトルいかがでしたでしょうか。
少しは、離婚問題に臨む姿勢や整理ができたはずです。もしもこの時点で整理ができていないとしても心配いりません。離婚問題は千差万別です。今、本サイトを数千人もの方がご覧になられているとしたら、数千通りもの問題があり状況があります。離婚の数だけ離婚問題はあるのです。
しかし、その根底にある部分は何も変わりませんから、あなたの希望どおりに事を進める方法はあるのです。あなたが今やるべきことは、問題が発生した理由の整理と基本的な知識と姿勢を持ち、あなたが理想とする最終的な状況をイメージしておけばよいのです。
では、ここからは次のステップに入っていきます。
離婚問題は、離婚するかしないかということだけで終わるものではありません。その他、様々な要素が絡み合ってきます。その代表例が、離婚問題に必ずと言っていいほど付きまとう慰謝料です。慰謝料に関しては、「離婚したくない!」と思われている方も、いざという時のために必ず知識として取り入れておく必要があります。駆け引きの要素としても、充分に力を発揮するからです。
慰謝料は、離婚後のあなたの人生を大きく変える力を持つものです。離婚をすれば、お互いが別々の人生を歩んでいくわけですから、よほどの資産をお持ちの人ではない限り、慰謝料をもらう側の人も支払う側の人も、一切妥協をしてはいけません。離婚問題が一応の解決をし、感情が現実に戻ったとき、必ず後悔するからです。
では、あなたにズバリお聞きします。
ズバリ、その方法はあります。
慰謝料については、世間相場のようなものがあり、一般論でいえば、慰謝料の金額は結婚年数が基本となります。しかし、私に言わせれば、このような金額は目安以外の何ものでもありません。
私が重要視するのは、あなたが「ほしいと思われる金額」だけです。
なぜなら私には、弁護士さんや裁判官のような束縛が何ひとつないからです。ですから、これまでに何件もの「慰謝料の金額アップ」という期待に応えることができました。
その例として、ある奥様から電話でこのようなご相談を受けたことがありました。
相談者:「裁判所で、慰謝料は300万円が妥当ではないでしょうかと言われました。でも、そんな世間相場みたいな金額ではとても納得できません」
私:「で、あなたは一体いくらほしいのですか?」
相談者:「1000万円です。弁護士さんにも相談したのですが、『それは、いくらなんでも無理ですよ』と言われました。でも300万円なんて絶対に納得できません」
この奥さんは、ご主人の度重なる暴力に耐えきれず裁判を起こして、サラリーマンのご主人に1000万円という慰謝料を要求したのです。一般的なサラリマーンに対して、これだけの慰謝料を要求することは、通常では考えられません。
しかし、先ほども述べたように、私が重要視しているのは“ほしいと思われる金額”です。ですから、私はこの奥さんに対し簡単なアドバイスをした後、「15000人の離婚問題解決法」を郵送で送りました。
すると数日後、「慰謝料は、800万円で決着がつきました。夢みたいです。ありがとうございました!」と、なんとも嬉しそうな声で電話をいただきました。
これが例えば、相手の収入や世間相場を見極めて慰謝料の額を決め、問題を解決しようとする離婚カウンセラーや弁護士さんであれば、この金額で決着を付けることは、まずできなかったでしょう。
慰謝料は離婚後の第二の人生にとって重要な軍資金です。絶対に安易な妥協をすべきではないのです。
あなたが世間相場の慰謝料以上の金額が妥当だと思われるのであれば、ぜひ、本ノウハウを活用してあなたの希望を叶えてください。
最近、私の元へ慰謝料についてご相談にこられる方の中でも、「支払う金額を減らしたい」というご相談が急増しています。先月の1ヵ月間(
)だけでも、メールや電話も含めると80名以上のご相談がありました。それもそのはずです。あちらこちらでリストラや給料カットなどが実施されていますから、慰謝料を減額したいという人が急増するのもおかしな話ではありません。
この慰謝料について一般的に考えてみると、通常では相手の望む金額やあなたの収入や財産を見極めて支払う傾向にあります。そして、弁護士さんや裁判所の多くは、こういった世間相場を重要視します。でも、私は違います。
なぜなら、私は世間相場など全く考えていないからです。もっと言えば、相手の望む金額などは気にも留めていません。そもそも相手が慰謝料を要求してこないような環境を作り出せば良いのです。
これには、ちょっとしたテクニックが必要になりますが、あなたにもできます。そうでなければ、口コミで1ヵ月間に80名以上ものご相談はなかったでしょう。
「15,000人の離婚問題解決法」には、慰謝料の金額を世間相場から大きく減額した、場合によってはゼロにした事例まで掲載されています。ですが、これだけは覚えておいてください。
よく「必ず慰謝料は支払うもの」だとか「男が慰謝料を支払うもの」と、勘違いをされている人がいますが、慰謝料は離婚後の生活費ではないのです。慰謝料とは、精神的苦痛や肉体的苦痛を与えた場合などに発生する損害賠償金であり、あなたが何も悪いことをしていなければ、金額を減額するどころか支払う必要は一切ないのです。普通に考えて、何の非もない人から請求しようとすることが見当違いなのです。
あなたに非があってもなくても、古くからの慣習や世間相場などの固定観念に惑わされなければ、余計なお金を支払う必要はなくなるのです。
私のもとには、毎日何人もの相談者が訪れます。
365日ほとんど休むことなくカウンセリングを行い、お陰さまで朝から晩までカウンセリングの予約でいっぱいです。そのほとんどが口コミや、ネットからの予約です。北は北海道から南は九州まで、わざわざ私の元へ足を運んでくださるのです。
このように毎日、直接カウンセリングを行っているわけですが、私がこの仕事を始めてから今日までほとんどの相談者の方に共通して言えることがあります。それは、「なんと、離婚問題解決に簡単に失敗する人の多いことか」ということです。
スムーズな問題解決のための知識を持ち合わせていないのに、ご自身で解決しようとしたり、すぐに弁護士を頼るなどした結果、こじれる必要がないのに問題をさらに悪化させてしまう人が非常に多いのです。
本来であれば、相手側に非があったにも関わらず、墓穴を掘ったり、誤った方向へ行動を起こして自らを不利にしてしまった人。毎日悩むだけ悩んで行動を起こさず、問題解決のチャンスを逃す人。さらには、必要もないのに膨大なお金を使ってしまった人など、挙げればキリがありません。
つまり、「木を見て、森を見ず」ということです。離婚問題を抱えている人の多くは視野が狭くなり、全体像に目が行きにくくなります。ですから、普通であれば考えられないような行動をして、失敗する必要がないのに失敗してしまう人が多いのです。
しかし、離婚は人生の中でそう何度も経験することではありませんから、失敗をしてしまうのも仕方のないことなのですが、はっきり申し上げて、離婚は絶対に一時的な感情や勢いでするもではありません。そして、解決のために焦って行動に起こしてはならないのです。気付いた時に後悔するだけで、何も良いことはありません。
まだあなたは気づいていないかもしれませんが、離婚問題は焦らずにちょっとしたポイントを抑えるだけで、余計な失敗や出費をすることなく理想的な解決をすることが可能なのです。
現在は、「100年に1度の大恐慌」と言われています。ニュースや新聞を見ていると、今の経済情勢には本当に目を覆いたくなります。
この景気の悪化は、当然のことながら全国の夫婦間にも暗い影を落としています。会社が倒産したり、リストラにあったりして、経済的に夫婦関係が維持できなくなり、離婚を余儀なくされる人が増えているのです。
しかも不景気は、経済的状況を悪化させるだけではありません。精神を蝕んでしまう場合もあるのです。不景気によって精神疾患やうつ病になったり、暴力をふるうようになったりして夫婦関係の維持が困難になるケースも増えています。
不景気は、離婚件数を増やすばかりか、離婚問題をより複雑化させているわけです。また、厚生労働省の発表によれば、1996年以降毎年離婚件数が20万件を超えています。つまり、単純計算で毎日540組以上の夫婦が離婚しているということになります。
きっと、本サイトに訪れていただいた方の中にも不景気が原因で、離婚問題へと発展したという人も多くいらっしゃるでしょう。このような状況で一つだけ言えることは、離婚問題が複雑化すればするほど、何かしらの解決方法を持ち合わせていなければ、解決することが極めて困難になってきます。
今、一筋縄では、解決しにくい時代になったことを知っておいてください。
あなたはご存知でしょうか。ある不動産会社のCMで大物司会者がこんなふうなセリフを言っています。
「家は一生の問題だから、もっとワガママになっていいんじゃないかな」
離婚問題も一緒です。離婚する、しないといったことや慰謝料や養育費、親権などの問題はその後の人生に大きな影響を与えます。でも、そんな重大な問題でありながら、安易に妥協したり、途中で諦めてしまう人が多いと言わざるを得ません。つまり、先ほども述べたように、この妥協や諦めが離婚問題をさらに悪化させ失敗する要因でもあるです。
「離婚問題に決して諦めと妥協は必要ない」
これが、私が15,000件以上の相談を受け最も確信を得た部分です。あなたが諦めてしまい妥協してしまうと、問題が解決した後の方がより辛くなります。そして、あなたのその後の人生には不安がいつまでもつきまといます。
あなたが本当に後悔をしない、納得のいく解決を望まれているのであれば、あなたの想いを現実のものにする方法は必ずあります。あなたのワガママが実現する突破口があるのです。
これから理想とする問題解決を進めていくのなら、頭の片隅でも構いませんので、ぜひそのことを覚えておいてください。
これまで何度も述べてきましたが、どんな状況であっても解決する方法はたくさんあるのです。
よく、解決方法を模索するために弁護士や家族、友人知人に相談をする人がいますが、いつでも相談できる人が傍にいることは非常に良いことです。相談することにより、精神的にも落ち着きますし、自分がどうするべきであるかの方向性も見えてきます。
しかし、相談したところで常識的な答えしか返ってこない場合がほとんどです。ここまでお読みいただけた方であれば、もうご理解されていると思いますが、あなたに今一番必要なのは、問題解決のためのちょっとした技術と知識です。
誰かに相談することにより落ち着きを取り戻し、方向性を見い出すことも非常に大切なことですが、その方向に行きつくための方法を持ち合わせてなければ、なかなか解決することができず、逆に状況が悪化する可能性もあります。
ですから、何も分からず、不安の中で迷い、悩んでいる人がほとんどです。本サイトを訪れたあなたもきっとそのような状況だったと思います。でも、もう心配いりません。
私のもとへ相談される多くの方が、「解決方法って、そんなにたくさんあるんですか!?」と驚かれます。この言葉は、私が言われて一番うれしい言葉です。そして、みなさんが人が変わったように明るい笑顔を取り戻されます。
私にとって、自分のノウハウを提供するということは、色々な面で大変なリスクを背負うことになります。ですが、問題を抱えて悩み苦しんでいる方や、遠方にお住まいの方、忙しくてなかなかご相談に来ることができない方のために、「15,000人の離婚問題解決法」の販売を決めたのです。
「15,000人の離婚問題解決法」は、なかなかお会いすることのできない、あなたに合った解決法をご用意しています。
提供:離婚対策委員会 著者:渋川良幸
本書は、これまでに15,000件以上もの離婚問題を扱ってきた、渋川良幸の離婚問題解決法を公開したものです。他では絶対に手に入らない実用性ある情報をお届けします。
ここ数年、毎年25万組以上の夫婦が離婚しています。つまり、50万人以上もの人が離婚しているということになります。この人たちの中で、一体どれほどの人が、満足のいく離婚ができたのでしょう。
また、実際に離婚した人が50万人であれば、離婚問題に悩んでいる人は一体何人いるのでしょう。不安や孤独の中で、行動さえ起こすことができない人が、何十万人、もしくは何百万人もおられることを思うと、本当に辛い気持ちになります。
私に何かできることはないのだろうか。「15,000人の離婚問題解決法」は、離婚問題を抱えながら、なかなかお会いできないあなたのために作りました。
「15,000人の離婚問題解決法」は、これ1冊で私のカウンセリングを満足できるまで何度も受けていただいたのと同等の効果があります。つまり、これ1冊でかなりハードな案件も、ご自身で、しかもお金をかけることなく、極めてスピーディーに解決することができます。「15,000人の離婚問題解決法」は、私の分身とお考えください。
10個のポイント・「『15,000人の離婚問題解決法』の凄いところ」をお読みください。
15,000人の相談を取り扱ってきた
澁川流完全オリジナルノウハウだから!
現在、他で販売されている離婚問題の解決ノウハウのほとんどが、復縁方法や慰謝料を多くもらう方法、女性向けの解決方法などです。離婚原因に合わせた解決方法など存在していません。
なぜなら、情報提供者はカウンセラーではありませんから、当事者の状況や感情など気にせずに、一定の判断基準でしか離婚問題を考えていません。離婚問題を解決させることは、そんなに甘いものではないのです。
復縁するにしても離婚するにしても、必ず原因に合わせた戦略と解決方法が必要なのです。ですから、「15,000人の離婚問題解決法」には、過去15,000件以上の相談を取り扱ってきた、ほぼ全ての離婚原因別の解決ノウハウが凝縮されています。
つまり、あなたに合った戦略と解決法で理想の問題解決ができるのです。
望みどおりの展開を可能にするのは、
あなたの意志で行動することが不可欠だから。
いくら原因別に解決ノウハウが書かれていても、それが自分で具体的に対処できるものでなければ意味がありません。
なぜなら、法律や専門家に頼ってしまっては、お互いの妥協点を探って解決することになり、結果的にあなたの本当の想いが満たされないものになるからです。つまり、自分の意志で行動することが、あなたの希望を叶えるのです。
ですから、「15,000人の離婚問題解決法」は、ハードな案件でもあなた自身で対処していただけるように作られています。
専門家などに依頼をしなければ、
余計なお金を使う必要がないからです!
自分で対処ができるということは、裏を返せば無駄な費用を掛けずに対処ができるということです。離婚問題がこじれると、多くの人は様々な協力者を求めます。専門家や調査会社、離婚コンサルタントなどが、それに該当します。
そういった人たちに数十万円、場合によっては100万円単位のお金を掛ける人がいます。しかし、それは自分自身で解決することができないからであり、あなたがしっかりとした知識と戦略を持っていれば、余計な出費は必要ないのです。
しかも、それは簡単なポイントを押さえるだけで、決して難しいことではありません。
「15,000人の離婚問題解決法」は、あなたの大切なお金を1円たりとも無駄に使わせません。
離婚問題は、必ず相手があります。 相手のことが分かれば、解決への障害はなくなるからです!
トランプでも麻雀でも、ビジネスの商談でも、相手の手の内が分かれば、最高の結果を簡単に手に入れることができます。闇雲に、「上がろう」とか「儲けようと」と一方的に思っても、なかなか、いい結果は簡単に訪れてくれません。
離婚問題も同じなのです。
「15,000人の離婚問題解決法」は、そういった相手の手の内まで言及しています。「相手のことが分かり、だから自分がこう動く」、これが離婚問題解決の、最も重要な奥義です。
そこまで分かるから、「15,000人の離婚問題解決法」は、どんなこじれた問題もスムーズ&スピーディーに解決してくれるのです。
慰謝料には世間相場があります。
しかし、そんなのただの目安にしか過ぎないからです!
確かに、慰謝料には世間相場というものがあります。慰謝料は、普通の経済力である人であれば400万円程度です。
でも、もらう立場の人であっても、支払う人であっても、私の元にはそんな世間相場で満足されるような人は、まず来られませんでした。慰謝料の増額、減額の相談は、あわせて3000件を超えていますが、ほとんどの方に満足していただきました。
なぜなら、私が世間相場の額をまったく度外視しているからです。世間相場でまとめようとするのは、極めて楽です。あえて、世間相場を無視し3000人以上の人に「慰謝料、満足解決」に挑戦しました。
そのノウハウが、「15,000人の離婚問題解決法」にはあります。
調停や裁判に期待してはなりません。
あなたが思っているようなところではないからです。
特に被害者意識の旺盛な方は、過度に調停や裁判所に期待を持ちます。でも、それは基本的に大間違いであることを知ってください。こんなことを平然と言う人は、まずいないでしょう。
ハッキリ言いましょう。あなたの離婚問題をまとめようとする人はいても、あなたが満足できる形で、離婚問題を解決しようとする人や機関はないのです。こういった発言は、タブーかもしれません。
でも、「15,000人の離婚問題解決法」は、あえて挑戦しています。もちろん、法を犯したりするものではありません。そうでなければ、善良な方々から96.4パーセントもの支持をいただけません。
調停や裁判所で優位に立ち、あなたを満足させるのは、ズバリ「コツ」があるのです。
基本的にそんな存在は必要でなく、
もし頼むのであれば、「利用する存在」という姿勢が分かるからです。
きつい言い方になってしまいましたが、実際そうなんです。
弁護士や離婚カウンセラーは、極々例外を除きあなたを助ける白馬の騎士ではないのです。でも、離婚に悩んでいる人は不安で孤独です。だから、必要以上に信頼してしまいます。
結果、大変なお金を使いながら、大した結果も手にできない……。どうしても、弁護士などの専門家が必要になる場合があります。そういった場合、問題は払ったお金の元が取れるかということですよね。そんな専門家の選び方をお教えしましょう。
また、本当に問題なのは付き合い方です。相手の言いなりになるのではなく、自分の満足のいく活躍をしてくれなければ意味がありません。何か大変そうですが、本当にちょっとした簡単なことなのです。
私は昔、調査会社に勤めていました。
絶対にやってはいけないことが、私にはわかるからです!
昔若い頃、私は調査会社に勤めていたことがありました。浮気調査や離婚問題にかかわる仕事も結構しました。調査会社に頼むと、すぐに何十万円かのお金がかかります。
ちょっとまとまった調査になると、100万円単位のお金がぶっとびます。ハッキリ言って、そんなお金を支払う必要のある人なんて、10人に1人もいないのです。ほとんどいないと言って、いいでしょう。でも、離婚問題に直面し、藁をもすがる気持ちで払ってしまう人がいるわけですよね。
あなたには、そんなことは絶対にさせません。
もちろん、調査会社に頼む必要がある人もおられるでしょう。そういった方には、「こんな会社を選ばれてはいかがですか」と、「15,000人の離婚問題解決法」は、具体的にご提案します。
過去15,000件以上の相談相手は、全て不安の人でした。 僭越ですが、私にはあなたの不安が分かるからです!
あなたは、自分だけが不安で孤独だと思っていませんか。でも、そうではないのです。多くの方が離婚問題の中で、あなたと同じ心境にあるのです。
15,000人以上の不安の方との付き合いの中で誕生した、「15,000人の離婚問題解決法」は、そのことを誰よりもよく知っています。
不安にも、様々な要素があります。「離婚したい(あるいは、したくない)のにどうしていいか分からない」ということから、「誰にも相談できない」、「弁護士から攻撃を受けている」、「自分の気持ちを誰も理解してくれない」、もう全て「15,000人の離婚問題解決法」にぶつけてください。
あなたの不安を一気に解消する方法が、ここにあるのです。今一番あなたに必要なのは、あなたの気持ちを理解し、あなたの希望を叶えてくれる存在ではありませんか。
「15,000人の離婚問題解決法」は、そのことを過去15,000人以上の不安を抱える人たちから学んでいます。
「やっと、離婚できた」、「慰謝料が希望通り」、
こんなことで、離婚問題は解決したと思っていま
せんから!
よく弁護士などが依頼者の「離婚できた」とか「希望通りの慰謝料」といったことを叶え、謝礼を得ています。でも、これって本当に離婚問題を解決したことになるのでしょうか。
私は、離婚問題というものは「一時的なもの」ではないと考えています。離婚問題が解決しても、多くのトラウマを産んだり、何の罪もないお子さんに苦労をかけるのであれば、何も解決していないのと同じではないでしょうか。
「15,000人の離婚問題解決法」は、離婚問題を解決することで、あなたに明るい未来が来ることを望んでいるものです。ですから、離婚問題解決というのは絶対に一時的なものではないと考えます。
「離婚できた」、「慰謝料1000万円」、その先にある、あなたの次の未来が素晴らしいものであるために、「15,000人の離婚問題解決法」は、様々なご提案させていただきたいと思っています。
いいですか、離婚問題解決の先にある本当に明るい生活が訪れてこそ、本当の離婚問題解決なのです。
相手の浮気問題で悩んでいる。
性格の不一致、価値観の違いで悩んでいる。
慰謝料や財産分与の件で悩んでいる。
相手の暴力(DV)や暴言(精神的暴力)で悩んでいる。
養育費や親権問題で悩んでいる。
生活費を入れてもらえなくて悩んでいる。
弁護士に相手にされなくて悩んでいる。
弁護費用が用意できなくて悩んでいる。
相手の浪費癖が酷くて悩んでいる。
他に好きな人ができて悩んでいる。
ずっと裁判に負け続けて悩んでいる。
突然、相手から離婚を迫られて悩んでいる。
熟年離婚をしたくて悩んでいる。
離婚後の生活が不安で悩んでいる。
さて、この「15,000人の離婚問題解決法」の気になるお値段ですが、今回は先着300名様に限り、一般公開記念価格でご提供することにしました。
ここまでお読みいただいた方であれば、本ノウハウが「離婚したい人」、「離婚したくない人」のあらゆる問題の解決方法を完全網羅していて、その実用性についても十分にご理解いただけたかと思います。
しかし、ここまでお伝えしてきても、まだ半信半疑の方もいらっしゃるでしょう。でも、私はそれは仕方のないことだと思っています。
離婚問題は一生を左右する一大事ですし、これまで専門家や調査会社などに多額の費用を掛けたものの、なかなか解決することができなかったり、知識がないために諦めてしまうことが多いからです。
ですので、わずか300名様ではありますが、一般公開記念価格でのご提供を決めたのです。今まで、専門家に頼んでも解決できなかった人や、自分自身で色々やってみたけど結局どうにもならなかった人、あなたの希望通りにことを進める方法があるということを知っていただきたいのです。
とは言っても、私の仕事は離婚カウンセラーです。つまり、通常はカウンセリング料金をいただいて解決方法をご提供しているのです。しかも、その方法はそのご相談者に合ったもののみをご提供しているのです。しかし、今回はあなたにあった解決方法のみならず、離婚原因別のノウハウも紹介しています。さらには、専門家などに相談した場合に必要となる費用や時間も大幅にカットすることができるのです。
そこで、今回は本商品の販売価格を80,000円に設定させていただくことにしました。
これならご納得いただけると思います。なぜなら、私が通常いただいているカウンセリング料金が、30分につき5,250円です。そして、1回のカウンセリングにあたって、平均で2時間程度のご相談をお受けし、最低でも4・5回のカウンセリングを行います。つまり、通常のカウンセリングであれば、80,000円が平均となるからです。
そして、この「15,000人の離婚問題解決法」は、どんな状況の方でも安心してご利用いただける、私のノウハウ全てを詰め込んだマニュアルであり、カウンセリングと同等の効果が得られるのです。ですから、この価格設定でも決して高いとは思いません。
しかし、本サイトを訪れていただいた方の中には、闇雲に選んでしまった相談機関に問題解決を依頼し、求めている良い結果を得ることが出来ず、ただ料金だけを支払っているような状況になられている方もいらっしゃることでしょう。そのような方を含め、離婚問題に悩まされている全ての方に、新たなる人生を歩んでいただきたいと願っております。
そこで、この「15,000人の離婚問題解決法」を、通常のカウンセリングでいただく料金の半額、40,000円とさせていただきます。40,000円であなたの心の曇りが晴れるなら、また新たな人生を始められるなら、私はこの価格でご提供させていただきたいと思います。
ぜひ、この機会に「15,000人の離婚問題解決法」を活用していただき、あなたが理想とする未来へと歩みを進めてください。
もう少しお付き合いください。
今、この文章をお読みいただいている方は、きっと今すぐにでも離婚問題を解決したいと切望されている方でしょう。
なぜなら、まだ本サイトを立ち上げたばかりなのにもかかわらず、早速ご訪問くださったからです。本当にありがとうございます。それでは、離婚問題からいち早く解放されたいとお考えの先着100名様に限りさらに半額以下の価格、たったの19,800円でご提供させていただきます。つまり、カウンセリングを2時間受けていただいた料金よりも安いお値段です。
これならあなたも手にしていただけるでしょう。本当にこの価格でご提供します。
ただし、この価格でご提供できるのは今だけです。先着100名様に達した時点で商品価格の値上げをさせていただきますので、予めご了承ください。これでこそ、本当に費用を掛けずにあなたが理想とする問題解決をすることができます。どうぞ、このチャンスに本マニュアルを手にしていただき、思う存分ご活用ください。
今後、これ以上安い価格で販売することはございません。
この機会にぜひご検討いただければ幸いです。
※冊子版をご希望の場合には、製本代+配送料が別途(2,550円)必要になります。
>>お電話でのご注文はこちら<<
特定商取引法に基づく表記
商品の性質上、ご注文完了後のキャンセルについては応じることが出来ませんので、予めご了承下さい。また、ご購入に際しましては十分ご検討されてからお申し込み下さいますよう、お願い申し上げます。
本商品に関して何かご不明の点がございましたら、必ずご購入前に離婚対策委員会(info@1rikon.jp)までお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。
現在離婚調停中なのですが、これから読んでも役に立ちますか?
きっとお役にたてると思います。本ノウハウでは、調停に関する基本的な知識から、調停を有利に進めていく方法までご紹介しています。
例えば、調停員に好かれる方法や、絶対に発言してはいけない言葉など。あなたが調停を有利に進める戦略を具体的に解説しています。
法律に関する知識がなくても理解することはできますか?
ご安心ください。離婚問題を抱えるということは何度もあることではありませんので、法律の知識のない方でもご理解していただきやすい内容になっています。
また、私は弁護士ではありませんから、「民法○条により離婚は成立です」などの言葉は一切使っていません。むしろ、法律に頼らず解決していただけることを願っています。
離婚を考えているのですが、何から始めたらいいのかわかりませんし知識もありません。そんな私でも大丈夫でしょうか?
大丈夫です。本ノウハウには、解決方法だけではなく、協議離婚・調停・裁判がどういうものなのかということや、慰謝料・養育費・財産分与など離婚にまつわる基本的なことも解説しています。
また、各項目の最後にポイントや注意事項もまとめてありますので、簡単に重要事項をおさえる事も出来ます。ご安心ください。
妻が浮気をしている可能性があり、調査会社に依頼をしようと思っています。どこか良い調査会社はありますか?
申し訳ございませんが、本ノウハウでは、調査会社などのご紹介はしていません。ただし、良い調査会社を見極める方法や依頼する際の注意点などはご紹介しています。
調査会社も商売ですので、誤った調査会社選びをしてしまうと、十分な証拠を持ってきてくれない場合がありますので注意が必要です。
問題が解決できなかった場合、返金していただけますか?
本ノウハウ活用していただき、既に多くの方が離婚問題を解決されています。マニュアルをしっかり見ていただければ、きっと解決の糸口が見つかるはずです。
したがって、返金制度などは設けておりませんので、予めご了承ください。
今まで離婚問題を解決するために、かなりの金額を費やしてきましたが、結局解決することができませんでした。このマニュアルは、本当に商品代金の価値があるのでしょうか?
あります。信じられないかも知れませんが、今まで専門家に多額の費用を払いながらも解決することができず、本ノウハウを活用したら3日で解決できたということや、世間相場の慰謝料よりも多くもらうことができたという実績があります。ですから、この商品で得られる効果と、私がこのマニュアル制作に費やした時間から比較検討しても、かなりお得な金額だと思います。
離婚に必要な書類、また、そのルールや注意点を知りたいのですがこれを読めば理解できますか?
はい、できます。今回は、本商品の特典として、離婚に必要な「テンプレート」・「調停申立書」・「養育費算定表」をお付けしています。またそれぞれの使い方や注意点もご説明しております。
この商品のサポート体制について教えてください。
本商品のサポート体制は、商品のダウンロードや内容に関するご質問のみ、メールにてご対応させていただきます。なお、離婚問題における個人的なご相談につきましては、通常どおり有料でのカウンセリングとなりますので、予めご了承ください。ただし、本ノウハウは、ほとんどの離婚問題をカバーしていますので、その心配はないと思います。
このマニュアルを読めば、本当に問題を解決することができますか?
本ノウハウは、これまで15,000人以上もの相談を扱ってきた私のノウハウが凝縮されています。そして、今まで離婚原因別の具体的な解決方法など私は見たことがありません。ですから、きちんとマニュアルを読んでいただければ大丈夫です。ただし、しっかりと実践をしていただくことが大前提です。さすがにマニュアルも読まず理解していない状態で行動に移しても何の意味もありません。ですから、正しくマニュアルを理解してから実践してください。
「本当に何年かぶりに感じる、晴れやかな気分です」
もう、3年余りも夫の暴力に悩まされていました。最初はそうでもなかったのですが、どんどんエスカレートしてきました。もちろん、離婚したいと思っていました。でも、できませんでした。夫に離婚の話を切り出すと、必ず「離婚したら、自殺する」と言われていたからです。
妙にその言葉に信憑性を感じ、離婚を決意することができませんでした。「もう一生、このままの状態を我慢するしかない」自分の人生に絶望し、諦めてしまっていました。
そんなとき、「15,000人の離婚問題解決法」に出会いました。私のような境遇にいる人って、結構おられることを知りました。そして、DVが持つ深刻な問題についても知ることができました。そして、私が抱えている悩みを飽き決するためのベストな方法も乗っていました。私はその方法を信じ、すぐに行動に移しました。
3年もの間悩んでいたのが嘘のように、スムーズに解決しました。もちろん、夫は自殺などしていません。
澁川先生、本当にありがとうございました。 今は、本当に晴れやかな気分です。諦めかけていた私の人生ですが、やりなおす元気が出てきました。
「目から鱗が落ちたような気分です。」
澁川先生、本当にありがとうございました。大げさでなく「15,000人の離婚問題解決法」に出会わなかったらと考えると、ゾッとします。
主人は、うつ病を理由に働こうともしませんでした。私がパートに出て、何とか食べている状況が続いていました。それでもなんとか我慢していました。でも、私がパートに出ている間に、家のお金でパチンコに行っていることが分かり、我慢も限界でした。
そこで、弁護士さんに相談したところ、「『うつ病を理由に仕事もしない』ということを離婚原因に、離婚する線で進めましょう」と言われ、裁判に持ち込まれました。
私は、当然のように離婚できると思っていました。弁護士の先生も、大丈夫のようなことを言われていましたし……。でも、裁判所では裁判すること自体、却下されました。不思議で仕方ありませんでした。「何で、こんなひどい目にあっているのに」、そんな気持ちでした。
そんなとき、「15,000人の離婚問題解決法」を目にしました。却下された理由がよく分かりました。また、戦略の立て直し方も書いてあり、その通りにしたところ、全く問題なく裁判で勝訴することができました。
本当に感謝、感謝です。第二の人生を精一杯生きていきます。ありがとうございました。
「親権を手にすることができました。
信じられない気持ちで一杯です。

私は、仕事を口実に家のことは何もやっていませんでした。たまに子供と遊ぶくらいで、家事などはまったく手伝ったこともありませんでした。妻はそういった私に我慢できなかったようで、離婚を申し出ました。
私は、何とか離婚だけは回避しようと思っていましたが、それでも、妻からのあまりに執拗な攻撃にいつしか「離婚も仕方ない」と思うようになっていました。でも、子供だけは絶対に渡したくありませんでした。何人かの弁護士の先生にも相談しましたが、答えは全て「それは、無理でしょう」というものでした。
日本の法律では、父親が親権を取ることがほとんど不可能であることを知りました。でも、どうしても諦めきれませんでした。「15,000人の離婚問題解決法」には、そんな普通では絶対に不可能なことへの対応策が載っていました。
「やったー」と思いました。本当に八方ふさがりでしたから。今、子供と一緒に暮らしています。夢のようです。信じられない気持ちでいっぱいです。
澁川先生、本当にありがとうございました。
「『15,000人の離婚問題解決法』
には、本当に救われました。」
主人から、突然離婚を言われました。他に女性ができたようで、その人と暮らしたいというのが離婚の理由でした。私は怒りがこみ上げるというよりは、裏切られたということから力が抜けていくような感じがしていました。誰にも相談できませんでした。本当に孤独でした。
そのうち、主人は弁護士を雇い、弁護士は、さも私に離婚原因があるかのような言い方をしてきたので、「何で、私が」。もう死にたいような気分でした。
そんなとき、偶然「15,000人の離婚問題解決法」を手にしました。私のような離婚問題の解決法が書いてありました。それ以上に感激したのは、全編を通し「澁川さんという人は、本当に私の悩みを解決しようと必至なのだ」ということが、伝わったことでした。
「私は、一人じゃないんだ」。本当に元気をもらったと思っています。本当に救われました。
今、主人も帰ってきて何とか元の鞘に戻っています。あの時もらった元気のおかげです。
本当にありがとうございました。
「一時の感情に流されず、冷静な判断をさせて
いただいたことに、本当に感謝です。」
主人の浮気が原因で、離婚することになりました。結婚してから10年、ずっと信じて生きてきました。子供も2人いて、家庭生活には何の問題もないと思っていましたから、主人の浮気が分かったときは、本当に裏切られた気持ちで一杯でした。
「何が何でも、今すぐ離婚」。そんな気持ちだったように思えます。「15,000人の離婚問題解決法」は、そんな私を冷静にしてくれました。
怒りにまかせて、何も手にせず子供を連れて出て行ったところで、専業主婦だった私に生活力があるはずもなく、子供たちに辛い目にあわせるだけでしょう。冷静になって、養育費や慰謝料を考えるようになりました。
「15,000人の離婚問題解決法」は、書いてあることを実行するだけで、慰謝料は世間相場では300万円と言われていましたが、800万円もらえることになりました。養育費も世間相場の2倍で折り合いました。一時の感情に流されたまま行動を起こしていたら、今頃どうなっていたのでしょう。
澁川先生、心より感謝申し上げます。
「離婚問題って、ポイントを間違えなければ
本当にスムーズに解決するのですね」
もう、主人の言葉の暴力には耐えられませんでした。しかも、お姑さんも一緒になって、とても堪えがたい仕打ちを受けていました。当然、離婚も申し出ました。しかし世間体からか、相手にもしてくれませんでした。
私は、その後、調停に持ち込みました。調停の人たちなら法律の知識もあり、きっと私の辛い想いを理解してくれ、離婚に持って行ってくれるはずだと思っていました。
でも、何回目かに気づいたのですが、調停の人たちは私の想いを実現させようとしているわけではなかったのです。調停は、私が期待していたような場ではなかったのです。
「15,000人の離婚問題解決法」が、そのことを教えてくれました。
私は、「15,000人の離婚問題解決法」に書いてあるポイントに従って、調停に臨む姿勢を変えました。それは、たいして難しいことではありませんでした。
その後、数回調停に臨みましたが、無事離婚することができました。しかも、慰謝料なども結構いい条件で。離婚問題って、ポイントを間違えなければ、本当にスムーズにいくものだということを痛感しています。
ありがとうございました。
提供:離婚対策委員会 著者:渋川良幸
本書は、これまでに15,000件以上もの離婚問題を扱ってきた、渋川良幸の離婚問題解決法を公開したものです。他では絶対に手に入らない実用性ある情報をお届けします。
相手の浮気問題で悩んでいる。
性格の不一致、価値観の違いで悩んでいる。
慰謝料や財産分与の件で悩んでいる。
相手の暴力(DV)や暴言(精神的暴力)で悩んでいる。
養育費や親権問題で悩んでいる。
生活費を入れてもらえなくて悩んでいる。
弁護士に相手にされなくて悩んでいる。
弁護費用が用意できなくて悩んでいる。
相手の浪費癖が酷くて悩んでいる。
他に好きな人ができて悩んでいる。
ずっと裁判に負け続けて悩んでいる。
突然、相手から離婚を迫られて悩んでいる。
熟年離婚をしたくて悩んでいる。
離婚後の生活が不安で悩んでいる。
さきほどこちらで詳しくご案内したように、今回は澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」を一般公開記念価格40,000円で手に入れることができます。
さらに、まさに今このタイミングに限り、初回限定価格19,800円(一般公開記念価格の半額以下)でご提供させていただきます。
ただし、本サイトを今ご覧いただいている先着100名様のみです。100名様に達した時点で商品価格の値上げをさせていただきますので、予めご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
今後、これ以上安い価格で販売することはございません。
この機会にぜひご検討いただければ幸いです。
※冊子版をご希望の場合には、製本代+配送料が別途(2,550円)必要になります。
>>お電話でのご注文はこちら<<
特定商取引法に基づく表記
商品の性質上、ご注文完了後のキャンセルについては応じることが出来ませんので、予めご了承下さい。また、ご購入に際しましては十分ご検討されてからお申し込み下さいますよう、お願い申し上げます。
本商品に関して何かご不明の点がございましたら、必ずご購入前に離婚対策委員会(info@1rikon.jp)までお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。
さいごに
~ここまでお読みいただきましたあなたへ~
ここまでお読みいただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
あなたは、本サイトを一読されてどのような感想をお持ちになりましたか。もし、あなたに以下のようなことが伝わっていれば、本当に嬉しく思います。
まず、離婚問題というのは、悩んでいるだけでは何も解決しないということです。不安でしょう。孤独でしょう。離婚問題なんて、誰にでも相談できることではないですから。過去15,000件の相談を受けてきた私には、そのことが痛いほど分かります。
しかし現状は、弁護士をはじめ、本来離婚問題解決に協力するべき人々が、なかなかうまく機能しておらず、あなたが問題解決のための一歩を踏み出し、解決への道を歩むことが極めて困難であることも、私は知っています。「15,000人の離婚問題解決法」は、そういった状況を打破するために作りました。
あなたに百戦錬磨で、あなたの離婚問題解決のために万全を尽くし、離婚に関するあらゆるノウハウを網羅し、お金もほとんどかからない弁護士のような方がおられれば、いいでしょう。でも、そんな存在もなく悩んでいるのであれば、ぜひお役にたちます。
ここまでお読みいただけた方であれば、離婚問題は、「決して諦めたり妥協してはならない」ということが伝わったことでしょう。日本の法律や社会は、決して離婚問題に対して優しい環境とは言えません。とくに「離婚したい」という方や、親権を望んでいる男性にとっては、茨の道です。そういった状況下で、多くの人が諦めたり妥協したりしています。でも、絶対にそんなことをする必要はないのです。
私は、今まで15,000件以上もの相談を受けてきましたが、満足していただいた方は、96.4パーセントです。TVで活躍している弁護士でも手を上げるようなかなり厳しい案件ばかりでした。でも、ほとんどの方が満足できる結果を得ることができたのです。なぜでしょう?
それは、相談者たちが諦めず、妥協せず、私のアドバイスに耳を傾け、行動に移したからです。もしあなたが、あなたの離婚問題の解決に対し、何かしらの壁を感じ、少しでも諦めや妥協の気持ちがあれば、「15,000人の離婚問題解決法」で、今一度離婚問題に立ち向かってください。そして、「離婚問題の解決法って、一杯あるんだ」、そう思っていただけたなら、最高です。
それでは、最後の最後にもう一つだけ。
「15,000人の離婚問題解決法」は、離婚問題に悩みながら、なかなかお会いすることのできない「あなた」のために作りました。
正直、あなたの悩みの状況や度合いは分かりません。でも、「15,000人の離婚問題解決法」が、あなたをその悩みから解放します。離婚問題から解放された方には、皆さん一様に素晴らしい笑顔が戻ってきます。その笑顔を見るたびに、「辛かったんだろうな。良かった」と、思います。
ですから、あなたも絶対に諦めたり妥協はしないで下さい。解決のための武器は、たくさんあるのです。あなたは、「15,000人の離婚問題解決法」という武器の箱から、あなたに一番合った武器を選んでください。そうすることで、無駄なお金や時間を使うことなく、本来のあなたが取り戻せるはずです。
今度、最高の笑顔を取り戻すのは、あなたです。
この度は、本サイトにご訪問いただき、そして最後まで私の話につきあっていただきまして、本当にありがとうございました。
離婚対策委員会
澁川 良幸  
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
Copyright (C) 2009-2013  離婚対策委員会. All Rights Reserved.
【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15000人の離婚問題解決法」~あなたの離婚問題もきっと解決できます~
弁護士の探し方についての質問です。主人の不貞が発覚し、浮気相手に対し慰謝料請求をしたいと考えてます。離婚はまだしません。離婚をするなら慰謝料を多く請求出来ると知りましたが、離婚は相手の請求が終わってからにしようと考えてます。あくまで、女として、妻としてのプライドだけだと言うのは百も承知ですが、妻の立場で請求したいと考えてます。しかし弁護士をネットで検索すると直ぐに、離婚の文字が出てきます。相手に請求するお金の問題ではないのです。どの様に、弁護士さんを探すのがベストでしょうか…。離婚に強いってうたい文句は違う気がしました…。無料相談に行った、弁護士事務所では裁判に勝つ証拠は十分ですと言われました。裁判に勝ちたいのではないのです。反省と謝罪をさせたいのです。支払い能力のない相手ですが、私の苦悩を理解させたいと考えてます。主人が悪い、それも理解してます。それと、これは別にしたいんです。どの様にしたらいいでしょうか…。知恵をお貸し下さい…。
どうも。ご事情はわかりました。要するにご要望を満たす司法職(弁護士や司法書士)の方をお探しということですね。こればかりは「効率的に」というのは難しいと思います。まずは、ネットや法テラスなどから司法職を探していただくことが最優先かと。現状とご自身の考え方を司法職にお話しいただき方針と対応に理解を示していただける方を、実際にお会いして感触を確かめなければなりません。そうなると、複数名の司法職の方に面談、ご相談等をいただき、納得する方をお探し戴くことが現実的です。当然、ご相談の際は、裁判よりも示談優先、示談内容としては金銭面よりも反省と謝罪をすることを望み、接見禁止や再度の不貞行為は高額慰謝料請求などといった念書サイン手法で解決を図りたいということをご説明戴くのがよろしいかと。ただ、司法職も有益な仕事を得たいはずですので、慰謝料請求における成功報酬を得ようとしてきます。ただ、そこは相手も人。理解していただける方もいらっしゃるかと。そういった面がありますことをご理解下さい。
離婚問題をなるべくお金をかけないで解決したい。司法書士がいいかと思いますが、どうやって探したらいいですか?料金はいくら位かかるものですか?
離婚問題は家事事件ですので(一方が離婚したくない、慰謝料払いたくない親権は譲りたくないという様なケースは)弁護士にご相談して頂く形が通常です。(まずは法テラス等でご相談して頂き、紹介を受けるか、各県にある弁護士会で離婚問題を受任されている先生を聞いてみて下さい)逆に、当事者双方で離婚する事は合意している。また、財産分与の内容でも合意している。ご主人所有の不動産を財産分与で、奥様名義にしようと考えている。という場合は司法書士に依頼した方が宜しいでしょう。
離婚したいのですが、不安でぶれ始めています。先日の質問で色々なご指摘ありがとうございます。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216065326…まだ調停の通知もこず、私の中では「有責配偶者」「離婚訴訟」「離婚費用」「解決金」など色々自分なりに調べてみました。弁護士を雇ったもののそれとは別に「離婚無料電話相談」でも相談を多々してみました。前の質問の回答の通り「有責性」はないと言ってくれる弁護士もいますが旦那の証言や「念書」などによってはあなたは「有責配偶者」であなたからの離婚は難しいと言う弁護士のほうが圧倒的でした。そんな中、成人になっている子供が私のことが心配で会いに来ました。「大丈夫?」と声をかけてくれてウルウル来ました。子供は勿論夫婦間の問題は口を出さなかったのですが子供も主人の言ってることを常に耳にしてるので「自分なりに調べるとお母さんも時間と費用をつかって離婚できるならそれでいいけど、調停ではお父さん離婚は絶対ないと言ってるし裁判もできるかわからないで弁護士費用が払えないからわからないで(裁判になると80万くらいかかると言われてます・ドキっとしました)お金を払えねくなれは契約終了になっちゃうんでしょ?調停だけでも3~40万払ってて、お父さんが離婚する気もない(作戦的に?)と言うなら調停で使うお金も無駄だと思うし裁判でもたくさんお金かかるし、弁護士費用などお金を使い果たして辞めたとしても、底から戦意喪失したお母さんに今離婚費用を全く使わないでじっくり作戦を練ってそうなお父さんからアクション起こされたらどうするの?自分は守ってあげたいけど二人は自分の両親だから複雑です。もっといい方法はないの?」と涙ぐんで言われました。確かに主人は何もアクションを起こしてこないし、調停で不成立になっても弁護士費用は帰ってこない、裁判は最悪考えていたけど最悪が現実だとなると離婚費用だけで130万以上かかってしまう、調停後離婚訴訟を起こさなくても主人が起こしてくるかもしれない。怖い不安・・・私自身の計画があまりにもズサンに感じました。今思えば、調停起こす前は主人も離婚・負の財産・解決金と吠えてたので、弁護士は「大丈夫」といって安心しきってました。「絶対に離婚しない」と180°発言が転換したのも怖い。「法テラス」で支払いは楽ですが現実的に不安がましてきました。私の地位をこれ以上落とさないためにはどのような方向に進めばいいのか個々の皆様方のご意見をお願いします。
離婚されるとなると旦那さんにも貴方様にその決意をさせた原因があると思うんです。だから、一方的に離婚・負の財産を主張される前に、話し合いで上手く解決なさった方が良いです。弁護士費用はかなり高いですし、利用したとしても必ず100%解決する保証はないですから。
「逆恨みに合わない」「100%保証します」離婚訴訟を起こした友人の弁護士から言われました。私は友人を友人の御主人の卑劣な暴力から警察へ通報して友人を御主人から逃がした通報者です。去年、通報してから何度も地元の警察へ逆恨みが怖いと相談をしても受け入れてもらえず、次は通報した友人の住む地域の警察本部へ連絡をし数日前にやっと自宅や友人の住む地域の警察本部が動いて私の地元警察が周辺見回りや書類作成までに至りました。しかし、友人から直接、御主人の動向が何にも情報が送られてこない連絡不可能な現在は警察にも限界があると言われ、自分から法テラスへ方法がないか相談しました。すると友人の訴訟が行われている家裁へ連絡が取れて家裁の方が友人の弁護士の連絡先を教えてくださいました。そして、逆恨みの嫌がらせが消えないのでと詳細を話すと「原告、被告双方に代理人がついてますから100%逆恨みは起こりません」言い切り話しになりませんでした。代理人がついていたら逆恨みは起こらない、殺人は起こらないとなぜ言い切れるのか聞くと代理人に動きがないから。だそうです。しかし御主人は自宅の住所を知っているし、私は御主人の顔は知らないが相手は知っています。弁護士の100%は違うのでは。こんな弁護士の苦情はどこにも言う場所はありませんよね?殺害後、気づくのでしょうか?
弁護士はストーカー、離婚トラブルの法律的支援は行いますが、それ以上の警察的な支援、見守りはしないでしょう。弁護士は自信をもって言い切ることが多いです。争いになった場合に、自信の無さを少しでもみせるとつけ入れられるからです。しかし、世の中は法律だけですべては解決せず、法律による解決は事件が終わった後に役立つことも多いです。事件を防ぐため、実際に事件を予防するために行う支援を弁護士に任せても、頼りにならない事があるとご質問内容から改めて感じました。弁護士は法律問題に自分たち以外の第三者が相談にはいってくる事を極端に嫌います。それどころか、有料による法律相談は弁護士以外できないと言い切る弁護士もいます。そのくせ、本当に困っている方の相談内容には法律的な対応しかできず、今現在危険な状態についてリアルな解決方法を示さず、平気で安心しろと言ったまま放置することがあります。迷惑な話ですね。もし弁護士が「100%大丈夫」と言い切るなら、そうした発言を録音、記録することをお勧めします。そのうえで、実際「大丈夫」じゃなかった被害が生じたら、世間に公表するのが良いですね。相手の弁護士や弁護士会に苦情を言っても、彼らは言い訳のプロですから自分の過ちを認めません。マスコミ機関、NPO生活困窮者支援団体などに訴え、世間にアピールする事です。そんな事より、今現実の危険をどうするか心配な場合は、もっとすぐに動いてくれるような相談機関にご相談されたらどうでしょうか?行政書士の中には男女トラブル・離婚問題に専門の事務所があります。法律相談はできなくても、書類作成といった形でお願いすれば、上記弁護士のような無責任な言動をとらず、親身になった対策を考えてくれるはずですよ。
アスペルガーの息子(高一)を持つ母親です。悩みが多くて生活に疲れました。息子は去年1年間引きこもり生活をし、今年4月から定時制高校に通うことになりました。1人で電車にも乗れない、中学校もまともに通えなかったのでような子なので、いま毎日付き添いで登校させて大変な思いをしています。メンタル面でも病んでいるので折れた心をサポートしながら毎日奮闘しています。生まれて来なきゃ良かったとか死にたいとか言われる事もあるので、かなり悩みながらそれでも将来を考えたら今が正念場だと思い、学校に慣れるまで頑張って諦めずにサポートしたいと思っています。(少しずつ慣れて来てはいるようです)ですが、同時に家庭の悩みを抱えています。主人が10年前に借金を作り任意整理をし、その後諸事情により転職が続き現在財産も貯金も全くありません。その主人は子供の育児、教育に無関心でほとんど私に任せっきりです。お給料は預かっておらず、家賃や光熱費、携帯代は払ってくれていますが私と子供の生活費(食費や雑費などと学費等)は私が払っています。これには過去に経緯があって、借金を発見した時点で離婚を覚悟して風俗で働いたこと、それがバレた事、離婚はしなかったものの夫婦として破綻していることも理由としてあります。私自身も病んでいて摂食障害(過食嘔吐)や鬱で10年近く診療内科に通っていて周りに迷惑を掛けている事も自覚しているので、主人だけを責める事はできません。(過去に体重が30㎏まで落ちた時、働けなくても金銭的にも家事の手助けもありませんでした)自分の事しか見えておらず、子供がこんな状況なのに耐えられなくなったから一人で暮らしたい、離婚したいとか言われた事もあります。子供の将来が不安でもあまり頼りにならず経済的にも支えにならず、正直最近嫌悪感でいっぱいです。子供のサポートに付きっ切りで私は今は働けず、金銭的な焦りも出て来ます。主人には伝えてありますが何もしてくれません。うまくまとめられなくてすみません。私は今後に向けて何をすべきでしょうか?1人では解決出来ないので市役所などにも相談しようと思ってはいますが、少しでもここで頭の中を整理したいです。今現在、そして今後自分が何をすれば良いのか、少しでも多くのご意見をお聞かせ願いたいです。(法律的な事とか子供の支援制度の事とか何でも)自分が愚かなのは重々承知の上ですがどうぞよろしくお願いします
金銭的な問題は必ず解決できるので大丈夫ですよ!!主様のおちからになりたいです!!お金より何より、主様の命と人生が何よりも大切です!!だから、お金で死んでしまうことは決してないのですよ!!大丈夫ですよ!!まずは、専門機関に相談してみてくださいね!!相談すると、解決の糸口が見えてくると思います。役に立つ相談機関としては、1各都道府県の弁護士会がやっている無料相談窓口2「相談窓口金融庁」で検索すると、お金に関する相談窓口がたくさん出てきます!!3法テラス4無料の債務相談を引き受けている個人の弁護士5消費生活センター6全国生活と健康を守る会連合会連絡先などがあります。ぜひ相談してみてくださいね!まずは生きているからこそできる気分転換や楽しいことをして、ゆっくり休んでくださいね!!主様に認識しておいてほしいことは、死ぬというものはとても恐ろしいということです(科学的にも一般的にも)。死にたいと思う人も、死ぬのは恐ろしいので、みんなしません。だから、主様が死なないのは当然だし、普通のことだし、それが正しい理性なのです。主様の理性、それを、永遠に大切にしてください!主様のお気持ち、そして状況、いつか必ず変わってくると思います。また、つらいことがあったらそこから逃げるのもいいと思います!ここで死んでしまったら悔しいですよ!何よりも、主様には相談してほしいです。相談すると心が楽になります!先ほどあげた以外の、役に立つ相談機関、電話相談としては、0「支援情報検索サイト」と打ち込んで、検索してみてくださいね!!悩み、相談形態別に、様々な窓口を紹介しています!必ず主様の力になります!!1メンタルクリニック(評判や口コミがよいところがいいかもです。)2「よりそいホットライン」3「心の健康相談統一ダイアル」4『生きる支える相談窓口』(webサイトに相談窓口が記載されています)5NPO法人「ほっとポット」6こころの健康センター7保健所に行き、保護入院をさせてくれる病院の紹介を受ける。(死にたい願望が強い時ぜひ!!)生活保護を認定されれば(僕はだめでした、、)どんどん受けましょう!日本よりもっと悲惨な場所は、紛争地域やアフリカ貧困国などたくさんあり、日本の中でももっと悲惨な人も、たくさんいます。僕は、今派遣切りされて、無職です。(派遣先の人から、「いらない」といわれて)そのような人たくさんいます!!実際に死ぬというのはとても恐ろしいです。死ぬのは苦しいし、迷惑をかけたり誰かのトラウマになったりします。しかも、いったん死んでしまったら、何もできなくなって、火葬場で焼かれて、、、灰になって、、、後戻りできない悲惨な結果になってしまいます。自分から死んでしまったら、ほかの死と違い、もちろん焼かれて何もできない状態で、地獄で永遠に苦しむみたいです、、、そんな思い僕は主様にしてほしくないです。ストレスがたまった時には生きているからこそできる気分転換や楽しいことをしてください!生きていないとできないことたくさんあるのです。僕は、趣味であるゲーム(課金はしませんが)や動画鑑賞などが大好きです。今後も、科学技術の進歩とともに、面白いものや楽しいものたくさん出てきます。それなのに今死んでしまったら、そのようなものもできなくなってしまいます。新しい分野を開拓するのも、いいかもです!!(プロ野球とその掲示板、そしてパワプロというゲームなどもいいかもです)僕も含めて、主様に関わってきた人たちは、主様が死んでしまったら、ものすごい悲しいですし、一生苦しみ、後悔し続けることになると思います、、、そしてトラウマになってしまうと思います、、、職業を失うこともあります。トラウマで精神疾患になってしまう人もいます。主様が生きていないとかかわってきた人は不幸になってしまいます。。何よりも主様のお子様は、一生いじめられ、主様の死んでしまったトラウマから精神疾患になり、一生不幸が確定してしまいます。また、結婚などももちろんできず、職を失うこともあります。裏返せば、生きているだけでいいのです!たとえ無職などどのような状況にある人でも、生きているだけで関わってきた人に安心感を与え、普通の生活を提供し、役に立てているのですよ!そして一番大事なのは、主様は主様だけの経験と個性を持った、地球に同じ人は一人としていない、生きているだけでかけがえのない存在ということです!一度きりの人生、生を受けた限り、生きているからこそできる気分転換や楽しいことをしつつ、生きていきましょう!僕と僕の言葉は、常に主様の味方です!!最後に。ともに、生きながらえていきましょう!!!どうか、お願いします!!
おすすめの情報