資格・技術

水彩画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材

水彩画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

水彩画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材

■商品詳細:

通信講座系・イラスト徹底サポート教材
一日であなたもイラストのプロ!!

水彩画の描き方教室

描き方をPDFと解説DVDで、わかりやすく説明した教材です。
納得のいくまで徹底的にサポートいたします。

■商品内容:

水彩画の描き方

■ジャンル:

資格・技術

■販売価格:

7800円

■販売者名:

株式会社フォーイー・メイキング
★資格・技術☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

水彩画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材
水彩画 – イラスト上達マニュアル 4枚組DVD解説マニュアル付き 通信教育系徹底サポート教材
■水彩
水彩絵具で描く動物の描き方。筆に付ける水の量を調節することで動物の毛の質感などの表現方法を解説しています。本編の写真の解説だけでは難しいと思われる描き方の仕上がりまでの工程をノーカットで収めたDVD解説付きです。
目  次■まえがき第1章 水彩画**使用する画材**<1>型を作って猫の描き方(型と海綿を使った描き方)猫の型(プリントアウト)プリントアウトをしてアートナイフでのカット型の使い方型を使って体を描く型を使って顔を描く型を使って耳を描く型を使ってしっぽと前足・後足を描く型を使って目の輪郭を描く型を使って目玉を描く仕上げ<2>型を作った犬の描き方(型と海綿を使った描き方)犬の型(プリントアウト)プリントアウトをしてアートナイフでのカット型を使って体を描く「お腹と顔の部分」型を使って体を描く「背中の部分」型を使って耳としっぽを描く型を使って足を描く「向こう側の前足と後足」型を使って足と鼻を描く「手前側の前足と後足と鼻」仕上げ「目」<3>毛のフワフワ感・海綿と水を使った描き方<2>の、型を作った犬の応用編<4>海綿を使って、フワフワにゃんこの描き方(応用編)猫の下絵(プリントアウト)使用する絵の具毛の流れ(顔)毛の流れ(体)目の描き方鼻と口の描き方仕上げ
第2章 スケッチの描き方
【豆知識:スケッチとデッサンの違い】
 **猫・犬の骨格**
 **前足・後ろ足**
 **猫の目・瞳孔の変化**
 **猫・犬のスケッチ見本**
<5>犬のスケッチ
犬の写真(プリントアウト)
輪郭
いらない線を消す
仕上げ
<6>猫のスケッチ
猫の写真(プリントアウト)
輪郭
模様
いらない線を消す
仕上げ
第3章 水彩画
<7>写真とそっくりに描く(犬の描き方) ★DVD解説あり
犬の写真(プリントアウト)
使用する道具
スケッチ
白い毛の部分
黒い毛の部分と鼻
茶色い毛の部分


仕上げ
<8>写真とそっくりに描く(猫の描き方)
猫の写真(プリントアウト)
使用する画材
スケッチ
明るい部分から描く
濃い茶色の部分
黒い毛の部分
目と鼻の部分
仕上げ
■あとがき
<下記の特典を無料で差し上げます>
特典これをマスターできたらあなたもプロ!「解説DVD」
特典高価なものより価値ある一枚が心をゲット!「手描きカード作り」
特典私にも描けちゃった! 「本編の応用」
特典あなたの心理状態もわかっちゃう?「画用紙に描いた線で空想画」
特典世界中に見せちゃおう!インターネットギャラリー「くるみギャラリー」
特典あなたの「?」を徹底サポート!「E-mailサポート」
個別ご提供価格 7800円
全243ページ(本編98ページ、特典145ページ)DVD動画マニュアル付き
トップ / プロフィール / 特定商取引の表示
Copyright © 2018 株式会社フォーイーメイキング All Rights Reserved.
powered by Quick Homepage Maker 4.91 based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM
水彩画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材
海綿氷てどんな氷ですか。
海綿氷海氷の成長の初期の一段階。晶氷の集まった氷泥、あるいは結氷温度に近い海面に降った雪からなる雪泥の氷晶が氷着し合って作られる直径数cmの白っぽい海綿状の塊を海綿氷と呼ぶ。スポンジ氷と呼ぶこともある。さらに冷却が続けば、海綿氷や氷殻がくっつき合い、厚さを増して板状軟氷が形成される。ということです。
イラストの描き方について教えてください勢いでワコムのインティオスを買いましたそれにクリップスタジオペイントがついてたのでソフトはそれを使っています全く絵を描いたことのない人間が可愛らしい女の子の絵を描くにはどんな練習をすればよいのでしょうか?今はペンタブに慣れる練習と動画を見まくって勉強してます腕前としては小学生ぐらいの子が人の絵を描いたのかな?程度ですw最初は紙とシャーペンで好きなキャラクターを見ながら描いたりするほうがいいのでしょうか?補足世の中にはスゴイ小学生がいてることを忘れていましたwとりあえず腕前はめちゃくちゃ下手です
カテゴリマスター絵は描けばそれなりには、上手くはなるます。動画など見られて描かれるのは、いいことです。しかし絵の本質にどのようなものかと言う知識を得て、その描き方が間違いですと絵の上達もそれなりにしか描けないとでしょうアタリと言う描き方凄く大切なものです。いきなり描こうとしても、必ずそこにはバランスとれてなかったり、目鼻の位置ずれもでてきます。貴方がどのように描かれてるのかが大切です。アタリを描くと、つまり人の骨格、筋肉を知る事から始まります、アタリは絵画の下書き見たいなものです。何度も描いた構図を、まとめるための構図構成力、観察力、描写力、考える力、想像力、イラストと同じですが、少し意味合いも違いますが、アタリを描いてものを知るそれなは何度も何度も描き、見直しから修正していかなければなりません諦めず下手であっても描き抜く事にあります。その描き方は、貴方のシャープ、などは言い分けです。好きなキャラクター、上手い人の絵などは参考になるものです。上手い人にしても必ず土台となる絵はあるものですし、それなりの努力されたのでしょう安い紙でいいのです。量があれは、ケント紙なんかで、何枚もも描いて下さい下手であってもいいです。述べたようにアタリを描いて下さい、とにかく線としての描き方を、アタリから動きを備え、基本的なイラストの基本的知識を身に付けなくてはいけませんので、まずは、、上手くなるための知識を見直されて下さい絵は、何をどのように、描きたいのかはっきりしたイメージを持つことです。ただ描くのとは意味が違います、少し基本的な説明を読まれて下さいこのようにアタリを描くものです。https://www.pixivision.net/ja/a/2088貴方の描き方、方法が間違ってませんか?そんな気がします。貴方乘言われペンタブになれることは正解です。ペンタブでの説明読まれてはと思います、https://conte-anime.jp/draw/pen-tabこのように貴方のはワコムでの方は多いですからこの画像のようなものものを描かれてるいると思いますよhttps://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=ペンタブからの上手いイラストわを描くコツしかし、本当にこれだけで?述べたようににアタリとして描く方がどれだけ大切なことかわかるはずです。ここにアタリからの説明たいせつである説明文リンクを、読まれてチシキを、得て下さいhttps://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=crmas&p=ペンタブからのアタリの描き方&device=yahoo_smartphoneこのようにいかにアタリからの描き方が、大事なのかは、バランス巣を、見直せることで絵としての気分的な、捉え方ができさます。http://illust.moe/2016/04/beginner-5/ベンタブにことわりまさが、知識描くとのコツを知ってステップアップして欲しいからですhttp://pentabu.it-kaden.com/初心者必見!ペンタブの使い方と上手くなる練習/最後にベンタフでのアタリからの描きます動画を見られたかもしれませんが、アタリからは、描かれたてないき気がします。楽しく、シャープでアタリのまでいいですから、塗るより描くき慣れることかから、知識を、得ていってて欲しいと思いますhttps://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=crmas&p=ベンタフでの描き方アタリの描き方のコツ動画&device=yahoo_smartphone
影の描き方こういう影の描き方を教えて下さい。使用しているソフトはCLIPSTUDIOです。
カテゴリマスター人型の作り方は、この画像では上が切れてますが頭まであるのでしたら、人物の形をそのまま使って、変形させるといいです。人の形に選択範囲を作って新規レイヤーにベタ塗りし、編集/変形/自由変形させてパースがついたような形に変形させます。その後、透明ピクセルをロックしてブラシ等つかって色の変化をつけたり、ロック解除してからぼかしをかけたりするといいです。背景に色がついていて、影の色をなじませたい場合は、乗算レイヤーにします。人物だけが切り抜かれて独立したレイヤーにある場合は、影レイヤーを人物レイヤーの下に置くだけでいいですが、統合されたレイヤーなのなら、影が人物にかからないように、重なる部分はレイヤーマスクをかけるといいです。
模写やデッサンの描き方について最近自分の絵の描き方に疑問を持ち始めたのですが、例えばリンゴのデッサンをするとします。リンゴから目を放さずに輪郭を追って紙に描くのか、リンゴをよく見て情報を記憶してから紙面に視線を移し記憶したものを思いだしながら少しずつ描くのか。自分は初心者でそれくらいしか思い浮かびませんが、皆さんの絵を描き写す時の目の動かし方を教えて下さい!!
目の動かし方では、リンゴを見る→紙を見るの繰り返しです。ですが、記憶だけを頼りに紙に写し取る、というやり方ではありません。デッサンは記憶スケッチではないので、記憶を優先してはいけません。観察がままならず先入観を取り除きにくい初心者さんは「禁止」ぐらいに思っていてちょうどいいかもしれません。そのため、モチーフに対して正面に座り、用紙を自分の利き手側正面に置き、首を動かさなくてもモチーフと紙面を確認しやすいようにポジション取りをします。首や体を動かす位置ですと、視点が定まらないので上手く描けません。また、横目で見るような構え方も、左右の目の距離が違って立体を上手く捉えられないのでいけません。一番最初にモチーフの向きと距離(長さ)を「見」ます。次に大きさを「見」て、形に合わせて「印」をつけていきます。漫画のように線で強く囲ったりはしません。(初心者さんはこれも禁止ぐらいに考えて良いと思います)次に面の切り替わる場所と明暗を「見」ます。そして徐々に内容を詰めていき、質感などを表現していきます。印や面の切り替わりに関する具体的な解説は、入門者向けのデッサン講座の書籍をご確認いただくのが宜しいと思います。逆に、何も読まずに見様見真似でやっても、デッサンになりません。
クロッキーの描き方についてクロッキーの描き方について教えて欲しいです前に授業でやった時は、独学で、大体の形を見る紙に何となくの形を見る?長さを見る(ここで描いてはいない)長さの印を付けてく(肩とか腰とかわかりやすい位置)描きやすい線から描いていくというように、一部分から全体に広がっていくような描き方をしていましたそして、それでも上手くいっていて、先生にも褒められましたしかし、デッサンとかクロッキーの描き方などをネットで見ると、どれも「全体の形を大体描いてから~」と描いてあって、もしそれが正しいのなら、早めに癖を直したいと思っています質問は今の私の描き方でこの先大丈夫か、それとも描き方を改めた方がいいか、です拙い文章ではありますが、どうかよろしくお願いします
カテゴリマスターどちらでもかまいません。全体のフォルムとムーブメントを短時間で掴む(表現する)のがクロッキーを描く目的なので、おおまかにアタリをとってからフォルムを絞りこんでも良いし、部分から描き始めてそのまま全体へと描き進めても良いです。私は後者のタイプですが、前者タイプの人も結構います。ようするに、目的さえ達成出来ればどんな描き方をしたって良い、特に決まりはないってことです。
おすすめの情報