FX

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(計算ツール付き)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」2年間アクセス権付き

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(計算ツール付き)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」2年間アクセス権付き



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(計算ツール付き)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」2年間アクセス権付き

■商品詳細:

FX投資初心者の医療系学生がたったの1ヶ月で12万円稼いでしまった!?
勝率9割!損切り不要のFX投資術『円安になればもちろん為替差益!
円高でも、問題なく為替差益!あんまり変動しなくても、
スワップ金利が貰える【負けようのない】ポジション構築術』

■商品内容:

PDFファイル EXCELファイル

■ジャンル:

FX

■販売価格:

24000円

■販売者名:

山田 剛士
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(計算ツール付き)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」2年間アクセス権付き
ツナギ売り実践塾 ~勝率9割!損切り不要のFX投資術+エントリープラン編
FX投資初心者の医療系大学生がたったの5年間で1,000万円稼いでしまった!?
まずは論より証拠。それでは、FX投資の運用成績をご覧下さい。
ちなみに、、、この運用方法の有用性については以下の感想が参考になります
2007年11月13日からFXを始めてみました
2007年11月13日から、FXを始めてみました。初期投資額は10万円。10日後、たった4回の取引で利益額が21,285円になりました。
5日後、利益額は35,359円になりました。
さらに9日後、利益額は72,720円になりました。
4日後の12月11日、利益額は81,519円になりました。
そして3日後、利益額は113,207円になりました。
翌日、利益額は120,115円になりました。
08年1月3日、利益額は173,027円になりました。
08年1月23日、利益額は226,973円になりました。
そして、新規口座を開設!
08年2月以降、マネーパートナーズに口座を開設し、主に高レバレッジかつ短期用の口座として活用しています。
マネーパートナーズの口座に1月31日に135,000円を入金して以来、以下のような快進撃が続いています!
そして、2月5日は6,600円の取引損益となっています。
翌日の2月6日は5,100円の取引損益となりました。初期投資額135,000円が1週間で185,424円になりました。
翌週の2月13日は合計で20,884円の取引損益となりました。初期投資額135,000円が約2週間で206,308円になりました。
・・・と、まあこんな感じで運用を続けております。
以降の運用歴をかいつまんでご紹介します。
08年10月の運用成績
08年11月の運用成績
08年12月の運用成績
09年1月の運用成績
09年2月の運用成績
09年3月の運用成績
09年4月の運用成績
09年5月の運用成績
2011年7月からDMM.com証券にて取引をスタート
2011年11月28日 獲得利益:+85,090円 【マネーパートナーズ】
2011年11月28日 獲得利益:+44,600円 【DMM.com証券】
以降、マネパ口座とDMM.com証券の両口座で運用。
2012年現在、運用資金1000万円を達成
2011年12月にDMM.com証券に一本化し、運用資金は900万円を超えました。
2012年5月には運用資金は1000万円を達成しております。
・・・と、まあこんな具合にFXで儲けるのは案外カンタンなのです!
手元に5万円程度の資金があれば、それを元手にFXで毎月5万円~10万円稼ぐことは十分に可能なのです。もちろん、一日中パソコンに張り付いてトレードする必要なんてありません!
1日たった5分程度のトレーディング時間さえあれば、初心者でも実践可能です。
でも、どうせビギナーズラックでしょう?
正直に告白します。
この結果はまぐれではありません。大きな声では言えませんが、再現性はバッチリです。
たとえば、冒頭の利益額21,285円の内訳ですが、
11月13日に米ドルを109.83円で買い、15日に111.35円で決済売り
結果:14,715円の利益
11月22日に米ドルを108.58円で売り、翌23日に107.85円で決済買い
結果:6,570円の利益
上記のようにロング(ドル買い)でもショート(ドル売り)でも利益になっています。たまたま円高になったから儲けられたのではありません。
では、なぜ13日は109.83円で買い、なぜ22日には108.58円では売ったのでしょうか?
チャートに張り付いて円高・円安の方向を注視していたわけではありません。そんな疲れそうなことをしないでも、もっと楽ちんに判断できます。ファンダメンタルや市場観測などのニュースも投資判断の材料には一切利用していません。正直に言えば、ニュースなんか必要ありません。
投資は、もっと「シンプル」に考えるべきなんです。だって、毎日やり続けることなんですから。
売買判断の「なぜ」という問いに対して自分なりの答えを用意できるようになれば、円高になろうが円安になろうが、横ばいだろうがどんな市場でも儲けを狙うことができます。
話を少し巻き戻して、ぼくが「なぜ」13日は109.83円で買ったのか?これは、その後の円安展開を読みきったからではありません。言い換えれば、円安になるという予測のもとにドル買いを実行したワケではないということ。
少しネタばらしをしましょう。13日に109.83円でドル買いをしましたが、さらに108円とか107円まで円高が進行してもよかったんです。その後、たまたま111円まで円安方向に動いたので利食いしただけなのです。
ぼくが「なぜ」22日は108.58円で売ったのか?これも先ほどと理由は同じです。仮に109円、110円になってこの売り玉が値洗い損を抱えても問題ないと判断したから。結果的に107円台まで円高が進行したため、73銭幅で利食いをしたのです。
ぼくの投資戦略は単純です。基本はドル買いがメインですが、いくらかのドル売りも混ぜます。売りから入るとスワップ金利を支払わなければならないため、買いしかやらない人が大多数ですが、売りポジションを適切に使いこなすことで、以下のような円高に負けないポジションが完成します。
円安になれば、もちろん為替差益
円高になっても問題なく為替差益
あんまり変動しなくても、とりあえずスワップ金利は得られる
円安を祈ってドル買いポジションを漬けているワケでもなく、秒単位で売り・買いしているわけでもありません。ポイントは、売りポジションを建てるタイミングと枚数です。
11月13日に米ドルを109.83円で買い、15日に111.35円で決済売り
結果:14,715円の利益
11月22日に米ドルを108.58円で売り、翌23日に107.85円で決済買い
結果:6,570円の利益
このようなポジションを構築するに至る「思考プロセス」を学んでください。
いつ、どのタイミングで買うのか、売るのか、それとも待つのか。買う、あるいは売るとすれば何単位の売買をするのが適切か。
求められる判断はたったこれだけなのですが、この判断が上手にできない人が大多数です。だから、継続して儲けている人が少ないんですね。売買判断を他人に頼ると、いつまでも上手になりません。裏を返せば投資判断さえ上手にできるようになれば、円高・円安の方向に関係なく利益が期待できるようになります。
円安になれば、もちろん為替差益
円高になっても問題なく為替差益
あんまり変動しなくても、とりあえずスワップ金利は得られる
こんな「負けようのない」ポジションを作ってみたくはありませんか?ポジションサイズと売り・買いのバランスおよびエントリーのタイミングを合理的に考えられる人だけが身につけている「投資のエッセンス」をお教えします。
   勝率9割!損切り不要のFX投資術
【特典その1】 ツナギ売りの真髄
価格:24,000円
申し遅れました・・・
どうも、はじめまして。山田剛士と申します。
普段は都内某所にて、医療関連職に従事しております。余談ですが、
「愛唄」などのヒット作で知られるGReeeeNさんと同じ学部だったりします。
(※おかげ様で、2010年に大学を卒業いたしました)
まず、お断りしておかなければならない点が一つ。冒頭で、「FX投資初心者の医療系大学生が・・・、」とありますが、厳密には投資初心者なワケではありません。株式投資歴は4年ぐらいです。ただし、FXの取引自体は始めてから日が浅いのは本当です。
FXで儲けるためには、投資歴そのものの長さはあまり関係ありません。必要なのは、自分の予想が外れた時にも対処できるようになること。その能力さえ身につけば、その他の細かな知識なんてさほど重要ではないのです。
投資のマスターキー投資について学ばない人が損をする
「なんで医療系なのに、投資なんてやっているんだよ!?」と、よく突っ込まれますが、昔から「数字」が好きだったことと、実利を兼ねた趣味だからです。実際、学生のバイト代などは時給1,000円程度が限界ですが、自分で運用できるようになれば、時給1万円とかも結構余裕だったりします。
なにせ、やるべきことは売買注文を指定してクリックするだけですから、体力的な消耗はまったくありません。これは、かなりデカいです。
ちなみに、ぼくがFXをお勧めする理由は右記の通り。
放っておいても毎日コーヒー代ぐらいのスワップ金利が入りますし、一日1万円ぐらいの為替差益はそう難しくはありません。
ぼくがFXをお勧めする理由
バイト代よりも楽に稼げる!
小額(1万円程度)からでも始められる!
本業に差し障りなく、儲けが期待できる!
肉体的な疲労度がほとんどない!
運用資金が増えれば、利益額も増える!
株よりも資金効率がよい!
24時間取引が可能!
知能労働なので、時間の拘束が一切ない!
何もしなくてもスワップ金利が毎日入る!
ぼくが学業以外に学んできたこと・・・
大学で習った医療関係の知識より、独学で学んだ投資関係の知識の方に明るかったりします。
売りポジションを適切に組み合わせる技術、これを「つなぎ売り」と言いますが、自分は株式投資を4年間やっている間に身につけました。
このつなぎ売りという技術をFXに応用してみた結果が、冒頭の利益額(120,115円)です。つなぎ売りを覚えると、日々の売買がタイミング勝負とは別次元のものになります。
「つなぎ売り」を覚えるメリット
円安でも、円高でも儲けを狙えるようになります
もちろん、放っておけばスワップ金利が手に入ります
値洗い損が拡大しないようなポジションをストップロスなしで構築できるようになります
ストップロスを付けないので、極端に勝率が高くなります
つなぎ売りはストップロスに加えて、利益確定の役割も兼ねます
結果、利益の取り損ねを防止し、かつ損失を限定することができます
ストップロスでは現金が目減りしますが、つなぎ売りの場合はあくまで「評価損」です
円安・円高の方向を予測しなくてもエントリーできるようになります
自身の予測が外れても個別のポジションでは利益がでるため、ちょこちょこ利食いが可能です
さて、今から「勝率9割!損切り不要のFX投資術」の内容についてお話したいと思います。この商材はPDFファイルで、本編は55ページのボリュームです。
「勝率9割!損切り不要のFX投資術」でお話していること
適切なレバレッジの設定
についてFXで、レバレッジを10倍にするか、20倍なのか、それとも100倍にするのか。証拠金が少なければ少ないほど、ちょっとしたミスが命取りになるシビアな世界になります。たとえ投資対象が同じであっても、レバレッジ比が高くなればなるほど、ゲームの難易度も相対的にハードなものに変貌します。投資のプロですら、レバレッジ100倍で運用するのは稀です。まずは適切なレバレッジ比から出発しましょう。
FXにおける基本戦略
手持ちの運用資金が違えば、当然とりうる戦略も異なります。1万円しかタネ銭がない人と、100万円を運用する人とでは選択肢のバリエーションに大きな違いがあるのは、ある意味で当然のことだと思います。あなたの資金量に応じた戦略の作り方を各手順ごとに説明します。
毎日の米ドルの推移とポジションの組み替え
FXで初めて米ドルの買いポジションを建てたのが、07年11月13日。
以降の米ドル価格の推移を示しながら、その都度何を考え、どのような意図をもってポジションを組み替えてきたのか。
途中、米ドルは107円半ばまで落下し、小刻みな動きを繰り返しながら、12月中旬114円台を回復する方向の定まらない展開となりました。ある意味で、「買い一辺倒」の投資家はみな討死にするような値動きでした。このような市場環境において、リアルタイムに何を考え、どのようなポジションを建てたのか。
ぼくが行なったすべての建て玉操作を図解しながら、分かりやすく説明しました。机上の空論ではなく、現実にあった状況から学んでいただけるよう配慮しました。
「新規売り」と「決済売り」の操作の違い
「ツナギ売り」という手法を取引に組み入れると、米ドルの買いポジションを保有しながら、新規に米ドルの売りポジションを建てる、という場面がチラホラ登場します。では、この「ツナギ売り」という操作は「決済売り」とはどのように異なるのでしょうか?
ツナギ売りは状況によって「利益確定」の役割、「損切り」の役割の使い分けができます。はっきり言ってこの微妙な違いを理解しているトレーダーは皆無です。
ほとんどの投資家は、建て値からポジションが逆行したら「損切り」という選択肢しか頭の中にありません。
だから、多くの投資家が不要なストップロスを設定しては、毎回引っ掛かるのです。
どうしても「損切り」しなければならない場面は考えられますが、ちょこっと売りポジションの使い方を心得ているだけでやり過ごせるものが大半です。この違いを認識し、使いこなせるようになるだけでその他大勢の投資家レベルから即抜け出すことができます。ちなみに、この技術はディープすぎるため、一般書店で手に入る情報ではありません。シロウト丸出しのお手軽投資本には一切登場しない内容です。
【1-1】ポジションの特殊性
売り玉と買い玉が1セットある状態を、【1-1】ポジションと命名しました。このポジションの特殊な振る舞いをひも解きながら、スワップ金利の取り扱いについても言及し、このポジションからいかに有利に展開するかを考えます。
各ポジションの損益の振る舞いと、ポジション全体での挙動についても解説しました。
値洗い損を抱えたときのポジション調節テク
値洗い損を抱えたときに、どのような対処をするのか。これは投資行為を営む上で、決して避けては通れない難題です。値洗い損を縮小させ、利益転換させる売買技術と考え方をお教えします。
OCO注文の意外な活用方法
ふだん成り行き注文か指値注文しかやらない方でも、OCO注文もこんな風に使えるよ、といった点を実例を交えながら解説しました。この注文を徹底的に使いこなすと、半自動売買への道が開けそうな気がします。ご利用はお好みでどうぞ。
利食いのタイミングの計り方
利食いした後に、もっと有利に決済できたのにと後悔することはありませんか?これは多かれ少なかれ、誰もが経験したことのあることだと思います。利食いのタイミングは、どれだけ投資経験を積み重ねても難しい。利食いのタイミングを計り、可能な限り有利に手仕舞いする方法をお教えします。
と、このような内容になっております。この内容だけでも十分に盛りだくさんですが、今回は以下のような特典もお付けすることにしました。
特典その1.
「ツナギ売りの真髄」(定価3,600円)をお付けします
 
自分がFXでバリバリ活用したのが、「ツナギ売り」という売買テクニックです。
このツナギ売りというテクニックの原理をわかりやすくまとめたのが、「ツナギ売りの真髄」という商材です。今回は特別に、この商材を無料でプレゼントいたします。
この「ツナギ売りの真髄」に関して、以下のような感想をいただきました。(掲載している内容はあくまでも個人の感想です)
ランクAの内容です!
先週末に 『ツナギ売りの真髄』を送付いただき、週末に3回ほど読み直しました。大変面白い内容で時間を忘れ、一気に読みました。
>今回の情報は購入価格(3,600円)に値する価値はありましたか?
価格に見合う十分な内容でした。安いと思います。
>この情報にいくらまでなら払ってもよいと思いますか?
今まで、何回かインターネットから有料情報を購入しましたが、中にはひどいものがありました。今回の有料情報は、ランクAの内容です。¥9,800くらいがよろしいかと思い
ます。
>内容は分りやすかったですか、それとも分りにくかったですか?
前半はとてもわかりやすかったです。「先物」の説明から少しわかりにくかったと思います。「先物」に興味がない事も一因かもしれません。
>参考になる手法や概念などはありましたか?
「空売り」の概念は知っておりましたが、「つなぎ売り」を行い、「さらに利益をのばす」手法は、初めて知りました。この方法なら心に余裕を持って取り組めそうです。
私はFXを行っておりますが、07年11月の円高にはビビリまくりました。運良くロスカットは免れましたが、眠れない日々が続きました。つなぎ売りを応用することにより、余裕ができそうです。
(会社員・K様)
自分の投資のスタイルはツナギに決めました!
テキスト読みましたが、もう自分の投資のスタイルはツナギに決めました。
これまでネットでツナギの参考書を探しましたが、古典的だと思える内容
(もちろん林先生など先人は尊敬してます-これも買おうとは思っています)
ばかりで、困っていました。大変参考になりました。
あとは底近辺で仕掛ける見方やツナギのはずしなどチャートとともに
考察を深めることができれば・・・。第2弾強力版(?)も期待しています。
自分の仕事がややハード(記者)なため、日経平均さえ確認出来ない
こともあり過酷な銘柄探しは無理です。ツナギの方法はぴったりです。
今まで、ツナギとかうねり取りとか鞘取りなどはプロ専門で関係ない世界と思っていました。あと疑問点として3銘柄くらいで追う場合、その銘柄の決め方です。何でもいい感じさえしますが。  
(岐阜県・本田様)
続編を希望します!
今回Eブックを読んで大変参考になりました。
「ツナギ売買の実践」の本を読んでもいまいち理解出来なかったのですが、
わかりやすく書かれていたので自分の頭の中にしっくり入ってきました。
大変意義深いものでした。
できればもっと応用編みたいなもの、例えば「うねり取り」の玉の調整など
具体的に書かれていたら・・・さらに良い作品になっていたと思います。
金額以上の価値のあるものだと思います。1万円ぐらいでしょうか。応用編みたいなものがあったら3万円払っても惜しくないです!続編を希望します。
これからの投資活動に活かしていきます。
山田様のこれまで以上の活躍を期待しております。
(会社員・大場様)
もやもやが晴れました!
先日、「ツナギ売りの真髄」を購入した川上と申します。
早速一読させていただきましたが、大変勉強になりました。
これまで林輝太郎さんや立花義正さんの本を読みましたが、
いまひとつピンと来ませんでした。何か重要なキーワードが抜けているような。
そしてそのキーワードが「利益は保存する」であったとわかりました。
これまでどうもすっきりしなかったことが、
非常にわかりやすく捕らえることができるようになりました。
玉の外し方も、そういうことだったのか!と納得しました。
ただ、後半部分については、未だに理解できていません。
難しいですね。これからまだ勉強が必要ですが、商品先物よりは、
日経225先物やオプションを例にしていただけたら
実際のリスクヘッジに役立てることができるのではないかと思いました。
価格については3000円台がいいと思います。
(会社員・川上様)
さて、いくつか感想を読んでいただきました。たいへん分かりやすく、参考になったと好評を頂いております。今回は、この「ツナギ売りの真髄」という商材を特典としてお付けしたいと思います。
特典その2.
具体的な売買記録をお付けします
 
本章中に登場する具体的な売買内容を記録したエクセル表を特別に差し上げます。通常は、会員制サイト内でしか公開していない貴重な売買データです。

いつ

どのようなタイミングで

売り建てたのか、それとも買い建てたのか

スワップ金利はいくら発生したのか

最終的な損益はいくらか
などといった最重要の要素を一目で掴めるエクセルファイルです。売買の管理にとても役に立ちますし、実際に売買記録をつけることで飛躍的にトレーディングスキルは向上します。
特典その3.
【エントリープラン編】のファイルおよび自動計算ツールをお付けします
 
さらに、「FX投資術」の先行購入者様からのご意見・ご感想を多数いただき、
「具体的」かつ「損失が拡大しない」売買ルールを提示して欲しいという要望がいくつもありました。そのため、急遽追加のレポートを作成しました。それが、「損切り不要のFX投資術」【エントリープラン編】です。
今回はこちらのPDFファイルもお付けいたします。もちろん自動計算ツールも付属されていますので、PDFファイルを読んだその日からご自身のトレードに活用できます。
【特典その3.エントリープラン編ファイル+自動計算ツール】
特典その3.としてお付けする【エントリープラン編】の開発経緯を少しお話したいと思います。
不本意ながら「真実」をお話いたします
07年12月28日から、「勝率9割!損切り不要のFX投資術」というPDF教材の販売を開始しました。
この教材は「ツナギ売り」という手法の原理・原則を解説した上で、ぼく自身の過去の売買取引を引き合いに出しながら、「損切りをせずに、いかに利益を積み上げるか」という難度の高い投資プロセスを説明したものです。
教材中でお話している売買プロセスの大部分は「裁量」、つまり「感覚的」なものでした。
そのため、売買を真似しようにもルールや基準が明確ではなく、
損切りが不要な理屈はなんとなく理解できたが、初心者には難しくてできないだろう、という感想を多数頂きました。一定以上の投資経験がない方には参考にならない、と。
以下は、投資経験の豊富なある購入者様からいただいたご意見
です。
「勝率9割!損切り不要のFX投資術」の感想つなぎ売りは、両建てとナンピンを肯定する内容のようですが、一般的には、含み損を抱えた取引やナンピンは素人にはできない投資法であるため、否定されがちです。
1日に4円落ちても、数ヶ月単位では、損切りするよりも効果的な手法なんだという説得があれば、ぜひやりたい!という人も多いと思います。  
また、寄り道させない!!【初級者最短即効FX】というFX商材を厳しくレビューするメルマガを発行されているヒデさんからも、貴重なご意見を頂戴しました。
『つなぎ』とは両建てで凌ぐトレードであると思いますが、
素人が手を出すと、やはり買いと売りの差が広がって
しまい、結局は塩漬けとなるケースになると思います。
この辺りで一番重要になってくるのは、
買いと売りとの差が広がった時に、具体的にどのように
縮小していくのかを、明記する事は必須ではないかと
思いました。
両建てにおいて、一番の問題は外し方です。
乱暴な言い方をしてしまえば、外し方さえわかれば、
後はどんなポジションを持とうが確実に利益を積み上げられる事になります。
その辺りについて、また新たなレポートを期待しています。
メルマガ発行人・ヒデ様
いただいた感想から見えてきた結論
いただいたご意見・ご感想の多くを分析した結果、投資プロセスを改良するためのヒントがいくつも見つかりました。
つなぎ売りという手法は、買いポジションを持ちながらにして、あるタイミングで売りポジションを建てる操作を意味します。また、買いポジションと売りポジションの枚数が同じになった時点で見かけ上の損益は、以降の変動に関わらず「固定」されます。これは、あくまで「原理」であるため、初心者がやっても同じ結果になります。
難しいとされるのは、この「あるタイミング」という曖昧な部分。買いポジションを建てるタイミング、そして外すタイミング。売りポジションを建てるタイミング、そして外すタイミング。
実際に、このタイミングに関して「正解」はありません。投資家の数だけ「正解」があり、このタイミングを計る能力こそがもっとも投資家としての力量が問われる瞬間と言えるでしょう。
しかし、熟練した投資家だけが「自分なりに」身につけたタイミングを計る能力は、それを他人に説明しようにも感覚的な部分が多く、売買をそっくりそのまま再現するという点に多くの困難が付きまといます。結果的に、ここまでの考察から必然的に導かれるべき解答があります。
つなぎ売りを応用した売買ルールが具備すべき条件
具体的な「売買ルール」があり、解釈の違いが生じないこと
初心者がやっても同じ結果になること
運用者の熟練を必要としないこと
投資プロセスに感覚的な「裁量」が交じらないこと
あらかじめ設定した範囲内に損失が限定されること
可能な限り「損切り」は用いずに利益が優先となること
運用に際して、取引時間帯その他の前提条件に制限がないこと
円高・円安どちらの局面でも利用できること
精神的なストレスと無縁でいられること
そして「売買ルール」の構築に至る
さきほど考えた売買ルールに求められる所要性質の骨格。
それは、「損切りしなくて損失額は限定され、初心者が運用しても同じ結果になること」
・・・いまだかつて、こんな無茶苦茶な要求に遭遇したことはありませんでしたが、自分には「勝率9割!損切り不要のFX投資術」の内容を信じて購入して頂いた方を最後までとことんサポートする義務があります。そして、「必要は発明の母」とも言います。
最終的にたどり着いた売買ルールは、自分で言うのもなんですが、けっこう画期的な代物に仕上がったように思います。
つなぎ売りを応用した売買ルールの内容
詳しい売買ルールについてはレポートをご覧頂くとして、
ここでは、その中身を少しだけお話したいと思います。
また、売買ルールを活用する際に役立つ計算ツールもご用意しました。
ステップ1:最大利益額および損失額の見積もり
レポート内では、1回のトレードあたり最大利益額を80,000円、最大損失額を20,000円と設定しました。この利益額と損失額ですが、当然ながら運用者の考えにより、求める利益額と許容できる損失額に違いがあるでしょう。
ですから、この金額自体はその都度変更頂いても構いません。あくまでもこの段階の設定は説明のための一例です。
ステップ2:「買い」または「売り」、どちらからエントリーするか
エントリーは、「買い」または「売り」どちらからでも構いません。というのも、「買い」からエントリーしようが、「売り」から入ろうが、ステップ1で設定した損益の範囲内に必ず収まるからです。また、投資対象はドル円以外にも応用可能です。
ステップ3:OCO注文の建値が自動で算出されます
前提条件を入力し終えると、発注すべきOCO注文の建て値が自動で算出されます。そして、このOCO注文の成立状況により、以降は4パターンのどれかに分類されます。例外はありません。このOCO注文の使い方を工夫した点こそが、売買ルールの肝です。
最大利益額を80,000円、最大損失額を20,000円と設定した段階で、最終的に以下の4つのケース中どれか1つに移行することになります。
ケース1
80,000円の利益
ケース2
25,000円の利益
ケース3
35,000円の利益
ケース4
20,000円の損失
ステップ4:算出されたOCO注文を発注します
あなたがやるべき作業は算出されたOCO注文を発注するだけです。利益額と損失額の設定次第で、実現する4つのケースも変わります。いろいろな前提条件を試し、より有利なシナリオを探してみてください。
ステップ5:OCO注文が成立するのを、ただ待ちます
あなたがOCO注文を発注した後は、すべて「ほったらかし」です。注文期間中に売買が成立しなかった場合は、同じOCO注文を繰り返し発注して下さい。最終的にケース1~4の何れかが実現します。
ケース1~3のどれかになれば25,000円~80,000円の利益になり、万が一、ケース4が成立し20,000円の損失になっても、あくまでそれは「値洗い損」です。レポート中では、このケース4に移行した場合にどのように利益転換するのかの手順を具体的に説明しています。
実質的にはケース4以外の目がでれば全て利益になっていますから、ケース4の目がでた時にどのように対処すべきかを学べば、理論上死角は存在しません。また、レポート中にて提案している具体的な手順ですが、裁量や感覚的な部分は少なく、ほとんどが機械的な処理となっています。
それでは「損切り不要のFX投資術」および【エントリープラン編】に対する感想をいくつか紹介いたします。
(掲載している内容はあくまでも個人の感想です)
正直、これは「革命だ!」
山田様
今年初め、山田様の著書「勝率9割!損切り不要のFX投資術」を購入させていただいたものです。
一読後、目からうろこがぱらぱらと落ちた感覚になるほど、画期的な内容でした。
続いて発表された「エントリープラン編」も読ませていただいたところ、正直「これは革命だ!」と思ってしまいました。
実際のところ、確実に多くの利益を得ている方の一部は既に導入されていることとは思いますが、ここまで平易な文章で書かれているものは初めてではないでしょうか。
それ以来余裕資金を調達してきて、ようやくある程度まとまったが苦になったので、3月くらいから実践で取り組もうと思っております。それに先がけてデモでシュミレーションを行おうと思い、早速昨日ポジションを建ててみました。
まだ値動きはないのですが、ここで一つ疑問が発生してきました。
「エントリープラン編」の例でケース4が仮に連続したとして(円高が進行し続けたとして)、売玉をプラス決済し続けると、当初の買玉と売玉の差がかなり広がってくることになりますが、これを縮めるのに、何か良い方法はないでしょうか。
私も、
広がっている空間に新しいユニットを追加する。
利幅を順次小さくして、差を縮めるようにする。
マイナス決済を行って差を縮める。
など色々考えてみたのですが、あまり良い対処法とは思えません。
山田様ならこれに代わる良い方法をご存知・実践されると思いメールしました。
よろしくお願いいたします。
【30代・会社員S様】
山田様
2/20、21とご質問させていただいたSです。お世話になっております。
丁寧なご回答を頂きながら、本職にかまけてお礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
また、2/21分では詳細なご回答ばかりではなく、舌足らずな私のご質問に補足までしていただき感謝致します。
山田様の補っていただいた内容そのものが、私のお尋ねしたかった内容そのものです。
さて、本日、山田様の主催されています「ツナギ売り実践塾」への申込をフォームの方からさせていただきました。
FXには昨年より取り組んでおりますが、まだまだの身です。ぜひ山田様や他の会員の皆様の素晴らしいアイディアをご享受頂きたいと思っております。
また、私からも無い知恵を絞って考えたアイディアを随時公表させていただき、皆様からの的確なご指摘を受けられればとも思っております。
そこで、先日2/21分メールにての山田様との議論をもしサイトにアップしていただけるのならば、私としても大変光栄です。ぜひよろしくお願いします。
頂いたご回答やご著書をもう一度整理した後、私も予定より少し早く、2/26よりリアルにてツナギ売りをはじめましたが、ここのところの円高ドル安一辺倒の流れで、損失確定の組合せの開きがわずか数日でかなり広くなってしまいました。
(はじめ逆張りスタートだったのが、いつの間にか順張りになってしまいました)
まあ差し引きのトータルでは12000円くらいの浮きなのですが、これをどう処理しようかと目下思案中です。ただ、こんな風にのん気でいられるのもツナギ売りを実践しているおかげでして、これがスワップのおまけも狙った買いのみの片逆張りだったら・・・と思うだけで恐ろしくなります。
以上、ご挨拶としては長文となってしまいました。
今後とも教えていただくこと多々あると思いますが、よろしくお願いいたします。
【同S様より】
裁量部分が多い気もしますが・・・
裁量部分が多い気がします。 ただ画期的な投資術で、最初から損失も限定されるので安心。相場は常に動いているのだから、それを上手く利用するという事ですね。参考程度でもいいので、具体的にこの時点でポジションを注文、決済が分かればなおよかったです。
【30代・自営業Y様】
突然の価格変動への準備と心構えの説明が欲しいです
読者の視点で解り易く説明してあるところが非常に好感を持てました。ただ比較的レンジでの説明だったので、突然の大価格変動に対応するための準備や心構えについても説明が欲しいと思います。
【30代・会社員K様】
エクセルツールが便利ですね!
ほったらかし半自動ルールはいいですね。エクセルに金額を入力するだけで注文する金額が出てくるのは、良かったとおもいます。
【50代・会社員F様】
こんな投資法があったんですね!
はじめまして。安価にてのご提供に感謝申し上げます。これまでに株の情報を入手したことがありませんので大変驚きました。両建、ナンピンは何度も経験し、利益・損失共にありました。すべてのエントリーには決済で終わっていたところにそんな投資法があったなんて本当に驚きました。
まだまだ勉強不足の為理解不十分な所がありますが、もっと学び、デモでクリアし実践にチャレンジしてみたいと思います。この度は貴重な情報をありがとうございました。
【50代・主婦N様】
必勝法と呼びうる教材だと思う
ツナギは損失や利益の確定に過ぎないと思っていたが「確定の範囲」を越えた時点で利益を伸ばせるということと、買値と売値の平均値を有利にしやすいということを「真髄」に教えられた。
「9割」では損切りなしに実現益で評価損を上回れると実証されていて素晴しいが、建玉の連続が書かれているだけという感は否めない。もしこれだけで販売されていたら不満が残っただろう。教材としての体裁を整えるべきだと思う。【エントリープラン編】はとても優れている。最大ドローダウン(実現益を含む)を限定しながら、OCO注文を生かしていつかは必ずそのドローダウンを解消できる、必勝法と呼びうる教材だと思う。「エントリー」をもっと宣伝なさればよいのでは?
【40代・自営業I様】
この商材でまた勉強したいと思います
当時はまだ損切不要のことを知らず、自分なりに五万円から取引をして売り買い両建てで総取引二十万円、損益十万円まで育てましたが、そこから欲が出たのか最終的にはロスカットに遭ってしまいました。この商材でまた勉強したいと思います。
【40代・会社員K様】
再スタートします!
これまでにFX系の情報商材を幾つか購入しましたが、 一番この方法が自分にあってると思いました。
残念ながら今まで購入したFXの情報商材の方法で利益を上げることが出来ず、資金が底をつき、 リアルでは出来ませんのでデモトレードで試した所、今までに無い勝率と利益率。 これならいける! 資金が無いのでヒロセ通商の新しい口座が開設されるようなので(1000通貨で手数料無料) そこで再スタートします。テクニカルも何も使わずローソクチャート見てるだけで勝てるようになったのは驚きです。
【40代・会社員K様】
安定して勝てるトレーダーの道は険しいです
ある程度の理解力と努力が必要な商材だと思います。両建てに関しては、ここまで突き詰めたものは初めてなので、すごく勉強になりました。計算ツールに関しては 自分でも作れると思うので、(作れない人向けに)無償配布にして欲しかった。総評としては、今まで購入した商材と比べると、金額・内容共に、大満足でした。
また、丁寧な対応ありがとうございました。現在はシステムと裁量を織り交ぜながら為替取引を行っています。試行錯誤しながら、やっと大負けだけはしなくなりましたが、安定して勝てるトレーダーの道は険しいです。しかし山田様の商材により、少し道が見えてきたような気がします。今後、私なりに検証して、お知らせしたいと思います。
素晴らしい商材をありがとうございました。
【40代・自営業N様】
「利益が保存する」という表現が印象に残りました
「ツナギ売り」という概念がよく理解できてとても有益でしたし、「利益が保存する」という表現もとても印象に残りました。またFX投資術内の売買記録の記述内に、山田さんのお考えが書かれているのがとても参考になりました。
【30代・会社役員S様】
とても頭良いと関心しました
若い方で学生なのにとても頭良いと関心しました。 これからも 更に期待してついていきたいと思います。既にわずかですが、利益が出ました。
【50代・主婦I様】
具体的なエントリーに役立ちました
年末に大幅な損失を出してしまい、まだ復活出来ていませんが、この商材の内容は将来的に自分自身の取引確立に大いに役立つ内容だと思います。
また、今回エントリープラン編の内容を拝見しましたが、より具体的なエントリーが可能となり、誰にも利益が出せるのではないでしょうか。エクセルシートはぜひとも購入したいと思います。これからも更なる進化を期待します。
【40代・会社員U様】
他の商材で大損したことがありますが・・・
他の商材で両建てによる含み損のときの対処をみて、大損したことがあります。この商材は両建てをとりながらも、トレンドを判断しつつポジションを取る所がいいです。
【40代・会社員N様】
たいへん参考になりました
わかり易く書かれていたので、たいへん参考になりました。ありがとうこざいました。サブプライムローン問題で、円高に触れたときに、クロス円の買いポジションを多く所有していたので、やむを得ず損切し、損失を蒙ってしまいました。現在なかなか底値がわからず、含み損が発生していますが、この方法は損失の限定にもつながるので、利用させて頂いています。今年は他の方法も色々研究し、昨年の損失を取り戻したいと思います。
【40代・自営業H様】
いろいろな売買記録を見てみたいです
詳細な売買記録があったので、売買技術の説明も理解しやすかったです。 売買技術を高めていくためにも、いろいろな売買譜もみてみたいです。
【40代・自営業T様】
具体的でよかったです
具体的、かつ懇切丁寧に書かれてある点が私の様な知識のない人間には、本当にうれしかったです。 後は、いかに(特に小額資金で)効率的に稼ぐかを具体的に(たとえばレバレッジと資金の関係とか)教えていただけるとうれしいです。
【30代・主婦I様】
林輝太郎さんの書籍に似ていました
林輝太郎さんの書籍に似ていて面白く読ませて頂きました。
【60代・主婦W様】
簡単そうでいて超難解な達人の手法
林輝太郎先生の手法が具体的に学べるのが最高です。 簡単そうでいて超難解な達人の手法をぜひとも習得したいです。印刷して購読しますので、画面レイアウトや色わけの見やすさにも御配慮願います。
【50代・会社員N様】
今までのあのストレスはなんだったのか?というくらい、全くストレスがないです。
無料セミナーに登録し、第2回目の「システムトレードに向く人、向かない人」拝読いたしました。
Super FX SYSTEM、持ってます^^;
ええ。一時期はこれで取引していましたが、やめてしまいました。
私は、「自分は裁量トレードで儲けられる才能などない」と思っていましたので
裁量トレードでなければ、システムトレードしかない、しかし
自分でシステムを作成して検証する時間も能力(エクセルとかの)もない、
というわけで、販売されているシステムをついつい求めてしまっていたのですが。。。
まさにメールセミナーでおっしゃっていることは核心をついていらっしゃいますね。
販売ページの山田さんの文章も改めて読み返してみたのですが
読めば読むほど味がでてくるするめのような。。。
林輝太郎先生的にいえば^^「本音の話」ですね
チャート上に矢印サインが出る系のシステムトレードは
「いつ、サインが出るかわからない」という弱点から
24時間、本当に相場に、システムに支配されてしまうんです。
2hでサインが出るから週に2~3回だとわかっていても、それでも
いつサインが出るかわからないので、気になってしかたがない。
朝起きたらすぐにパソコンたちあげてサインチェックしたいし、
友達に誘われてもサインが気になるから家にいたい、なるべく外出したくない、
子供が何かいってきても、ついつい上の空、
夜も寝ていても、今頃サインがでているだろうか?と気になる。
こんな状態はストレスだと思い、数か月前に、チャートにサインが出るシステムは一切やめてスッキリ!しました。
そして、4本値データであるきまった時間(毎週1回だけとか、毎朝とか)にサインをチェックするエクセル方式のシステムのみにしたのですが。。。
ところが。。。。。
今度は、(確か販売ページに書いていらっしゃったかと思いますが)
バックテストでは普通にありえる連続負け回数の範囲内、最大ドローダウンまでいっていないにもかかわらず、はじめる前は、「これくらいの負けは受け入れる」と思って(決めて)始めるのに、実際にポジションを持つと、勝っているときはいいのですが、負けが続くと、途端に不安になる、システムが信じられなくなる。。。。
これまた、ストレスです。
でも、システムトレードするなら、そういう感情を押し殺して、たんたんと取引を継続しないといけないんだ、いけないんだ、いけないんだ、と
かなり無理しないといけない状態。
それと、たとえ1日1回だけのチェックだけでいいといっても
毎日同じ時間に必ずチェックをしないといけないとなると自由がききませんし
こういったシステムはやったりやらなかったりするのが一番致命的、
つまり、いったん取引をはじめたら、何が何でも休まず継続してトレード続けないと
それまでドローダウンが続いていて、たまたま何かの用事で自分がサインチェックできなくてトレードしなかったときに限って、それまでの負けをとりもどす大きな勝ちがあるかもしれない、と思うと、旅行にもいけない、体調も崩せない。
それかときどきトレードできなくてもいいや、くらいの、自分にとって痛くも痒くもないお遊び程度の資金でやるしかないかのどちらかで。。。。
それでも、投資で儲けるためには、こういった「自分の弱点を克服するしかない」と思っていました。
システムのサイン通りに従って、途中の含み損があっても平気になれるくらい
自分の「精神を鍛える」しか道はない、と思っていました。
自分はまだまだ修行が足りないんだと。。。
でも、先日から始めたツナギ売買の半自動売買ですが
今までのあのストレスはなんだったのか?というくらい、
全くストレスがないです。
それに、現在、ちゃんと利益がのっています。
システムやっているときは、システムのサインが買いポジションが多ければ、
下がったらどうしよ~~。
売りポジションが多ければ、あがったら嫌だな~~。
これが、全くありません!
それどころか、相場が下がってくれば、
「もっと下げてくれないかな~~。
そうしたら低いところで、もう一つ買いからエントリーのユニット建ててもいいな。」
相場が上がれば、「おっ、買いポジションの利益がのってきている♪このままもっとあがれば買いからエントリーのユニットが利益決済かも♪」とこれまた嬉しい。
それに、なんといっても楽しいですね。
なんていうのでしょう?
今はまだ半自動売買のみですが、いずれ、ツナギ売買自体を華麗にしてみたい。
立花さんみたいにとはいいませんが、もっと経験を積んでツナギ売買の技術を高めたい、という向上心がむくむくとわいてくるのです。
今までは<儲かりそうな手法><儲かりそうなシステム>ばかり追い求めて、儲かりそうだからって、無理してトレードしていたようなところがあります。
とにかくできるだけ短期間に、今年で、遅くても2~3年以内に大儲けできるようなシステムがほしい!それが、このツナギ売買の場合は、この方法が<儲かりそうだから>じゃないんですよね!そこが今までと全然意識が違うと思います。
これ、とても楽しくておもしろいのでとにかくこの方法で取引や実験をいろいろしてみたい!とりあえず、儲けは二の次、このツナギ売買の手法を自分のものにしたい!
上手く玉の操作をできるようになりたい!と、すごく楽しみなのです。
というわけで、今までやっていたシステムで、1年以上続いている1つだけ除いて
あとの「ストレスになるシステム」は、すべて決済してやめてしまいました。
継続していけば大儲けできるかもしれませんが^^;
でも反対にストレスかかえながら無理して継続した結果が
思わしくなかったということも十分ありえます。
それよりも、無理してストレスと不安をかかえながらシステムを継続するよりは、今は儲けられなくても、ツナギ売買の技術習得の方に時間を割きたいと思いました。
なんか一方的に長文で熱く語ってしまってすみません。
でも私にとっては本当にこの<山田さんの>ツナギ売買に出会ったことが
大きな転機となりそうなのです。
林輝太郎先生の書籍はほとんど全部読んでいます。
立花さんの本も読みました。でも、当時は、このツナギ売買は相場の才能がある一部のプロの人ががやる高度なもので
自分が習得しようなどとは夢にも思えなかったんですね。
敷居が高いというか。。。あれらの書籍読んだだけでは、自分にもできる手法だとは思えないんですよね。
なので、山田さんの平易で分かり易いツナギ売買手法のマニュアルに出会えたことに
本当に感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
【40代・主婦A様 】
理論が一貫しぶれないで、大したものだな、と感心しました
当方、20年前頃から林輝太郎先生や立花義正先生のつなぎ売買に関する著書を座右の銘としてやってきた者です。
偶然貴サイトに出会い、読んでみると、20年前に出合った「つなぎ売り」をはじめとした懐かしい用語が頻繁に使われており、引き込まれて読み、山田先生は若く経験も少ないのに理論が一貫しぶれないで、大したものだな、と感心し、私に合うかどうか分かりませんが取り合えず、短期間でも入会してみることにしました。
【60代・F様】
トレードに即応用でき、かつ正確で模範的です
はじめまして、古澤と申します。
大変興味深くレポートを拝読しました。
まず、結論から申し上げますと、損切りに比べて「両建て手法」の方が明らかに有利で、確実な投資手法と自信を持って断言できます。
具体的には、片張りでポジションを持っている時は「いつ相場が急落するのか、夜もおちおち寝られない」のが実情ですが、つなぎ売りで、両建てに移行した瞬間から、それ以降どんなに相場が乱高下しようと、すでに「評価損益は固定されており、変わりようがない」ので、保有ポジションについて何の心配もなく夜も枕を高くし寝ることが出来、昼は外出したり、旅行にも出掛けられます。
両建てとは投資家の気持ちに安らぎと安心感を与えてくれる投資手法で他の商材の追随を許さないものと確信しています。
とりわけ、サブプライムショック以降は相場の乱高下が目立ち、
なまじストップロスを入れておくと、かなり高い確率で狙い撃ちされ、刈られてしまいます。これではまさに損切り貧乏になりかねません。
ところで、私は、かれこれ15年来林輝太郎先生の「つなぎ売りの実践」や立花義正先生の著作を座右の書としてゆうに100回以上は繰り返し読み、今でも勉強している者ですが、只ひとつ足りない点といえば、具体的なエントリーの仕方と出口戦略の立て方と永年思いながら今日まできました。
ところが、山田先生のブログに偶然出遭えて度肝を抜かれるくらいびっくり、妙に不思議な気持ちになりました。定年を数年前に迎えた私から見たら、ずうっと年齢の若い山田先生が、つなぎ売りとか、両建て、さらには場帳とか、1-1などの言葉を用い、奥深い相場の世界を継承されているではありませんか。
林先生はつなぎ売りの第一人者で、両建ての原理原則を繰り返し述べられているのに対して、山田先生は、具体的かつ明快に裏づけのある数値を用いて懇切丁寧にかつ根気よく説明されているのが大変印象的です。
本特別レポート。こんなに中身の濃いレポートを無料で出してよいのでしょうか。数千円の価値はありますよ。ブログを拝見しても山田先生は他の商材業者とは違って他の人に教えることを優先し、貪欲に儲けることは二の次と拝見しました。
レポートの内容ですが、終始具体例で説明され、一行一行読みながら、うんうん納得しながら読み終え、「ここでこんなやり方するの?」というような疑問符がつくところはありませんでした。
もちろん、レポートにある利益を伸ばす新鮮なやり方などは、私にとって初体験なので、頭の中である種の「カルチャーショック」を受けながら、こういう方法があるのだと感激しました。ちなみに、私のつなぎ売り、両建て手法は、天井圏で売りつないで利益を確保し、翌日以降に「建て玉整理」という決済方法で手仕舞いする単純なもので、利益をさらに伸ばす手法なんて知りませんでした。
レポート中でとくによかったのは、逆張り派の山田先生が、順張り派の方の立場にも立って、双方を並列して記述された点、さらには、チャートや図がふんだんに使われていたのが、実に分かり易かく理解を深めることが出来たと思っています。
以上、つなぎ売り、両建て手法を習得される方にとって本レポートは、有益な実践教科書、マニュアルであることは間違いありません。巷に溢れる商材の多くが詐欺まがいのいい加減なもの(私もこれまでに売買シグナル配信など、2、3の商材を購入するも実践に役立たず)。こうした実情を考えると、山田先生の一連のレポートは、トレードに即応用でき、かつ正確で模範的であります。
最後に、私の両建ての運用での課題は、以下の点。先週末の米雇用統計の発表で、おおむね天井付近で売りつなぎ、相当の利益確保を行い、土日はるんるん気分でしたが、週初月曜日に大きく下がったところで両建ての売りのみを外しました。数時間の間はよかったなと思っていましたが、突如急落し始め、再度売りつなぎ、やがて反転するかと思い再度外すなど、追いかけっこの愚を繰り返しています。何とも、両建ての外し方、タイミングなどの状況判断が甘く、自己反省の最中です。
【60代・古澤様】
~内容に関する質問~
Q1

FX初心者ですが、大丈夫ですか?
A1
: 
基本的な売買注文の発注さえできれば、初心者でも実践いただける内容です。
Q2

投資対象はドル円以外にも応用できますか?
A2
: 
やるべきことは、エクセルツールで各種条件を入力し、
OCO注文を発注するだけですので、どの通貨にも応用可能です。
Q3

運用資金には、どの程度の額が必要でしょうか?
A3
: 
制限は特にありませんが、10万円程度あると選択肢が広がるかと思います。
Q4

一日中パソコンを見続けたりする必要はありますか?
A4
: 
売買注文を出した後は、「ほったらかし」で結構です。
値動きを常にチェックする必要は一切ございません。
Q5

FXは高レバレッジのため、大損する可能性があると聞きましたが?
A5
: 
仮にレバレッジが50倍や100倍であっても、最大損失額を常に意識し、ストップロス(いわゆる損切り)を設定しておくことで、予想外の損失から身を守ることができます。
高レバレッジそのものが危険なのではなく、損切りラインを決めずに惰性でだらだらと値洗い損を放置する事が危険なのです。
しかし、いかに損切りの重要性を理解していても、誰もが損切りをためらうことでしょう。その点、ツナギ売りを覚えると、損切りが不要となり、しかも売買を自動化する事が可能になります。
Q6

【エントリープラン編】の説明で、ケース1~3が利益、ケース4のみ損失という説明がありましたが、これは勝率が75%ということですか?
A6
: 
【エントリープラン編】で説明したステップ3 の内容ですが、これは4つのケースのうちいずれかに移行する点に例外はありませんが、「勝率が75%」であるという訳ではありません。これは「確率」と「期待値」との違いがごちゃ混ぜになっているためのに生じるちょっとした誤解です。
Q7

おススメのFX業者はありますか?
A7
: 
FX業者は両建てが可能であればどこでも構いません。また、会員制サイト内にて両建てが可能な業者をいくつかご紹介しています。
自分はマネーパートナーズおよびレポート中に登場する管理画面や売買注文の状況を示した各種キャプチャー画像はマネーパートナーズのものとなっております。
これからFXと始める方は、マネーパートナーズもしくはDMM.com証券で口座を開設してログイン画面を見ながらレポートを読むと理解が深まることでしょう。口座開設申し込みは15分程度で済みますし、最短2日で取引ができます。
Q8

スワップ金利が逆転しても通用する手法ですか?
A8
: 
スワップ金利が逆転し、金利の支払いとなった場合でも特に問題ありません。買いからでも、売りからでもエントリー可能な売買ルールであるため、買いポジションがスワップ金利支払いとなっている状況では、場合に応じて売りからエントリーすることで対応できます。
Q9

返金保証はありますか?
A9
: 
申し訳ございませんが、返金保証はご用意していません。
   勝率9割!損切り不要のFX投資術
ダウンロード版:PDFファイル 57ページ
【特典その1】 ツナギ売りの真髄
ダウンロード版:PDFファイル 61ページ
価格:24,000円
【免責事項】 ※ご購入の前に、必ずご覧ください。
「勝率9割!損切り不要のFX投資術」 利用免責事項
「勝率9割!損切り不要のFX投資術」(以下、本教材と表記)は、下記の免責事項に承諾いただいた方のみご利用できます。本教材をご購入いただいた時点で、下記の免責事項に承諾頂いたものとします。
ホームページ上の限定事項、販売方法について
ホームページ上の限定事項、販売方法は状況に応じて変更されます。
ホームページ上の限定事項、販売方法については「ツナギ売り実践塾」に判断権があり、それらについては当初が状況により変更する場合があります。
損害賠償の範囲
「ツナギ売り実践塾」は、提供する投資情報の実践には関与致しません。投資情報を実践される場合の確実性または安全性については、当所はいっさい保証いたしません。いうまでもありませんが投資はリスクがある行為です。当所は、そのようなリスクに対して責任を負いかねます。投資情報の実践は常に慎重に行ってください。
上記のとおり、当所はあなたが行う投資情報の実践にはいっさい関与いたしません。従いまして、当所およびその代理人、および提携先等に、投資情報の実践に関するいかなるクレーム、請求、損害賠償もし得ないことに同意するものとします。
投資情報の実践を行う際には、
すべてあなたの責任において行うのだということ
「ツナギ売り実践塾」に一切の損害賠償請求は行えないということ
あなたが負う可能性のあるリスク
などを必ず十分検討したうえで、自己責任の上、実践してください。
投資に係るリスクおよび手数料について
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。FX投資には価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。FX投資には取引業者の売買手数料がかかります。
特定商取引に関する記述
Copyright @ ツナギ売り実践塾 All Rights Reserved.
「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(計算ツール付き)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」2年間アクセス権付き
スワップ金利は土日も発生しますか?
>スワップ金利は土日も発生しますか?はい、発生します。
金利スワップで質問です。X1年7月1日に期間5年、6か月LIBORプラス0.5%で100000の変動借入れを行った。変動金利を固定金利に変換するため、LIBORプラス0.5%の変動金利を受け取り、2%の固定金利を支払う、期間5年、想定元本100000のスワップ契約を締結した。借入金及び金利スワップの利息は、いずれも後払いで6月30日と12月31日に支払われる。決算日は、3月31日である。また、6か月LIBORは次のとおりであり、支払金利は支払日から6か月前の水準が適用される。日付LIBORX1年7月1日1.25%X1年12月31日1.62%という一例があったのですが、金利スワップの交換の際に6か月前の水準が適用されるのはなぜなんでしょうか?例えば12月31日の利払日の場合、変動金利受取(1.62%+0.5%)-固定金利支払2%の差額0.12%を受け取るではダメなんでしょうか?問題の前提が6か月前の水準が適用されるとあるので、それに従って計算すると変動金利(1.25%+0.5%)-固定金利2%の差額0.25%の支払いとなるのは分かるのですが、もし問題文に「6か月前の水準が適用される」という一文がない場合、0.12%の受取になるものなのでしょうか?あまり金利スワップについて詳しくなく、大変申し訳ありませんがご教授いただければと思います。よろしくお願いします。
カテゴリマスター間違っているかもしれませんが、金利スワップ資産・負債の時価評価の計算のために、そのようになっていると思ってました。会計制度委員会報告第14号の「金融商品会計に関する実務指針」、102項(2)割引現在価値による方法をみますと「将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割り引くことにより現在価値を算定する。」となっており、この計算にあたって、将来のキャッシューフローと割引率を使用しますが、この計算のために必要だと思っておりました。実務指針の設例24の事例では、すでに金利スワップ資産の額が与えられておりますが、理屈通りの計算結果の値が記されております。通常は、この金利スワップ資産の数字は、簿記の試験上、与えられるもので自ら計算することはないと思いますが、あえて計算すれば、理屈通りの数字となっております。これより詳しいことは専門書をお読みくださいませ。
DMM.com証券(DMMFX)について①難しいですか?②いくら報酬しましたか?③始めたきっかけは何ですか?補足参考になりますので、よろしくお願いします。
カテゴリマスター①日本語読めればできます。②意味不明。正しい日本語を使いましょう。③特に使ってません☆
友達がFXをはじめました。彼が言うには口座にお金を預けておくだけでお金が増えるというのですが、これって大丈夫なのでしょうか?リバプールのやつと言っていましたが。。。
カテゴリマスタースワップ金利ですね。外貨預金と同じようにヤれば確かにお金は増えていくが微々たるものになると思うよ。
金利スワップの時価を出す計算方法を教えてください。変動金利を受けて、固定金利を払います。
カテゴリマスター割引現在価値による方法が、金融商品会計に関する実務指針第102項(2)では、想定元本×(変動金利-固定金利)÷(1+変動金利)+・・・+想定元本×(変動金利-固定金利)÷(1+変動金利)^nとして計算されていると思いますが。割引く利率は、適切な市場利子率となっていますので、ここでは計算時の変動金利で割引てます。一度、試してみてください。あまり複雑なものについては専門書を見ないとわかりませんが、簿記の中でのたいていはこの計算で一致すると思いますが。反対に複雑なものについては、専門書をご覧下さい。