生活の悩み

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

■商品詳細:

わかりやすいお通夜・葬儀の行い方詳細

 今までわかりづらかった葬儀の行い方がこれで良くわかります。

葬儀社との上手な打ち合わせ方法とは?

 どのような点に気をつけて打ち合わせを行うのか、何をどのように決めれば良いのかをお伝えします。

葬儀費用を抑える方法

 通常なかなか難しい葬儀費用を抑える方法を、葬儀プロの視点からお伝えします。
 お布施、葬儀場代、料理、祭壇、お礼などの費用を抑える方法。

申請すると貰えるお金 = つまり申請しないと貰えないお金

など

■商品内容:

PDF 143ページ

■ジャンル:

生活の悩み

■販売価格:

2100円

■販売者名:

有限会社アジア・インターネット・サービス
★生活の悩み☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
葬儀について学ぶ機会がない。
葬儀は誰でも喪主になり、主体的に行う可能性のある儀式です。
しかし、葬儀について学ぶ機会はほとんどありません。
「葬儀のやり方がわからずもっと知っておけば良かった」
「葬儀社の言いなりになって余分な費用を払ってしまった」
「心にゆとりがなく、弔問客にお礼すら十分にできなかった」
このような後悔の残る思いはしたくないものです。
心からの本当に良い別れの儀を行いたいものです。
最近、“簡単”な葬儀が増えてきました。
はじめまして。鈴木晴之と申します。鈴木葬儀社4代目として、日々、葬送儀礼という人生最後の旅立ちのお手伝いをさせて頂いています。最近、“簡単”な葬儀が増えてきました。シンプルなことは良いですが、そこに“愛”や“心”がないのはいかがなものかと思います。
葬儀というのは、その方だけでなく縁のあった全ての方々につながる人生における重大事です。
そのことを踏まえ、なぜ、私がこのサイトを立ち上げたかと言うと、2つの理由があります。
1つ目は、
葬儀で喪家として何を行うのか?接待の方法は?宗教者へのお礼は?などわかりづらいことが多く
また、葬儀全体の上手な行い方をまとめたわかりやすい情報がほとんどないので、
遺族の方の負担が軽減できるよう、できるだけわかりやすく、上手な葬儀全体の行い方を
様々なポイントを抑えながらお伝えすること。
2つ目は、
常に良い葬儀とは何かを考えていますので、どのようにしたら良い葬儀が出せるか
費用が安ければ良いとは思いませんが、とても曖昧な葬儀費用について葬儀費用の抑え方もお伝えしたい
これらを今すぐお伝えする手段として、このサイトを立ち上げました。
この葬儀のノウハウが1人でも多くの方のためになれば幸いに思います。
良い葬儀社の見分け方一昔前、葬祭業は、祭壇の貸し出しと棺や葬儀の販売が主な仕事でした。
今でもその名残かどうかわかりませんが、葬儀社の仕事を、レンタル業や物販と考えている会社もあります。
しかし、時代は変わって、葬儀社の目的は、
喪家の思いや故人の社会的地位などのお話を聞いてから、
葬儀のやり方を説明して、滞ることなく葬儀が進行する様に調整することこのような目的を持ったサービス業だと思うのです。ですので、打ち合わせの最初から「祭壇はどうしますか?」などの質問は、葬儀社としてあり得ません。
サービス業と自覚している葬儀社を選ぶことが大切です。
葬儀社の大きさと葬儀社の良し悪しは関係ありません。
葬儀社は人件費が費用の大きなウエイトを占めますので、大きい会社は人が多いので葬儀代は高くなる傾向があります。
小さな葬儀屋さん、お父さんとお母さんでされている様な葬儀屋さんで、素晴らしいなと思うサービスを提供されていると思う葬儀の体験もあります。
そして、見積書も作らずに、とにかく早く葬儀場や火葬場を予約しようとする葬儀社も避けた方が良いでしょう。
後で高額の請求をされることにもなります。冷静に良い葬儀社を見分けることが良い葬儀を行うことに繋がります。
葬儀費用を抑える方法
葬儀費用というのは、非常に曖昧でわかりづらいものが多いです。
費用を抑える第一歩は、まずは、葬儀費用一式の全体を見積もることです。
葬儀一式費用とは、1. 基本セット料金(祭壇・葬具品) 2. オプション料金(追加・別料金項目)3. 火葬料 (骨壺料)4. 式場費用(式場装飾・管理費・運営費)5. 接待・飲食費(料理・返礼品)6. 雑費
葬儀だけでなく、食事やサービスを含めた全ての金額を紙に書いて残しましょう。
全ての料金がセット料金に全て含まれていると思い込み、葬儀後に請求書がきて驚いたというトラブルが多いようです。また、葬儀社任せにすると、どうしても余分に費用がかかってしまいます。
このような基本的なこと以外にも、
余分な費用を払わなくて済む方法、葬儀事情を知り尽くした葬儀社のノウハウなどを知っていると、葬儀費用を随分抑える事ができるでしょう。
今回、葬儀費用を抑えるポイント、わかりやすいお通夜、葬儀の出し方、良い葬儀社の選び方、
葬儀社との打ち合わせの仕方などを、パソコンですぐに見ることのできるマニュアルとして執筆しました。その内容の一部をご覧下さい。
わかりやすいお通夜・葬儀の行い方詳細
 今までわかりづらかった葬儀の行い方がこれで良くわかります。
 それぞれの段階でのポイント、喪家として行うことなどをお伝えします。
 一般葬、家族葬について。
葬儀社との上手な打ち合わせ方法とは?
 葬儀社との打ち合わせでどのような葬儀になるかが決まります。
 どのような点に気をつけて打ち合わせを行うのか、何をどのように決めれば良いのかをお伝えします。
葬儀費用を抑える方法
 通常なかなか難しい葬儀費用を抑える方法を、葬儀のプロの視点からお伝えします。
 お布施、葬儀場代、料理、祭壇、お礼などで余計にかかっていた費用を抑える方法。
 喪家が行うことで抑えられる費用など
申請すると貰えるお金 = つまり申請しないと貰えないお金
 申請するともらえる費用があります。
 もれなく申請しないと、通知も来ませんので、これを知るだけで大きく得をします。
宗教者へのお礼(お布施)、戒名について
 非常に曖昧な宗教者へのお礼について。
 どのタイミングで出すのか。
 具体的に聞いても「お心のままに」などと言われるが、いくらぐらいが妥当なのか?
 戒名について、金額の平均、気をつけるべき注意点など
喪家、喪主として何を行うのか?接待の仕方など
 喪家、喪主として、何を行うのか?
 お通夜や送別式でどのような振る舞いをしたら良いか?
 接待の仕方、僧侶への心遣いなど
良い葬儀社の見分け方
 良い葬儀社とは?
 急いでいる時でも、どの点を見れば良いか。
 電話での“良い葬儀社か判断できる会話のやりとり”例や、
 インターネットで良心的な葬儀社を選ぶ6つのポイントなど
諸手続きについて。書類の出し方など。
 煩雑な諸手続きについて、どの様な書類をどこに出せば良いか。
葬儀の種類を決める目安。それぞれの特徴、メリット、デメリット
参列者の人数を予測するコツ
心づけ、お手伝をしてくれた方へのお礼について
納骨、法要、費用の清算について
QA集
 葬儀に関するQA集。
 葬儀費用を故人の口座から捻出したいのですが?
 通夜が始まる前に来た弔問客はどう対応したら良いですか?
 祭壇の料金が非常に高いので、抑える方法はありませんか?
 弔電の読む順番は?
 ・・・
などをできるだけ分かりやすく記載しました。
このような通常、一般公開されないような葬儀社のノウハウ、あなたならどの位の価値があると考えますか?2万円? 3万円でしょうか?
確かに、葬儀社が出す本物のノウハウですので、その位の価値はあるでしょう。
ただ、今回、より多くの方に、正しい情報を知っていただき、後悔のない良い葬儀を行って欲しいとの思いにより、
破格の4,200円でご提供することにしました。
一般販売開始しました。
特別価格 2,100円
鈴木葬儀社 鈴木晴之の上手な葬儀の出し方
(パソコンなどでダウンロードして見ることのできるPDF(電子ブック)です。)
 ※商品イメージです。 A4 143ページ ダウンロードして すぐに見られます。
販売価格 4,200円⇒2,100円
※お求めやすい価格になっています。
価格は変更される場合がございます。
葬儀社が教える葬儀を上手に出す方法
※信頼できるInfotop決済を使っています。
お支払い方法は以下からご選択できます。
■ クレジット決済 : 決済後すぐに商品をダウンロード
■ 銀行・郵便局振込み : お振込み確認後のダウンロード
■ コンビニ決済 : 決済確認後のダウンロード
■ BitCash決済 : 決済後すぐに商品をダウンロード
※ 個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。
葬儀挨拶の行い方、文例集
喪主挨拶、親族代表挨拶、通夜の謝辞、献杯の挨拶など様々な状況に応じた挨拶の行い方、そして文例集です。
挨拶は緊張されると思いますので、参考になると思います。
最新版の無料ご提供
できるだけ分かりやすく多くのノウハウを入れていますが、より良いマニュアルにしていくため、購入者さんの声を聞いて、マニュアルを新しくして行きます。もし、今後、マニュアルが新しくなった場合、購入者全員に無料で配布(ダウンロード配布)致します。
最後に
この上手な葬儀の出し方には、通常、一般公開されないような葬儀社の葬儀ノウハウが
多く入っています。
実際に葬儀を経験された方の中で、接待の仕方がわからなかった、
葬儀費用が余分にかかってしまったなどと言われる方が多くいます。
葬儀や通夜を通して、後悔の残る思いはしたくないものです。
またわざわざ来られ故人を偲んでくれる弔問客にも、心にゆとりを持って御礼を伝えたいものです。
葬儀や通夜の流れ、弔問客の接待方法など予め把握しておくことで、
「何をどうすればいいのだろう」と心配せずにすみ、
心からの本当に良い別れが出来たと感じることができるのです。
本書の内容を知っていれば、
良い葬儀を費用を抑えて上手に出すことは難しいことではありません。
本ノウハウのような第三者の専門的な意見を参考に、
後悔のない、良い葬儀を行っていただければと思います。
※信頼できるInfotop決済を使っています。
| 会社概要 |
特商法に基づく表記 |
プライバシーポリシー |
Copyright 2009- 葬儀プロ.com, All Right Reserved.
葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
葬儀の費用の事で質問です、父親が亡くなって知人の紹介で葬儀社を選んで9年前に葬儀を執り行いました質素にして料金は100万円を少し下回るくらいでした、ただ分からない事とか電話で問い合わせると態度が横柄で(そんな事も知らないんですか?的な)葬儀の後の感じは凄く悪かったです、そして今年母親が亡くなって父親と同程度の葬儀を別の葬儀社に依頼しました(前回、凄く不愉快だったので)料金は120万円を少し越える程度でした、弔問客には評判も良く兄弟は良い葬儀だったと泣いてました物価は9年前より上がってて消費税率も上がってますが皆さんはどう思いますか?自分はえっ!料金が随分高い?でも気分良く葬儀を執り行えたからまぁ良いか?な感じです。補足すみません、前回は葬儀社に司会を頼みましたが今回はプロの方でした見積りを見直したら各項目で微妙に前回よりランクが少し上でした。
私には高いです、払えません。というかそんなお式はしません。ご両親を200万もかけて送られる…後悔もない、なんと羨ましい方でしょう。100万円で納得のいくお式が出来た、と考えれば一般的には決して高いものではないと思います。ただ私は、その「一般」的価値観にズレがあると思います。※質問者さんを揶揄する意図は↑ありません他の方も仰っていますが、葬儀の価格=質ではありません。価格に差が出るのは、式場を二日間使用するのか?一日葬なのか?そして白木祭壇や花祭壇のランク、部屋の広さ(収容人数)です。20万と回答された方がいらっしゃいますが、私も簡素な式場(祭壇ナシ)で、それで十分な式をあげられると思います。※生花は自分で用意、会葬者10名の設定→高齢でお付き合いも少なくなりました来て下さった方への「おもてなし」?を考えれば質問者さんのされたように、お料理や返礼品だけを上等なものにすればよく式自体の華々しさは、喪家の格式や見栄を表すものです。華麗な祭壇を故人が鑑賞できる訳ではありませんから・・・
相手が家族葬の場合、新盆の対応について新盆について質問です当方の地域では告別式を行った家などでは香典のみでは費用が足りない場合等があり、新盆にご霊前を届ける習慣があります。(1故人に対し、二回お金を届ける)今年、近所にて新盆を迎える家が6軒あります祖母の際、全ての家から新盆の際当家にてご霊前を受け取っていますこの6軒の半分、3軒が家族葬です相手が家族葬の際、新盆にてどの様に対応すれば良いのでしょうか?全て家にお返しすれば良いのでしょうか?相手が家族葬の場合香典を渡す事が失礼になるとも聞きました亡くなった時の香典が失礼になるなら新盆にお金を届けるのは、もっと失礼になるように思えます有識者の方のアドバイスを頂けたら幸いですよろしくお願いします
あなたの地域の慣習を優先するべきお話なのですが、非常に重要な事が記載されています。それは半数が家族葬であったことです。この場合、過去からの慣習である葬儀が、その慣習通り行われてきた時代の名残です。みなさん、自分の場合はとか、自分の地域を基準に回答してしまいますが、重要なことは時代の変化で、過去の葬儀を基準に行動できない時代になってしまったのです。多分、どこかの家で家族葬としたから、そのように対応した家が出現したように思います。したがって、このような過去からの慣習を重視するなら、あなたの考え通りでいいのですが、喪家の立場になると、迷惑な弔問客になりそうな気がします。もし可能ならば、周囲の家に聞くといったことで、あなたの考えを述べたり近隣の考えがわかると思います。推定ですが、今年が最後の風習となりそうです。今年、新盆であった家族葬のお宅が決めたこと(多分受領しないでしょう)が、近隣で話題になり、来年には、家族葬の家には該当しない例外の慣習になるはずです。
家族葬について教えてください。先日主人の従兄弟のお嫁さんの実家のお父さんが亡くなり、家族葬でするのでこちらの親戚を連れて泊まりがけで来て欲しいとの事でした。家族葬なのに?と思いましたが、行ってみると普通に親族席、一般席に分かれていて、お香典も受けられてましたし、なんら普通の葬儀と変わりありませんでした。通夜式が終わり通夜振る舞いの食事には一般席に居た町内の方も一緒に食事をされて7、80人のお客さんの接待にスタッフの女性が1人で大変そうだったので、ついお茶出しなど手伝ってしまったのが悪かった。(以後スタッフ代わりに使われました)主人の従兄弟は「家族葬だからスタッフが少ないねん」と言っていましたが、どこが普通の葬儀と違うのか分かりませんでした。普通なら親族だけの食事ですが町内や喪主の友達家族まで。宿泊も含まれてるからと私達大阪組は泊まるよう行ってくれましたが、寝具も足りず約40人が雑魚寝、親戚中からスタッフ代わりに使われて布団の上げ下ろしから朝食のお世話でクタクタでした。タダで使う為に私は呼ばれたのでは?と勘ぐってしまいます。同じ内容でも家族葬と言えば費用は抑えられるって本当なんでしょうか?
現在は「家族葬」という言葉が一人歩きしている状態なんです。厳密に言えば、「家族葬」とは「同居している家族のみか、せいぜい故人の親・兄弟・姉妹・子・孫くらいで執り行う」事を指します。なので、当然一般客の弔問や参列は勿論、香典や供花、お供物も辞退しました。ですが、次第に「家族葬=安価」、「家族葬=小規模葬」、「家族葬=簡単」と、いった、(誤った)イメージが定着してしまい、さらに悪質な業者は「家族で全てを取り仕切る事を家族葬という」などと説明し、面倒事を喪家に押し付け、当たり前の料金を請求する……と、いう、笑えない事例もあります。葬儀料金の《高い・安い》は、葬儀内容に依ります……無駄を省き、見栄を張らなければ一般葬でも比較的安価で済みますが、家族葬や小規模葬でも、無駄な部分にお金をかけ、不要な見栄を張ればいくらでも高額になります……これは我々業者の説明不足や、一部業者の利益優先による高額葬儀への誘導、寺院による家族葬の否定、また、喪家が必要以上に世間体を気にする事に原因があります。つまり、「同じ内容でも家族葬と言えば費用は抑えられる」などという事は決してないですし、今は「家族葬」というハッキリした括りがないのが実情であり、喪家が「家族葬」と言えば、何百人参列して香典や供花を受けても「家族葬」になるのです(笑)。何にしても……ご苦労様でした。
会社の会長の葬儀を社葬として行う場合、社員は香典を出さなくてもよいのでしょうか。御教示ください。
社葬の行い方によります。ですから会社ごとに異なります。大会社などの社葬では、社葬前にその家の葬儀が行われるのが通常ですが、その際に故人に世話になったり義理のある社員さんは香典を包んで弔問・改葬しています。この場合、後日の社葬は会社としての行事であって取引先等の改葬を受けるものであって、社員は主催者側で社命による業務として社葬の業務を分担します。受付・接待・交通整理・裏方作業など役割分担をします。その中に、焼香客が切れないように何度も焼香の列に並ぶ役目の係りとしての社員さんなどがいることもあります。なお、個人企業的な会社の場合には、喪家の葬儀と社葬とを合体させた形で社葬として行うケースもあります。費用負担区分が税務上生じるだけで、両方を兼ねた葬儀ですから一般の会葬者として弔問・焼香に伺う社員さんは香典を当然に包むことになりますし、特に会葬するような関係ではない社員さんで業務として社葬に従事しただけなら香典までは包まないでしょう。社葬のあり方、位置付けによって異なります。
突然の訃報にどう対応していいか、ご意見頂けたらと思います。10年近く前にバイト先で一緒だった子が亡くなったと、その子のお姉さんから(私とは面識はありません)昨夜メールが届きました。本日、お通夜で明日告別式との事です。多分、携帯に登録してあった人に連絡をいれているのだと思います。その子とはバイトの時に一緒になると話は楽しくしましたが、特に外で遊んだりとかはなかったです。私は学生時のバイトで数年勤め、卒業と同時に辞めて、他県に引っ越しました。それからは、数回メールがきて近況を話したりしました。特にすごく親しかった訳ではないのですが、メールがくると、覚えててくれるんだと思えてうれしかったです。最後にメールをしてからは多分2、3年はたっているかとは思います。私より少し年下で、今でもまだ30才そこそこでした。まだ、若いのに突然の連絡に本当に驚きました。私が地元にいれば、式とかに行って是非最後に会いたいのですが、今は片道3時間以上かかる所で、小さい子供がおり、明日は仕事があり行く事は難しいです。お姉さんからのメールには、お通夜と式の日と場所、その子の携帯に連絡を入れるとお姉さんが出ると書いてありました。亡くなった原因も知りません。私は行けないからとそのまま何もしないのは心残りがあるし、何かできる事はないかと…。せめてお姉さんに電話を入れた方がいいのか、でも忙しいだろうし、そんな心境ではないかもしれないし…。もし、電話を入れるとしても少したって落ち着いた頃がいいのか…。なにぶん、私は祖父母の葬儀しか経験がなく、お恥ずかしいのですが知識がない為、どうしていいか分かりません。どのようにしたらいいのか、よろしかったら教えて下さい。よろしくお願い致します。
上記の情報だけで判断すると、二通りの解釈ができます。あなたのお気持ちを優先して対応を考えるだけです。つまり、あなたの判断で決めることですが、最終的に悩んだら、あなたのお気持ちで決めることが正解です。1.遠距離と判断できます。香典を送付するだけで十分です。参列の交通費はあなた負担ですが、その費用を負担しても弔問したいと言ったお気持ちを優先すべきでしょう。2.何もしなくても許される関係になっていますが、会いたいお気持ちは大切です。遠距離を判断して、現金書留での香典で十分でしょう。故人のお姉様との連絡が可能なようですので、時間をおいての連絡をしたらどうでしょうか。その時期は初七日を過ぎた時期かいいような気がします。その時期に電話で弔慰を伝えることをお勧めします。現金書留で香典を郵送した行為のお礼も述べてくれるはずですし、その他の香典のみの弔問客とは異なる対応です。喪家はその対応を評価してくれるはずです。