自己啓発

あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。

あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。

■商品詳細:

「時間があれば○○ができるのに…」
「忙しくて、やりたいことができない!」
日々、そのように感じている方はとても多いはずです。
でも、無理に時間を作ろうとすると、
「自分ののんびりする時間」
を無理やり削って時間を作り出すしかありません。
しかし、いくらやりたいことをやれても、その代わりにのんびり休むこともできなくなる…。
本当にそれで、心の休まる満足した生活を送れるでしょうか?

私は「やりたいことをする代わりにのんびりできなくなる」というのではなく、
「やりたいことをやって、かつのんびりもできる」時間の過ごし方を目指しました。
これを試せばあなたの1日は、30時間に伸びる感覚を味わえるはず。
今よりも6時間増えた時間で、今までできなかったことにぜひチャレンジしてください。

■商品内容:

PDF92ページ

■ジャンル:

自己啓発

■販売価格:

3000円

■販売者名:

伊藤 幸子
★自己啓発☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。
(infotop)あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。
こんにちは、岡野真です。
私は、
「自分を変えたい・夢を叶えたい」
そう思っている方へ向けて、潜在意識を活用したコーチングやカウンセリングを行っている者です。
そんな私が日々お受けするご相談の中でも多いのが、次のようなもの。
「やりたいことはあるんです。でも、毎日仕事が大変で時間が取れなくて…」
「本当に目標を叶えたいとは思うんですが、どうしても忙しくて…」
あなたにもこんなお気持ちがあるのではないでしょうか?
やりたいことなら、ある。
やる気だって、ある。
ただ唯一、ないのは時間。
仕事に家事、育児…「やるべきこと」が「やりたいこと」を圧迫して邪魔をする。
「やるべきこと」が多すぎて自由がない…。
一度くらい、
「時間さえあれば私だって…」「あぁ、時間のある人が羨ましい!」
そう感じた経験はお持ちだと思います。
では、そんなあなたにちょっと驚きの事実をお伝えいたします。
これはアメリカの社会学者であるロビンソン博士の研究で明らかになったことです。
世界各国で時間にまつわる調査を行ったところ、
人は、週におよそ30~40時間を無駄にしている
と判明。
週40時間を7日で割ると、5,7時間。
人間は、1日に6時間近くを無駄にしていることになります。
そう、よくよく考えてみると…。
「あと10分テレビを見よう…」と思い、10分経てばもうあと10分を繰り返し、結局2時間経過。
勉強の途中でなぜか漫画を手に取り読みふけってしまい、気づけば1時間経っていた。
…なんて経験はありませんか?
この2つをやっただけで、すでに2時間+1時間=3時間が無駄になっています。
こう考えると、
「…1日の無駄な時間を合計すると、6時間は超えちゃうかも…」
「あぁ、そう言われてみれば…そうかも…」
そんな気持ちになってきませんでしたか?
でも、あなたからはこんなお声が聞こえてきそうです。
「…いや、でも、時間を無駄にしちゃいけないと思って、いろいろやったこともあるんだけどダメだった」
「これじゃいけない!と思って、ちゃんとやることリストを作ったりしたけど、効果がなかった」
そのお気持ち、わかります。
私自身も朝起きるのが苦手でなかなかベッドから出られませんでしたし、
なぜか気づくとネットサーフィンをしていたり、漫画を読みふけっていたり。
夜に早く寝ればいいものの、なぜかぼーっとテレビを見ていたり…。
これじゃいけないと思い時間を短縮しようとしました。
「時間短縮術!」「短時間睡眠法!」という本を読んで実践しようとしてみたり。
ただ、私はそれをしながらこう感じていたんです。
「ちょっと待って…。
確かに、ダラダラする時間や睡眠時間を割けばやりたいことができるようになるかもしれない。
でもそんなふうに、
『5分、10分の短い時間でも有効活用して、ちゃんと過ごさなきゃいけない!』
『ゆっくり眠ることさえ許されない!』
なんてピリピリして分刻みのスケジュールをこなす毎日って…それ、楽しいの?
私が望んでるのはそんなんじゃなくって、もっとこう…、
『あぁ、時間があってゆったりしていて、好きなことができていいなぁ~』
って1日だよ!
私はのんびりネットサーフィンする時間だってほしいし、
漫画だって読みたいし、ぐっすり寝る時間だってほしいし…。
そういう時間を犠牲にしたくない!
そういう時間も取ったうえで、やりたいことをやる時間が欲しいんだよ!」
と。
これ、あなたの正直な気持ちでもあるんじゃないでしょうか?
あなたが望んでいるのは、
「ダラダラしたりのんびりしたりする時間をカットし、かっつめたスケジュールをこなす毎日」
ではない。
本当に望んでいるのは、
「ダラダラのんびりする時間も持ちながら、かつ、やりたいこともやれる毎日」
なのではないでしょうか。
正直なところ誰だって、
「今までどおりダラダラもしたい。かつ、もっとやりたいことをやる時間がほしい」
はずなんです。
多くの方は、ここでこう考えるでしょう。
「でも、さすがにそれは都合が良すぎるんだろうなぁ…。
どうしたって1日は24時間しかないんだし、削るならのんびりする時間を削るしかないんだ…」
と。
でも、本当にそうですか?
私の考えは、こうです。
「いまの24時間に、6時間をプラスして30時間にしてしまえばいい」
1日があと6時間増えるなら、あなたはいまと同じようにのんびりする時間を確保しつつ、
増えた6時間でやりたいことをやれる。
そうですよね?
…といってももちろん、物理的に1日を30時間に増やすことは不可能です。
私が言っているのは「物理的な時間」ではなく「体感時間」です。
そうですね、たとえば…。
あなたは、
「あれっ、いま13時だと思ってたけど、もう15時か」
と思った経験はないでしょうか?
物理的な時間は15時です。
でも、あなたの体感時間では13時ということですね。
この体感時間を遅くする方法です。
あなたが1日6時間の自由時間がほしいとして、いまの感覚ですと、
「いつもより1時間早く起きなきゃ!」
「この仕事をいつもより30分早く終わらせよう!」
「本当は1時間漫画を読みたいけど、我慢しよう!」
そうしてスケジュールを詰めて短くし、のんびりする時間を犠牲にして6時間を生み出そうとしますよね。
でも、私のやり方はこうです。
「さぁ、今日もいつも通り7時起床だ…と思ったのに、あれっ、まだ6時だ、1時間浮いた!」
「いつもどおり作業が14時間で終わった…と思ったら、まだ12時だった。2時間も浮いた!」
「漫画を1時間読もう。…そろそろ1時間?いや、まだ30分しか経ってない、30分浮いた!」
というふうに、体感時間を遅くすることで、浮く時間がどんどん増えていきます。
あなたはいつもどおりのスケジュールをこなすだけなのに、いつもより早く終わってしまう。
まるで時間が過ぎるのが遅くなったかのように、なかなか時計の針が進まない。
そんなつもりはないのにスケジュールはどんどん前倒しになっていき、時間に余裕が生まれてきます。
結果、
「いつもなら夕方に終わるはずの作業が、午前中のうちに終わった。
いつもよりまだ、6時間も余裕がある!さぁ、これから好きなことができるぞ!」
となりますね。
いかがでしょうか?
これならばあなたは今までどおりに1日を過ごしているだけなのに、あと6時間の「余裕」を得られます。
まるで1日が30時間に伸びたかのような感覚になるはず。
私があなたにお伝えしたいのは、時間の節約術ではありません。 節約などせず、大幅に「増やす」方法です。なにかをやる代わりに、のんびりする時間を犠牲にする必要はない。どちらかを選ぼうとするのではなく、どちらとも選べばいいのです。
いままでやろうと思っていたけど、時間がなくてできなかった資格の勉強。
仕事に追われて行けなかった友人との夕飯や、恋人とのデート。
家事に追われてできなかった習い事。
時間さえあればやれるのに…と思っていたジム通いや、
心ゆくまでの読書、近くへの小旅行…なんでもトライしてみてください。
なんせ、あなたの1週間はいままでより40時間も伸びたんです。
みんなには7日しかないのに、あなたには8日と16時間あるわけですから、
これだけの時間があれば大概のことはできますよ。
あなたの時間を1日6時間伸ばす方法。
これをあなたにお伝えしたときのあなたの反応、私には予想がつきます。
そう言いたくなるはずです。
だって、そう言いたくなるほど簡単ですから。
思わず、
「ちょっとちょっと…こんなバカみたいな単純な方法で、
体感時間を6時間も伸ばすなんて大業ができるようになるわけないじゃない!!」
そう突っ込みたくなるに違いないと思います。
でも、ここにあなたの「思い込み」があります。
「難しいことをしなければ、時間が伸びるなんてすごいことは起こらないはずである」
という思い込みが。
しかし、本当にそうでしょうか?
なぜ、難しいことをしないとできないんでしょうか?
なぜ、そう思いましたか?
…というと、特に根拠はないはずです。
ただなんとなく、
「苦労しなきゃいけないはずだ」
と思いましたよね?
でも、私は苦労なんてまっぴらごめんです。
苦労なら、時間節約術や短時間睡眠法を実践するときにたくさんしましたから。
私は簡単な方法しかやりたくないし、誰だってそうだと思います。
「ならば、誰でも今日からできるような簡単な方法でやってやろう」
そう私は思いました。
小難しい理論を学んだり、難解な方法を四苦八苦して試す時間こそもったいない!
その時間を使って好きなことをやったほうが、よほど有意義です。
最小限の時間(手間)で、最大限の時間を生み出そうじゃありませんか。
ややこしい話は抜きにして、あなたにシンプルな方法をお伝えいたします。
    
  
私が目指したのは、
「最小の時間しかかけず、最大に時間を伸ばす」
です。
早ければ明日、あなたはこう口にしてしまうはずです。
「えっ、もうこんなに作業が進んだのに、まだこんな時間なの?」
「まだまだ時間に余裕もあるし、これから何をしようかな♪」
…って。
あなたの1日を30時間にする方法、こちらをあなたに3,000円でお届けいたします。
PDF92ページ分、ご購入後にダウンロードしてご覧になるダウンロード商品です。
「ダウンロードの仕方がわからない」
「印刷して紙で自宅まで郵送してほしい」
という場合は、ご購入後、
hikiyose_makoto@yahoo.co.jp 
までご住所をお知らせくださいませ。
送料無料でお届けいたします。
さぁ、あなたがやりたいことはなんですか?
ずっとやりたいと思いつつ、諦めてきたことはなんですか?
今こそ、それに取り組んでください。
だって時間なら、たっぷりあるんですから。
特商法に関する表記
Copyright (C) 2018 (infotop)あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。 All Rights Reserved.
あなたに6時間をプレゼント。1日を30時間にする方法。
ALLrightsreservedのreservedって過去形ですかそれとも過去分詞ですか?
過去分詞です!(≧▽≦)bALLrightsreserved.は著作権表示ですね。
あなたならどうしますか?試験一週間前だとします。一週間後に月国火数水英木社があるとしたらどのようなスケジュールで勉強しますか?得意不得意は考えないで教えて下さい。
毎日各教科やって3日前くらいに、捗っていない教科を集中してやる日を作り、後は翌日のテスト教科を前日にやるの繰り返し。
スケジュール帳派?スマホアプリ派?スケジュール帳で管理してる人はその魅力を、スマホ管理派の方はその魅力を教えてください。個人的に、スケジュール帳で管理している人はなんだかモテる人が多い気がします。私はスマホ派です。
スケジュール帳派です自分好みの(San-Xのキャラクターが多め)可愛い物が使えますし、書くと記憶に残りやすいですので。
Allyouhavetodoisの「あなた」を「私」にするとどうなりますか?
Allyou/あなた方全てhavetodoisと思ったのですか?Allyouhavetodoあなたがやらなければならないこと全て私がやらなければならないこと全て・・は、youをIにすればいいだけですよ・
スケジュールを、スマートフォンや携帯で管理するのと、スケジュール帳で管理する、あなたはどちかがお勧めですか?またメリット、デメリットも教えて下さい。(カテゴリ違いなら申し訳ありません。)
スケジュール帳:かさばる・続かない・暇なときに見返すと楽しいし思い出や出来事を忘れない・書いても毎日見ないと意味なし携帯:いつでも入力できる・整理しやすい・アラーム機能ついてたり便利私は両方つかってます基本携帯でメモ感覚でつけてますが、暇なときにスケジュール帳つけてます。←自己満。しっかりとかんりするなら携帯でしょ!!