FX

はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール

はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール

■商品詳細:

FXで長期で勝つのに重要な「通貨の分散」「時間の分散」「レバレッジと資金の管理」を徹底解説したレポート。最適な通貨を選択するための「FX分析ツール」も必見!長期チャート、ヒストグラム、相関係数、リスク・リターン、ポートフォリオ分析が一瞬で表示されるWebアプリケーション。100種類以上の通貨ペア、最大20年間での検証が可能。

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

FX

■販売価格:

19800円

■販売者名:

有限会社スタイル・ビジョン
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール
FXスワップ金利運用の極意とFX分析ツール
■HOME■特定商取引法の表記
【スワップ金利運用の極意】レポート&【FX分析ツール】
「為替スワップの会」の はやぶさです。
いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。
「FXのスワップ金利とスイングトレード!はやぶさ流外国為替証拠金取引」
ブログで無料配布中のスワップ派向け特別レポートはお読みいただきましたでしょうか?
「スワップ派向け無料レポート」は、相関係数をつかった通貨の分散に関するものでした。
20ページちょっとの内容でしたが大変なご好評をいただきました。
まだ入手されていない方は、是非読んでみてください。
■概要■「スワップ金利運用の極意!」のご紹介■「スワップ金利運用の極意!」のポイント■読者からの声■最後に・・・
概要
私は2004年にFX取引を始めてから今に至るまで大きな荒れ相場を何度も経験しています。2005年12月の円高、2006年GW円高、2006年11月、2007年3月の上海ショック、8月のサブプライムショック。どれも急激な円高局面でした。
これまでのFX相場と自分の運用結果を振り返ってみると「通貨の分散」「時間の分散」が重要であることを改めて実感しています。最初は無理なポジションをとっては予想外に相場が変化して損失を膨らませるだけでした。このことに気がついてからは相場の変化があっても損益に左右されることなく、スワップ金利を取り続けることができるようになっています。
特に重要だとわかったのは「通貨の分散」に加えて「時間の分散」についてです。いくらいい通貨ペアがでも一気にポジションを増やすのは得策ではありません。このため、ポジションを取るタイミングについて研究しました。
もうひとつの発見は、リスクとリターンのバランスです。通貨ペアにはリターン(スワップ金利の高い、低い)だけでなくどれくらい変動するかというリスクを把握することが大事だと知りました。通貨ペアによってリスクは全く異なります。通貨のリスクとリターンのバランスを見てどのペアが有利なのかを知るのはとても大事なことです。
ブログの内容に書いてきたこれらの取引手法については、読者の方の応援のおかげで幾度となく雑誌掲載をしていただき書籍にもなりました。SNSには毎日コミュニティーへの参加要望がありスワップ金利を中心としたFXの運用方法についての関心が高まってきていることを日々を実感しています。
この要望に答えるべくスワップ金利運用に特化したレポートを作りました。これまで私がブログや無料レポートに書いてきた内容と、SNSのコミュニティやメールで受けてきた問い合わせと回答をいったん整理し、見直した上で体系的にまとめたものです。
通貨の分散、時間の分散のリスク管理にこだわったレポートです。無料レポートよりも分かりやすく、より正確に、より深く具体的な内容にしました。ブログ記事や無料レポート、コミュニティには書かれていない重要なことにも触れています。
もうひとつ皆さんにご案内したいことがあります。それはFX分析ツールです。私は相関係数や変動率、ポートフォリオのリスクなどを最初Excelで計算していました。これらの計算結果は、時期によって変化するので最新レートを取得しないとあまり意味がないのです。ですがこの作業は結構な手間がかかってしまいます。為替レートのデータを更新したり、任意の期間から計算結果を得たい場合など。通貨ペアを増やす時も大変な作業です。この問題を解決するため、スワップ派の仲間と一緒にあるソフトを開発しました。
このソフトを使えば、相関係数、ヒストグラム、長期チャート、統計データ、リスク・リターン、ポートフォリオのリスク分析を100種類以上の通貨ペアについて簡単に調べることができます。データもかなり長期のものが調べられます。最新の為替レートやスワップポイントが自動更新されるのでかなり使えるツールと自負しています。このFX分析ツールは改良を重ねながら今の形があり、今後も発展させるべくスワップ派の仲間とともに開発を続けています。
そして『スワップ金利運用の極意』のレポートで解説したのはポートフォリオの効果でリスクを小さくし、効率よくそこそこのリターンを得る、いわゆるローリスク・ミドルリターンを追求する「スワップ金利運用」です。
通貨の選定と売買タイミングを見極めて長期の為替変動にも耐えられるポジションを構築し、レバレッジを考慮してしっかりと資金管理することで利益を出し続ける方法です。為替相場は不確実ですが、過去のデータを分析することでより起こりうる確率の高いものを見つけ出すことができます。これが分かれば利益に結びつけることは可能だと思います。
複数ポジションのポートフォリオをゆっくりと構築していき、安定的に利益を出し続けることを目標とします。特別な技術やトレードの才能は必要ありません。為替相場をいつもチェック時間も不要です。為替相場を見るのは時々でよく、適切なタイミングでゆっくりとポジションを増やしていきます。時間を味方につけて、長期間運用することにより安定的に利益を出していきます。利益は複利的に増やしていきます。
複利の効果があれば、最終的にはとても大きな利益を得ることができます。 もちろんスワップ金利を途中で引き出して使うことも可能です。このノウハウやツールを使うことで私と同じように「円高でも為替変動の影響を少なくし安心してスワップ金利を稼ぐ」運用スタイルがうまくいっているとお声をいただいています。
私のケースですが、現時点では資金約400万円に対して毎月5万円~7万円のスワップ金利収入を得ています。投資効率は年率で約15%~20%です。今後は資金を増やして毎月10万円の水準まで引き上げる予定です。
ひょっとしたら年率20%でも少ないと感じる人もいるかもしれませんが、私は決して低い水準ではないと思います。年率20%を維持するだけでも投資の世界ではものすごいことなのですから。効率の良い外貨投資としては十分ではないでしょうか。勝ちを急ぐよりも、負けない投資を長期間続けることの方が資産形成をする上では重要だと思います。
「スワップ金利運用の極意!」のご紹介
『スワップ金利運用の極意』レポートの一部をご紹介します。
また、内容に関しては、FXの経験者向けに書かれていますので、FXの知識が全くない方や初心者にとっては少々難しい内容となっていますのでご注意下さい。
目次
はじめに
FXのスワップ金利運用とは
スワップ金利運用のメリット、デメリット
デイトレ、スイングトレードとの違い
スワップ金利運用の基本三原則
スワップポイントとは何か
スワップポイントとスワップ金利
スワップポイントの計算方法
スワップ金利運用のリスク
為替変動による強制決済のリスク
スワップポイントが変化するリスク
FX会社の信用リスク
リスクに対する備え
長期運用と複利の効果
通貨の選択と分散
時間の分散
レバレッジのコントロールと資金管理
通貨オプションの活用
スワップ金利運用のポートフォリオ
ポジションの組み合わせによる効果
為替変動に強いポートフォリオ
為替変動に効果のないポートフォリオ
通貨の分散と相関関係
通貨の値動きには性質がある
通貨ペアの相関とは何か
相関を使って何ができるのか
相関係数と為替変動に対する効果
相関係数とチャートの関係
相関係数の注意点
相関係数グループの使い分け
ポジションの組み合わせの比率
2つ以上の通貨を持つ場合の考え方
主な通貨の相関係数
リスクとリターンを考慮した通貨ペアの選択
金利の傾向を把握する
リスク指標のボラティリティとは?
ボラティリティの比較
通貨ペアを選ぶときはリスクとリターンのバランスを見る
時間を分散する方法
長期のチャートを見ることが重要
為替レート変動の偏りを知ることができるヒストグラム
チャートとヒストグラムを使った高値、安値の分析方法
高値圏にある場合のポジション戦略
FXでドルコスト平均法は有効か?
レバレッジのコントロールと資金管理
資金量に応じた投資方法
ポジションの役割と評価損益の考え方
金利とレバレッジの関係
ポジション調整の方法
ポジションの数量を決めるときの考慮ポイント
まとめ
スワップ金利運用のまとめ
スワップ金利運用に適したFX業者の条件
付録 FX分析ツールの使い方
相関係数の自動計算、一覧の表示
ヒストグラム表示、チャートの表示
統計データの表示とそれぞれの項目の意味
リスク・リターン、統計データ表示
ポートフォリオ分析機能
「スワップ金利運用の極意!」のポイント
『スワップ金利運用の極意』レポートの特徴
●スワップ金利運用で勝つための3つの原則を伝授
「通貨の分散」「時間の分散」「レバレッジと資金の管理」の3つの原則がなぜ必要なのかを説明し、どのように応用すればよいかを伝授します。スワップ金利運用に必要な知識、具体的な投資方法について私がこれまで調べてきたことを、ほんの数日で理解できます。
●通貨の効果的な分散に対する考え方を解説
通貨の分散については様々な例を採りあげて具体的に解説します。分散に効果のある例、効果のない例など。相関係数についても詳しく解説し、これまであまり意識されてこなかった「チャートと相関係数の関係」、「無相関の注意点」などにも触れています。
●時間の分散をうまく行う方法を紹介
ポジションを建てるタイミングについて解説し、確率的に負けにくい方法を紹介します。過去のデータを分析し、どのレートでポジションを建てれば投資効率が高くなるのかを知ることができます。おもにヒストグラムとチャートを組み合わせた分析手法です。
●リスクとリターンの両面を理解できるようになる
スワップ金利というリターンだけではなく、為替レート変動による含み損が発生するリスクについても理解すれば、通貨の特徴を把握することができます。各通貨の金利がどのように変化してきたか、また為替レートの変動をリスクとしてどのようにとらえるかを説明します。
注目はこれ!!
このレポートとセットで、是非紹介したいものがあります。それは、スワップ金利運用を実践するために必要な『FX分析ツール』です。
為替相場は常に動いているため、過去のデータはもちろん、最新のデータを使って通貨の動きを把握する必要があります。このツールは、最大で20年間のデータを調べることができるだけでなく、最新の為替レートも自動的に更新してくれます。
このデータから様々な通貨の分析ができるようになっています。単なる数値の羅列ではなく、それがどのような意味を持っているのかをチャートで表示し、視覚的にわかりやすくする機能もあります。通貨ペアは約100種類です。今後も増やしていく予定です。
スワップ金利運用で通貨ペアを選択するときに重要なのはリターンとリスクのバランスです。つまりスワップ金利だけでなく、変動の大きさとのバランスを見ることが大切です。
当初はこのような計算をすべてEXCELで行っていましたが、結構手間のかかる作業です。またスワップ派の仲間もみんな同じような方法で計算していることを知り、とても効率が悪いと思いました。
そこでFX専用のデータベースを構築し、統計データを計算するためのソフトをスワップ派の仲間と共同開発することにしました。このようにすれば、必要なときにブラウザを使ってサーバへアクセスするだけで欲しいデータがすぐに得られます。
『FX分析ツール』の特徴
スワップ金利運用のために特化した機能をそろえています。
ヒストリカルチャート(ペアによっては最大約20年間)
相関係数一覧表
通貨ペア2軸チャート
為替レートヒストグラム 変化率ヒストグラム
統計データ計算(標準偏差、ボラティリティ、シャープ、ショートフォール確率等)
リスク対リターンのプロット図
100通貨以上ペアの中から任意の期間が選択可能 画面1 画面2
スワップレート自動選択・FX業者選択、為替レートは日次、週次、月次データが選択可能
ポートフォリオ分析 価値変化比較 プロット図 (リスク分析には、レート相関、変化率相関が選べます)
FX分析ツールのサンプル↑を是非ご覧下さい(リンクをクリック)。
このソフトはインターネットに接続する環境とWebブラウザがあれば使用することができます。このようなソフトの相場は数万円といったところです。またWebのサービスは、毎月数千円の利用料が必要だったりします。
しかし今回レポートを購入すると『FX分析ツール』をいつでも自由に利用することができます!
スワップ派がFX取引で実際に活用しているこの分析ツールを、みなさんにも是非使っていただければと思います。
得られるメリット
『スワップ金利運用の極意』レポートと『FX分析ツール』からあなたは次のようなメリットを得られるでしょう。
安定してスワップ金利を得ることができる
様々な通貨ペアのもつ特徴をつかめる
為替変動リスクを回避するための方法を習得できる
通貨ペアの選択肢が増える
為替変動に強いポートフォリオを見つけることができる
割引限定販売につき申込みはお早めに!
次の3点セットを特別価格で販売いたします。現在申込み受付中です。
『スワップ運用の極意』レポート ダウンロード版:102ページ
『FX分析ツール』の使用権
Eメールによる1年間の無料サポート(回数制限なし)
※ツールのアカウントは、購入後メールにてお知らせします。
価格:19,800円(税込)
【金融商品取引法に基づく表示】
当レポートおよびツールは、利益が出ることを保証するものではありません。
取引には価格変動リスクを伴い損失を被る可能性もあります。
「スワップ金利運用の極意!」読者からの声
実際にご利用いただいている方から頂いた感想の声をいくつかご紹介します。
Tさんはやぶさ様はじめましてTと申します「FXスワップ金利運用・・・」購入いたしましたずっと相関関係を調べられるツールを探していたので 見つけたときは本当にうれしかったですさっそく試しに使ってみましたが 想像以上の使いやすさ 対象通貨ペアの豊富さ等で大変満足しております私も早くはやぶささんのように安定的なスワップ収入を得られるようにツールを使いこなして良いペアを探したいと思いますまずはお礼まで  ありがとうございました
Aさん先日は、『スワップ金利運用の極意』の購入に際しまして、迅速かつご丁寧なご対応を賜わり誠にありがとうございました。はやぶさ様のブログ同様に本当に素晴らしい内容ですね。はやぶさ様の努力がぎっしりと詰まったこの様な素晴らしい商品を手にする事が出来、とてもありがたく感じております。本当にありがとうございます。個人的には、『スワップ金利運用の極意』のデータを利用し、安全にスワップを獲得していく事と、それとは別に相関を利用した短期間の鞘取りの方法を磨いて行けたらと考えております。(完全に構想段階です)当方、FXに於きましては経験も浅く薄学の為日々仕事の合間を見て独学に励む日々ですが、もしはやぶさ様の快諾を賜わることが出来るならば、mixiではやぶさ様が管理人をなされている「為替スワップの会」に是非とも参加させて頂き、皆様とともに研鑽を重ねることが出来たらと存じます。はやぶさ様の今後の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。また今後ともよろしくお願い申し上げます。
Iさん はやぶさ さま お世話になっております。 Iと申します。 ツール提供とレポート、ありがとうございます。 早速拝見させていただきました。 正直、、、 「猛烈」に感動しております。 特にツールは、私がやりたかったことができるんですっ!!! 予想してはいましたが、ここまでできるとは思ってい なかったので、感動!感動!!感動!!!です。 今後のシステム設計に非常に参考になります。 とりいそぎ、お礼まで。 
Kさんそれにしてもすごい機能ですね!特にひとつひとつの動作の速さに感動です!! 
私もエクセルで見様見真似のものを作ってみてはいるんですが、1度データを更新するのに1時間以上かかりますし、何より計算式が合っているのかどうか・・・。 こんなシステム誰か開発してくれないかなぁ?とずっと思っていました^^
Iさんはやぶささん、はじめまして。さっそくログインしました。すばらしいです。この値段でこのボリュームは信じられません。
--最後に--
大変ありがたいお言葉を頂戴しておりまして、作ったかいがあり嬉しく思います。他にも多数いただきました、ありがとうございます!
ご購入に際してご質問があればお気軽にお問い合わせ下さい。
このレポートとFXツールで、あなたのスワップ金利が大きく育つことを願ってやみません。
空 隼人(はやぶさ)
(C) Copyright STYLE VISION Inc. All rights reserved.
はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール
ヒストグラムとは何ですか?
カテゴリマスターヒストグラムとは、データの範囲をいくつかに分け、区分ごとのデータ数を棒グラフで表したものです。ヒストグラムは、度数分布を示すグラフのひとつであり、全体の特性やデータのばらつきを把握するのに用いられます。
『ハヤブサ』といえばどんなイメージが思いつきますか?
94年4月に開催された、記念すべき、superJcupファーストステージで初めてハヤブサを観ました。リングインする際に、大開脚したままトップロープを飛び越えたのを観たときはびっくりでした。試合は、ライガーに負けはしましたがFMWにもこんな凄い選手がいるのかと思いました。それまではインディ団体の選手はあまり好きではなかったのですが、ハヤブサやサスケを観て考えが変わりました。体格や体力が劣ろうとも、団体が小さかろうが同じプロレスじゃないかと。ハヤブサといえば、両足を揃えてポンとエプロンに飛び乗ったりや、ファイヤーバードスプラッシュやフェニックススプラッシュですね。
デュエルマスターズにてヴェルベットなどタップインさせるクリーチャーがいる場合ハヤブサマル自身はブロックできないのでしょか?
カテゴリマスターはい。できません。ハヤブサマルの登場時効果は指定クリーチャーにブロッカーをつけるだけなので、次のタイミングでブロック宣言をして初めてブロックが成立します。しかし、タップイン効果の影響下だと、出したハヤブサマルはタップさせることができないから、ハヤブサマルでのブロックは宣言できなくなっています。
2代目ハヤブサはどうなったんですか?
カテゴリマスター2代目ハヤブサって「ミスター雁之助」選手の事ですよね?今も現役ですよ。ハヤブサさんは亡くなったのでもうマスクマンにはならないようです。
ハヤブサ型ミサイル艇と戦艦大和と戦闘したらどちらが強いですか?
ハヤブサ型は積んでるだけの対艦ミサイルを大和にぶっ放して即退散。大和は撃沈には程遠いある程度の被害を被る。以上、戦闘終了。ハヤブサ型は無傷、大和はそれほど重大ではない損傷を受けます。ハヤブサ型の速度は高く、射程も長いので大和からの攻撃はまずない。大和の重要区画の装甲はハヤブサ型の搭載しているミサイルでは撃ち抜けませんから、重要区画以外で被害が出るでしょう。