資格・技術

オイルパステル画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材

オイルパステル画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

オイルパステル画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材

■商品詳細:

通信講座系・イラスト徹底サポート教材
一日であなたもイラストのプロ!!

オイルパステル画の描き方教室

描き方をPDFと解説DVDで、わかりやすく説明した教材です。
納得のいくまで徹底的にサポートいたします。

■商品内容:

オイルパステル画の描き方

■ジャンル:

資格・技術

■販売価格:

7800円

■販売者名:

株式会社フォーイー・メイキング
★資格・技術☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

オイルパステル画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材
オイルパステル画 – イラスト上達マニュアル 4枚組DVD解説マニュアル付き 通信教育系徹底サポート教材
■オイルパステル
オイルパステルで描く動物の描き方。
動物の毛の質感や目の透明感などの表現方法を解説しています。
本編の写真の解説だけでは難しいと思われる描き方の仕上がりまでの工程をノーカットで収めたDVD解説付きです。
目  次
■まえがき
第1章 画材について
  **使用する画材**
第2章 スケッチの描き方
 【豆知識:スケッチとデッサンの違い】
  **猫・犬の骨格**
  **前足・後ろ足**
  **猫の目・瞳孔の変化**
  **猫・犬のスケッチ見本**
  <1>犬のスケッチ
  犬の写真(プリントアウト)
  輪郭
  いらない線を消す
  仕上げ
  <2>猫のスケッチ
  猫の写真(プリントアウト)
  輪郭
  模様
  いらない線を消す
  仕上げ
第3章 オイルパステル画
  【豆知識:クレヨンとオイルパステルの違い】
  
  **使用する画材**
  **私の使用しているオイルパステル**
  **描き方の説明** (例:猫の目)
    ・綿棒の使い方
    ・ぼかし方
    ・立体感の出し仕方とツヤの出し方
  <1>毛の短い猫の描き方
  好きな色で毛の短い猫を描く
  顔
  目
  体
  <2>毛の長い猫の描き方
  好きな色で毛の長い猫を描く
  顔
  目
  体
  <3>白い猫の描き方
  白いオイルパステルで猫を描く
  顔
  目
  体
  <4>写真とそっくりに描く(猫の描き方)
  猫の写真(プリントアウト)
  目の輪郭・瞳孔1・顔の塗り方1
  瞳孔2・顔の塗り方2
  目玉の塗り方1
  目玉の塗り方2
  目の仕上げ
  仕上げ
  <5>写真とそっくりに描く(犬の描き方) ★DVD解説あり
  犬の写真(プリントアウト)
  黒い部分・茶色い部分・を塗る
  白い部分・影の部分を塗る
  目の塗り方
  口・鼻の塗り方
  仕上げ
 ■あとがき
<ご購入いただいた方には以下の特典を無料で差し上げます>
特典これをマスターできたらあなたもプロ!「解説DVD」
特典高価なものより価値ある一枚が心をゲット!「手描きカード作り」
特典私にも描けちゃった! 「本編の応用」
特典あなたの心理状態もわかっちゃう?「画用紙に描いた線で空想画」
特典世界中に見せちゃおう!インターネットギャラリー「くるみギャラリー」
特典あなたの「?」を徹底サポート!「E-mailサポート」
個別ご提供価格 7800円
全199ページ(本編74ページ、特典125ページ)DVD動画マニュアル付き
トップ / プロフィール / 特定商取引の表示
Copyright © 2018 株式会社フォーイーメイキング All Rights Reserved.
powered by Quick Homepage Maker 4.91 based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM
オイルパステル画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材
絵について質問です、服のしわの描き方と塗り方を教えてください…
自分で着ている服を見て描けば勉強になります。スケッチなどで見て描く経験をしないと上達しません。
絵の上達に伸び悩んでいる学生です。どなたか助言いただけると助かります。。自分は今まで模写やパーツ(体の)スケッチ、デジタルイラストしかやってきたことがありません。デッサン基礎で絵の上達には欠かせないと聞きますが、画塾などに通うお金はありません。デッサンは自宅で、あまり知識がない状態から初めてできるものなのでしょうか?必要な機材や道具なども教えていただけると嬉しいです。ペンタブを買ってもらった時は嬉しくてデジタルイラストばかり描いていましたが、今では自分の絵のおかしなところにすぐ目が行ってしまい、なかなかモチベーションがあがりません。デジタルばかりでなく、アナログで基礎から学ぶことを始めた方がいいのではと思い始めました。そこでデッサンなのですが、自分の親戚などでデッサンに詳しい人はいませんし、画塾には通えません。鉛筆の持ちかたや削り方、イーゼルの立て方からわからないど素人です。こんな自分でもデッサンは始められますか?また、デッサンが上達するまでにかかる時間やデッサンのコツなどを教えてください。お願いします。回答お待ちしてますm(__"m)補足回答有難うございます。今中学に通っています。絵関係の仕事に就きたいので、見切りはつけない方向でお願いします、すみませんm(__)m
カテゴリマスター「描き方」をお知りになられたいのであれば、絵画教室や美術予備校等で目的に合った「描き方」を教わるのが近道ですが、描く事自体、表現力の向上自体は、別に独学でやっても大丈夫ですよ。デッサンというとどうも美大受験向けのデッサンをイメージする方が多いみたいですが、別に使う道具も描き方も特に決まりはありません。見た物をそのままに描くことですから、何でどうやっても構わないですよ。正解は目の前にあるモチーフやモデルや風景等ですから。鉛筆でできること自体は、紙に鉛筆の芯を擦り付けて墨を乗せるだけです。それ自体にわざわざどこかで習うほどの難しさは無いですよ。鉛筆の削り方なんで、ご自分の使いやすい長さや角度に削れば良いだけですし、面倒であれば「シャープナー(鉛筆削り)」を使っても別に不便は無いですよ。芯を長めに出すのは、短い時間でいっきに広い面積を塗りやすいので時間制限のある試験には有利ということだけで、そうしないとデッサンが描けないというわけではありません。イーゼルもあれば便利というだけで、なければ描けないという事も無いです。ご自身的に絵を描く事で最終的に何を目指すのか、どうなりたいのかという目的に合わせて、練習や学習の内容を決めて行けば良いのだと思います。美術系の大学等に行きたいというのであれば、試験対策をするために美術予備校等に通うべきとは思いますが、自分の思い通りの漫画やイラストなどを描きたい思い描いた物を作品として作れれば良いので、まずは、身近にある物や人などを思い描いた通りに描ける様な練習からやって行けば良いと思いますよ。それに必ずしもアカデミックなデッサンの力量が必要という事もありませんから。
生物のスケッチについて。ネギの根端細胞を観察してスケッチをしなければいけないのですが、影などは点描で書くようにといわれました。そこで質問なのですが染色体などは塗りつぶしても良いのでしょうか?
カテゴリマスター〉影などは点描で書くようにといわれました。スケッチをするように指示した人に、きちんと描き方を確認しましょう。塗りつぶしNGのスケッチ法がありますので、勝手に塗りつぶすと再提出になるかもしれません。
背景の描き方私はSaiで背景の描いてみようとおもったのですが、これがすごく難しい、、、、。キャラクターとか描くより相当難しい。うまくなりたいのですが、なにか描き方などが分かりやすく、Saiでも描ける描き方が書いてあるオススメのサイト本などなどありませんか?森、空、海、家具、家などなどが描ける様になりたい、、、。とくに自然が。よろしくお願いしますm(__)m
自然を描きたいというなら自分は男鹿和雄さんの画集(特にⅡのほう)がためになりました。アナログ手法ですがスケッチから地塗り、仕上げまで一通り背景はこの手法で描いてます(painterで)背景画を描くにはまず下書きとしてスケッチが描けなければどうしようもありませんスケッチを描く時困ると思うのは空の雲や海の波、森の葉っぱや枝に動物の毛など不定形なものを相手にするときだと思います。そういう時は形をリズムでとらえることを覚えなければなりません。葉っぱや枝をよく観察し特徴を簡潔に描く…このあたりはキャラのデフォルメと同じで上手い絵描きさんのスケッチを参考にするとためになります。始めは模写から初めてそういった描き方の感覚を掴み次に外に出かけて実際にスケッチすることや写真をスケッチ画に直すといいです。次に塗りですが自分の場合は塗りの工程を地塗りと仕上げの2段階に大きくわけて塗っています。地塗りで大雑把に全体の色や陰影を塗って次の仕上げで明るい色や暗い色を塗り重ねてディティールや調整を行っていくという手法ですがたぶん文字だけではわかりづらいと思います。この辺も男鹿和雄画集Ⅱに少しやり方が載ってるんで読めば参考になると思います。自分も背景画を学ぶ時は一丁一石ではいかず非常に苦労しました。色んな本をあさったり色んな人の絵を参考にしましたがやはり男鹿さんの描き方が自分には一番しっくりきたんでアナログ手法だけどデジタルで応用して描いてます。あとデッサン風スケッチは初めての風景画教室という本が役立ちました。どちらの本もある程度経験をつんでないと使いこなすのに非常に敷居が高い本だと思うんであまりお勧めはできないかもしれないです。
絵の描き方について中学校でもうすぐ写生大会があります僕は木を中心に大きく書こうと思っているのですが絵が下手なためよく書き方がわかりません影のつけ方?みたいなのがまったくわかりません・・美術の成績の大部分を占めるのでどうにかいい絵を描きたいですたくさんあって申し訳ないのですが、下書きの書き方、色の付け方、影の付け方を教えていただけるとありがたいですもしうちでできる練習があればそれも教えていただきたいです回答よろしくお願いします。
縦や横に画面を割る構図にするのはあまりオススメしません。下書きは、習ったと思いますが、まず、自分の指で四角い窓を作り、どのへんを描こう。と、大体の配置を決めることが大切です。写生大会・・・ということは、スケッチ大会・・・ですよね。(スケッチ大会としか私は言ったことがないので;)色のつけ方は、最初は濃く塗り過ぎないところなど。絵の具が透明水彩だと思いますから、塗り重ねるときは慎重に。影のつけ方は、本物をよく観察すること。木を描くということは、草も描くのでしょうから、一応、参考までに。草は、一応緑色をサーッと塗った後で図のように。ある程度散乱させてください。私は、知恵袋に絵を載せるなんて考えてなかったので・・・・。歳も近いですし、今回は特別ですよ。あと、色鉛筆なので、水彩とはちょっと違います・・・・。それから、ピンボケしているみたいです;すみません。これ以上はなれると手の影で暗くなるので・・・。色々と長くなりました。参考になれば幸いです。それでは。追記です。木は、真ん中に描くのか端に描くのか、周りの環境で変わります。(物が"在る。"の基準は、木に対してどれくらいの大きさなのかというところです。そこは人によって違うというか、実際見てみないとわからないのでなんとも・・・;)周りにある程度の量、物がある場合は、木は真ん中に描いたほうがいいですし、何もない場合は、少し端に描いたほうがいいですよ。なんかたくさんかきましたが、最終的には、楽しんで描ければ、いい作品ができると思いますよ♪成績も大切ですが、絵の上手下手で評価が全て決まるわけではないので。どれくらい真剣にがんばって描いていたか。を見る先生もいらっしゃいます。家でできる練習。というところを書き忘れていました・・・;申し訳ない;家で(庭があるのなら)できる練習は、草や木をしっかり観察することも含め、自分の使う絵の具や筆のクセを覚えることなど、たくさんあります。(クセは、学童美術展の場合、特に気にしなくていいことのような気がしますが・・・。)(友達の意見では、)水の調節は特に大変らしいので、そこら辺も。外で絵をかけないのなら写真に撮って、練習するのもいいかもしれません。(写真に撮って、写真に線を引き、同じ本数、画用紙にも線を引いて、それを目安に下書きを描くなど・・・。)あと、木の描き方を書くのを忘れていました(面目ない・・・。)が、陰影のつけ方は、大体felix20120402さんの仰っている通りです。アクリルや油絵などの塗り重ねられる絵の具ならよいのですが、透明水彩ですと、ベタベタと塗ってしまうと折角の透明度が台無しですので、ほどほどに塗り重ねるのをオススメします。それでは。練習がんばです!
おすすめの情報