FX

無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法

無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法

■商品詳細:

無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法があるのですが、知っておいて損はないと思いませんか?

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

FX

■販売価格:

2980円

■販売者名:

株式会社イーアイティ’
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法
無料でFXの分足データを取得する方法
chobi
Normal
chobi
2
0
2014-07-13T09:36:00Z
2014-07-13T09:36:00Z
4
640
3649
30
8
4281
12.00
false
false
false
false
EN-US
JA
X-NONE
MicrosoftInternetExplorer4
無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法があるのですが、知っておいて損はないと思いませんか?
私はFXをはじめた当初、短時間での決済ができないものか?と悪戦苦闘していました。
性格というか性分というか数日以上にわたってポジションを保持していると気持ちが一喜一憂して非常に疲れます。
なので、見ているチャートはいつも5分足でした。
チャートを見ていて、いろいろインジケータを組み合わせたりして
”こういう条件だとうまく利益が上がるのでは?”というアイデアが思いつくことがあります。
そこで、過去のデータを利用して、本当にうまくいくのか検証がしてみたくなりました。
ところが、過去の分足データがなかなか見つかりませんでした。
私の中ではどんどん妄想が膨らんでいきます。
”今思いついたこの条件は、もしかしたらものすごく利益が上がるシステムかもしれない!”
そう思うといてもたってもいられず、インターネット上で分足データをいろいろ探しました。
ところが、ありません。。。。。
しかたがないので、契約している業者の分足データを毎日毎日保存していき
ある程度たまったところで、自分のシステムを検証するということを行っていました。
人間ですので、たまに保存を忘れたり、体調が悪かったりで、時々データが飛んでしまいます。。。
そんな日に限って、後から重要な値動きをする日なんですよね。。。。
ところがある日、オークションで分足データを販売していることを知り、大喜びで有料で購入しました。
(たしか、1通貨:1年分で1,000円くらいだったともいます)
そんなことが3回続いた後、つまりオークションで3回購入した後、ひょんなことから
無料で分足データを取得する方法を知りました!
という言葉がありますがまさにそんな感じで、本当に偶然この情報が私に入ってきました。
私は非常に喜んだとともに落胆しました。
”自分がお金を出して購入したデータはなんだったんだろう?”
またそれからしばらくして、
この方法を知ってからは、いつでも分足データが取得できるし、チャートも表示できる、
という精神的安心感が得られました。
たとえ、今は取引を行っていない通貨であっても将来自分のアイデアやシステムを
検証する際に必要な場合、いつでも取得ができるのです。
というか毎週週末にダウンロードして手元においてあります!
今は利用していない通貨でも、将来まじめに分析を行いたくなるかもしれません。
そんな時にこの情報は知っておいて損は無いと思います。
事実、私も当初は取引をしているユーロドルとドル円だけのデータを
毎日毎日保存していましたが、ある時からユーロ円でも取引をするようになり
ユーロ円のデータを保存しておかなかったことを非常に後悔してました。
ただ最初に見つけた方法と次に見つけた方法は、それぞれ長所と短所があります。
→具体的にはマニュアルの中で記載してあります。
それぞれの欠点を補うため、両方の方法を知っておいたほうがよいでしょう。
また両方の方法を補足する意味で、私が過去に保存したチャートデータも
おまけとして提供いたします。
マニュアルについて
ここで、この「方法」についてまとめたマニュアルの内容について少し説明します。
分足データを取得する目的は人によってさまざまだと思います。
したがって、いろいろなケースを考慮して用途別取得方法とチャート表示方法をまとめてみました。
以下は商材の一部です。
<マニュアルイメージ:抜粋>
また提示する複数の方法についてのメリット・デメリットも簡単にまとめてあります。
この情報を知っていることのメリット。
分足データが無料で取得できます。
取得したデータを利用して無料でチャート表示ができます。
複数の取得方法が提示されており、使用用途に応じて選択できます。
複数の通貨の分足データを手元においておくことにより精神的安心感が得られます。
おまけデータにより、特定日の5分足チャートをすぐに閲覧することができます。
よくある質問
対象通貨は?
メジャーな通貨はほとんどカバーしています。不安なら個別にお問い合わせをお願いします。
いつからの分足データを入手できますか?
方法によりますが、古いものだと2001年からの分足データを取得できます。
おまけのチャートデータはいつからのものですか?
2006年4月から用意しました。通貨はユーロドルとドル円のみです。今後も定期的にアップしていく予定です。また、ところどころ抜けている箇所があるため完全ではありません。あくまで「おまけ」ですのでご了承ください。
分足データを取得したり、チャート表示を行うために、どこかの業者と契約しなければなりませんか?
おまけのチャートデータを含めて、業者との契約は一切不要です。ただ、デモIDの登録は必要になりますので、ご了承ください。
もちろんすべて無料です。
値段について
このマニュアルの値段は2,980円としました。
理由は単純で、私が1,000円の分足データ(1年分)を3回購入したからです。^^;
また購入する側に立って、簡単に手が出る範囲の金額にしました。
この値段で過去の分足データの取得方法が手に入れば安いものではないでしょうか?
過去の私なら飛びついています。^^;
また、今現状は分足データは必要ないよ!という方も、知っておいて損は無いと思います。
よろしければ、ご購入をお願いいたします。
追伸
FXをやっている人はかなり増えてきたと思います。
私はかなり長いことやっていますが、正直この情報にたどり着くまでかなりの時間を要しました。
こういった情報は知っている人からすればもしかすると ”何だ、そんなことか” という
レベルのものかもしれませんが、知らない人からすると非常に貴重な情報です。
もし、あなたが過去の私と同じ悩み(?)を抱えていて、少しでもこの情報が役に立てれば私としてはとてもうれしいです。
弊社に情報をお送りいただける場合は下記のプライバシーポリシーにご同意いただけたものとみなさせていただきます。
|お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表示
| プライバシーポリシー|
Copyright
© 2007 All Rights Reserved.
無料で、FXの過去の分足データを取得して、チャート表示させる方法
チャート式てわかりにくすぎません?それとも読解力が足りないのでしょうか??
「チャート式てわかりにくすぎません?」数学だよね。だったら逆。チャート式はとても分かりやすい参考書。ただし、チャート式は、そこまでの範囲を全部分かっている人が読んだときに分かるように書いてある。しかし、数学において、そこまでやった範囲を全部分かっている人なんて、そういないだろ?そういう人が読むと、それを知ってる前提で書いてあるから、解説を読んでも意味が分からない。最近よくある「宇宙一超絶わかりやすい…」とか「はじめの初めから限りなくていねいに…」とか「カピバラでも分かる…」とかいう参考書は(そんなのないけど)、そういう所まで説明している。つまり、高校の参考書なのに、中学、場合によっては小学校の範囲まで理解できない人を想定して説明している箇所がある。だから、既に理解しているべきことが分からない人でも場合によっては分かる。だから、数学が苦手な人が読むと、そのような参考書の方が分かりやすいと誤解するんだ。個人的には、そういうのは余計なことばかり書いてあるからわけが分からない。だからなに、さっさと本質を説明してよ、と言いたくなる。*「読解力が足りないのでしょうか??」足りないのは読解力ではなく、今までの勉強だと思う。まあでも現実的な話、分からないのを読んでも時間が無駄になるから、チャートが分かりにくいのなら、自分の分かる参考書を選ぶ方がいい。
チャートについての質問です。ベクトルの証明問題って解いたほうが良いですかね?
苦手なら、解けば理解が深まるかもしれませんね。得意なら、とばしてもいいかもです。というか、チャートなら、答えがあるので、こういう感じでやるのかなと思って、答えを見て、違ったら、やるべきだけど、同じならわざわざ記述する必要はないかなと思います。あくまで、個人の見解です。
チャート漸化式?で、解に1を含むときなぜα=-5β=1を考えなくて良いのでしょうか?
三行目を見ると、階差数列になってますよね。もしα=1でなければ(例えば2なら)、ここはa_n+1-2a_n=(-5)^n-1となり、これは階差数列ではなく、解くのは少し面倒です。そこで、αとβに逆の数字を入れて2つの漸化式を作って、、、という(2)の解き方になるのです。つまり、α=1のときは階差数列の形になるから、もう1つの式を持ってくる必要がなくa_nを出せるのです。ですが、(2)のやり方で、(1)も解けます。よくわからなければ、2つ漸化式を立てて普通のやり方で解いた方が早いと思います!
チャート青をやり込んで、答えを見ずに全て解けるようになったら東大理科2類は合格できるのでしょうか。
なにすれば受かるなんて、ことはない。青チャートレベルの問題を初見で解けるようになったら、ということなら、受かる確率は高いと思う。青チャート5週目でやっと完答できた、では、なんの証明にもならない。
チャート1A例題56について写真の解答の3行目(ピンクマーカー)の計算式がなぜこうなるのか分かりません。補足計算式p^k+1/p^k=(100!・5^99-k)/{(k+1)!(99-k)!}×{k!(100-k)!}/(100!・5^100-k)=(100-k)/{5(k+1)}
カテゴリマスターk!/(k+1)!=k!/{k!x(k+1)}=1/(k+1)(100-k)!/(99-k)!={(99-k)!x(100-k)}/(99-k)!=100-k5^(99-k)/5^(100-k)={5^(99-k)/{5^(99-k)x5}=1/5